fc2ブログ

記事一覧

「ウルトラセブン」傑作選 第40話「セブン暗殺計画 後編」 後編


 第40話「セブン暗殺計画 後編」(1968年7月7日)
 の続きです。

 遂にマグネリウムエネルギーに匹敵するエネルギー弾を開発したウルトラ警備隊。
 セブンが処刑される夜明けまで時間がない。ダンを除く全隊員がホーク1号に乗り込み、ただちに十字架にかけられているセブンのもとへ飛ぶ。

 無論、ガッツ星人も手を拱いて見ている筈もなく、

 PDVD_020.jpg

 PDVD_021.jpg
 透明な宇宙船から巡航ミサイルを発射し、撃墜しようとする。

 ホーク1号も、
 キリヤマ「発射!」
 ソガ「え、何をですか?」
 キリヤマ「あれだよ、あれ!」
 ソガ「あれじゃ分かりません」
 アンヌ「あ、ミサイルが……」

 じゃなくて、キリヤマ隊長が「発射!」と言えば、それは「ビーム」と決まっているのだ。
 ミサイルはビームを浴びて空中で四散する。

 PDVD_022.jpg
 キリヤマ「ソガ、あのビームランプを狙うんだ」

 ダイモード鉱石ビーム(仮称)の照準を慎重に定めるソガ。

 ビームは正確にセブンの頭部ランプを貫くが、何の反応もない。
 ソガ「命中したのに手応えがないんです」
 キリヤマ「よし、もう一度やってみる」

 Uターンして再びセブンに近付くホーク1号。宇宙船からの激しい対空ビームを受けながら、もう一度……、しかし、結果は同じ。

 PDVD_025.jpg
 尻から火を吹きながらセブンの眼前で旋回するホーク1号。

 もう一度ビームを照射しようとするが、その時、セブンの体がぼんやりと滲み、蜃気楼のようにパッと消えてしまう。そのセブンはガッツ星人が作り出した幻影だったのだ。

 空しく引き揚げる警備隊。夜明けまであと僅か……。

 PDVD_026.jpg
 ソガ、ずかずかと司令室へやってくると、
 ソガ「隊長、こうなったら玉砕戦法しかありません!」
 タケナカ「馬鹿を言うなソガ、この戦いに敗れると言うことは地球の破滅を意味するんだぞ!」
 ソガ「隊長ぉっ!」
 キリヤマ「そうだ、我々は決して負けられない。絶対に勝つ自信がなければ戦うことは出来ないんだ!」
 アマギ「しかしこのままほっといたら、セブンは間もなく処刑されます!」

 次のシーンでは、何故か、夏彩子のラリー車が山道を走っている。
 その後ろにはフルハシのポインターがぴったり追走している。

 本物のダイモード鉱石を持つ彩子を囮にしてガッツ星人をおびきだそうということなのだが、2点問題がある。

 1つは、既に彼らは警備隊がダイモード鉱石ビームを開発したことを知っている(さっきその目で見た筈)のだから、今更ダイモード鉱石を欲しがるとは思えないこと。

 PDVD_000.jpg
 もう1つは、どう見ても既に日が高く昇って、夜明けをだいぶ過ぎているようにしか見えないことだ。

 まぁ、これは撮影上の都合で致し方のないことだったのだろう。

 PDVD_027.jpg
 で、ガッツ星人はあっさりその計略に乗り、その円盤が飛来して彩子の車の上に静止し、強力な力である場所へ連れて行こうとする。
 これもねえ……、そんなことしないでさっさとビームで爆破してしまえばいいのだ。

 追跡するフルハシが、円盤が泉が丘へ向かっていると本部へ知らせる。キリヤマたちはマグマライザーで地中を通ってそちらへ向かう。フルハシは、タケナカから攻撃命令を受け、

 PDVD_028.jpg
 ポインターのフェンダーミラーの内部からアンテナのような物を伸ばし、レーザービームを発射する。

 こういう細かいギミックとか、良いよね。

 ただ、そんなか細いビームを受けて円盤があっさり退却すると言うのもねえ……。

 フルハシは、失神している彩子をポインターに乗せて走り出す。

 PDVD_029.jpg
 しばらく造成地を進むと、目立たない山肌に本物のセブンが立てかけられてあった。

 で、遂に夜明けとなる。

 PDVD_030.jpg
 地面から浮上した三隻の宇宙船がカラフルなビームを放ってセブンを処刑しようとする。
 なんか可愛い……。

 PDVD_031.jpg
 と、反対側の岩肌を突き破って、マグマライザーが登場。

 今度はマグマライザーから、ダイモード鉱石ビームが発射され、今度はしっかり手応えを残してビームランプに命中する。

 PDVD_032.jpg
 たちまちセブンはパワーを取り戻し、両手からビームを放って交差させ、

 PDVD_033.jpg
 透明な十字架を粉砕して、自由の身となる。

 セブンは三隻の宇宙船を撃ち落とすと、大空へ飛び上がってガッツ星人の母船の前に降り立つ。

 PDVD_034.jpg
 若々しい太陽に向けて胸を反らし、太陽エネルギーをたっぷり吸収するセブン。

 OPソングも勇ましく、今までの鬱憤もあって、実に燃える、盛り上がるシーンである。

 セブン、立て続けに手刀からビーム弾を放って攻撃する。

 PDVD_037.jpg
 思わぬ事態に船内で文字通り右往左往するガッツ星人が可愛いのである!

 ただ、ガッツ星人は「前篇」で、セブンに圧勝しているのだから、ここでもすぐ巨大化して戦えば勝負の行方は分からなかっただろう。ま、パニック状態に陥って、そんな余裕もなかったと言うことか。

 PDVD_038.jpg
 最後は、アイスラッガーを空中に固定させ、

 PDVD_039.jpg
 セブン「ダァーッ!」
 気合と共にビームを放ち、猛烈なスピードでアイスラッガーを母船にぶつける。

 PDVD_041.jpg
 爆発炎上する母船。

 未だかつて負けたことのないガッツ星人の初めての敗北であった。

 だから、ヒーローを捕まえたらすぐ殺さないとダメって口を酸っぱくして言ってるでしょ!

 PDVD_042.jpg
 事件解決後、野原で横になっているダンの姿があった。隊員たちが見付け、胴上げする。

 そう言えば今回、ダンの出番が殆どなかったな。

 はっきりした台詞もないし、森次氏にとって実に楽な回だったと思われる。

 PDVD_043.jpg
 その後、隊員たちに囲まれて延々小突きまわされるダンであった。

 終わりです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

ガッツ星人にしたら、まさか地球人がセブンを復活させるとは思わなかったでしょうね。
緻密な計画を立てる分、「想定外」に弱かったのかも?
この回はウルトラ警備隊の頼もしさ・優秀さが存分に描かれて大好きです。

Re[1]:「ウルトラセブン」傑作選 第40話「セブン暗殺計画 後編」 後編(10/18)  

影の王子様
>この回はウルトラ警備隊の頼もしさ・優秀さが存分に描かれて大好きです。

セブンがいなくてもほとんどの事件を解決できそうな感じですね。MACとは大違い。

Re:「ウルトラセブン」傑作選 第40話「セブン暗殺計画 後編」 後編(10/18)  

何故ガッツ星人はセブンに圧勝したことがあるにもかかわらず
其処まで狼狽するのでしょうか?明らかにパニックになってましたね

Re[1]:「ウルトラセブン」傑作選 第40話「セブン暗殺計画 後編」 後編(10/18)  

ふて猫様
>何故ガッツ星人はセブンに圧勝したことがあるにもかかわらず
>其処まで狼狽するのでしょうか?明らかにパニックになってましたね

自分たちの計画に自信がある分、予想外の出来事が起こると対処できなくなったのでしょう。

Re:「ウルトラセブン」傑作選 第40話「セブン暗殺計画 後編」 後編(10/18)  

どうも宇宙人達は(あるいは侵略者の皆様は)ヒーロー達に1回勝っただけで満足してしまう人達なのでしょうか?捕まえたらすぐに処刑すれば完全な勝利の筈なのですがね😅

Re[1]:「ウルトラセブン」傑作選 第40話「セブン暗殺計画 後編」 後編(10/18)  

ふて猫様
>捕まえたらすぐに処刑すれば完全な勝利の筈なのですがね

ま、ガッツ星人の目的はあくまで地球征服であって、セブンを倒すことじゃないですからね。

Re:「ウルトラセブン」傑作選 第40話「セブン暗殺計画 後編」 後編(10/18)  

改めて視るとウルトラ警備隊は頼もしい存在ですね。隊員一丸となってセブン救出に全力を尽くしましたね。それに比べるとガッツ星人の狼狽振りは目に余りますね😅再び巨大化すれば、済む事ですがね😓

Re[1]:「ウルトラセブン」傑作選 第40話「セブン暗殺計画 後編」 後編(10/18)  

ふて猫様
>改めて視るとウルトラ警備隊は頼もしい存在ですね。

単なる引き立て役じゃなく、セブンと協力してしっかり地球防衛の仕事をしてますよね。

No title

今から53年前の今日、放送されました。放映日は七夕なので、今は亡き円谷英二の誕生日で、なんと120歳だそうです。

Re: No title

凄いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター