fc2ブログ

記事一覧

「ザ・ハングマン 燃える事件簿」その3

 PDVD_001.jpg

 少し間が空いてしまいましたが、久しぶりの「ハングマン」のお時間です。
 ちなみに現在、チャンネルNECOでは第3弾「新・ハングマン」が絶賛放送中です。チョメチョメ。
 管理人、天知茂先生がゴッドを演じているのを知って、びっくりしたのである。

 第25話「さらばブラック 怒りの爆死」

 第2クールの終わりで、キャストがまた変わる。

 サブタイトルにあるように、ブラック(林隆三)が殉職(?)するのだ。

 ブラックには、1話で事故に遭って昏睡状態になった最愛の妹がいるのだが、少しでも良い治療を受けさせてやりたいと思うブラック、ついつい、意識のない患者から臓器を奪い取ると言う悪魔のような病院に引っ掛かってしまう。

 なおこの回、悪役が、佐藤慶、田口計、浜田晃、勝部演之と、めちゃくちゃ豪華。

 ブラック、気付いた時には既に遅く、妹は臓器を抜き取る為に殺されてしまう。怒りに燃えるブラック、単身敵地に乗り込むが、逆に捕まってしまう。

 そして車の中に閉じ込められ、ダイナマイトで吹っ飛ばされるのだが、その際、バイクがブラックを助けようと駆け寄り、一緒に爆死してしまうと言う壮絶な結果となる。

 死を覚悟したブラックが、仲間たちに語りかける。
 ブラック「あばよ、マイト。あばよ、おやじ。タミー、ドラゴン、バイク、あばよ……」

 PDVD_010.jpg
 バイク「ブラックぅぅぅーっ!」
 ブラック「来るなーっ!」

 目の前で二人の仲間を殺され、言葉を失うハングマンたち。
 マイト「バカヤロウ……」

 ブラックはともかく、バイクの加瀬慎一さんがこんなに早く退場してしまったのがとても残念だ。

 で、26話から、新しく、コンピューター、電子機器の専門家、デジコン(名高達郎)が加わる。

 PDVD_011.jpg
 それにあわせて、OPのタイトルやナレーションも少し変わる。

 ナレ「日本人の行方不明者、現在78000人、身元のわからない死者の数、28000人、俺たちもその中に含まれる。顔を変え、指紋を消し、戸籍を抹消して死人となった。俺たちが得たものは年俸4000万円、失った物、人並みの幸せ、しかし、許せぬ悪を見る時、熱い血が全身を駆け巡り、悪に挑む時、胸の鼓動は高鳴る。俺たち生ける死人の名は、ザ・ハングマン!」

 第27話「人質は糖尿病 救急ネズミ作戦」

 ビルの一室で行なわれていた財界の大物たちの懇談会に、テロリストが乱入、彼らを人質にして莫大な身代金を要求すると言う、シチュエーションからして面白そうなストーリー。

 PDVD_013.jpg
 テロリストのリーダーに、片桐竜次さん。こういう役をやらせると、抜群に上手い。

 ハングマンたちの使命は、大物たちと一緒にいる運転手の男性を助けること。彼は糖尿病で、早くインスリンの注射を打たないと命が危ないのだ。

 で、正規の警察にも気取られないよう、その部屋に潜り込む為、ハングマンがあの手この手を駆使する様が描かれている訳だ。

 PDVD_014.jpg
 なお、ビルの守衛役で、JACの春田純一さんが出演している。しかし、あくまでチョイ役。「ゴーグルファイブ」のレギュラーに抜擢されるのは、この翌年だ。

 第28話「強盗を飼う警部」

 ある銀行の系列支店ばかりが二人組の銀行強盗に襲われるという事件が続発する。

 ハングマンの調査で、その二人は、ある人物(石山律雄)から指示を受け、武器や車などを提供されて強盗を繰り返しているらしいことが分かる。

 デジコンの推理で、次に狙われる可能性の高い銀行が割り出されるが、そこは、パンの娘・美智子(道子?)が勤めている銀行だった。

 PDVD_000.jpg
 娘のことが心配で、熱心にその銀行の下調べをするパン。
 美智子を演じるのは、東啓子さん。可愛い……。

 PDVD_002.jpg
 だが、銀行の中に入ってあれこれ調べているうちに、自分が銀行強盗だと疑われ、必死に逃げ惑う。
 ちょうど、美智子と行き会い、彼女に身許を保証して貰って、ようやくしつこい係員から逃れることが出来た。1作目では、ハングマンたちはほんとに死んだことになっているので、名前や身分証などが与えられていないのだ。2作目では、別人の戸籍を借りて、そう言う問題はクリアされている。

 パンは、「自殺」してハングマンとなった後も、妻と娘のことが心配で、彼らが経営しているパン屋をたびたび訪れては常連客となっていたのだ。

 PDVD_003.jpg
 二人組の強盗、結局、仲介役の男に騙され、射殺され、盗んだ金を巻き上げられてしまう。

 ちなみにこの若い方の強盗、なんと、あの大葉健二さんなのだ。
 ここでは、何の見せ場もなく撃ち殺されている。少し前まで「バトルフィーバーJ」「デンジマン」で堂々レギュラーを務めていたのに……。

 氏が「宇宙刑事ギャバン」で、日本の特撮ヒーローの歴史に新たな1ページを刻むのは、この1年後である。

 PDVD_004.jpg
 パンはその晩、妻と娘の家を訪ね、昼間のお礼といってルビーのペンダントを娘に贈る。

 心が温まる良いシーンだけど、ハングマンとしてはいささか甘過ぎる気もする。
 それに、いくら整形していると言っても、そんなにしょっちゅう会ってたら、妻や娘にバレるんじゃないか?

 PDVD_005.jpg
 マイトは、強盗犯の射殺現場で、警察学校の同期だったエリート警部(谷隼人)を見掛ける。
 ちなみに隣のベテラン刑事の俳優さんは、1話でもブラックの同僚を演じていた。同じキャラと言うことではないだろうが。

 PDVD_006.jpg
 その後、パンとデジコンがゴッドの命令で、銀行強盗の後釜になりすまし、美智子のいる銀行を襲撃することとなる。パンは、もし銀行強盗が来ても、警報ベルを押すなと忠告していたのだが、正義感の強い美智子はそれを押そうとする。仕方なく、パンは自分の娘の腕を撃って、それを阻止する。

 美智子の証言で、パンが一時容疑者と目されたり、色々と厄介な状況になるが、最後は背後にいる黒幕(谷隼人)と石山律雄を警察に引き渡し、パンの容疑は晴れる。

 PDVD_007.jpg
 改めて見舞いに来たパンに、美智子は謝ってから、「あのね、おじさん、うちのお母さんね、もしも再婚するんだったらおじさんがいいって言ってるのよ」と、いたずらっぽく告げる。

 PDVD_008.jpg
 実の娘からそんなことを言われ、なんとも言えない表情になるパンと、隣に座っているのが亭主だと知らずに照れる母親。ちなみに母親を演じているのは、怪奇大作戦の「狂鬼人間」のキチガイ演技が印象的な姫ゆり子さんなのでありました。

 しかし、これ以降、美智子たちがストーリーに絡むことはなくなる。と言うか、一切出なくなる。

 第29話「爆弾サイクリング」

 PDVD_009.jpg
 酔っ払ってパンが他人の自転車に乗ろうとしているのを、警察に見咎められる。
 だが、その持ち主の若い女性に助けられ、事なきを得る。

 その女性を演じているのが、当ブログの常連、里見和香さん。
 パンはその優しさに感心するが、その直後、彼女は不審者に刺し殺されてしまう。

 彼女は、二つの自転車会社の争いに巻き込まれて殺されたらしい。ハングマンが捜査に乗り出す。

 PDVD_010.jpg
 中盤、タミーが囮になる為、自転車会社のチャームガール(キャンペーンガール)になると言うシーンがある。

 そのまま、記念サイクリングに出発するのだが、ライバル会社の策略で、その自転車はブレーキに細工がしてあり、タミーは危く死に掛けるが、

 PDVD_019.jpg

 PDVD_012.jpg
 仲間が予め用意していたトラックの荷台に飛び込んで、無事だった。……他意はありません。

 PDVD_031.jpg
 ラストのお仕置は、悪人4人を自転車に乗せ、一定の速度以下になると爆発すると言って脅し、死のサイクリングを強制すると言うもの。

 戸浦六宏さん、高城淳一さん、原口剛さん、松山照夫さんと言う、豪華悪役カルテットの貴重な(?)競輪選手姿。

 つづく。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人様

愛川欽也氏追悼企画で映画「トラック野郎・度胸一番星」(全10作中5作目 1977年作品)
が放送されたので観たら、夏樹陽子さんが出演されてました(当時24歳、デヴューの年)。

シャワーを浴びている千葉真一氏と濃厚なキスをされてました。
とにかくお綺麗でとても得した気分になりました。
夏樹さんには独特の色気があったと思います。
(特に「エマニエルの美女」!!)

久しぶりに観た千葉氏もカッコよく、さすが大葉氏たちの師匠だと思いました。

昔はよくTVで観てた「トラック野郎」ですが、今観るとさすがに退屈でした。

Re:夏樹陽子さん(04/20)  

影の王子様
夏樹さん、いいですよね。

特に、「ハングマン2」のバニーガール姿は反則すれすれの可愛さで、早くレビューしたいのです。

ザ・ハングマン 25話  

25話、救いがありませんでした(泣)
タイトルから、ブラックが佐藤慶の屋敷にタンクローリーで突っ込む・・・
展開を期待しましたが(まぁ映像的に無理でした)。

あと「植物 人間」の台詞は無音になってました。
冒頭のブラックの悪夢で、妹の生命維持装置を外す母親、怖すぎ・・・
この母親はゲスでしたね。

Re:ザ・ハングマン 25話(04/20)  

影の王子様
>25話、救いがありませんでした(泣)
>タイトルから、ブラックが佐藤慶の屋敷にタンクローリーで突っ込む・・・
>展開を期待しましたが(まぁ映像的に無理でした)。

1作目はほんとハードですよね。今放送中の第7弾「ハングマンGOGO」は、目も当てられないほどのつまらないドラマになっちゃってますが。

ザ・ハングマン 27話  

27話、かなり面白かったです。話の内容としては変化球でしたが。
こうした「タイミリミット」が軸になっている話は良いですよね。

Re:ザ・ハングマン 27話(04/20)  

影の王子様
>27話、かなり面白かったです。話の内容としては変化球でしたが。
>こうした「タイミリミット」が軸になっている話は良いですよね。

初期のハングマンはほんと面白いですよね。

ザ・ハングマン 28・29話  

またDVD借りて観ました。

28話
東啓子さんなかなか可愛いです。「V3」と「BLACK」にご出演されてたんですね。
次の29話もそうだけ、パンは人情味があり過ぎる気がしますね。娘を撃ったのはともかく。

29話
すぐに殺されてしまいますが、里見和香さんが出てるのが嬉しい。
26話では(私にとっての)伝説の美人女優・中村久美さんが出てたのも嬉しかった。
老若男女、多彩なゲストが見れていいです(28話の大葉さんは残念ですが)。
しかし、ライバル企業の自転車のブレーキを特殊な液体で壊したわけですが
一台一台「手作業」でやったのでしょうか?工場での工程で混ぜた描写は無いし・・・
また、ライバル企業の社長と孫を殺すのは非道過ぎる・・・

言っても仕方ないですが、リーダーはマイトではなくブラックの方が画が引き締まります。
と言っても、タミーが参入する前の13話までは地味過ぎ・・・
この辺りは難しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター