fc2ブログ

記事一覧

「太陽戦隊サンバルカン」 第11話「哀しみのメカ少女」


 第11話「哀しみのメカ少女」(1981年4月18日)

 ブラックマグマの北極基地で、新たなダークQが作り出されようとしていた。

 PDVD_000.jpg
 ゼロワン「今回のお前の使命は上村博士の一人娘ユミになることである」
 ゼロツー「博士は一年前、娘に死なれて以来、ショックで嘆き悲しみ続けていた」
 ゼロスリー「そこでお前を作り与える代わりに猛毒を持った毒シダを作る契約をした」
 ゼロフォー「お前は上村が立ち直り、毒シダ作りが捗るよう上手く娘の役を務め、監視するのだ」

 PDVD_001.jpg
 ゼロガールズたちの言葉を聞きながら、ダークQが上村博士の亡くなった娘ユミそっくりに仕立て上げられる。

 ユミを演じるのは片岡みえさん。「デンジマン」の劇場版、「シャリバン」や「シャイダー」にもゲスト出演している。

 見ての通り、その(どの?)筋の方たちには堪らない魅力を持つ美少女だ。

 劇中、この子がパンツ丸出しで動き回るので、てっきり上原正三御大の脚本だとばかり思っていたら、意外や、曽田氏の作だった。

 PDVD_002.jpg
 ヘルサターン「上村博士は植物の品種改良にかけては世界一の腕の持ち主、シダは繁殖力に強いから日本中に毒シダを増やして人間どもを皆殺しにしてやる!」

 つまり彼らは毒シダを作らせる為に失意の博士を励ますところから始めようとしているのだ。

 気が長いと言うか、面倒見が良いと言うか……

 でも、過去のエピソードを見る限り、博士の手を借りずとも、ブラックマグマにもそれくらいの科学力はありそうだけどね。

 PDVD_003.jpg
 引き攣ったような邪悪笑いを浮かべるユミ。

 片岡さん、子役としては驚異的な演技力である。

 それはそれとして、管理人は、ついつい右側のゼロワンの股間に視線が行ってしまうのであった。

 ゼロガールズたちはすぐにユミを日本の上村博士のところへ連れて引き合わせる。

 PDVD_004.jpg
 上村「同じだ。ああーっ、温かい」

 娘そっくりのダークQの手を取り、頬に摺り寄せて感激に身を震わせる上村博士。

 一見、博士もその(だから、どの?)筋の人なのかと思ってしまいがちだが、博士はあくまで娘が生き返ったような喜びに打ち震えているのである。

 PDVD_005.jpg
 ユミ「パパ、会いたかったわ」
 上村「あ、泣くことも出来るのか」
 ユミ「パパ!」
 上村「ユミが、私のユミが生き返った! もう放さないぞ、決して放さないぞ」

 上村博士、ユミの体をしっかりと抱き締める。

 無論、ユミ(ダークQ)の仕草はあくまで博士を喜ばせる為の演技に過ぎないのだ。

 ゼロワン「おめでとう、博士、お気に召したようですわね……では、約束の」

 PDVD_006.jpg
 ダークQのユミ、「うまくいった」と言う風に、ゼロワンたちに邪悪な笑みを向ける。

 さて、公園で由美が子供たちと一緒にローラースケートの練習をしている。

 「デンジマン」や「スーパー1」にも出てきたが、当時、かなり流行っていたと思われる。

 PDVD_008.jpg
 が、美佐はからっきしヘタクソで、走り出すと止まらなくなり、柵を乗り越えて芝生の上にひっくり返ってしまう。子供たちが、その手を引っ張って起こそうとする。

 子供「重いお尻だぜぇっ」

 PDVD_009.jpg
 美佐がふと視線を転じると、上村博士が女の子の手を引いて、一緒にローラースケートをしているのを目にする。

 美佐「ユミちゃん? そんなバカな……ユミちゃんが生きてるなんて」

 偶然にも、美佐は上村親子のことを知っており、ユミが一年前に亡くなっていることも承知していた。

 が、上村博士もすぐ美佐の視線に気付くと、ユミを抱き上げてすぐに走り去ってしまう。

 PDVD_010.jpg
 美佐、追いかけようとするがすぐに転んで尻餅をつく。

 ……

 このシーン、是非、ミニスカを履いてチャレンジして頂きたかった。

 美佐はサファリに戻ると、嵐山長官や龍介たちにそのことを話すが、「他人の空似」だと誰も信じてくれない。

 無理もない。なにしろ、嵐山長官(と美佐)は、ユミの病死にも立ち会って、その目でユミが亡くなったのを見ているのだ。

 美佐「いいわよ、私ひとりで徹底的に調べてみるわ」

 と言う訳で、今回は珍しく美佐がひとりで事件の調査を開始する。

 が、美佐が博士の家へ行って見ると、既に家はもぬけの殻。先手を打って別の場所へ移ったのだ。

 PDVD_012.jpg
 上村博士、自分の別荘で毒シダ作りの研究を行っていたが、何故か、毒シダは人間ほどのサイズに巨大化して、モンガーになってしまう。

 「悪の組織」ではなく、人間が作り出した怪人と言うのも、なかなか珍しいケースである。

 ただし、造型、キャラクター、言動などはいつものモンガーと全く同じ。

 シダモンガーは勝手に研究室から出て行ってしまう。

 PDVD_015.jpg
 上村「ユミ、見るんじゃない」
 ユミ「パパ……許して上げる。パパのすること、どんなことでも許して上げる」
 上村「ユミ……ふたりきりで、ふたりきりで生きよう。なっ?」
 ユミ「うん!」

 シダモンガーは街のあちこちに、自分の頭部に生えている毒シダを植えて行く。

 それに触った者はシダにかぶれたように、体に赤い斑点が広がって倒れて行くのだ。

 騒ぎを聞いてサンバルカンが出動する。だが、シダモンガーは毒ガスを煙幕代わりにして遁走する。

 一方、美佐は上村博士の家に残されていた写真を手掛かりに、早くも別荘に辿り着いていた。

 PDVD_016.jpg
 見れば、池の畔で上村博士と死んだ筈のユミが仲良く歌を歌っているではないか。

 美佐「やはりユミちゃん……でもユミちゃんは死んだ筈。するとあの子は?」

 やがてゼロワンたちが戻ってきて、博士と一緒に別荘の中へ消える。

 PDVD_017.jpg
 ゼロワン「あの毒シダはなんだ? 一時的に毒が効いただけで、みんな命が助かってるぞ」
 ゼロツー「まさか、わざと弱い毒シダを造ったんじゃないでしょうね」
 ゼロワン「お前、ブラックマグマとの契約を破るとどういうことになるのか、分かっているんだろうねえ」

 PDVD_018.jpg
 上村「ユミの前でそんな話はしないでくれ」
 ゼロツー「おやおや、良いパパね」

 上村博士、すっかりダークQのことを本物の娘のように慈しんでいた。

 窓から彼らのやりとりを覗いていた美佐、そのユミがユミそっくりに仕立てられたダークQだと言うことに気付く。

 美佐からの知らせを受け、サンバルカンも別荘へ急行する。

 PDVD_020.jpg
 美佐、屋敷の中へ忍び込み、上村博士に接触する。

 美佐「逃げましょう、今しか逃げるチャンスはありませんよ」
 上村「あ、いや……でも、ユミが」
 美佐「ユミちゃんはメカ人間でしょ?」
 上村「ああ、知ってる」
 美佐「じゃ、忘れて! メカ人間はロボットと同じです」
 上村「あの子は違う、まるで死んだ娘が生き返ったような……」
 美佐「メカ人間には博士を監視する任務が負わされている筈です」

 美佐、強引に上村博士を別荘の裏手から外へ連れ出す。

 が、上村博士は庭でひとりで遊んでいたユミを見ると、たまらずその体を抱き上げて走り出す。

 PDVD_021.jpg
 ゼロワン「逃げ切れると思っているのか?」

 博士の逃亡を知ってもゼロワンは焦らない。その機械でダークQに指示を出すことが可能なのだ。

 
 上村博士はユミの体を抱き、美佐の呼び声も無視してひた走る。

 ……

 
 ダークQをひき剥がそうとする美佐と揉み合いになり、三人は崖から転げ落ちる。

 ……

 PDVD_022.jpg
 転落のショックで、ユミのマスクが外れ、ダークQ本来の顔が剥き出しになる。

 PDVD_023.jpg
 だが、上村博士はマスクをその顔に被せ、元通りの姿に戻す。

 上村「ユミ、目を開けてくれ……」

 今の博士にとってダークQは、本当の娘ユミ以外の何者でもないのだ。

 PDVD_024.jpg
 嗚咽する上村博士の涙がユミの頬に落ちると、ユミは目を開く。

 ユミ「パパ……」
 上村「ユミぃーっ!」

 そんなところへサンバルカンもやってくる。

 PDVD_025.jpg
 ゼロワン「ユミ、こちらゼロワン、裏切り者は殺せ!」

 どうしても、ゼロワンの股間が気になる(なるな)。

 PDVD_026.jpg
 ゼロワンの命令を受けると、ユミは左手に仕込まれた銃を上村博士に向ける。

 すかさずバルイーグルが飛び込んで、ユミの左手を蹴り上げる。

 PDVD_027.jpg
 上村「ユミ!」
 バルシャーク「リモートコントロールされてるんです」
 バルパンサー「メカ人間なんです」

 ユミはすぐ立ち上がり、再び左手の銃を構える。

 左手に銃……って、なんかコブラみたいだね。

 PDVD_029.jpg
 上村「ユミ……」
 ユミ「……」

 だが、上村博士の顔を見たユミの顔色が明らかに変わる。動揺を隠せず、よろめくようにあとずさる。

 こういう微妙な演技までこなしちゃう片岡さん、凄いよね。

 PDVD_028.jpg
 ゼロワン「ユミ、何故撃たん? ユミ、撃て!」

 ……あの、そこまで来てるんだったら、自分で撃てば良いのでは?

 PDVD_032.jpg
 ユミ「パパは撃てない!」

 命令に絶対服従のダークQが、ゼロワンの命令に逆らい、遂に銃を降ろしてしまう。

 PDVD_031.jpg
 美佐「……! メカ人間が感情を持ったわ」
 ゼロワン「裏切り者ぉーっ!」

 怒ったゼロワン、自爆装置のスイッチをオンにする。

 ユミ、つらそうに背中を向けてしゃがみこむ。

 PDVD_030.jpg
 マスクを落としてダークQの顔になると、「さよなら、パパ!」とつぶやいて反対側へ走り出す。

 上村「ユ、ユミ……ユミぃーっ!」
 ユミ「さよならーっ!」

 
 トットットッと走ると、パンツ丸出しでしゃがみ、

 PDVD_033.jpg
 凄まじい轟音と共に爆死!!

 ロボットとは言え、仮にも幼い女の子の姿をしたものが吹っ飛ぶ、戦隊シリーズとは思えぬハードな描写であった。

 PDVD_036.jpg
 上村「ユミぃーっ!」

 PDVD_035.jpg
 絶叫し、その場に崩れ落ちる上村博士。

 ちなみにこの爆発、開けたところではなく、岩壁のそばで行っているので、爆発直後、巨大な煙が岩肌に黒々とした影を落としている。

 PDVD_034.jpg
 上村「ああ……」

 上村博士が失ったのはユミに化けたまがいもののダークQではない、真実の娘なのだ。

 美佐「かわいそうに……」
 バルイーグル「許さんぞ、ブラックマグマ!」

 むー、こういう場面では、複数ヒーローものより、仮面ライダーや宇宙刑事などの単体ヒーローのほうが、主人公の怒りをもっと存分に描けるという点で、優っていると思う。

 この後は、シダモンガーとサンバルカンの戦いが事務的に行われて事件解決となる。

 PDVD_037.jpg
 ラスト、上村博士はユミの為の墓標を立てて、花と祈りを捧げる。

 上村「ユミは私の心の中に生きている……」

 ナレ「メカ人間の感情を動かした愛の偉大さに打たれて、サンバルカンは戦いの場を後にした……」

 ……と言う訳で、最初は真性ロリコン戦士に迎合したキワモノ的なエピソードかと思いきや、こんな感動的な結末が待っていたと言う意外性のある佳作であった。

 人の真実の愛は、邪悪なダークQの中にさえ人間らしい心を芽生えさせる素晴らしい力を秘めているのだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第11話「哀しみのメカ少女」(10/25)  

影の王子様
>これは傑作ですね。
>人の「心の弱さ」につけ込む悪の卑劣さが存分に描かれていますし。

「サンバルカン」は、人間と機械の対比が強調されることが多いですね。初期の戦隊シリーズって、どれも明確なテーマが織り込まれていて、そこが魅力なんだと思います。

>片岡さんは「シャリバン」3話の久美子だったんですね。
>なかなか演技が巧いですよね(特にポルターガイスト現象のシーン)。

他にも「スケバン刑事2」とかにも出てられますね。
考えたら羨ましい話です。

>ちなみに「鉄腕アトム」は交通事故死した息子に似せて天馬博士が作ったロボで
>最初は喜んでた博士も「成長しないからいらない」とサーカス団に売り払い
>そこでお茶の水博士が引き取った・・・のですが
>この上村博士なら成長しないまま溺愛しそうですよね。

そういえばアトムと似たような設定でしたね。

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第11話「哀しみのメカ少女」(10/25)  

今回の話は従来の特撮の話ではないですね〜上村博士も最初から分かっていたのではないでしょうか?それにしても、失意の上村博士を
立直らすのにどれだけ時間がかかるのでしょうか?随分と気の長い作戦のようですね〜😅

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第11話「哀しみのメカ少女」(10/25)  

グレートマジンガー「爆死!美しき人間志願者」を更に突き詰めた様なお話ですね!グレートマジンガーでのそのお話は密偵として若い女性の姿で人間社会に送り込まれた戦闘獣クレオ(声は増山江威子さん)が、人々との交流を経て本物の人間になりたいと言う感情を持っために、指令と感情の板挟みの果てに使役者であるゴーゴン大公に爆殺されてしまうと言う物でした。
サンバルカンのこのお話では、更にメカ人間を幼い女の子に、欺く対象をその親である博士にした事で一層の悲劇性を生んでいます(そうするとゼロガールズは、そっくりグレートにおけるゴーゴン大公の役回りですね)。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第11話「哀しみのメカ少女」(10/25)  

笑太郎様
>グレートマジンガー「爆死!美しき人間志願者」を更に突き詰めた様なお話ですね!グレートマジンガーでのそのお話は密偵として若い女性の姿で人間社会に送り込まれた戦闘獣クレオ(声は増山江威子さん)が、人々との交流を経て本物の人間になりたいと言う感情を持っために、指令と感情の板挟みの果てに使役者であるゴーゴン大公に爆殺されてしまうと言う物でした。
>サンバルカンのこのお話では、更にメカ人間を幼い女の子に、欺く対象をその親である博士にした事で一層の悲劇性を生んでいます(そうするとゼロガールズは、そっくりグレートにおけるゴーゴン大公の役回りですね)。

ご指摘ありがとうございます。色々と見られてるんですねー。

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第11話「哀しみのメカ少女」(10/25)  

確かにブラックマグマの科学力を持ってすればシダに毒を入れる事は容易ですがね😅今回はヘイドリアン女王の出番がないようですが、曽我町子さんのスケジュールの都合でしょうか?

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第11話「哀しみのメカ少女」(10/25)  

ふて猫様
>今回はヘイドリアン女王の出番がないようですが、曽我町子さんのスケジュールの都合でしょうか?

そう言えばいませんでしたか。

No title

超ミニの赤い吊りスカートという、まさにロリコンが狂喜する衣装ですね。しかもパンツにお尻の割れ目がうかがえるというのも相当に過激です。80年代のドラマでも、まだこんなシーンがあるとは驚きです。ご紹介ありがとうございます。

それにしても片岡さんていまだに声優・女優をされているそうで(知りませんでした)、そういうあたりも、パンツ丸出し以外にも、富永美子と共通していますね。やはり実力があるんでしょうね。

>真性ロリコン戦士に迎合

このあたりほんと微妙ですよね(苦笑)。どれくらい意識しているのか。これは、前にもご紹介したかもですが、1977年の映画からです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%86%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%BC

女の子は、菊池優子という人で、「トラック野郎」シリーズにレギュラーで出ていたなかなかの実力派の子役さんです。河原や坂を、ミニスカで動きまわさせるあたり鬼畜ですが、でも演じている子も監督も、あんまり意識しているようには見えません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E5%84%AA%E5%AD%90

Re: No title

> 超ミニの赤い吊りスカートという、まさにロリコンが狂喜する衣装ですね。しかもパンツにお尻の割れ目がうかがえるというのも相当に過激です。80年代のドラマでも、まだこんなシーンがあるとは驚きです。ご紹介ありがとうございます。

喜んでいただけて良かったです。

> 女の子は、菊池優子という人で、「トラック野郎」シリーズにレギュラーで出ていたなかなかの実力派の子役さんです。河原や坂を、ミニスカで動きまわさせるあたり鬼畜ですが、でも演じている子も監督も、あんまり意識しているようには見えません。

当時はほんとに気にしてなかったんじゃないですかね。

今は知りませんが、ワカメちゃんもパンツ丸出しだったし。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター