FC2ブログ

記事一覧

「星雲仮面マシンマン」 第30話「赤い鬼のすむ村」


 第30話「赤い鬼のすむ村」(1984年8月17日)

 ある山間の村を訪れたのは、レディM、トンチンカン、オニ男(アンドロイド)の三人。
 彼らは、古文書を頼りに不思議な鏡を発掘しに来たのだ。

 PDVD_002.jpg
 ト「落ち武者部落の三地蔵の辺りに不思議な鏡が存在するようです。その鏡は全てのものを美しく映し、永遠の輝きを示すと書いてあります。レディMのお顔をその鏡に映せば、美しさは無限に輝く!」
 M「その鏡が欲しい! その鏡を手に入れれば私の子供アレルギーは解消され、夜はぐっすり眠れ、私のこの美しい顔が永遠に保てるのよ! 早くその鏡を探しなさい!」

 容姿にコンプレックスを持つお嬢様のようにコーフンするレディM。
 トンチンカンとオニ男は早速、活きのいい村人(と言っても3人だけだが)をひっ捕まえて発掘させると共に、残された老婆と孫娘には「村人を助けたければこの村に誰も近寄らせるな」と脅す。

 PDVD_004.jpg
 同じ頃、真紀と健、亀太、ルミ子、勝たちが、バンに乗って湖へバカンスへ向かっていたが、途中で道を間違えて、その村で立ち往生していた。

 車から出て考え込む大人たちを尻目に、子供たちはすぐ近くの川で遊び始める。
 勝「お姉ちゃん、ここでキャンプしようぜーっ」
 美佐「誰もいないし、大自然が一杯、イカしてるわよ!」

 真紀たちも別にホテルなどを予約している訳でもないので、その河原にテントを張ることにする。

 PDVD_005.jpg
 健と亀太が協力てしてテントを組み立てていると、スラッとした脚が並ぶ。

 PDVD_006.jpg
 亀太「おおーっ」
 真紀「うふっ」

 三週連続水着を披露することになった真紀。今回は今までと違い、たっぷりその肢体を鑑賞できるので、読者の皆さんにも自信を持ってオススメできます。

 真紀とルミ子は二人を手伝おうともせず、さっさと川の方へ駆けて行く。

 PDVD_007.jpg
 楽しく泳いでいたが、真紀は、頭上の森の中を、赤鬼の面を被った奇怪な人物が走り抜けていくのを見掛ける。それは、オニ男の人間態が、面を付けている姿だった。

 PDVD_008.jpg
 驚いてルミ子に知らせようとするが、今度は水中から誰かに足を引っ張られて狼狽する真紀。最初はルミ子の悪戯だと思っていたが、ルミ子も同様の目に遭っていた。

 ルミ子「水の中に誰かいる。分かった、ジョーズよ、ジョーズ!」
 真紀「えっ、ジョーズ? いやっいやっ」

 PDVD_009.jpg
 二人は慌てて岸へ上がる。

 可愛い女の子のお尻を見ると、清々しい気持ちになりますねっ!

 このキャプさえ貼ればもう後はどうでも良いのだが、続ける。

 二人を引っ張ったのは、ジョーズではなく、スクール水着を着た地元の女の子……さっき家族をトンチンカンにさらわれた女の子だった。

 女の子は平然と川から上がると水着の上からシャツを着て、勝たちの抗議も無視してすたすたと歩き去って行く。勝たちが追いかけてとっちめようとするが、生きた蛇で脅かされて散々な目に遭う。

 健が代わりに女の子を追いかけるが、山の中で見失い、しかも誰かが仕掛けた罠に足を挟まれてしまう。
 健が困っていると、通り掛かった木こり風の男性が「誰だ、こんなところに熊取り用の罠を仕掛けたのは?」と、親切に外してくれる。
 男「困った時はお互い様じゃ。ようし、肩を貸してやろう」

 PDVD_012.jpg
 健は男の肩に掴まりながら、川にかかった高い橋の上を通る。
 男「この村には伝説があってな。その話によると昔々、落ち武者がこの村に住み着き、それ以来鬼となり、訪ねて来た旅人を食い殺す」
 健「……」
 男「しかし、今の鬼は人など食い殺さんよ。その代わり、村に入り込んだ邪魔者を片付けるだけさ」
 健「ええっ?」
 男「俺がその鬼だからよ!」

 男はたちまちオニ男に変身して、健を橋から落とそうと襲ってくる。
 最初から殺すつもりなら、なんで一度罠から助けたのか、謎であるが……。

 PDVD_013.jpg
 橋から落ちそうになるのを必死に堪える健。
 これは言うまでもなくスタントだが、

 PDVD_014.jpg
 それと、役者本人が金棒で突き落とされそうになっているカットをつないでいるので、とても迫力がある。

 結局、健はそのまま落とされ、大きな岩に叩き付けられる。

 オニ男は、当然健が死んだものとその場を去って行く。
 彼らオクトパスは、マシンマンの正体を知らない(と言うか、そもそも関心がない)ので、健が死んだのを確かめにわざわざ降りなかったのだ。

 PDVD_015.jpg
 夕方になって、やっと意識を取り戻す健。

 ボールボーイ「ニック、気がついたかい?」

 地球人なら確実に死んでいた高さだったが、地球人より遙かに頑健なアイビー星人の健は無事だった。体のあちこちに怪我はしていたが。
 ボールボーイ「誰にやられたんだい?」
 健「オクトパスだ」
 ホールボーイ「えっ、こんな山の中にいるのかい? ああひどい怪我だね。真紀さんに知らせよう」
 健「ダメだ、心配をかけるだけだ」

 その頃、勝たちは手製のカレーを旨そうにパクついていた。
 だが、真紀はいつまで経っても戻ってこない健のことが心配で、カレーどころではないのだった。

 そこへ、さっきの女の子がまた現れて、今度は大きなガマガエルで真紀たちを散々脅かす。

 PDVD_016.jpg
 健は、ボールボーイに女の子の後を追わせ、自分もその家へ辿り着く。ちょうど、あの男がいて、老婆と女の子を脅していた。
 男「この村に伝わる不思議な鏡を知ってるな? 俺たちはその鏡を探している。村人たちを助けたければ、その鏡が何処にあるか言え!」

 だが、二人は何も答えない。本当に知らないのかもしれない。
 男が荒々しい足取りで去った後、健は倒れ込むように家の中に入る。
 健「あなたたちは悪い奴らに脅かされていたんですね。だったら手を結んで奴らをやっつけましょう。俺は悪い奴が許せないんだ!」

 健は二人から手厚い看病を受け、翌朝にはすっかり元気を取り戻していた。

 PDVD_017.jpg
 オクトパスも、首尾よく不思議な鏡を発見したが、意気込んでMが鏡に自分の顔を映すと、美しくなるどころか、鼻の頭の赤い部分がより大きく映っていた。トンチンカンが見ても、実物より醜くなってしまう。

 実はその鏡は、人の善悪を判断する鏡であった。だから性根の腐ったMたちが見ると醜くなり、心の美しい村人たちが見ると、綺麗になるのだった。
 そんなことは露知らず、Mはすっかり機嫌を悪くしてさっさとひとりで引き揚げてしまう。

 トンチンカンは「オクトパスの秘密を知った者は生き埋めにしろ」と、オニ男に命じる。
 オニ男は三人の村人を小さな穴に生き埋めにしようとして四苦八苦する。普通に殺せばいいのに。

 PDVD_018.jpg
 で、偵察に出ていたボールボーイの知らせを受け、健がドルフィンで駆けつけ、マシンマンになってオニ男と戦う。

 戦いの途中、マシンマンが足を痛めているのを見て、オニ男が「あの時の青年か。マシンマンの正体見破ったーっ」と叫ぶ。ま、この後すぐあの世に送られるので、それを知っても何にもならないのであるが。

 今回の戦いは長丁場で、水中でのバトルシーンなどもあって意欲的であった。

 PDVD_019.jpg
 ラスト、水底でマシンサンダーを喰らい、水柱を立てて爆死するオニ男であった。

 事件の後、女の子や村人たちと一緒にキャンプを楽しむ真紀たちの姿を映しつつ終了。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

真紀たちのお尻のカット。YouTube配信の時、何回巻き戻した事か…。

Re[1]:「星雲仮面マシンマン」 第30話「赤い鬼のすむ村」(09/02)  

ウルトラファンレオ様
>真紀たちのお尻のカット。YouTube配信の時、何回巻き戻した事か…。

これからは「同志」と呼ばせて下さい。

Re:「星雲仮面マシンマン」 第30話「赤い鬼のすむ村」(09/02)  

>可愛い女の子のお尻を見ると、清々しい気持ちになりますねっ!

特に、水で濡れて、水着がお尻に張り付いているのが最高です!!

Re[1]:「星雲仮面マシンマン」 第30話「赤い鬼のすむ村」(09/02)  

影の王子様
>特に、水で濡れて、水着がお尻に張り付いているのが最高です!!

これからは「同志」と呼ばせて下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター