FC2ブログ

記事一覧

「男はつらいよ」レビュー 第18作「寅次郎純情詩集」(1976年)

【送料無料】第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:1,995円(税込、送料込) 第18作目「寅次郎純情詩集」は1976年12月25日公開。観客動員172万6千人。 マドンナが劇中で亡くなると言う異色作である。 マクラの、寅の夢物語は特に面白くないので省略。 満男も小学生、今日は担任の教師が家庭訪問に来ると言うので博が緊張の面持ちで待っている。が、こういう時に限って寅が帰ってくる。  寅が...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第20作「寅次郎頑張れ!」(1977年)続き

男はつらいよ寅さんDVDマガジン Vol.28 寅次郎頑張れ! 【単行本】価格:1,635円(税込、送料別) 傷心のワットは故郷の平戸で魚釣りをする毎日。寅は長崎までバイに来て、そのついでに連絡船で平戸に足を伸ばす。と言うより、ワットの様子を見に来たついでにバイをしていたと言うべきか。  寅はワットに会い、東京へ早く戻って来いと言ってすぐ帰ろうとするが、 寅「おやじとお袋によろしくな」 ワット「俺、お袋もおやじも...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第20作「寅次郎頑張れ!」(1977年)

【楽天ブックスなら送料無料】第20作 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:2,057円(税込、送料込) 節目の第20弾「寅次郎頑張れ!」は、1977年12月27日公開、併映は郷ひろみの「ワニと鸚鵡とおっとせい」(どんなんや)で、観客動員188万1000人。 さすがにしんどくなってきたのか、今回のサブタイトルはかなりのやっつけ仕事である。 冒頭、いつもの夢物語。だが、いつもとちょっと違って、実際に寅が...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第19作「寅次郎と殿様」(1977年)

【送料無料】第19作 男はつらいよ 寅次郎と殿様 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:2,000円(税5%込、送料込) 「寅次郎と殿様」は、1977年8月6日公開のシリーズ19作目。●作品鑑賞 まずはいつもの寅の夢物語。主演にアラカンを迎えていると言うことで、モチーフはずばり「鞍馬天狗」である。寅の鞍馬天狗と満男(中村はやと)の杉作コンビに、腰元風女性のさくらが絡む。 寅は橋の上で新撰組の近藤勇(吉田義夫)や浪人風の追手た...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第17作「寅次郎夕焼け小焼け」(1976年)

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(第17作)HDリマスター版 【DVD】価格:3,192円(税込、送料別) 第17弾「寅次郎夕焼け小焼け」は、1976年7月24日公開。 一部には、演劇界の重鎮・宇野重吉をゲストに迎えた本作をシリーズ最高傑作と推す人もいるようだが、管理人も最高とまでは行かなくとも、シリーズの上位に来る作品であることは否定しない。個人的には2か、12、15あたりかなぁ。 ●作品鑑賞 毎度お馴染み、寅次郎の夢は、ジ...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第16作「葛飾立志篇」(1975年)その2

【送料無料】第16作 男はつらいよ 葛飾立志篇 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:2,000円(税込、送料込) 続きです。 寅は差し向かいで礼子から勉強を教えてもらうことになるが、礼子先生、「弥生時代」だとか「魏志倭人伝」だとか「大和朝廷」だとか、普通の人でもちょっと眠くなるようなテーマをぶっこんでくるものだから、寅は初手からやる気も興味もない。ノートにイタズラ書きしたり、さくらさんが様子を見に行きついでに出...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第16作「葛飾立志篇」(1975年)その1

【送料無料】第16作 男はつらいよ 葛飾立志篇 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:2,000円(税込、送料込) 第16弾「葛飾立志篇」は、1975年12月27日公開。併映は「正義だ!味方だ!全員集合!」で、観客動員213万人。 今回の夢物語は、西部劇。酒場で、物悲しい歌を歌っている倍賞さん。兄のタイガー・キッドは、殺人の濡れ衣で1万ドルの懸賞金をかけられたという。その真犯人である悪玉を吉田義夫、手下をタコ社長が演じている。...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第15作「寅次郎相合い傘」(1975年)

【送料無料】第15作 男はつらいよ 寅次郎相合い傘 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:2,000円(税込、送料込)●作品鑑賞 第15作「寅次郎相合い傘」は、1975年8月2日公開、併映は「ザ・ドリフターズのカモだ!御用だ!!」(見てみたい……嘘だけど)で、観客動員200万。 ご存知、浅丘ルリ子演じるリリーが再登場した作品である。  OPの「男はつらいよ」一座による夢物語は、海賊モノ。 このパートにだけ、上条恒彦と米倉斉加年...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第14作「寅次郎子守唄」(1974年)

【送料無料】第14作 男はつらいよ 寅次郎子守唄 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:2,000円(税込、送料込)●作品鑑賞 第14作「寅次郎子守唄」は1974年12月27日公開、併映は「ザ・ドリフターズ 極楽はどこだ」で、観客動員226万。  冒頭、江戸川の土手を勇ましく自転車でぶっ飛ばすさくらさん。  尋常ならぬ顔色でとらやに駆け込む。 さくら「博さん、どこ?」 おばちゃん「さっき病院行った」 さくら「どこの病院?」 お...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第13作「寅次郎恋やつれ」(1974年)

【送料無料】第13作 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:2,000円(税込、送料込)●作品鑑賞 第13作「寅次郎恋やつれ」は、1974年8月3日公開。観客動員194万人。併映は「超能力だよ全員集合」である(知るか)。 「超能力だよ全員集合」か……ちょっと見たい。 今回のマドンナは二回目の登場となる吉永小百合。一度出た女優が同じ役でマドンナとして登場するのは、これが最初である。 OPの後、  店...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第12作「私の寅さん」(1973年)

【送料無料】第12作 男はつらいよ 私の寅さん HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:2,000円(税込、送料込)●作品鑑賞 世間的にはさほど評価は高くないが、個人的には大好きな作品。一番好きかも知れない。 それも後半のマドンナとの恋愛部分じゃなく、前半のさくらたちの旅行にまつわる部分がとても好きなのだ。 1973年12月26日公開。  アバンタイトルの寅の夢物語は、圧政に苦しむ農民たちを、寅が助けると言うもの。 倍賞さん...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第11作「寅次郎忘れな草」(1973年)

【送料無料】第11作 男はつらいよ 寅次郎忘れな草 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:3,591円(税込、送料込)●作品鑑賞 記念すべきリリーこと浅丘ルリ子が初出演を飾った作品であり、シリーズのベストに推すファンも多い(たぶん)作品である。 自分もリリーがシリーズを代表するマドンナであることは否定しないが、個人的には次の15作くらいでスパッと退場した方が良かったと思う。 あるいは25作目にリリーが再登板するが、そこ...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第10作「寅次郎夢枕」(1972年)

【送料無料】 男はつらいよ寅さんDVDマガジン VOL.23 寅次郎夢枕 【雑誌】価格:1,590円(税込、送料込)●作品鑑賞 1972年12月公開。 美人女優の代名詞・八千草薫がマドンナをつとめる。 いつものオープニングのミニドラマ(コント?)は、明治大正時代っぽいカフェ。  さくらさんはそこの女給で、博がその恋人の貧乏学生。金持ちの吉田義夫に迫られるさくらさんを助けたのは、例によって寅であった。 さくらさんの娘役も、...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第9作「男はつらいよ 柴又慕情」(1972年)

男はつらいよ 柴又慕情(第9作)HDリマスター版 【DVD】価格:3,072円(税込、送料別)●作品鑑賞 1972年8月公開。 吉永小百合が初めてマドンナとして登場した作品である。 ただ、管理人は吉永小百合があまり好きじゃないので作品自体に対する評価もさほど高くない。けれど、演出と言い、演技と言い、全ての面で円熟した味わいを堪能できる佳作であろう。  森川信が亡くなった為、松村達雄が二代目おいちゃんとして登場。ついで...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第8作「男はつらいよ 寅次郎恋歌」(1971年)

男はつらいよ 寅次郎恋歌(第8作)HDリマスター版 【DVD】価格:3,072円(税込、送料別) 忘れた頃にやってくる「男はつらいよ」レビューです。●作品鑑賞 1971年12月公開作品。 山田洋次監督はそのエッセイの中で、当時、シリーズをいつまで続けるべきか悩んでいたと吐露している。渥美清は「8は末広がりで縁起が良いから」などと本気なのか冗談なのか、8作目でやめたらどうか、などと言っていたとか(うろおぼえ)。 が、蓋を開...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第7作「男はつらいよ 奮闘篇」(1971年)

男はつらいよ 奮闘篇(第7作)HDリマスター版 【DVD】価格:3,072円(税込、送料別)●作品鑑賞 1971年の作品。マドンナが知的障碍者と言う唯一の作品。 アバンタイトルは、田舎から都会へ働きに出る若者たちを温かく見送った後、自分もその汽車に乗ることを思い出して追い掛けると言うギャグ。 プレストーリーは、2作目に続いて登場の寅の実母(ミヤコ蝶々)が久しぶりに柴又に帰ってくるというもの。たまたま帰ってきた寅は会い...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第6作「男はつらいよ 純情篇」(1971年)

【送料無料】第6作 男はつらいよ 純情篇 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:3,591円(税込、送料込)●作品鑑賞 1971年も、シリーズは3作品と言うハイペースで制作されている。これは1971年の第1弾で1月15日公開。 冒頭、旅先の食堂でテレビを見ている寅。 と、画面の中に柴又の様子や、「とらや」の人々、御前様などの姿が映し出されて驚喜する。  詳しい説明はないが、NHKか何かの失われている地域コミニュティを取材したよ...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第5作「男はつらいよ 望郷篇」(1970年)

【送料無料】第5作 男はつらいよ 望郷篇 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:3,312円(税込、送料込)●作品鑑賞 1970年に公開された実に3本目の作品で、再び山田洋次が監督を務める。  アバンタイトルで、寅の見る夢。 寅がとらやに帰ると、無限にふすまと部屋が続いていると言うシュールな映像である。  夢の中では、おいちゃんが亡くなり、枕頭でさくらさんたちが悲しみに暮れている。 寅も一緒に泣いて、それをさくらさんに...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第4作「新・男はつらいよ」(1970年)

【23%OFF!】新・男はつらいよ (第4作)HDリマスター版 【DVD】価格:3,072円(税込、送料別)●あらすじ 寅が競馬で大穴を当て、故郷に錦を飾る。そしておいちゃんとおばちゃんと三人でハワイへ旅行することになったが、旅行会社の社長に金を持ち逃げされてしまう。寅たちは体裁を繕うため、旅行予定期間中、とらやのなかで息を潜めて過ごしていたが……。●マドンナ  幼稚園の先生で、とらやの二階に下宿する町子。演じるのは栗原...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第3作「男はつらいよ フーテンの寅」(1970年)

【送料無料】第3作 男はつらいよ フーテンの寅 HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:3,392円(税込、送料込)●あらすじ 久しぶりに柴又に帰ってきた寅に縁談が持ち上がるが、その相手は亭主持ちのはずの寅の知り合いだった。寅は自分の見合いどころではなく、彼女の亭主との仲直りに奔走し、おいちゃんたちと大喧嘩になって家を飛び出す。 その後、おいちゃんとおばちゃんのふたりきりの旅行先で住み込み番頭をしているのが寅だった...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第2作「続・男はつらいよ」(1969年)

【23%OFF!】【送料無料】続・男はつらいよ (第2作)HDリマスター版 【DVD】価格:3,072円(税込、送料込)●あらすじ 久しぶりに柴又に帰ってきた寅。さくらの息子、甥の満男を見て歓喜するが、さくらは長い音信不通をなじる。その後、かつての恩師・散歩先生とその娘・夏子と再会し旧交を温める寅。旅先で親子に会い、散歩先生のすすめで生母に会いにくいのだが……。●マドンナ  散歩先生の娘・夏子。演じるのは佐藤オリエさん。...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー 第1作「男はつらいよ」(1969年)

【送料無料】第1作 男はつらいよ HDリマスター版 [ 渥美清 ]価格:3,591円(税込、送料別)●あらすじ 何十年ぶりかで柴又に帰ってきた寅次郎は、おいちゃんやさくらに涙まじりで歓迎されるもさくらの見合いをぶっ壊して、あっさりと飛び出してしまう。旅先で御前様とその娘・冬子と出会い、すっかり機嫌を直して帰ってくるが、今度はさくらに恋する印刷工場の博との仲をぶち壊そうとするが……。●マドンナ  午前様の娘の冬子、演...

続きを読む

「男はつらいよ」レビュー プロローグ

● ホームページを始めようと思っていた頃、「男はつらいよ」にはまってて、当然ネタにするつもりだったが、いざ始めてみると「セーラー服反逆同盟」で手一杯で、いつまで経っても初志を果たせないので、こちらのブログでお茶を濁すことにした。 もう10年以上前(?)になるかと思うが、きっかけはテレビ東京系列で「男はつらいよ」の全話放送と言う企画があって、それが最初だった。 それまでは、いかにもヤングらしく「男はつ...

続きを読む

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター