FC2ブログ

記事一覧

「超電子バイオマン」 第29話「東京が消える日?!」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.3 [ 阪本良介 ]価格:8416円(税込、送料無料) (2018/11/9時点)楽天で購入 第29話「東京が消える日?!」(1984年8月18日) バイトでビルの警備員をしているミチオと言う青年、ある日、警備を担当しているビルの誰もいない筈の一室から、電気屋の店員みたいな格好をした男たちがぞろぞろ出てくるのを見て、不審に思い、中に入ってみる。 そこは応接セットがあるだけの殺風景な部屋...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第28話「ドクターマン暗殺」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.3 [ 阪本良介 ]価格:8471円(税込、送料無料) (2018/9/28時点)楽天で購入 第28話「ドクターマン暗殺」(1984年8月11日) まだ物語中盤だと言うのに、悪の組織の中でクーデターが起こると言うショッキングなエピソード。 冒頭、ネオグラードの中にある真っ暗で広大な空間の中で密談をしているビッグスリー。 実際には、夜間、採石場の施設の上で撮影しているのだが。  メイスン...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第27話「クモ地獄の女戦士」

スーパー戦隊画報(第1巻) 正義のチームワーク三十年の歩み (B.media books special) [ スタジオ・ハードデラックス株式会社 ]価格:2592円(税込、送料無料) (2018/8/23時点) 第27話「クモ地獄の女戦士」(1984年8月4日) 夏と言えば水着、水着と言えばギャル、ギャルと言えば水着、水木と言えばしげる、と言われるように、戦隊シリーズの夏場の放送におけるマストなシチュエーションが採用されたエピソードである。 冒頭...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第26話「恐るべき父の秘密」

歌手人生40周年記念 宮内タカユキ ぶっちぎりBOX [ 宮内タカユキ ]価格:10260円(税込、送料無料) (2018/8/22時点) 第26話「恐るべき父の秘密」(1984年7月28日) 前回から引き続き、ドクターマンとその息子・公一(秀一)との関係を描いたエピソード。 長年捜し求めていた実の父親が、新帝国ギアの総統ドクターマンと言う、恥ずかしくてとても彼女に紹介できそうもない仕事に就いていたと知って、激しい衝撃を受けている公一...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第25話「プリンスの幽霊?」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.3 [ 阪本良介 ]価格:8368円(税込、送料無料) (2018/8/21時点) 第25話「プリンスの幽霊?」(1984年7月21日) 19話・20話に続き、ドクターマンの息子・プリンスが登場するエピソードであるが、今度はメカ人間ではなく、本物の息子である。  司会「サマーフェステバル最大の呼び物、ガマン大会、果たしてこの灼熱地獄を勝ち抜くのは……」 冒頭、遊園地の一角で、厚着をして鍋焼き...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第24話「爆発する愛の花!」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.3 [ 阪本良介 ]価格:8372円(税込、送料無料) (2018/10/23時点)楽天で購入 第24話「爆発する愛の花!」(1984年7月14日) 大雨で、管理人の住んでいるところにも避難勧告が出ているのだが、そんな勧告に屈することなく、管理人は今夜も元気にブログを更新するのであった。 良い子のみんなは真似しちゃダメだぜ! さて冒頭、人々が寝静まった深夜、ドクガカンスによるフラワー光線...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第22話「大泥棒?!ブルー!」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.3 [ 阪本良介 ]価格:8372円(税込、送料無料) (2018/10/22時点)楽天で購入 第22話「大泥棒?!ブルー!」(1984年6月30日) 冒頭から、ブルースリー(笑)こと南原竜太の、水泳やマット運動などの、激しいトレーニング風景が映し出される。 JACの核弾頭と異名を取る(取ってへん、取ってへん)大須賀さんだけあって、その訓練風景も、いかにも堂に入ったものであった。  やはり...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第21話「守れバイオベース」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.2 [ 阪本良介 ]価格:8138円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)楽天で購入 第21話「守れバイオベース」(1984年6月23日) 公園に突如現われた巨漢のカメラマン。 彼は若い女性に手当たり次第に声を掛けてモデルになってくれないかと頼むが、その変態的な姿を見た女性たちはみんな怖がって逃げてしまう。  仕方なく、ブランコに乗っていた小学生たちにも声を掛け、晴れて変態の仲...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第20話「プリンスの挑戦!」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.2 [ 阪本良介 ]価格:8138円(税込、送料無料) (2018/10/20時点)楽天で購入 第20話「プリンスの挑戦!」(1984年6月16日) 前回から引き続き、バイオロボとプリンスの操縦するグロテスカンスの戦いが行われている。 グロテスカンスは再生能力を持つ強敵の上、ブルースリー(笑)こと竜太が「金八」の見過ぎか、プリンスに人の心を取り戻させたいんだっ! などと甘っちょろいことを...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第17話「僕は竜宮城を見た」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.2 [ 阪本良介 ]価格:8098円(税込、送料無料) (2018/10/24時点)楽天で購入 第17話「僕は竜宮城を見た」(1984年5月26日)  のっけから、モンスターが、海亀に見立てたジュウオウの背中にまたがり、「むかし、むかし、浦島は~♪」と、「浦島太郎」の童謡を歌いながら、のたのたネオグラードの司令部の中を回っていると言う、とんでもないシーンで幕が開く第17話である。 ま、今回...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第16話「走れ21599秒」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.2 [ 阪本良介 ]価格:8098円(税込、送料無料) (2018/10/24時点)楽天で購入 第16話「走れ21599秒」(1984年5月19日) 荒神山上空をパトロールしていたレッドワンのバイオジェットが突然、ギアのメラージュ戦闘機に攻撃されると言う事件が起きる。レッドワンは、戦闘機をサクッと撃ち落すと、地上にいた矢吹ジュンに荒神山の調査を行うよう指示する。 矢吹ジュンが動き出した午前9時...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第15話「女戦士炎のちかい」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.2 [ 阪本良介 ]価格:8115円(税込、送料無料) (2018/10/19時点)楽天で購入 第15話「女戦士炎のちかい」(1984年5月12日) 冒頭、何者かによって手当たり次第に緑色の毒ガスが散布され、子供たちだけが次々と高熱を発して倒れると言う事態が発生する。 バイオマンの5人は早速手分けをしてその原因究明に乗り出す。  看護婦「新しい薬が効いてみたみたいね、良かったわぁ」 子供...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第14話「新頭脳ブレイン!」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.2 [ 阪本良介 ]価格:8115円(税込、送料無料) (2018/10/19時点)楽天で購入 第14話「新頭脳ブレイン!」(1984年5月5日) 「バイオマン」では、人と機械(AI)の融和・共存は可能か? と言うのがひとつの大きなテーマになっているが、これはその先駆け的なエピソードである。 冒頭、地球を回る無数の人工衛星が次々と落下して、地上に甚大な被害が生じるという事件が起きる。 ...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第13話「ジュンよ」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.2 [ 阪本良介 ]価格:9525円(税込、送料無料) (2017/12/17時点) 第13話「ジュンよ」(1984年4月28日) 当時、押しも押されぬJACのトップスターだった真田広之さんがゲスト出演しているエピソード。 恐らく、番組の序盤で勝手に降板した矢島由紀さんがJACに所属していた為、その謝罪の意味も込めて、JACを代表して真田さんが出演されたのだろう……か? なお、サブタイトル...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第12話「殺人者グリーン!」

スーパー戦隊シリーズ::超電子バイオマン VOL.2 [ 阪本良介 ]価格:9525円(税込、送料無料) (2017/11/27時点) 第12話「殺人者グリーン!」(1984年4月21日) 健太少年が友人たちと公園でサッカーをしていると、その頭上を巨大な風船が飛んでいくのが見えた。 ちょうどそこに通り掛かった健太の父親、山崎巡査も、息子と一緒にその風船の動き目で追う。 山崎「でっかいなぁ。研究所の方から飛んで来てるなぁ……」 それが、市街...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第11話「新戦士ジュン登場」

超電子バイオマン VOL.1 [ 阪本良介 ]価格:9525円(税込、送料無料) (2017/11/1時点) 第11話「新戦士ジュン登場」(1984年4月14日) タイトルから分かるように、前回、反バイオ粒子を浴びて華々しく散っていったイエローフォーこと小泉ミカに代わる新たな戦士が登場するエピソードである。 冒頭から、4人になってしまったバイオマンとピーボが、バイオジェットに乗って新たなバイオマンの素質を持つ人間を捜索していた。  ピ...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第10話「さよならイエロー」

超電子バイオマン VOL.1 [ 阪本良介 ]価格:9525円(税込、送料無料) (2017/10/13時点) 第10話「さよならイエロー」(1984年4月7日) 既に何度か述べてきたように、イエローフォー・小泉ミカこと矢島由紀さんが番組序盤でトンズラ(勝手に降板)してしまった為、この10話で早くもイエローが「殉職」してしまうという、異例の措置がとられることとなった。 サブタイトルが、「さよならミカ」ではなく、「さよならイエロー」とな...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第9話「人を消すなわ跳び」

超電子バイオマン VOL.1 [ 阪本良介 ]価格:9525円(税込、送料無料) (2017/9/18時点) 第9話「人を消すなわ跳び」(1984年3月31日) 既に何度も言ってきたが、この9話が初代イエローフォー・小泉ミカ役の矢島由紀さんの最後の出演回となる。 もっとも、7話以降は、声も田中真弓さんが吹き替えてるんだけどね。 次の10話で、急遽イエローフォーが「殉職」して、11話から矢島さんの名前は番組から完全に消えてしまうことになる。...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第7話「つかまったピーボ」&第8話「戦え!星に誓って」

超電子バイオマン VOL.1 [ 阪本良介 ]価格:9525円(税込、送料無料) (2017/8/27時点) 第7話「つかまったピーボ」(1984年3月17日) 7話と8話は連続エピソードなので、まとめて紹介したい。 冒頭、採石場で円盤のような金属が発見されたとのニュースを知ったピーボは、史朗のバイクの尻に乗っけてもらって、その場所へ急行する。 現場ではたくさんの人が右往左往して、騒然とした雰囲気に包まれていた。  無論、ロボットであ...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第6話「起て!バイオロボ」

スーパー戦隊主題歌大全 VOL.1価格:4228円(税込、送料無料) (2017/7/5時点) 第6話「起て!バイオロボ」(1984年3月10日) 冒頭、ドクターマンが、ネオグラードからサイカンスの入ったカプセルを発射させる。  ちょうどその頃、山で氷柱の写真を撮っていたミカは、それを目にして、「すっごーい! UFO? 特ダネ!」と、嬉しそうにシャッターを切る。 だが、カプセルは、鬼火山の噴火口に落ちてしまう。  モンスター...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第4話「自爆!メカ人間」

[DVD] 超電子 バイオマン Vol.1価格:7779円(税込、送料別) (2017/6/23時点) 第4話「自爆!メカ人間」(1984年2月25日) 冒頭、警備が厳重なことで知られる国立研究所が、人間の姿をして潜り込んだ新帝国ギアのメカクローンの自爆攻撃によって破壊される。  メイスン「メカ人間作戦は大成功です……」 ドクターマン「……」 今回の作戦の指揮を取るメイスンは、日本に出張して、秘密工房で人間そっくりのメカ人間を製造していた...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第3話「わが友 バイオロボ」

[DVD] 超電子 バイオマン Vol.1価格:7779円(税込、送料別) (2017/5/30時点) 第3話「わが友 バイオロボ」(1984年2月18日) 南極にあるギアの基地ネオグラードでは、ドクターマンが前回失敗を喫したファラたちを「めっ」していた。  ドクターマン「ファラ、サイゴーン」 ファラ「ハハーッ!」 うーむ、どうしても男子諸君の目はファラの胸元に吸い寄せられてしまうのです。 ところで、前回戦闘に参加したファラキャットも...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第2話「集合!宿命の戦士」

スーパー戦隊 全主題歌集 [ (キッズ) ]価格:4958円(税込、送料無料) (2017/5/10時点) 第2話「集合!宿命の戦士」(1984年2月11日) 前回、ピーボとバイオロボによって集められた5人の若者が、新帝国ギアの侵略から地球を守る戦士、超電子バイオマンとなって、メイスンたちを退けたものの、イエローフォーこと小泉ミカは、戦いの後、ぷいっと姿を消してしまう。  他の4人のメンバーが、空と陸からミカの行方を捜索している。...

続きを読む

「超電子バイオマン」 第1話「謎の巨大ロボ出現」

[DVD] 超電子 バイオマン Vol.1価格:7779円(税込、送料別) (2017/5/10時点) 第1話「謎の巨大ロボ出現」(1984年2月4日) 「超電子バイオマン」は、 1984~85年にかけて放送された「スーパー戦隊シリーズ」の第8弾である。全51話。 オンエアは、見ていたことは見ていたのだが、断片的なことしか覚えてなくて、つい最近まであまり関心もなかったのだが、去年くらいからDVDを見始めて、これがなかなか良質な作品であることが...

続きを読む

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター