FC2ブログ

記事一覧

「星雲仮面マシンマン」 第25話「ミイラ男の挑戦」


 第25話「ミイラ男の挑戦」(1984年6月29日)

 PDVD_000.jpg
 レディMのもとへ、赤いフードを着たミイラ男(マン)が訪れる。
 ミ「レディM、お久しぶりです」
 M「スペインからわざわざ来てくれるなんて嬉しいわ」
 ミ「プロフェッサーKより預ってきました」
 M「おじ様から? 何かしら、私は手紙なんかよりプレゼントの方が良いんだけど」

 初代悪の組織テンタクルのボスKは、二代目悪の組織オクトパスのボス、レディMのおじさんなのだ。

 手紙にはびっしりと数式が書かれていた。
 ミ「暴力ガスの作り方です。これを吸った人間はたちまち凶暴になり、暴力人間になる!」

 理科と算数が得意だというトンチンカンが、自分が作りましょうと名乗り出る。

 PDVD_002.jpg
 ミイラ男、ここへ来る途中、お化け屋敷でさらってきた子供を実験台にしようと言い、隙を見て逃げようとした子供を、包帯を飛ばして捕まえる。

 ミ「バンテージネット! 俺の特殊包帯はロープの役目もすれば、槍や剣の代わりにもなる! この包帯を身にまとい、ひとたびミイラーマンとなれば、俺は世界最強だ!」
 そう言いながら、何故か包帯を外して素顔になり、世界最強じゃなくなるミイラ男。

 演じるのは坂田祥一朗(現・雅彦)さん。

 さて、マンシマンこと高瀬健、葉山家の門の外で鼻歌を歌いながら真紀の愛車を洗っていると、ちょうど家から出てきた真紀に水をかけてしまう。

 PDVD_003.jpg

 PDVD_004.jpg
 真紀「キャッ、冷たい!」
 健「あ、ごめんごめん」
 真紀「冷たい、健さん、もう! いやっ、エッチぃ! もう何すんのぉ!」
 健「別にそう言うわけじゃ、早く乾かさないとさ」

 慌てた健が、真紀のシャツをまくりあげ、胸部が強調されるのが割とエロいのだ。
 特にこのアングル、全国4億6000万の貧乳マニアが泣いて喜びそうだ。

 週刊ヒットの編集部に来た真紀、編集長から、遊園地のお化け屋敷で何人もの子供がお化けに誘拐されているのでその取材へ行って来いと怒鳴られる。
 真紀「お化けの写真なんか撮れるのかしら」
 首を傾げながら出発する真紀。

 行きがけに、勝たちにこれから遊園地に行くと声をかける。勝たちはそれに触発されて同じ遊園地にやってくる。遊びまくろうとする勝たちだったが、健と亀太が現れ、
 亀太「ダメ!」
 健「君たちの監督を真紀さんに頼まれたんだよ」

 PDVD_006.jpg
 勝「チェッ!」
 浩「暇な大人がいるよなー」

 この後、カメラのないところで二人から顔面パンチされる浩少年であった(註・あった、じゃねえよ)。

 と、早速ミイラ男が子供をさらい、お化け屋敷の裏口から出て行くのを、見回りをしていたボールボーイが見付け、健に連絡する。健はすぐマシンマンに変身してミイラ男と戦うが、結局取り逃がし、子供も連れ去られてしまう。

 PDVD_009.jpg
 その間に、取材をしていた真紀が勝たちのところへ来るが、健が急にいなくなったと聞かされ、
 真紀「もーっ、ほんっとに頼み甲斐がないんだからー」

 レディMは、ミイラ男に誘拐させた数人の子供たちに暴力ガスを吸わせた上で、家に帰す。

 PDVD_011.jpg
 最初にさらわれたトオルと言う少年、分かりやすいメイクをしてサッカーをしている友達の前に現れる。子供たちは口々に話し掛けるが、トオルは無言でサッカーボールを子供たちに投げつけ、さっさと立ち去ってしまう。

 帰宅したトオル少年、今度は母親に暴力を振るっていたが、やがて憑き物が落ちたように平常に戻る。

 PDVD_012.jpg
 他の子供たちも、しばらく暴れた後、すぐ元に戻ってしまうのを見て、レディMが歯軋りして悔しがる。
 M「何が効力抜群よ。しっかり仲良しになってるじゃないのー」
 ト「おっかしいですね~、はっ、こりゃいかん、ここの2と3を間違えてました」

 トンチンカンのミスで、不完全な暴力ガスになっていたらしい。
 ミ「今度は俺が作ろう」
 ト「申し訳ない。また子供たちを集めなきゃいけませんね」
 M「私に良い考えがあるわ」

 PDVD_013.jpg
 Mの言う「良い考え」とは、自ら子供たちに「フィールドアスレチック無料ご招待、ハンバーガー大食い大会、賞金多数」と言うビラを撒くことだった。

 勝もビラを受け取り、誇らしげに姉の真紀に見せている。
 勝「優勝したらパソコンが貰えるんだ! すげぇーだろう」
 真紀「あたしも取材に行ってみようかな」

 PDVD_014.jpg
 翌朝、元気に出社してきた真紀、互いに「オハヨー」と言いながらルミ子とハイタッチするのが、いかにも女の子らしくて可愛いのだ。

 PDVD_016.jpg
 真紀、編集長にフィールドアスレチックの取材に行って来ると例のビラを見せるが、話しているうちに「スパトクオ? 反対から読んだらオクトパス!」と、漸く気付く。

 この、悪の組織がひっじょーに分かりやすいネーミングをするのは、80年代前半までの特徴である(?)。

 真紀は慌てて車を急発進させる。ちょうど行き合わせた健、その話を聞いて、ドルフィンで現地へ飛ぶ。

 PDVD_017.jpg
 一方、フィールドアスレチック(80年代特撮番組でちょくちょく出てくる)には、勝やほかの子供たちが集まっていた。中にひとり、変なのが混じっているが……。

 PDVD_018.jpg
 会場に、ちゃんと各種賞品を用意している良心的なオクトパス。

 早速ハンバーガー大食い大会が行われるが、当然、勝たちは腹いっぱいで動けなくなる。
 そこでトンチンカン、良い胃薬があるからと言って、新しく作った暴力ガスのボンベを取り出し、彼らに吸わせようとする。

 PDVD_020.jpg
 しかし、間際にマシンマンがやってきて、ミイラ男と戦う。トンチンカンはさっさと逃げ出す。

 マシンマン、マシンサーベルでミイラ男の包帯を切り裂き、胸にMマークを刻む。
 そして失神したミイラ男に「カタルシスウェーブ」を浴びせ、善人にする。

 ミイラ男、謝罪した上、暴力ガスの作り方を書いた手紙をマシンマンに渡すのだった。

 PDVD_021.jpg
 その後、心配して車を飛ばしてきた真紀が、弟の勝を抱き締める。

 ワシも抱き締められたい(言うと思った)。

 PDVD_022.jpg
 質問コーナーの後、折角来たんだからとアスレチックで遊ぶ真紀たちの楽しそうな様子を映す。

 PDVD_023.jpg
 スカートをたくしあげて、健と一緒に水車を回す真紀がとても可愛いのでした。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

>これを吸った人間はたちまち凶暴になり、暴力人間になる

「仮面ライダー」52話に登場した「デッドマンガス」に似てますね。
もっとも、互いに殺し合うまでの効果があるデッドマンガスの方が恐ろしいですが。
実験結果を見て「ざまあみろ」と呟く死神博士がさらに怖いです。

しかし、こうしたガス ネタはもう放送できないでしょうね・・・

Re:ガス ネタ(05/04)  

影の王子様
>「仮面ライダー」52話に登場した「デッドマンガス」に似てますね。
>もっとも、互いに殺し合うまでの効果があるデッドマンガスの方が恐ろしいですが。
>実験結果を見て「ざまあみろ」と呟く死神博士がさらに怖いです。

去年DVDで見ましたが、あれは怖かったですね。

>しかし、こうしたガス ネタはもう放送できないでしょうね・・・

なんかどんどん表現の幅が狭くなっている気がします。今はなにかあるとすぐ「炎上」ですからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター