fc2ブログ

記事一覧

「イナズマンF」をサクッと紹介~その4(2012年7月18日更新)



 始めたからには最後までやり遂げるのだ(いい迷惑)。

 13話「白い闇!! 鬼女がうたう子守歌」

 PDVD_040.jpg
 冒頭、どこぞの山にハイキングに来たグループ。チューリップハットがおしゃれです。

 PDVD_041.jpg
 と、急に霧が立ち込めてきて、こんな和風テイストのお化けが登場。

 普通の特撮モノだと、脅かして追い払う程度だろうが、ハード路線の本作では、

 PDVD_042.jpg
 容赦なくマサカリで皆殺し。

 当然、これはデスパーの差し金で、お化けの正体はマサカリデスパーという、まんやないけ、という怪人でした。
 こんな酔狂をするにはちゃんと理由があるのだが、どうでもいいので忘れた。
 さて、イナズマンこと渡五郎は、事件を聞きつけて、調査にやってくる。

 PDVD_043.jpg
 そのついでに、ライジンオーという痛車で、通りがかりの主婦、それもベビーカーを押している女性をナンパしようとするが、

 PDVD_045.jpg
 どう考えても変態の乗る車だと、全く相手にされない。

 PDVD_044.jpg
 ナンパに失敗し、やっぱりこの車じゃダメか……と、すごすごと引き返す渡五郎だった。

 (以上は全て筆者の妄想です、念の為)

 と、その主婦の赤ちゃんが例の般若お化けにさらわれてしまう。

 その後、デスパー内部で、色々といざこざがあって、マサカリデスパーはちょっとした失敗で、さんざんガイゼル総統たちにいじめられ、その腹いせに、ウデスパー兄弟の合体手術の邪魔をして完成を遅らせてしまう。

 PDVD_046.jpg
 いつの間にか手術用の電圧が下げられていたので激怒する博士。

 博士「お前か、お前がやったんか!」
 手下「私は指示通りにやりました、ほんとです」

 珍しく冷静に否定して、責任回避する手下。大抵こういう場合、有無を言わせずぶっ殺されるのが手下のさだめなのだが、なかなか見込みのある手下である。
 で、調査の結果、マサカリデスパーの仕業だということがばれ、ちょうどその頃、分身の術でイナズマンを苦しめ、もう一歩のところだったのに、ガイゼルの仕返しで、分身装置の動力を止められてしまう。

 そのためにマサカリデスパーはあわれ死亡するのだった。
 これって、仲間内の脚の引っ張り合いがなければ、イナズマンに勝ててたんじゃないの?

 続く第14話「大空中戦!! 合体ウデスパー戦略部隊」は、

 無医村で、病気に苦しむ子供のために、イナズマンが血清を届けにいくという由緒正しい、つまりベタなストーリーだが、その完成度は高い。

 その一方で、前回合体したウデスパーが、イナズマンに戦いを挑むという展開に。

 PDVD_048.jpg
 ただひとりの看護婦さんが、ちょっと可愛い。

 子供の兄が、苦し紛れにアマチュア無線で窮状を訴えるが、たまたまそれにイナズマンたちが応じて、血清を届けることに。

 PDVD_049.jpg
 すげーわかりやすい血清。間違えようがなさ過ぎる。

 PDVD_050.jpg
 だが、デスパー軍団の苛烈な攻撃に阻まれ、なかなか子供のところへ辿り着けない。

 で、凄いのは、子供が間に合わずに一旦死んでしまうところだ。うーむ。

 PDVD_051.jpg
 もっともこの後、イナズマンの超能力で、子供は生き返るんだけどね。やれやれ。

 しかし、1974年の作品とは言え、雑な光学処理だ。

 そして、ウデスパー兄弟は、意外とあっさり倒されてしまう。いささか拍子抜け。これ以降、幹部はサデスパーひとりになる。

 15話「大洪水作戦!!」はそのタイトル通り、デスパーがダムを破壊しようと企む。

 デスパーに襲われたダムの管理者の娘を助けた荒井さんは、

 PDVD_053.jpg
 ちょっときわどいポジションをつかむのだった。

 PDVD_054.jpg
 で、あれこれあって、一旦イナズマンたちはデスパーに捕まり、破壊予定のダムの前にこのようにして縛られる。

 つまり、ダムの決壊で殺そうというのだが、いつも思うのだが、自由を奪ったのなら、間髪いれず、そのまま殺せばいいのになぁ……。悪人の考えることはわからない。

 この場合も、案の定、二人は荒井さんに助けられ、ダムも一旦決壊するが、イナズマンの「ゼーバー逆転チェスト」と言う、なんでもありの技によって「なかったこと」にされてしまい、作戦がぜんぶ失敗するというとほほぶり。

 眠くなったのでこの辺で終わる。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

確かにマサカリで殺すのは、容赦ないですね普通は、“何も言わずここから去れ”ぐらいにしていると思うのですがね😓

Re[1]:「イナズマンF」をサクッと紹介~その4(2012年7月18日更新)(09/27)  

ふて猫様

えげつないけど、そこが魅力ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター