fc2ブログ

記事一覧

獅子の瞳が燃えて「ウルトラマンレオ」第18話


 第18話「見よ! ウルトラ怪奇シリーズ 吸血鬼! こうもり少女」(1974年8月9日)

 夏休みと言うことで、17話(つまらないのでスルー)から「ウルトラ怪奇シリーズ」と銘打たれた、ホラー系のエピソードが続く編成になるのだが、逆に視聴率は低下の一途を辿るのがとても悲しいウルトラマンレオのお時間です。

 PDVD_000.jpg
 冒頭、血のような朝焼けの中を、マッキー2号で飛んでいるゲンと白土隊員。
 ゲン「朝日って良いなぁ」
 白土「ああ、しかしこいつは暑くなりそうだなぁ」

 だが、白土隊員の予想に反し、東京都内は異常な低温に見舞われる。
 MACの調査では、太陽を遮るフィルターのような物が東京上空に発生しているらしい。ダンは、梶田隊員にマッキー3号で出動し、ゲンたちと合流するよう命じる。

 PDVD_001.jpg
 2号と3号が並んで空を飛んでいると、前方に、無数のコウモリの影が乱舞しているのに出くわす。

 梶田「吸血コウモリだ!」(なんで分かるの?)
 ゲン「くそう、一匹も地上には降ろさせんぞ!」(なんで?)
 梶田「攻撃、開始!」(だから、なんで?)

 PDVD_003.jpg
 強いものには弱いが、弱いものには滅法強いことで定評のあるMAC、ここぞとばかりにコウモリの群れに発砲する。その後、東京に夏らしい日差しが戻ってきた……。

 PDVD_005.jpg
 地上、爽やかなと言うには強過ぎる夏風の吹く草原を、百子とトオル、カオルが仲良く歩いてくる。
 カオル「ねえ今日のおかずなぁに?」
 百子「さあ、なんでしょう」
 トオル「カレーライスでしょう?」
 百子「ううん、違うわよ」
 カオル「オムライス?」
 トオル「オムレツだ!」
 百子「そう、当たり」
 トオル「わー、良かったね。はははははははっ」

 涙が出るほど、ほのぼのした会話です。

 草むらの中から犬の唸り声のようなものが聞こえ、その場に立ち止まる三人。
 トオル「捨て犬かな」
 カオル「お兄ちゃん男なんだから見てきてよう」
 トオル「僕がーっ?」
 トオル、助けを求めるように百子の顔を見上げるが、

 PDVD_007.jpg
 百子さんも、「当たり前でしょ」と言わんばかりの目で頷くのだった。

 仕方なく、草むらをかきわけて進むトオル。だが、声の主は犬ではなく、紫色の服を着た少女だった。

 PDVD_008.jpg
 百子「ね、しっかりして、どうしたの? まぁひどい傷! 歩ける? 救急車呼びましょうか」
 少女「歩けます。人を呼ばないで下さい。悪い人に追われてるんです……」

 と言う訳で、百子は少女に肩を貸して歩かせ、自宅へ連れて行って看病する。

 PDVD_010.jpg
 ひとりトオルだけ、少女のことを不審に思い、百子に話すが、
 百子「トオルちゃん、人を疑ってかかるなんていけないことよ。人は信じ合い、助け合わなくっちゃいけないのよ」
 と、逆に説教されてしまう。

 トオルは更に、少女が火傷をしていることから、MACが撃滅した吸血コウモリの生き残りではないかと、子供らしからぬ鋭い推理を披露するが、それも百子に一蹴されてしまう。

 心優しい百子さん、その夜は少女の枕元につきっきりで、寝ずの看病をする。

 PDVD_011.jpg
 翌朝、食事を載せた盆を少女の枕元に置く百子さん。

 ミニスカと言い、髪型と言い、今回の百子さんはかなりキュートである。ま、いつも可愛いけど。

 百子「私は出掛けるけど、お腹が空いたら食べてね」
 少女「ありがとう」
 百子「うんと食べると傷の治りも早いわ」
 少女「はい」

 だが、百子が部屋を出て行くや、少女は殊勝な態度を一変させ、

 PDVD_012.jpg
 百子さんが折角作ってくれた料理を、窓から鎖につながれている犬に向かって放り投げるのだった。

 さらに、トオルの飼っているインコが騒ぐのを見て「うるさいわねえ」と息を吹きかけると、インコはコロッと死んでしまう。
 よっぽど口臭がきつかったのだろうか?(違います)

 城南スポーツセンターに勤めている百子さん、その日は野外で、子供たちに跳び箱の指導をしていた。

 その様子を眺めていたゲンに子供たちが気付き、どっと集まってくる。
 吸血コウモリ退治のことを話してくれとせがむ子供たちにゲンが「よおし、話してあげよう」と言うと、

 PDVD_014.jpg
 不自然なほど躍り上がって喜ぶ子供たちだった。普段よほど娯楽に飢えているのだろう。

 PDVD_015.jpg
 トオルもそこにいて、ゲンに少女のことを話そうとするが、目敏く百子さんが割って入る。
 トオル「あのね、昨日……」
 百子「トオルちゃん!」
 トオル「……」
 ゲン「昨日、どうしたんだい?」
 百子「ううん、なんでもないのよ。さ、トオルちゃんも練習に戻って」

 その後も、百子はあくまで少女に親切に接するが、その夜、彼らが寝静まったのを見計らい、少女が動き出す。外へ出て、羽根のようなものがついた衣装をバタバタさせると、吸血コウモリ(バットン)に変化し、夜の闇を飛び回っては、道行く人たちの血を吸うのだった。

 PDVD_018.jpg
 ナレ「吸血鬼に襲われた者は吸血鬼になる。人々は夜出て歩かず、昼間は吸血鬼と噂された人を襲うようになった」

 淡々と描かれているが、この、集団ヒストリーによるリンチシーンはかなり怖い。

 そんな不穏な雰囲気の中、自宅アパートへ帰ってきた百子さん。だが、既にトオルとカオルは吸血鬼になっていた。そして百子さんも、牙を剥き出した少女に血を吸われて吸血鬼の仲間入り。

 PDVD_019.jpg
 パトロール中のゲン、アパートの近くを通ったついでに様子を見に訪ねる。

 死人のようなメイクの百子たち、ゲンがドアを開けると無言で振り向く。
 ゲン「なんだ、いたのか、変わりはないだろうね」(気付けよ)

 PDVD_020.jpg
 百子(にこやかに頷く)
 ゲン「じゃあちゃんと鍵をかけて寝るんだよ」

 鈍感大王ゲン、そのまま出て行こうとすると、トオルとカオルに引き止められる。ここでやっと三人の様子がおかしいのに気付く。

 その後、少女は怪獣バットンに変身、ゲンもレオに変身して戦う。
 今回はトドメを刺す前に、吸血鬼になった人たちを救う為、バットンの血(血清)を巨大な注射器で抜き取るのだった。用済みになったバットン、レオキックで倒される。

 毎度のことだが、彼ら、一体何を考えて地球に来たのだろう?

 PDVD_023.jpg
 元気になった三人、今度はゲンもまじえて、最初に通った草原を歩いている。

 と、また草むらから怪しい唸り声がして、不吉な予感に打たれる百子たち。
 今回も百子さん、トオルに見に行くように言うが、トオルは拒絶する。

 PDVD_026.jpg
 仕方なく自ら草の中に入っていく百子さん。

 が、今度は正真正銘、捨て犬だった。

 カオル「お姉ちゃん、もしかしたらその子犬も……」
 百子(頬ずりして)「ううん、こんな可愛い子犬が悪いことする怪獣になる訳ないわよねー」

 トオル「チェッ、あんな目に遭わされたのに、てんで変わってなんかいないんだから!」
 と言うように、そこが百子さんの良い所なのだ。

 PDVD_025.jpg
 百子「よいしょ、さ、いらっしゃーい。ほら、こっちこっち」
 子犬と無邪気に戯れる百子さん。

 それを見るゲンもやがて真っ白な歯を覗かせて笑いながら追いかけるのだった。
 今回、百子さんの画像を貼るだけが目的だった管理人であった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

前回の第17話には26話から登場する松木隊員役の藍とも子さんが出てましたね。大勢のレオタード姿の女性が出てきて嬉しかったです(笑)

この回でトオルはスヌーピーの服を着てました。この頃からスヌーピーは人気だったのかと思いました。

Re[1]:獅子の瞳が燃えて「ウルトラマンレオ」第18話(04/14)  

ウルトラファンレオ様
>前回の第17話には26話から登場する松木隊員役の藍とも子さんが出てましたね。大勢のレオタード姿の女性が出てきて嬉しかったです(笑)

ああ、ひとり小奇麗な方がいましたが、あの人ですか。17話、レビューする準備はしたんですが、あまりにつまらないのでやめてしまいました。藍とも子さんがヒロインだったら、レビューする気にもなったんですが。

Re:獅子の瞳が燃えて「ウルトラマンレオ」第18話  

今晩は。以前もコメントをさせて頂きます。
この回も百子さんがメインで活躍される回ですね。
百子さんが吸血の女に血を吸われて吸血鬼にされた時の演技も中々見応えがありました。
吸血鬼にされた三人にゲンが話しをかけた際の怪しく微笑む百子さんが美しくもあり怖さもあって、改めて丘野さんは可愛くて綺麗な方だと思いました。
その後ケロッとして河原で子犬と遊ぶ百子さんの横でトオルが呆れはてる所も微笑ましかったです。
カオルちゃんも吸血鬼にされた時の演技も見所ではあります。レオの中でも好きな回です。もちろん百子さんがメインですからw。それでは失礼致します。

Re[1]:獅子の瞳が燃えて「ウルトラマンレオ」第18話(04/14)  

タカヒロ様
またまたコメントありがとうございます。

ほんとに百子さんの存在は貴重ですね。
ぶっちゃけ、彼女がいなかったら「レオ」のレビューをしようとは思わなかったでしょう。

今回も、百子さんの画像がやたら多いのでした。

No title

あ、すみません。『レオ』に限らず、出演者の服が、違う日の設定なのに同じじゃんというのを拙ブログで記事にする予定で、この回と31話の前後編を拙ブログにリンクさせたいのですが、ご迷惑でしょうか。写真はいただかず、リンクだけにしますので、OKをいただければ幸いです。

Re: No title

返事が遅れてすいません。

全然OKですので、どんどんリンクして下さい。

No title

どうもありがとうございます。記事にリンクさせていただきました。

https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/01a92d95530042f102c1b16e1da7099b

思わずこんな記事も書いてしまいましたが、つまりはそんな時代だったのでしょう。

https://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/1eaa3dbc8dc3661a2c330d1ea8685835

ところで「レオ」って、MACのメンバーがしょぼいキャストなのと「タロウ」のキャストがすごかったのでそういうイメージが少ないかもですが、記事で取り上げた藤木氏、春川ますみさん、杉田かおるなど、当時のドラマの大常連さん、売れっ子さんをけっこう起用していて、キャストは充実しているんですよね。子ども向けドラマの視聴率向上には必ずしも役に立たなかったのかもですが、そういうあたりがありながらやや地味なイメージが強いのが残念ですね。やはり真夏氏が無名の新人だったからかなあ。

Re: No title

わざわざご報告恐れ入ります。

両方拝読させて頂きましたが、興味深い内容ですね。

このブログについてまで言及して頂いて、光栄です。

> ところで「レオ」って、MACのメンバーがしょぼいキャストなのと「タロウ」のキャストがすごかったのでそういうイメージが少ないかもですが、記事で取り上げた藤木氏、春川ますみさん、杉田かおるなど、当時のドラマの大常連さん、売れっ子さんをけっこう起用していて、キャストは充実しているんですよね。

ですよね。予算が厳しくて人減らした(?)のに、逆にキャストが豪華になるってなんか釈然としません。

年末年始に放送

初見は88年の正月でした。関東では早朝の穴埋めという扱いだったので土日と正月三が日にも放送されたのが印象的でした。
寒い時期に大して面白くもない怪奇シリーズを見て心も寒かったのが当時の感想です。帰マンが土曜の朝並行して放送されました。
前回に続けてエロかったというのも率直な感想です。
このシリーズを見た翌月にライブマンが放送開始でしたね。

Re: 年末年始に放送

再放送だと季節感が合いませんからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター