fc2ブログ

記事一覧

「ウルトラマン80」 第5話「まぼろしの街」 後編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウルトラマン80 COMPLETE DVD-BOX [ 長谷川初範 ]
価格:19753円(税込、送料無料) (2016/11/23時点)


 第5話「まぼろしの街」(1980年4月30日)
 の続きです。

 PDVD_024.jpg
 出現した怪獣とは勿論、それはあのメカゴジラのパチモンみたいなロボットだった。

 しかもその名前がメカギラスと言う、ほとんど開き直ったようなネーミングだと判明する。

 PDVD_025.jpg

 PDVD_026.jpg
 メカギラスは攻撃を受けると、かすみのようにパッと姿を消す。そして離れた場所の第二レーダー基地に現れると、それをあっという間に殲滅する。

 PDVD_027.jpg
 爆破シーンは迫力満点なのだが、肝心の攻撃しているロボットに勢いがないのが残念賞である。

 「ゴジラ対メカゴジラ」(1974年)における、メカゴジラの凄まじい集中砲火の迫力には遥かに及ばない。

 やっぱり、デザインって大事だよね。

 PDVD_028.jpg
 エミ「キャップ、第二レーダー基地が怪獣に!」
 オオヤマ「なにぃ、よし、直ちに急行する」

 第5話にしてやっと、エミ隊員の可愛い画像を貼ることが出来て管理人は満足です。

 オオヤマたちが第二レーダー基地のメカギラスを攻撃するが、今度は四次元空間へ逃亡してしまう。

 PDVD_030.jpg
 四次元世界に戻ったメカギラス、よたよたした足取りで、格納庫へ入って行く。

 その足音で、やっと猛が目を覚ます。

 PDVD_031.jpg
 猛「あっ、左目をやられてる……」

 UGMの砲撃で損傷したらしい。と言うことは、メカとしてはそれほど強靭ではないのだろう。

 PDVD_032.jpg
 メカギラスのメンテナンス工場の様子。

 これもなかなか精密なセットである。一回きりなのは勿体無い。

 PDVD_033.jpg
 猛が格納庫に近付き、窓から内部を見下ろすと、あの電車で一緒だった乗客たちが働かされている姿があった。
 猛(あの人たちは昨夜の乗客だ。何者かが彼らの脳波を操ってこの工場に集め、工員に使ってるんだ)

 ええーっ、80年代だと言うのに、ショッカーと同じ発想? 弱ったなぁ。

 PDVD_034.jpg
 再び三次元世界。

 メカギラスとの戦いで負傷したオオヤマが、ハーレムの王様みたいな顔して(註・してません)、エミ隊員に手当てをして貰っている。

 エミ隊員の巨乳が、オオヤマの顔のすぐ横にっ! 横にぃぃぃっ!(うるせえ)

 タジマ「敵のロボット怪獣は四次元空間を利用して神出鬼没です。いくらこっちが頑張っても限度ってもんが」
 ハラダ「バキヤロウ! それしきのことで弱音を吐くとは情けない奴だ」
 タジマ「しかしそんなこと言ったって……」
 オオヤマ「よさんか二人とも、とにかく全力を挙げて対処するんだ」

 でも、「全力で対処」って言ってもねえ……。とりあえず言ったみただけ、と言う雰囲気が濃厚である。

 が、二人はバカ、いや単純なので、「第三レーダー基地のパトロールへ行こう」と、元気に飛び出していくのだった。

 PDVD_036.jpg
 オオヤマ「矢的隊員からはまだ何の連絡もないか」
 エミ「はい、もしかしたら何かあったんじゃないでしょうか?」
 オオヤマ「俺は奴を信頼している。今言えるのはそれだけだ」

 その猛は、怪我はしているし、変身は出来ないし、UGMと連絡も取れないしと、八方塞の身を見知らぬ町の路上に投げ出していた。

 と、その時、カバンからはみ出た答案用紙が光を放つ。

 PDVD_037.jpg
 それは、桜ヶ岡中学のベランダから「先生ーっ!」と声を揃えて呼びかける生徒たちの純真な気持ちが起こした奇跡だったのか?

 猛「そうだ、俺は子供たちの為にも挫ける訳にはいかない!」

 PDVD_039.jpg
 生徒たちの声「何処にいるんですかーっ、早く戻ってきてくださいーっ!」
 ノンちゃん「みんな矢的先生のこと、心配してるんですね」
 教頭「聞こえる訳がないじゃないの」
 ノンちゃん「思う一念岩をも徹す! 人間、何事も成せば成る!」

 ノンちゃんが可愛いのは良いのだが、こんなシーンは要らないから、その分、四次元世界の描写に時間を割いて欲しかった。

 PDVD_040.jpg
 とにかく、生徒たちの呼び声に導かれ、猛は地下へ降りて、長いトンネルを進み、

 PDVD_041.jpg
 猛(ここで四次元空間のメカ怪獣を操作してるんだ!)

 割と簡単に、重要な装置に辿り着く。

 猛は生身でもかなり強く、群がってくる宇宙人たちを素手でぶちのめす。

 PDVD_042.jpg
 そして、敵から奪ったリボルバーでコントロール装置を破壊する。

 しかし、宇宙人がリボルバー持ってるというもアレだな……。

 もっとも、その装置はメカギラスのコントロール装置と言うより、四次元空間そのものを維持する為の装置だったようで、猛は80に変身することが出来るようになる。

 PDVD_043.jpg
 こうして、常に夜の闇に閉ざされた異次元空間でのバトルが開始される。

 PDVD_045.jpg
 メカギラスは周囲に、目に見えないバリアのようなものを展開しており、80のサクシウム光線も通らない。

 PDVD_046.jpg
 苦戦するものの、80はメカギラスの頭の周りをぐるぐる旋回して、メカギラスを混乱させる。

 この、頭がぐるぐる回るのも、本家メカゴジラを髣髴とさせる。

 その上で、特殊な光線のようなものを四方に飛ばし、

 PDVD_047.jpg
 四次元空間そのものを消滅させてしまう。

 三次元に戻れば、メカギラスはただの雑魚に過ぎず、二度目のサクシウム光線が炸裂、その体がバラバラに砕け散るのだった。

 ちなみにあの宇宙人はバム星人と言う名前だったことが、ナレーションによって判明する。

 PDVD_049.jpg
 次のシーンでは、誘拐された乗客たちと一緒に、普通の電車に乗っている猛の姿が映し出される。

 猛「キャップ、こちら矢的……」

 PDVD_051.jpg
 エミ「矢的隊員、無事だったのね!」

 漸く猛からの連絡を受けて、パッと笑顔になるエミが可愛いのである!

 PDVD_052.jpg
 オオヤマ「今まで何処にいたんだ! 心配したぞ」  ↑でけえ……
 猛「申し訳ありません」
 オオヤマ「メカ怪獣が出現したんだ、すぐ出動準備をしてくれ」
 猛「ご心配なく、キャップ、そいつならもう現れないと思います」
 オオヤマ「なに? おい、どういうことだ?」
 猛「詳しいことは後で……」

 通信後、なんとなく渋い顔になる猛。

 PDVD_053.jpg
 ナレーター「猛は言いたかった、自分が80に変身して怪獣を倒したと。もしそれを言ってしまえば地球を去らねばならないのだ。あの生徒たちとも別れなければならないのだ」

 ラスト、学校に戻ってきた猛と生徒たちの再会を描きつつ、幕。

 途中、色々と不満も言ったが、「80」の中でも屈指の名作だと思います。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re[1]:「ウルトラマン80」 第5話「まぼろしの街」 後編(11/23)  

影の王子様
>メカギラスの尻尾ってまったくイラない気が?といっても嫌いではないのですが・・・

可愛らしいと言えば可愛らしいんですけどね。

>この回の石田えりさんは本当に可愛いですよね。
>言っても仕方ありませんが、最終回は(せめて)猛とエミの別れの切なさにしてほしかった。
>なお、石田えりさんはインタビューで「80は昔過ぎて遠い夢のよう」と仰ったのみです。

まぁ、無我夢中でやってられただろうから、覚えてなくても当然でしょうね。

>この頃は「新しいウルトラマンを創るぞ!」とスタッフもキャストも燃えてたのかなぁ?

同時期に「仮面ライダー」がリブートしたり、戦隊シリーズが本格的に始まったり、特撮が熱かった時代ですね。

タジマとハラダ

オオヤマ隊長が怪我の手当を受けているシーンのタジマとハラダの記述が逆です。体育会で暑苦しい方がハラダと覚えておけば間違いないです。このコンビはハラダに主導権があって結局タジマが折れていますね。

今回はタクシードライバー役で打田康比古さんがでていました。武央和也名義で、この後すぐに引退したようです。ハラダの無双大介さんも番組終了直後ぐらいに引退してます。

山浦弘靖先生

メカギラスの元ネタともいうべき「ゴジラ対メカゴジラ」を共同執筆されてたんですね。
これは1979年のリバイバル上映で観た記憶があります。
3本立てで「ゴジラ対キングコング」あと1本が思い出せない。
小学生の自分でも観れたから格安だったんだなぁ・・・

ヒロイン

スレンダー美人:京子先生VS肉感的:エミ隊員VS天然系:ノンちゃん

「Zガンダム」のカミーユみたいに「身の回りに美女だらけ」ですな(^^♪

石田えりさんと白坂紀子さんは現役だけど
柳ジョージ未亡人の浅野真弓さんは消息不明。

公式配信で観直しました

なんか中国語の字幕が入り出したけど?ま、ウルトラマンは人気ありますからね。

SFネタをベースにしながらも、猛と生徒たちの心の繋がりが良いですよね。

放送途中の雑誌「宇宙船」で池田憲章さんが今話・6・12・17&18・24話を
「単に怪獣が出るだけではなく、ドラマをしっかりと描いている」と評価していたけど、納得ですね。
シリーズ後半に対しても聞きたい・・・

Re: タジマとハラダ

> オオヤマ隊長が怪我の手当を受けているシーンのタジマとハラダの記述が逆です。体育会で暑苦しい方がハラダと覚えておけば間違いないです。このコンビはハラダに主導権があって結局タジマが折れていますね。

ご指摘ありがとうございます。早速直しておきます。

レビュー書いてるときもしょっちゅう間違えてたんです。

> 今回はタクシードライバー役で打田康比古さんがでていました。武央和也名義で、この後すぐに引退したようです。ハラダの無双大介さんも番組終了直後ぐらいに引退してます。

残念ですね。打田さんなんか、もっと活躍しても良さそうですけどね。

Re: 山浦弘靖先生

> メカギラスの元ネタともいうべき「ゴジラ対メカゴジラ」を共同執筆されてたんですね。

そうだったんですか。ある意味セルフリメイクだったんですね。

Re: ヒロイン

レベルが高いですよね。京子先生が最後まで出てくれたら……

Re: 公式配信で観直しました

> 放送途中の雑誌「宇宙船」で池田憲章さんが今話・6・12・17&18・24話を
> 「単に怪獣が出るだけではなく、ドラマをしっかりと描いている」と評価していたけど、納得ですね。

繰り返し言ってますが、路線変更が残念です。

そのまんま

どうも80の怪獣はネーミングや造型がイマイチなので勿体無いですね😅作品が低評価なのも(あくまでも小生の中ですがね😅)この辺りに原因があるのでしょうか?

Re: そのまんま

まあ作品そのものがイマイチな感じです。

能天気

最後になって漸く宇宙人の侵略だと気付いた猛でしたね😅悪の組織がショッカーからちっとも進歩していないのも情け無いですね😖

Re: 能天気

進歩しないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター