fc2ブログ

記事一覧

「宇宙刑事シャイダー」 第17話「銀河警察の謎文字」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宇宙刑事シャイダー 4 [ 円谷浩 ]
価格:3061円(税込、送料無料) (2016/11/20時点)


 第17話「銀河警察の謎文字」(1984年6月29日)

 冒頭、お昼寝中の神官ポーが、夢にナスカの地上絵のような模様を思い浮かべては、その美しい、

 PDVD_000.jpg
 ……と言って良いのかどうか迷うところだが、とにかくその顔に苦悶の表情を浮かべていたが、ハッと目を開ける。

 男優が演じている女性キャラのポー、今の特撮ドラマだったら、そのままオカマキャラになってるだろうね。

 PDVD_001.jpg
 ポー「クビライ様、近頃しきりとナスカの図形が夢に出て参ります……」
 クビライ「ナスカの図形はわしも嫌いだ。フーマにとって不吉な印のような気もする。あの図形が何を意味しているのか、探る必要がある」

 たかが夢くらいと思うところだが、神官ポーはある種の霊感のようなものを持っているので、捨て置きには出来ないと判断したクビライは、不思議獣ギリギリを誕生させる。

 PDVD_002.jpg
 こいつが、顔の上にイースター島のモアイが乗っかってると言う、31アイスみたいな愉快なデザインなのである。

 PDVD_003.jpg
 その頃、奇しくも小次郎さんも、ナスカの地上絵に関する意外な事実をたまたま読んでいた雑誌の中に発見していた。それは他ならぬ沢村大にも関係のある内容だった。

 小次郎「なぬなぬ、ナスカ平原に忽然と姿を消した若き宇宙考古学の研究家、沢村大……」

 ……にしても、「SFスペース」って凄い名前の雑誌ですね。しかも、もう100号も出てる。

 PDVD_004.jpg
 小次郎「いやー、びっくりしたなー、たまげたなー」
 大「何をそんなに驚いてるの?」
 小次郎「いやぁ、ちょうどよかったよ、ちょっと、ここ、ここ、これ見て……二年前にナスカ平原で姿を消した男が今こうして目の前にいる! いやー、ミステリーだなぁ、二年間いったい何処にいたんだ、大ちゃん?」
 小次郎「それがはっきり記憶にないんだよ、ナスカ平原からイースター島に渡ったまでは覚えてるんだけど」

 ちょうど店の前を通りがかった大ちゃんを掴まえて、そのことを話す小次郎さん。
 大ちゃんは、別に隠そうともせずその事実を認める。ただし、一切記憶がないと言うのは嘘であった。

 小次郎「ねえ、大ちゃん、浅井さんのところ訪ねてみないか。絵の先生なんだけど、ナスカの図形のこと研究してるんだ。そこ訪ねればなんか分かるかも知れねえなぁ」

 当事者の大ちゃんより、小次郎さんのほうが強い興味をかき立てられたようで、浅井画伯のところへ一緒に向かうことになる。

 PDVD_005.jpg
 その浅井画伯、娘のチカをそばで遊ばせながら、湖のほとりでスケッチをしていた。

 実に立派なヒゲをたくわえている浅井画伯を演じるのは、講談師の田辺一鶴さん。

 と、対岸に幻のように珍獣たちが姿を見せたかと思うと、目に見えない力でイーゼルや絵の具がぽんぽん飛ばされる。恐慌を来した浅井はチカを抱えてその場を逃げ出す。

 そのゆくてに、ギリギリの頭部だけが待ち受け、赤いガスを吐きながら二人の周りをぐるぐる回る。

 PDVD_007.jpg
 大ちゃんと小次郎さんが駆けつけ、大ちゃんがギリギリと戦って、浅井たちを逃がす。
 今度は、人間の姿をしたギャルたちが車で現れ、

 ギャル1「さ、早く!」
 小次郎「地獄に仏だ、先生、早く!」

 PDVD_008.jpg
 小次郎さんを先頭に三人が後部座席に乗り込むが、

 PDVD_009.jpg
 車が発進した後には、何故か小次郎さんだけ放置されていた……。

 小次郎「置いてかないでください、先生っ!」

 PDVD_010.jpg
 大ちゃん、アニーに連絡してその車を追跡させる。

 が、アニーが追いついて車のドアを開くと、いつの間にかギャルたちの姿はなく、浅井とチカも人形にすりかわっていた。しかも、カチカチカチ……と、秒針の音が聞こえる。

 アニーは即座に車から離れ、ほとんど同時に車が大爆発を起こす。

 PDVD_011.jpg

 PDVD_013.jpg
 ジャンプしたアニーを、真下からとらえた魅惑のセクハラショット。

 ご覧のとおり、いつの間にかアニーのパンツが純白から薄い黄色に変わっている。

 純白のパンツではあまりに刺激が強過ぎるから……と言う配慮だろうか?

 ただ、ようく目を凝らして見ると、黄色いパンツの端から白い下着がはみ出ているのがお分かりになると思う。つまり、本来のパンツの上に黄色いパンツを重ねて履いている訳で、これは要するにブルマと同じ見せパンなのである。

 ここで突然ですが、Q&Aのコーナーです!

 Q.さっきからパンツ、パンツと連発している私は馬鹿なんでしょうか?(管理人さん)

 A.聞かないと分からないんですか?(信彦さん)

 ……で、結局、まんまと浅井画伯とチカを誘拐されてしまった。

 PDVD_015.jpg
 浅井は、渓谷のそばに立つ山荘に軟禁される。

 ギャル1「浅井教授、あなたはこのとおり、雑誌に発表されている。ナスカの図形が絵文字であり、一種の暗号になっていると」
 浅井「だから何度も言うように、それは私の推測に過ぎない」
 ギャル1「だからその推測どおりに絵文字を解けばいいんです」
 浅井「私にはこの図形を解読する、能力なんか、ないんだ……」

 浅井は彼らに協力するのが嫌なのではなく、本当にその自信がなさそうであった。

 ギャル1「あれを御覧なさい……」

 PDVD_016.jpg
 ギャル1、正面の窓を開けて、別荘の真下を見るよう仕向ける。

 と、川のすぐそばの岩の上で、チカとギャル4がボール遊びをしているではないか。

 この場面のギャル4は、全編通して一番奇麗に撮れているかもしれない。

 PDVD_017.jpg
 浅井「はぁっ!」
 ギャル1「すぐ下は渓谷、お嬢さんが転落しなければいいんだけど……」
 浅井「そんなことをしてみろ……」
 ギャル1「早く解いたほうがおよろしいんじゃない?」

 このお嬢様風な台詞は、是非ギャル5に言って欲しかったと思うのです。

 浅井は、「分かった、努力してみる……」と答えるしかなかった。

 その頃、大ちゃんは何か手掛かりが得られないかと、浅井画伯の自宅を訪ね、奥さんに話を聞き、画伯の書斎を覗かせて貰っていた。

 ナレ「浅井画伯は趣味としてUFOやナスカの図形を研究していた……」

 浅井画伯は、小次郎さんの同好の士であったようだ。UFOとナスカと何の関連があるのかと思ってしまうが、当時はナスカの地上絵は宇宙人によって描かれた、と言う説がまことしやかに語られていたのだ。

 ナレーションはさらに続けて、大学時代の大ちゃんについて説明する。

 PDVD_018.jpg
 若き日の……と言っても2年前だが……大ちゃん。

 大ちゃんは、宇宙天文学者だった父親の影響で、在学中、ナスカの地上絵の研究に没頭していた。

 大「ペルーのナスカ平原、インカ帝国の遺跡、メキシコのマヤ遺跡、イースター島、これらはすべて巨石で共通する、同じ文化圏だ!」

 言い切ったで、おい。

 そんな乱暴な仮説を元に、大ちゃんは実際にナスカ平原に現地調査へ向かう。

 そしてナスカの地上絵の示している(と大ちゃんが妄想している)方角、すなわちイースター島へ渡る。

 PDVD_019.jpg
 一応ここでは、いつくかのモアイ像が添えられて、イースター島らしさを出そうとしている。

 PDVD_020.jpg
 もっとも、最終的にたどり着いたのは、いつものあの洞窟なんだけどね! イェーイ!

 PDVD_021.jpg
 で、980円くらいの懐中電灯で内部を照らしながら進んだ大ちゃんは、遂に神秘的な古代遺跡を発見するのであった。

 PDVD_022.jpg
 遺跡の正面のプレートには、ナスカとの関連性を裏付けるように、いくつかの地上絵が彫刻されていた。

 だが、大ちゃんがプレートに触るとそれは向こう側に開き、その奥から強烈な光が溢れ出す。

 PDVD_023.jpg
 そのショックで気を失った大ちゃんが再び目覚めると、既に彼の体は遠くバード星へ運ばれていて、ベッドの横にはコム長官とマリーンが立っていた。

 コム長官「沢村大、君は見事にナスカの図形の謎を解いた、その明晰なる頭脳、推理力、意志力に敬服する。そしてバリア光線に耐えた強靭な肉体……宇宙刑事として申し分ない」
 大「宇宙刑事……?」

 こうして大ちゃんはほとんど強制的に宇宙刑事にさせられてしまったのである。

 PDVD_024.jpg
 大ちゃんは改めてあの時目にした遺跡について、コム長官に質問する。

 大「あの遺跡は何ですか」
 コム長官「ナスカの絵は原住民が描いたものではなくて銀河警察の手で描かれたものだ。今から1500年も昔のことだ。あの図形は君が解読したとおり、銀河警察の暗号文字だ」
 マリーン「シャイダー、これを御覧なさい」

 PDVD_025.jpg
 マリーンはそう言って、司令室の背後に描かれている図形に注目させる。

 大「銀河警察のシンボルマーク! するとあの遺跡の中には一体?」
 コム長官「要塞とだけ言っておこう、これは銀河警察のトップシークレットになってるんだ。言えることは銀河警察の危急存亡の時にあの扉は開かれるだろう……」
 アニー「フーマはその遺跡を探し出そうとしてるんだわ、だから浅井画伯を」

 不思議宮殿にギャル1だけが報告に戻ってくる。
 彼らにも、浅井画伯には暗号を解く能力がないことが分かったのだ。

 ポー「解けないのなら、その責任を取ってもらいなさい」
 ギャル1「承知いたしました」

 物腰は丁寧だが、神官ポーは冷酷であった。

 PDVD_026.jpg
 山荘では、浅井がギャルたちの監視下、徹夜で解読をさせられていた。

 ギャル2と3が、暇つぶしにトランプで遊んでいる。なかなか貴重なオフショット(?)である。

 PDVD_027.jpg
 そこへ他の三人が入ってくる。
 ギャル1「解読期限を明日の朝までとします」
 浅井「それまでに解けなければ?」
 ギャル1「死に物狂いで解読することね……うふふ」

 浅井画伯は、朝になれば娘もろとも殺されると確信する。

 それはそれとして、ミッション系女子大生っぽいギャル5がめっちゃ可愛いですなぁ。

 PDVD_028.jpg
 浅井は、そばで眠りこけているチカのゴムまりを取ると、その表面に何やら模様を描いていく。

 そして外の空気を吸うふりをして窓を開け、ギャルたちに気付かれないようにゴムまりを川に投げ落とす。

 PDVD_029.jpg
 CM後、その渓流の下流で浅井画伯を捜索していた大ちゃんとアニーが、偶然、そのゴムまりを発見する。

 ……しかし、浅井画伯の居場所については何の手掛かりもなかったのだから、そんな近くに彼らがいたと言うのはちょっと出来過ぎている。

 PDVD_030.jpg
 その表面には、ナスカの絵文字を使ったメッセージが隠されていた。

 大「絵文字だ、浅井さんが描いたに違いない。……南、西、山、家!」
 アニー「南西、山の家!」
 大「川の上流だ!」

 その分野のエキスパートである大ちゃんは即座にそのメッセージを解読する。

 話を進める前に、このシーンについていくつか疑問点があるのでそれを記しておく。

 まず、浅井画伯は、それをギャルたちに見られない前提で描いているのだから、わざわざ暗号文にする必要はなかった筈だ。と言うより、普通の文章にしないと、ほとんどの人間にはその意味が理解できないのだから、普通の文章にしなければならない。しかもそれが、絵文字の知識のある大ちゃんの手に入ると言うのは、確率的にほとんどありえないことだ。

 それから、絵文字には南西と言う方角が記されているのだが、これも、ゴムまりを拾った人の位置によって全然別の方角になってしまうのだがら、意味がない情報だ。

 そしてなにより、浅井画伯は暗号解読能力がないと自他共に認めているのに、何故、図形を使って暗号文を作成することが出来たのか?

 とにかく、このシーンは矛盾だらけである。

 それはそれとして、二人はその山荘へ急行する。

 PDVD_031.jpg
 タイムリミットになり、へスラー将軍が(頭を鴨居にぶつけないように注意しながら)部屋に入ってくる。

 PDVD_032.jpg
 へスラー「どうした?」
 浅井「ダメだ、私には解けない」

 PDVD_033.jpg
 へスラー「仕方がない」
 浅井「娘だけは、娘だけは……」
 へスラー「黙れっ」

 へスラー、剣を引き抜いて、娘もろとも殺そうとするが、窓を突き破ってシャイダーが飛び込んでくる。

 PDVD_037.jpg
 同時にアニーがドアから突入してきて、敵味方が入り乱れる。

 後ろのほうで、なるべくシャイダーに触れないように控えめに短剣を持つ手を伸ばしているギャル5が可愛いのである!

 PDVD_038.jpg
 シャイダーが浅井画伯を、アニーがチカを抱いて次々窓から飛び降りる。

 当然ここでも、セクハラショットが炸裂している。

 後は、渓谷~不思議界を舞台にいつものバトルが繰り広げられるだけ。

 事件解決後、フーマも今更浅井を殺しても無益なので、以後、浅井一家に手を出すことはなく、再び浅井一家に平穏が訪れるのだった。

 PDVD_041.jpg
 が、大ちゃんは小次郎さんに店番をさせられて、大変不満そうであった。

 アニー「あらあら大変ね」
 大「ひどい目に遭ってるよ、この二階に下宿までさせられちゃってさぁ」
 アニー「下宿ぅ?」
 大「家賃はタダでいいからって……」
 アニー「尊敬されちゃったのね、ナスカの研究家ってことが分かって」
 大「その代わり人遣いが荒いよー」

 ……と言う訳で、17話にしてやっと大ちゃんも地上で暮らし始めることになる。

 PDVD_042.jpg
 ラスト、泡だらけの犬を押し付けられて途方に暮れるアニーが可愛いのである!

 なお、ギリギリは倒されたものの、神官ポーはまだナスカの図形解読を諦めた訳ではなく、次回18話でもその謎を別のアプローチで解こうと画策することにする。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:「宇宙刑事シャイダー」 第17話「銀河警察の謎文字」(11/20)  

今回はギャル1とギャル4の活躍が目立ちましたね❗アニーのアクションもコスチュームが変わって始めてですね。もう少しギャル4が目立っても良かったのではないでしょうか?😅

Re:「宇宙刑事シャイダー」 第17話「銀河警察の謎文字」(11/20)  

ポー様は普段からあの格好で寝ているのでしょうか?ヘドリアン王女といいあの格好だと寝返りがうてないのではないでしょうか?

Re[1]:「宇宙刑事シャイダー」 第17話「銀河警察の謎文字」(11/20)  

影の王子様
>沢村大を「インテリ」とすることで前2作とうまく差別化しましたね。
>しかし、スカウトしたのが銀河警察だからよかったものの、デストロンとかだったら大変。

あの遺跡は「宇宙刑事候補生ホイホイ」だったんでしょうか。

>管理人様のギャル5愛が毎回伝わってきて、胸が熱くなります。
>確かに可愛いし、美人ですよね。それが悪役なのが萌えます。

ありがとうございます。でもやっぱり2が交替してるのが痛いです。

Re[1]:「宇宙刑事シャイダー」 第17話「銀河警察の謎文字」(11/20)  

ふて猫様
>今回はギャル1とギャル4の活躍が目立ちましたね

そうですね。考えたら浅井画伯は、ギャルたちに監禁されて割と羨ましいご身分でした。

Re[1]:「宇宙刑事シャイダー」 第17話「銀河警察の謎文字」(11/20)  

ふて猫様
>ポー様は普段からあの格好で寝ているのでしょうか?ヘドリアン王女といいあの格好だと寝返りがうてないのではないでしょうか?

ははは、確かに打てませんね。だからどちらも変な夢を見るのかも。

Re:「宇宙刑事シャイダー」 第17話「銀河警察の謎文字」(11/20)  

>ギャル2と3が、暇つぶしにトランプをして遊んでいる。なかなか貴重なオフショットである。

この場面は、チカちゃんを人質に取られ必死な浅井画伯と悠然とトランプを楽しんでいるギャル2と3との対比がいい味を出しています!!
もっとシャイダーが早い時点で拘束場所を割り出していれば、こんな場面もあって良かったかもしれません。
夕方、もはやグロッキー気味の浅井画伯とは、ますます対照的にギャル軍団はギャル4と5も加わり四人でトランプに興じています。すると突然鳴り響く玄関の呼び鈴。ギャル2に
「あなた行って来なさいよ。」
と言われ
「ふぁ~い。あ~あいいとこだったのに・・・。」
とこぼしながら出ていくギャル5。玄関で
「どなた~?」
とドアの覗き穴を覗くと岡持ちを手にした三角巾に丸眼鏡、白エプロンの出前のおねえさんが立っており
「あんの~、天ぷらうどん四つお待っとさんで!」
と言っているのでギャル5がドアを開けて、怪訝そうに
「天ぷらうどん四つ?そんなの頼んでないわよ。」
と言うと
「ありゃ~、間違ぇただか?こいつは堪忍してな~。」
と応え帰ろうとするので、ギャル5も
「ちょっと待って。ちょうど四つか・・・。いいわ、わたしもお姐様たちも小腹が空いてたとこだからうちで貰ってあげるわ。」
とにこにこしながら言うので
「あんりゃ、ホントけ?!あんがとさま~!」
と岡持ちを開けると中から出て来たのは天ぷらうどんではなく何とビームガン!!そう、出前のおねえさんは、アニーの変装でした!!アニーは急にいつもの凛々しい口調になり
「油断したわねっ、大声出したらこいつが火を噴くわよっ!!さぁ、浅井画伯とチカちゃんのいる所まで案内してもらいましょうか!!!」
とギャル5にビームガンを突き付け、ギャル5も
「くくくくっ、やってくれたわね、女宇宙刑事・・・(泣)!!!」
とアニーのなされるがままになってしまうなんて場面あっても面白かったですね(笑)!!

Re[1]:「宇宙刑事シャイダー」 第17話「銀河警察の謎文字」(11/20)  

笑太郎様

長文妄想コメントありがとうございます。

時間的に無理でしょうけど、ギャルたちのやりとりはもっとしっかり描いて欲しかったですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター