fc2ブログ

記事一覧

「仮面ライダーBLACK」 第43話「怪人牧場の決闘!」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面ライダーBLACK SONG & BGM COLLECTION [ ...
価格:4860円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)


 第43話「怪人牧場の決闘!」(1988年8月7日)

 「21世紀のハイテクマンション」と銘打たれたジェネラルハイツと言うマンションの見学会が開かれていて、参加者の中には克美さんと杏子ちゃんの姿もあった。

 PDVD_000.jpg
 管理人「それでは……」

 管理人はまず、モデルルームの前で、手首につけたメカのボタンを押し、

 PDVD_001.jpg
 それに反応して、ドアのロックが自動的に外れて開くと言うハイテク設備で、参加者の度肝を抜きまくる。

 ……どう考えても普通に手で開けたほうが手っ取り早いですが。

 PDVD_002.jpg
 管理人「みなさん、現代人に不足してるものはなんでしょう。それは健康です。当マンションでは体に良いオゾンを空調機で作り出す……いながらにして森林浴の効果を」

 管理人、再びあのメカのボタンを押し、壁についている空調機を操作してみせる。

 管理人「更にこのリモコンを常時身につけて頂ければ、コンピューターが体温、脈拍、血圧を測定し、睡眠時には特殊な磁気が働いてぐっすり眠ることも出来ます」

 PDVD_004.jpg
 管理人「皆様方も是非、当ジェネラルハイツに入って頂き、ヘルシーな未来生活を楽しんで下さい! あぁーはっはっ!

 最後の素っ頓狂な笑いは、ちょっと文字では表現しにくいが、さすが、芸達者のうえだ俊さんと言う見事な演技である。

 もっとも、管理人がうえださんと言う時点で、「このマンション、怪し過ぎるぜぇぇぇ」と言うことになるのだが、二人のギャルは帰り道、「あれこそ夢のマンションだわ」「設備の割に家賃も安いし」と、いたくお気に召した様子であった。

 まさかそのマンションのオーナーが、信彦だとも知らず……。

 と、マンションの近くで、一人の子供が他の子供たちに「嘘つき」だといじめられているのに遭遇し、面倒臭いので見なかったことに……じゃなくて、その子供を助け、キャピトラに場所を移して、話を聞いてあげる二人(と光太郎)。

 子供はあのジェネラルハイツの住人であり、昨日の深夜、両親や他の住民が一緒にエレベーターに乗って、そのまま何処かへ消えてしまったと自分の体験を話す。

 子供は警察に電話しようと部屋に戻ったが、急に強い眠気に襲われてそのまま朝まで眠ってしまい、しかも、目覚めた時には両親は部屋にいて、何処にも行ってないと言うのだ。

 光太郎「ほんとに夢を見たんじゃないんだね」
 子供「違うんだよ、本当に見たんだよ。信じて!」

 一方、ゴルゴム神殿では、

 PDVD_006.jpg
 シャドームーン、三大怪人、そして侍女のカーラとマーラまで、ケタケタと愉快そうに笑い転げていた。

 別に万馬券を当てた訳ではなく、

 バラオム「怪人たちの育成の為に、生体エネルギーを吸い取られているとも知らず哀れなものだ」
 と、笑っていたのである。

 シャドームーン「人間たちの生体エネルギーを得て、やがて成長した怪人たちがこの世を取って代わるのだ」

 PDVD_009.jpg
 その夜、結局子供の言葉を信じた光太郎たちは、マンションを調べにやってくる。

 二人はマンションの外で待機させ、光太郎ひとりで内部に潜り込もうとする。

 入り口の前に立った光太郎、自分の顔を手の平で覆うと、

 PDVD_008.jpg
 そのままの肉体で仮面ライダーとしての超感覚を発動させ、レーザーセンサーが張り巡らされるのを知る。

 いつの間にこんな芸当が出来るようになったのかと思ってしまうが、なかなかカッコイイ。

 PDVD_010.jpg
 倉田さん、JAC張りのアクションで、二本のレーザーの間を飛び抜ける。

 ま、この場合、見栄えが悪くても床を這って進んだほうが確実だったと思うが、仮面ライダーたるもの、そんなカッコ悪いことはしないものなのだ。

 地下駐車場に入り込むと、事前に打ち合わせをしていたのだろう、あの子供……リョウ少年が内側からドアを開けて、光太郎を内部に入れてくれる。

 PDVD_011.jpg
 二人がエレベーターなどを調べているとも知らず、管理人が管理人室に入ってきて、コンピューターパネルを操作して、本来の「業務」を開始する。

 管理人「さぁ、仕事だ。今日も怪人たちにうんと栄養を与えて貰うからな」

 具体的には、

 PDVD_012.jpg
 住人以外の人間がいる場合は、空調機から催眠ガスを出して眠らせ、住人をエレベーターに誘導する。

 あのメカを手首につけていると、催眠ガスが効かない……と言うより、催眠状態になるのだろう。

 PDVD_013.jpg
 リョウの両親は、それぞれのベッドからむくっと起き上がる。

 ……しかしこれ、寝てたから良いようなものの、「夫婦の営み」の真っ最中だったら、結構気まずい感じになるんじゃないかなぁ。

 光太郎たちも彼らに気付いて、必死に呼びかけるが、何の反応も示さない。

 仕方なく、二人もエレベーターに乗り込み、彼らについていくことにする。

 エレベーターのパネルには秘密のボタンが隠されていて、それを(住民の一人が)押すと、地下1階を越えてどんどん地下深く降りていく。

 PDVD_015.jpg
 エレベーターが最底部まで下りると、住民たちは箱を出て、洞窟のような通路を抜け、地底とは思えない明るい場所へ出る。

 リョウ「ここは一体何処?」
 光太郎「地底だ、信じられない。地底に人工太陽を作り、巨大なコロニーを作り出したんだ」

 PDVD_016.jpg
 もっとも、すぐこんなのが出てくるので、毎度お馴染み「伊豆シャボテン公園」で撮影していることは一発で分かってしまう。

 住民たちはきちんと列を作って、ピラミッドのような巨大な建物の中へ入って行く。

 光太郎とリョウも、あちこちのレーザーセンサーに引っ掛からないように注意しつつ、彼らの後を追う。

 その途中、

 PDVD_018.jpg
 ラマだとか、

 PDVD_017.jpg
 バクだとか、割と地味な動物たちの姿を目にする。

 光太郎「ここは地底牧場だ!」

 PDVD_019.jpg
 二人がとりあえず茂みに身を隠していると、あの管理人がにこやかな顔をして現れる。

 管理人「さぁ今日もうんと栄養つけてやるぞ、早く立派な怪人に成長するんだ。はははは……」

 管理人は地面に配置してある管のバルブを開き、ガスのような気体を噴出して動物たちに浴びせる。ゴルゴムの怪人たちは、古代人と動物を合体させて作り出されたと聞いているが、ここでは動物に人間の生体エネルギーを吸収させて、直接怪人に仕立て上げる方法が取られている。

 PDVD_020.jpg
 管理人は、両手の指を二本立てて「ハアァーッ、ハァッー!」と雄叫びを上げ、それを下方に向けて動かすと、カメラもそれを追ってティルトし、まずスーツの両足が怪物のものに変わり、

 PDVD_023.jpg
 再び上半身を映すと、クワガタ怪人の姿に変わっている。

 この「変身シーン」における、うえださんのテンションの高い演技と動きは必見です。

 PDVD_024.jpg
 で、このクワガタ怪人の造型と動きと鳴き声が、いつもながら素晴らしいのだ。

 一人暮らしのOLが、夜、自宅に帰ってきてこんなのが部屋の中で蠢いていたら失神するだろうな……。

 光太郎「やはり、ゴルゴムか……あのガスは?」

 光太郎は今度もゴルゴムが噛んでいると知り、ガス管を辿ってとある建物の中へ侵入する。

 PDVD_025.jpg
 ごつごつした通路の左右には、動物たちの小部屋の他に、マンションの住人たちから生体エネルギーを吸い上げる装置の置かれている部屋もあった。

 光太郎、ゴルゴムの目的を突き止めるが、うっかりレーザーセンサーに引っ掛かってしまい、コントロールルームにいた三大怪人にその存在を知られてしまう。

 PDVD_026.jpg
 少年の手を引いて逃げる光太郎の前に、劇場版第二作目にも出てきたジープに乗った兵士たちが現れ、襲ってくる。

 さらに、皆勤賞並みに頑張っているコウモリ怪人が出てきて、リョウの体を捕らえて連れ去ろうとする。

 それを阻止せんとBLACKに変身するが、今度はクワガタ怪人が横合いから掴み掛かってくる。

 PDVD_027.jpg
 クワガタ怪人と戦っているBLACKに対し、(見え見えの資料映像で)地対地ミサイルが飛んできて、

 PDVD_028.jpg
 BLACKの足元で爆発、

 PDVD_029.jpg

 PDVD_030.jpg
 BLACKはジャンプして、間一髪でそれをかわす。

 クワガタ怪人は崩れた岩山を見て、BLACKが死んだものと思い、その場から離れる。
 が、地中に埋もれていたBLACKはすぐ岩を押しのけ、立ち上がる。

 BLACK「こんなところで倒れてたまるか、リョウ君とみんなを助けなければ!」

 ここでやっとAパートが終了。どんだけ盛り沢山やねん。

 PDVD_031.jpg
 CM後、普段はあまり活躍の場の与えられない、克美さんと杏子ちゃん大ハッスルの巻となる。

 克美「遅いわ、光太郎さん、何してるのかしら」
 杏子「私もう我慢できない!」

 二人は光太郎の後を追って、同じ経路でマンション内部に入り込む。
 警報装置には引っかかったと思われるが、管理人も地底世界にいるので、あまり意味はなかったのだろう。

 PDVD_032.jpg
 周囲に目を配りながら、問題のエレベーターの前にやってくる二人。

 いやぁ、全国の貧乳マニアに教えてあげたい夢のコンビですね!

 PDVD_033.jpg
 折角なので、もう一枚。ほとんど同じだけど。

 PDVD_034.jpg
 克美「きっとこの中に秘密があるんだわ」

 二人はエレベーターを呼んで中に入り、あれこれ調べていたが、偶然、杏子ちゃんが秘密のスイッチを押した為、箱は物凄いスピードで地底深くにグングン降下していく。

 PDVD_035.jpg
 杏子「克美さん!」

 思わぬ事態に戸惑いつつ、壁に背中をつける二人。

 ……

 世の男性は、おっぱいはでかければでかいほど良いと考えるムキがありますが、この画像を見ればその誤りに気付かれることと思います。

 まぁ、巨乳は巨乳で好きなんですけどね。イヒヒ。
 (あれ、今、「死ね!」と言う声が聞こえたような……)

 一方、光太郎は人間の姿に戻って、再びあの建物の中へ忍び込んでいた。

 PDVD_037.jpg
 だが、三大怪人もその動きを察知しており、あえて光太郎をコントロールルームに引き入れ、始末しようとする。

 ……なんか、この時点でオチが見えちゃってますが。

 PDVD_036.jpg
 それでも、怪人たちを追い払って、カッコ良く変身ポーズを決める光太郎。

 いつものように「変身!ライダーブラック」のイントロがかかって、見てる方は身震いするほどヒートアップするのである。

 と、それを待っていたかのようにガシャンガシャンと独特の歩行音を立てながらシャドームーンが登場。

 PDVD_042.jpg
 シャドームーン「仮面ライダーBLACK、我がゴルゴムの怪人牧場は気に入ったか? 人間たちはここで家畜となり、地球上の動物たち全てが人間の生体エネルギーを得て怪人となる」
 BLACK「貴様ぁ、人間の命を何だと思ってるんだ?」
 シャドームーン「ふぁっはっはっはっ、仮面ライダー、いや、BLACKさん、いや、ブラックサン、私と戦い、キングストーンを渡すのだ」
 BLACK「やめろ信彦、僕はお前とは戦いたくない」
 シャドームーン「戦え、仮面ライダー、子供の命がどうなっても良いのか?」

 凡百の悪のように、子供を人質にして「抵抗するな」と要求するのではなく、「私と戦え」と迫るのが、気高き悪の純粋戦士・シャドームーンの面目躍如たるところである。

 だがその時、後方の警報ブザーが鳴り響き、新たな侵入者の存在を告げる。

 モニターに映し出されたのは、杏子ちゃんと克美さんの姿で、

 PDVD_043.jpg
 さすがのシャドームーンも、婚約者(女子大生)と実の妹(女子高生)を目にしては、思わず固まってしまうのだった。

 その一瞬の隙に、BLACKはリョウ少年を助け出し、さらに、短慮なバラオムの攻撃を誘ってそれをかわし、コントロール装置を破壊させることに成功する。

 ……やっぱり、こういうパターンだったか。

 後は特に説明は要すまい。

 住人たちは正気に戻り、克美さんたちの誘導でエレベーターに戻って地上へ逃げる。
 シャドームーンはあっさりと基地の放棄を決定し、自爆装置を作動させる。

 PDVD_045.jpg
 あちこちで爆発が起こる中、クワガタ怪人と戦うBLACK。

 PDVD_046.jpg
 ここでも、良く撮影許可が下りたなぁと感心するくらい、二人の周囲でボンボン巨大な炎が上がっている。

 このまま劇場版にしても良さそうなほど、迫力のあるシーンである。

 PDVD_049.jpg
 無論最後は、BLACKのライダーキックが炸裂し、クワガタ怪人を粉砕する。

 しかし、シャドームーンもそんなにことを急がなくても、引き続き三大怪人、クワガタ怪人と共にBLACKを倒そうと思えば、倒せていたのではないかと思う。

 事件は解決し、リョウ少年も無事両親と再会を果たすが、

 PDVD_050.jpg
 光太郎(しかし僕はいつか信彦と……いや、シャドームーンと戦わなくてはならないのか、いつかは……)

 いつか訪れる宿命の戦いに思いを馳せ、光太郎の表情は暗く厳しいものにならざるを得ないのだった。

 ……と言う訳で、色々と見所の多い力作であった。



 おまけ(クリスマス用に使おうと思ったけどボツにしたネタです)

 メリークリスマス!

 PDVD_037.JPG
 仮面ライダー「うっせえ、こちとら仕事中なんだよ!」

 ……以上です。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:「仮面ライダーBLACK」 第43話「怪人牧場の決闘!」(12/25)  

ご無沙汰しておりますのメリークリスマス、管理人さん。

本編冒頭の「ジェネラルハイツの見学会」を見ると、うえだ峻さん演じる管理人さんの「あははは!」という高笑いや「さぁ、仕事だ…今日も怪人たちにうんと栄養を与えて貰うからな」と言って機器をコントロールし、ジェネラルハイツの住民を怪人牧場へ連れて行く姿を見ると「ははーん、うえださんがこのハイテクマンションで何かたくらんでるんだな」という印象を感じますね。

Bパート開始後の『克美さんと杏子ちゃんもジェネラルハイツに潜入する』シーンは「たまには克美さんと杏子ちゃんに花を持たせよう」という雰囲気を感じますが、克美さんと杏子ちゃんもまた怪人牧場に侵入したことを知るシャドームーンのシーンは見ているだけで「シャドームーンが信彦の心を取り戻したのではなかろうか?」と思いました。

「やめろ信彦、僕はお前とは戦いたくない」

ところで、BLACKのレビューも残すところあと少しですが、劇場版第2弾のレビューを掲載する予定はあるのでしょうか?

Re:「仮面ライダーBLACK」 第43話「怪人牧場の決闘!」(12/25)  

杏子ちゃん、克美さん マンションに住みたがってますが、二人ともまだ学生、さらに、収入あるのか?とツッコミ入れたくなります。そもそも、設備充実、家賃格安って時点で、ゴルゴム怪しいよねっておもいますが…
シャドームーンが、カッコよすぎるせいで、ものすごく素晴らしい造形のクワガタ怪人、少し影が薄かったですね。勿体無い…

Re:「仮面ライダーBLACK」 第43話「怪人牧場の決闘!」(12/25)  

>あのメカを手首につけていると、催眠状態になるのだろう
石ノ森先生の漫画「仮面ライダー」最終章の「仮面の世界」でのショッカーの「10月計画」
-腕時計の電波で人間を操る-を思い出しました。

うえだ俊さんは「キカイダー」「ぱいぱい」と石ノ森作品が多いですね。
「宇宙刑事」にも出てました。

クワガタ怪人は漫画版「black」でも同じ姿で登場しましたね。
少年が改造される・・・というエグい展開でした。

貧乳・・・「トリック」の仲間さんを連想してしまいます。
しかし、変身しない石ノ森ヒロインは肉感的ではない清純派が似合うと思います。

シャドームーンって威圧感がハンパないですよね。
これは奇跡的なレベル・・・

早いもので「BLACK」も来年で30周年ですね。
「1号」「アマゾンズ」みたいな作品ではなく
スピンオフで「前世紀王同士(片方が勝者である創世王)の戦い」
とかやってくれると嬉しいですが・・・

長文失礼しました。

Re[1]:「仮面ライダーBLACK」 第43話「怪人牧場の決闘!」(12/25)  

ふて猫様
>やはり光太郎は、まだ信彦と戦うことを躊躇しているようですね😅そろそろ決着の時間が迫っているのですがね

いまだに「お前とは戦いたくない」って言うのはさすがにちょっと情けない感じもします。

Re[1]:「仮面ライダーBLACK」 第43話「怪人牧場の決闘!」(12/25)  

マシンX2000様
>ご無沙汰しておりますのメリークリスマス、管理人さん。

お久しぶりです。メリークリスマス(いまさら)。

>Bパート開始後の『克美さんと杏子ちゃんもジェネラルハイツに潜入する』シーンは「たまには克美さんと杏子ちゃんに花を持たせよう」という雰囲気を感じますが、

でも全体的に見て女の子たちの見せ場の少ない作品でしたね。そこがちょっと残念。

>ところで、BLACKのレビューも残すところあと少しですが、劇場版第2弾のレビューを掲載する予定はあるのでしょうか?

いえ、「怪人館」ならもうレビューしておりますが。

Re[1]:「仮面ライダーBLACK」 第43話「怪人牧場の決闘!」(12/25)  

ビシュムのしっぽ様
>杏子ちゃん、克美さん マンションに住みたがってますが、二人ともまだ学生、さらに、収入あるのか?とツッコミ入れたくなります。

そう、それは自分も思いました。秋月家って、かなりの資産家だったのかもしれません。

Re[1]:「仮面ライダーBLACK」 第43話「怪人牧場の決闘!」(12/25)  

影の王子様
>貧乳・・・「トリック」の仲間さんを連想してしまいます。
>しかし、変身しない石ノ森ヒロインは肉感的ではない清純派が似合うと思います。

子供向けだから当然ですが、ライダーガールは清楚な感じの女優さんが多いですよね。

>早いもので「BLACK」も来年で30周年ですね。
>「1号」「アマゾンズ」みたいな作品ではなく
>スピンオフで「前世紀王同士(片方が勝者である創世王)の戦い」
>とかやってくれると嬉しいですが・・・

そうですよね。あれから30年経ったのかと思うとなんともいえない気持ちになります。
BLACKは、単体で新しい作品が作られてもおかしくないほど人気があると思いますが。
まぁ、リメイクされたらされたで文句言っちゃうんですけどね。

春映画  

春映画の情報です

http://www.superhero-movie.com/" target="_blank">http://www.superhero-movie.com/

今度の戦隊は9人がいきなり出てくるそうです。

仮面ライダー1号が出るのなら、この前の映画の「デブ1号」ではなく
「いつもの」新1号で・・・と祈ります。

しかし、「スペース・スクワッド」の期待値を100とすると、こえは15くらい・・・

Re:春映画(12/25)  

影の王子様
情報ありがとうございます。

>今度の戦隊は9人がいきなり出てくるそうです。

そうみたいですね。さすがに多過ぎでは?
まぁ、どうせ見ないからどうでもいいんですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター