fc2ブログ

記事一覧

「不良少女とよばれて」第3話 後編


 第3話「ビギン・ザ・ラブ」(1984年5月1日)

 こちらは東京流星会の事務所。
 下っ端の皆さんが、適当な音楽で適当に踊っていると、

 PDVD_016.jpg
 朝男、ウンザリしたように音楽を止め、
 朝男「麻里、お前、俺の命令ならなんでも聞くって言ったな」
 麻里「物を考えないで済むからね、好きだよ命令は」
 いかにも、刹那的に生きている麻里らしい台詞。

 続く朝男の「じゃお前死ねって言ったら?」と言う言葉にも動じることなく、ナイフをもてあそびながら「いいよ、今ここでかい?」と、平然と応じる麻里。

 朝男「死ぬよりは先にやってもらうことがある。お前、相模愛育女子学園に入れ」
 麻里「なんだってえ?」
 朝男「笙子と2年も会えないなんて我慢できねえ、どんなことしてもいい、笙子を外へ出せ」
 麻里「朝男、あたいはあんたに惚れてんだよ! そのあたいに!」
 朝男「これは俺の命令だ!」
 朝男は冷たく言い捨てて部屋を出て行く。

 麻里「会長命令なら仕方ねえさ、あたしが受けた命令は笙子を表に出せってことさ、生かして出そうが、死体で出そうが、あたしの勝手だよ!」
 物騒なことを言いながらも、朝男の命令には絶対従う麻里だった。

 哲也は少年院から、今度は笙子の実家の神社へ行き、笙子の両親に会う。
 そして、園長に言われた疑問「何故、笙子が不良になったのか」を、子供の使いのようにそのまま両親にぶつける。

 笙子の父・聖一郎の語るところによれば……、

 ・神主の聖一郎は働くのがイヤで、副業をして収入を増やそうとしなかった。
 ・妻・美也子は貧乏がイヤで、夫に働け働けとガミガミ言い、夫婦喧嘩が絶えなかった。

 割とクズ方面の夫婦である。

 ・その為、高校生(?)の笙子は、色んなバイトを掛け持ちして健気に働き、家計を支えていた。

 PDVD_017.jpg
 悪竜会時代以前の、健全明朗時代の笙子が、バイト代を握り締めて神社に帰ってくる。

 PDVD_018.jpg
 横から見ると、背筋がピンと伸びてとても姿勢が良い。

 ある日、弟から給食費が要ると言われた笙子、ちょうど知り合いから大量の昆布を貰ったので、それを行商して売りさばく。
 だが、そんな笙子に目をつけたヤクザが、イチャモンをつけてその売り上げを巻き上げようとする。

 PDVD_019.jpg
 セコいにもほどがある大人たちの図。

 笙子は逃げ回り、岸壁に追い詰められると、そのまま海へダイブする。

 ずぶ濡れになりながらも、弟の給食費を死守して戻ってくる笙子。
 ちょうど、実家に帰っていた母親が帰っていて、例によって父親と口論していた。
 聖一郎、カッとなって思わず妻を殴ってしまう。

 その流れで、美也子が「お前なんか産みたくなかった!」と言ってはならない一言を口にする。

 PDVD_020.jpg
 笙子「お母さん……」
 美也子「お前さえ産まなければ、あの人と離婚できていたのに……結婚して、約束が違うってすぐに分かった……あたし離婚しようと思ったの、そしたらあんたを身篭っていたわ。あんたさえ水に流していれば、こんな苦労はしないで済んだのよ! 笙子なんて産みたくなかったのよ!」

 激しく傷付いた笙子は、土砂降りの雨に打たれながら、夜の線路を歩いている。
 そのまま、電車に轢かれるつもりだったのかもしれないが、結局死ねず、代わりに相模悪竜会のリーダーとして恐れられる不良少女になってしまったのだ。

 自分の心ない言葉を、涙ながら悔やむ母親。
 聖一郎「私たちが自分たちの間違いに気付いた時には既に遅かったんです。哲也さん、あなたの笙子へのお気持ちは嬉しく思います。ですがあなたには、総務府の技官としてのお立場がある。笙子のことは忘れて下さい」
 哲也「いや、今の話を聞いて、僕の気持ちはますます強くなりました。どうか僕に対するお心遣いはご無用に願います」

 哲也は塀の向こうの笙子に手紙を出す。笙子はグラウンドの隅でそれを読む。

 PDVD_022.jpg
 曰く「笙子さん元気ですか? 君の心は今何を見詰めていますか? 君と別れて以来、僕の心はずっと君を見詰めています。僕は君の過去を知ってしまいました。非行を重ねながら、君の心は泣いていた。一目会いたい、会って力の限り君を抱きしめてあげたい……でも、それの叶わぬ今、君にしてあげられることはただひとつしかない……正式に君と結婚することです

 PDVD_023.jpg
 笙子「げっ、ストーカー?」

 ……と言うのは嘘です(正しくは「結婚?」)が、まだキスすらしていない段階で、こんなことを言い出す男にはさすがに笙子も引いたのではないか。

 まぁ、哲也としては形式的にでも結婚さえすれば、面会も可能になるだろうと言う腹もあったんだろうが。

 普通なら「気持ちわりぃ」と手紙ごと焼き捨てるところ(管理人の偏見です)だが、これはドラマである。それもこてこての大映ドラマである。笙子は引くどころか「哲也さんあたし耐え抜きます、耐え抜いて見せます!」と感動の眼差しで、更生の決意を新たにするのだった。

 PDVD_025.jpg
 その後、娯楽室でテレビを見ている3号室の面々。チェッカーズの「涙のリクエスト」にあわせて、狂ったように踊りまくるさと子。

 このさと子のダンシングは、是非実際に動くところを見て頂きたい。なんとなく生きる気力が湧いてくる。

 そこへ園長が入ってきて、園長室のテレビの調子が悪いからと言って、チャンネルを変えてしまう。

 PDVD_026.jpg
 それは、雅楽の演奏の中継で、なんと、哲也もその中にいるではないか!

 これが偶然だったらさすがに説得力はないが、この前哲也が訪れた時に、演奏会のチラシを(かなりわざとらしく)落としていったのだ。笙子もそれに気付いて、瞳を潤ませる。

 PDVD_027.jpg
 無論、園長の密かな思いやりであった。
 笙子、二人だけに分かるように小さく礼をするのだった。このシーン、好きだなぁ。

 もっとも、哲也のアップが延々と続くのは、かなり不自然だったが……。

 笙子も他のみんなも雅楽の演奏に見入っていたが、園長が退室すると、意地悪トキ子がテレビを消してしまう。さらに、「今出てたのが、どうやらこいつの色男らしいよ」と、ほとんど超能力者のような鋭い勘を発揮する。
 笙子、トキ子を押しのけてテレビを見ようとするが、トキ子が思いっきり笙子の腹を蹴る。

 PDVD_029.jpg
 笙子「半端モンが寝惚けた真似するんじゃねえよ。カタをつけてやるよ!」
 内面的には既に更生している笙子だが、こういう場面ではたちまち悪竜会会長の顔になる。

 トキ子も、飲みかけの牛乳瓶を割って身構えるが、「殺してやる」と言いながらじりじり迫る笙子に気圧され、「よしなよ、冗談だよ」とあっさり白旗を揚げる。

 PDVD_030.jpg
 笙子「おらぁっ」
 トキ子の胸倉を掴んで右手を振り上げる笙子、ここで、室長のモナリザがその手を止める。

 モナリザ「あなたがいけないわ、今週のテレビのチャンネル権は娯楽部長のトキ子にあるのよ。文句があれば私が相手をするわ」
 笑顔の底に強固な意志を秘めるモナリザ。笙子も、冷静さを取り戻し、トキ子の体を離す。

 その頃、麻里が自分から警察署に出頭していた。

 PDVD_031.jpg
 麻里「おらおら、何おたおたしてんだよぉ。暴行、傷害、恐喝で手配中の山吹麻里が自首してきたんだよぉっ……おらぁっお茶ぐらい出せバカヤロー!」

 ここの麻里の台詞回しは絶品である。

 触らぬ神に祟りなしで、刑事たちも近付こうとしない。
 この後、数時間、麻里は延々とタンカを切り続け、酸欠になって病院に運び込まれた、と言うのは嘘である。

 ラスト、夕陽を浴びながら、二人きりで対峙している笙子とモナリザの姿を映しつつ、「つづく」のだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

朝男と麻里の台詞のやり取りとラストの麻里のタンカ、最高ですね!
大原清秀さんと江連卓さんの筆が冴えまくり!これぞ大映ドラマ!

Re[1]:「不良少女とよばれて」第3話 後編(02/25)  

影の王子様

初期の麻里はほんとに狂犬っぽくて良いですよね。

不良少女とよばれて第3話後編

もうこの時点で、朝男は笙子に惚れていたんだな。のちに哲也の恋がたきになる。もうすでになっていたかも?好きな人に、会えないなんて本当にさみしいよね。私だったら泣いちゃうかもしれない

Re: 不良少女とよばれて第3話後編

なんだかんだで一目惚れだったんでしょうかねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター