fc2ブログ

記事一覧

「ウルトラマン80」 第3話「泣くな初恋怪獣」 前編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウルトラマン80 COMPLETE DVD-BOX [ 長谷川初範 ]
価格:20172円(税込、送料無料) (2016/10/30時点)


 第3話「泣くな初恋怪獣」(1980年4月16日)

 そう言えば、80のシルエットが踊るOPタイトルバックだけど、

 PDVD_000.jpg
 後半の「ウルトラマン80~」と言うあたりで、一瞬だけ青白い光が横にスッと入るんだよね。

 こういうさりげないアクセントが実にセンスあるなぁと心から敬意を表したい。

 PDVD_001.jpg
 さて、ある日の放課後、桜ヶ丘中学の校舎から生徒たち一緒に出てきた猛、憧れの京子先生の姿を見かけて嬉しそうに駆け寄る。
 猛「京子先生と一緒に帰れる、ただそれだけで明日への活力がモリモリ湧いてくるんだなぁ」
 京子「あ、先生、ごめんなさい、私、水泳の講習があるんです……あら、もうこんな時間だわ、先生、ごめんなさい」
 猛「はぁ、あ、あのー」

 当てが外れてがっくりする猛であった。

 どうせなら、京子先生のしなやかな水着姿もしっかりフィルムに収めておいて欲しかったというのは、日本全国の男子共通の願いであったが……。

 その時、グラウンドの方で生徒たちが騒いでいる声がする。

 PDVD_003.jpg
 猛が行って見ると、中野真一と柴田と言う男子生徒が取っ組み合いの喧嘩をしているところだった。
 猛はすぐ、二人を引き剥がす。

 猛「どうしたってんだ、お前たち?」
 真一「……」

 柴田は勝ち誇ったように笑い、一方の真一、いかにも悔しそうな顔で、バトン部らしい女子生徒を一瞥してから、その場から走り去る。

 PDVD_004.jpg
 柴田「僕はなにもしないよー」
 ミドリ「怪我したわ、保健室に行って手当てしなきゃ」

 ミドリと言う女の子は、強引に柴田を引っ張って校舎の中へ消えて行く。

 PDVD_005.jpg
 落語「決闘、桜ヶ丘中学!」
 博士「柴田の奴がさぁ、真一のガールフレンドを取っちゃったんだよ」
 ファッション「で、真一君が怒ったってわけ」

 見物していた連中の話を聞いて、猛にもやっと事情が飲み込める。

 PDVD_007.jpg
 落語「ミドリもミドリだよ、ころっと裏切っちゃってさぁ」
 ファッション「それが女心よ、柴田君はファッショナブルだし、スポーツマンだし……」

 PDVD_006.jpg
 ファッション「私だってああいう人が現れたら、喜んでこうなっちゃう!」
 猛「……」

 この時、猛が、ふざけたことを抜かすファッションの(手頃な位置にある)後頭部を思いっきり引っ叩けば良いのに……と思った視聴者は数多いと聞く。

 部外者の落語たちにすれば、彼らのいざこざはただの話の種でしかなかったが、当事者、殊にミドリに裏切られた真一の怒りと悲しみはただならぬものがあった。

 その夜、自室で、陰にこもった感情を爆発させて、サッカーボールを手当たり次第に物に投げ付ける。

 最後は窓ガラスを突き破ってボールを外へ蹴り出してしまう。

 PDVD_008.jpg
 それでも、まだミドリのことが忘れられない真一の目には、夜空にミドリの愛しい姿が浮かび上がる。

 ベランダに出て、その面影を見上げている真一だったが、パッとミドリの顔が赤いガスのようなものに変わると、それから電撃が走って真一の体を包み、真一はショックでその場に気絶する。

 赤いガスは生物のように収縮しつつ、「ぷーわー」と言う感じの、酔っ払いオヤジの酒臭い吐息のような音を夜の住宅街に撒き散らす。

 PDVD_009.jpg
 UGMの敏感なレーダー群がそのエネルギーをキャッチし、当直のエミ隊員が胸をゆさゆささせながら機器の前に座る。

 PDVD_010.jpg
 警報ブザーが鳴り響き、他の隊員たちもやってくる。
 オオヤマ「どうした?」
 エミ「キャップ、これを見て下さい」
 オオヤマ「……?」

 モニターには、百戦錬磨のオオヤマにも見当のつかない得体の知れない物体が映し出されていた。

 少し遅れて、司令室の電話がガンガン鳴り始める。
 すべて一般市民からのもので、「あの音がうるさくて眠れない、どうにかしろ!」と言う苦情だった。

 声はやがてガスと共に消え、同時に、真一も目を覚ます。

 その後のUGMの分析の結果、ガスの正体は「嫉妬や憎しみのようなマイナスエネルギー」だったことが判明する。その出現場所が桜ヶ丘地区だと知った猛は、深夜から翌日の出勤前の時間を利用して、その周辺を調べて回るが、別段、異常は見られなかった。

 PDVD_011.jpg
 と、京子先生が歩いているのを見掛けるや、また嬉しそうに駆け寄る。

 PDVD_012.jpg
 京子「あら、先生」
 猛「やっ! ゆうべはもう京子先生にふられたと思って布団かぶって寝てしまいました」
 京子「うっふふぅ」
 猛「でも、今日こそは爽やかな一日になります!」

 PDVD_013.jpg
 が、京子先生、申し訳なさそうに「水泳の講習、もう一日あるんです」と告げる。

 猛「え、え、そんなぁ……」

 それにしても、この日はやたら風が強くて、京子先生の綺麗な髪が乱れまくっている。

 PDVD_014.jpg
 追い討ちをかけるように、彼らの横にスーッと車が入ってきて、
 北川「相原先生、乗っていきませんか?」

 と、猛の知らない男が声をかけてくる。

 男は、京子先生の知り合いで、同じく、南台中学の教師をしている北川だった。

 京子先生はほいほいと助手席に座り、猛を置いてさっさと先に行ってしまう。

 ちなみに北川を演じているのは、中丸新将さん(クレジットは中丸信)。
 別に準レギュラーではなく、この回だけの出演である。

 PDVD_016.jpg
 猛「あ、あ、ああーっ!」

 絵に描いたような「とんびに油揚げ」の憂き目に遭い、情けない声を上げて車を見送る猛。

 イケメンなんだけど、基本的に非モテキャラなところが、猛の魅力なんだよね。

 後編に続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:「ウルトラマン80」 第3話「泣くな初恋怪獣」 前編(10/30)  

「ミラーマン」のように猛をUGMに入隊させず、「マイナスエネルギーの調査で協力する」
という展開でもよかった気がします。
隊員服ではなく「一般人」としての猛の方が魅力的です。

現在なら、この「マイナスエネルギー」が「シリーズ構成」の「鍵」で
「なぜ怪獣が復活したのか?」という「謎解き」をする・・・のかもしれません。

Re[1]:「ウルトラマン80」 第3話「泣くな初恋怪獣」 前編(10/30)  

ピコちゃん様
コメントありがとうございます。

>ストーリー解説がとても分かり易く、当時を鮮明に思い出すことが出来、管理人様に感謝感謝です。

お役に立てて光栄です!

>突然ですが、猛のライバル先生役の中丸新将さんは、フランス留学をされた経験がおありで、
>フランス語がペラペラなんだとか。

おお、凄いですね。

>石田えりさんの登場シーンが少なくて残念です。

第2クール以降はバンバン出られるようになると思います。

Re[1]:「ウルトラマン80」 第3話「泣くな初恋怪獣」 前編(10/30)  

影の王子様
>「ミラーマン」のように猛をUGMに入隊させず、「マイナスエネルギーの調査で協力する」
>という展開でもよかった気がします。
>隊員服ではなく「一般人」としての猛の方が魅力的です。

確かに、あまり制服が似合いませんね。
それにどう考えても教師とUGM隊員の両立って無理ですよね。いつ寝てるんだか。

中丸新将さん

80は92年にBSで放送されました。3話はリアルタイムと関東初回再放送、BSの3回視聴しましたが、中丸さんに関してはノーマークでした。
中丸さんの運転していた車はトヨタの不人気車種、5代目コロナハードトップで、6代目は80放送当時これに輪をかけての不人気車種でした。RX-7に乗ってる矢的と同時に出たらかっこ悪いななんてツッコミを入れてしまいました。5代目のセダンはファミリーカーとしてそこそこ人気がありました。
80についてはエンディングのラストに出てくるRX-7が懐かしいと反応するリアルタイム視聴者は多いと思います。

Re: 中丸新将さん

> 中丸さんの運転していた車はトヨタの不人気車種、5代目コロナハードトップで、6代目は80放送当時これに輪をかけての不人気車種でした。

そうだったんですか。なんか中丸さんがかわいそうに見えてきます。

No title

>そうだったんですか。なんか中丸さんがかわいそうに見えてきます。

中丸さんが矢的の引き立て役だからあまり格好良くない車に乗るというのは仕方のないところで暴走族的な車でないだけましだと思います。
主人公側が不人気車種に乗っていた例としては10-4-10-10のスバルレオーネですね。黒沢年雄さんの運転していたシルバーのセダンを父が運転していました。

Re: No title

わざわざ返信ありがとうございます。

No title

今から42年前の今日、放送されました。登場怪獣の名前は「ホー」だけで、かつて「初代ウルトラマン」と「ウルトラマンA(エース)」に登場した怪獣ウーも、「ウルトラマンレオ」に登場した怪獣ロンも、いずれもウルトラ怪獣の中で名前がとても少ないですなぁ。

Re: No title

覚えやすい名前ですね。

中丸シオンさん死去

中丸新将さんの娘で、ウルトラシリーズには父親より多く出演された中丸シオンさんが38歳の若さで亡くなりました。
2009年初頭にBS11で放送された大怪獣バトル2期で中ボスのペダン星人司令官を演じました。ペダン星の科学を狂信する最悪の司令官で狂気の演技は高い評価を得ていて私も録画して何回も見ました。土曜日の放送で毎週楽しみでした。
この頃は帰マンの再放送と初代の再放送そしていろいろな旧作の再放送をBSとMXで見ていてとても楽しかったです。量的にはマシンマンやシャイダーのリアルタイムには及ばなかったけど、ネットで特撮がらみの炎上もなくアニメや特撮のイベントを楽しめた良いシーズンでした。

Re: 中丸シオンさん死去

名前はなんとなく知ってましたが、中丸さんの娘さんだったとは知りませんでした。

横取り

京子先生に他の男に横取りされる(んなわけないわ)猛も意外と魅力的ですね😅

Re: 横取り

京子先生は良いですよね。

苦情電話

何も知らずに見てたら、ジャイアンリサイタルが、空き地で行われているように感じられます。
実際に「ドラえもん」の原作漫画第35巻収録作品「真夜中にやまびこ山が」のラストは、そういう展開です。

Re: 苦情電話

> 実際に「ドラえもん」の原作漫画第35巻収録作品「真夜中にやまびこ山が」のラストは、そういう展開です。

懐かしいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター