fc2ブログ

記事一覧

「ウルトラマンタロウ」 第23話「やさしい怪獣お父さん!」



 第23話「やさしい怪獣お父さん!」(1973年9月7日)

 マイカーでドライブする家族のリアルな姿を描いた、いかにも石堂淑朗さんらしいストーリー。

 「タロウ」では、ファミリードラマのように丹念に家族や夫婦の姿を描いて、怪獣が添え物のような扱いになっているエピソードが多く見受けられるが、これはその典型的な一本である。

 冒頭、三島一家と健一、さおりを乗せた車が、箱根方面へ向かってハイウェイを走っている。

 三島六郎少年は健一の友人で、その縁で二人も誘われたのだ。

 PDVD_000.jpg
 後部座席で楽しそうに頷き合う白鳥姉弟。

 だが、肝心の三島夫妻の雰囲気があまり楽しそうではない。

 PDVD_001.jpg
 若者たちのジープにからかわれながら抜かれても、三島は制限速度を守って安全運転に徹している。妻の好子にはそれが物足りないらしい。

 好子「バカにされてぱっかり……少しはスピード上げなさいよ」
 三島「あ、危ない、そのスピードが事故を呼ぶ」
 好子「じれったいわねえ、次のインターチェンジを出るのよ……ほらぁ、方向指示器を出さなきゃ」
 三島「はいはい」

 今回のドライブに限らず、普段から、お父さんは奥さんの尻に敷かれっぱなしらしい。

 お父さん役は富田浩太郎さんで、お母さんは瞳麗子さん(獣神ライガーのテーマソングを歌っている弘妃由美さんのお母さん)。

 PDVD_002.jpg
 サービスエリアで一休みするが、お母さんは、自分がトイレ行ってる間にダッシュでアイス買ってこいやーっ!! と夫をこき使う。

 さおり「私が行きますわ」
 好子「良いんですよ、うちの万年係長が行きますから」

 さおりが気を利かせて自分が代わりに行こうとするが、お母さんはあくまで夫に買いにやらせる。

 そんなことを言われても怒るでもなく、唯々諾々とアイスを買いに行く父親を見て、息子の六郎はいかにもブスッとした顔になる。

 健一たちにも、六郎の気持ちがなんとなく分かるのだった。

 PDVD_003.jpg
 六郎「僕、ほんとは来たくなかったんだ。お母さんがあれだろう、それなのにお父ちゃんがヘイコラばかりして……恥ずかしいんだ」
 健一「でも、優しくて良いお父さんじゃないか」
 さおり「そうよ、私たちにはお母さんもいないし、お父さんは遠い海の上なのよ、贅沢と言うとバチが当たるわよ」

 だが、六郎は「普段いなくても強いお父さんの方が良い」と断言する。

 ちなみに六郎役の梅津昭典さんは、「A」の後半でレギュラーを務めていた子役である。

 その後、数人の若者たちが走ってこちらへ逃げてくる。

 見れば、さっき彼らを追い抜いたジープの連中であった。

 PDVD_004.jpg
 好子「どうなさったの」
 若者「怪獣だ、怪獣に息を吹きかけられて車が溶けちまったんだ」

 PDVD_005.jpg
 彼らはZATか警察に通報してくれるよう頼むが、好子はそれを信じようとせず、「こいつら嘘を言ってんのよ、私たちの車がオンボロであんたがノロマだから、笑いものにしようとしてるんだわ、ああ悔しい!!」と、夫をどやして強引に車を発進させる。

 さおりと健一は不安そうに顔を見合う。

 しばらくは、特に何の異変も起きず、順調なドライブが続くが、

 PDVD_006.jpg
 やがて黒い竜巻のようなものが路上に出現し、彼らの車に襲いかかる。

 竜巻は、特殊な液体が渦巻いているようで、その液体は車をあっという間に溶かしてしまう。

 ただし、人間には害はないようで、逃げ遅れた三島夫妻もやがて無事な姿を見せる。

 が、好子は車が消滅してしまったことに激しいショックを受けていた。

 PDVD_008.jpg
 好子「まだ月賦が残ってるのにぃ」
 三島「でも、みんな無事だったから良かったじゃないか」

 三島がとりなすが、好子はいきなりその横っ面を引っ叩く。

 三島「いてっ」
 好子「あんたがいけないのよ、間抜けな運転してるから変なものに溶かされちゃったのよ!! ねえ、どうしてくれんのさーっ、バカバカーっ!!」

 罵りながら、夫のシャツを掴んで揺さぶる好子。

 PDVD_009.jpg
 そこまでされてもお父さんは、絶望的な表情でそれに耐えるのみ。

 そんな両親のありさまに、六郎もひたすら暗い眼差しを向けるのだった。

 他人のさおりと健一も「やれやれ」と言うような目を見交わす。

 その後、通報を受けたZATが戦闘機で出動する。レーダーで、竜巻の地下20メートルに怪獣が潜んでいることが判明するが、その周辺には車を溶かされたドライバーたちがたむろしていて、攻撃が出来ない。

 一旦近くに着地して、彼らを退避させようとするが、ここでも好子がしゃしゃり出て、それを邪魔する。

 PDVD_010.jpg
 好子「今考え付いたんだけど、この怪獣は何かに利用できると思うの」
 さおり「おばさま!!」
 光太郎「危険です、早く避難して下さい」
 好子「人間を溶かさずに車だけを溶かす……いろいろ使い道があるんじゃないかしら、ポンコツ車は処理に困って空き地に積まれてるけれど、それだって全然公害を出さずに片付けられるわ!! 地下にいる怪獣は車を溶かされた私たちのものよ!!」

 転んでもタダでは起きない好子は、そんな突拍子もないことを言い出して、他のドライバーたちを扇動する。ドライバーたちも、暑さで頭がバカになっていたのか、元々バカだったのか、好子の扇動にあっさり乗せられ、ZATを追い払ってしまう。

 六郎「父さん、母さんを止めてよ、父さんが弱いからいけないんだよ」
 三島「……」

 息子に言われても、相変わらず三島は妻に強い態度を見せようとしない。

 ZATはやむをえず、周辺の道路を封鎖して、上空から監視を続ける。

 PDVD_011.jpg
 北島「凄い奥さんだったな……あれじゃ怪獣の方が人間よりよっぽどマシってことになる。ふっふっ」
 光太郎「あの子、六ちゃんって言ったかな、かわいそうだった……」

 PDVD_012.jpg
 その後、好子たちの目の前で、

 PDVD_013.jpg
 道路が突然陥没する。

 PDVD_014.jpg
 そして地中から、蜃気楼怪獣ロードラが、メカニカルな体をのっそりと現わす。

 上空を飛んでいたホエールとコンドルが様々な武器で猛撃を加えるが、ロードラには全く利かず、涼しい顔をしている。逆に、ノズルのような口から溶解液を吹き出して、ホエールとコンドルを車と同じように溶かしてしまう。

 光太郎たちは全員パラシュートで脱出して無事だった。

 PDVD_015.jpg
 そこへ森山いずみ隊員がウルフを運転してやってくる。

 森山「苦戦ねえ、でも大丈夫、王水銃よ」

 野郎たちと並ぶと一際小さく見える森山隊員が、小学生みたいでめっちゃ可愛いのだ。

 PDVD_016.jpg
 南原「王水って?」
 光太郎「塩酸と硝酸の混合液かい」
 森山「そうよ、あいつを反対に溶かしちゃうのよ」

 北島が自ら志願してその特殊な銃を構えて、ロードラに向かって行く。

 王水は、ロードラに対して多少の効き目はあったが、(好子の妨害もあり)結局ロードラの溶解液を浴びて、銃もウルフもどろどろに溶かされて、あえなく作戦失敗。

 南原「もうあかん、何にも武器がなくなってしまった」
 荒垣「くそっ、ええい、退却だーっ」

 ZATまで、すたこらさっさと逃げ出す事態となる。

 好子「あの怪獣に大人しくするように話すわ」
 三島「バカなことはよせ」
 好子「話せば分かると思うのよ」

 ある意味、物凄いバイタリティの持ち主である好子は、夫の手を振り切って怪獣に向かって行く。

 無論、「話せば分かる」筈もなく、好子はロードラの口の下の体毛にぶら下がった状態になる。

 六郎「お父さんが悪いんだ、お父さんが弱いからお母さんが勝手なことばかりするんだ……」
 三島「ようし」

 ここへ来て、遂に気弱なお父さんも奮起する。ロードラの足元の木にしがみつき、枝のしなりの反動を利用して、ロードラのノズル上の口の上に飛び上がることに成功する。

 PDVD_018.jpg
 好子の手をつかんで引っ張り上げる頼もしいお父さん。

 ……

 マニア(何の?)には辛抱たまらないアングルですね。

 PDVD_019.jpg
 その後、光太郎も三島の真似をして口の上に飛び乗り、竹槍を振り回してロードラに立ち向かう。

 PDVD_020.jpg
 結局最後は口から振り落とされるのだが、ここでやっと腕のバッヂが光って、逆さまのまま空中でタロウに変身する。

 PDVD_022.jpg

 PDVD_021.jpg
 変身して、まずは空中を舞っていた三島夫妻を手の平に乗せて助ける。

 これはトランポリンの上で跳ねている役者の映像と、タロウの手の平を合成しているのだろうが、相変わらずの神業的テクニックである(影が地面に映っちゃってるけど)

 タロウのキックから放たれる赤いビームがロードラの両手と首を刎ね飛ばし、あっさり勝負あり!! と思いきや、一度切られた手と首が再び胴体につながって再生する。

 ならばと、タロウ、必殺のストリウム光線の発射体勢に入るが、

 PDVD_026.jpg
 ストリウム光線を放つと同時に、ロードラは青白いビームを出して、それを防ぐ。

 ユーモラスな外観だが、なかなかの強敵であった。

 タロウ、最後は自らの体を回転させて強力な竜巻を発生させ、その中にロードラの体を巻き込んで空中で粉々に砕き、やっと決着を付ける。

 PDVD_027.jpg
 で、何故かその四散した体が、様々なミニカーとして降って来るというメルヘンチックな現象が起きる。

 なんか、前にも似たようなオチがあったような……

 六郎にとって嬉しいことに、今度の一件で自分の傲慢ぶりを反省した好子が、夫に対する態度をすっかり改める。

 好子「あなた、ごめんなさい……私、生意気なことばかり言って……ほんとにごめんなさい、うう」
 三島「良いんだったら、さあさあ」

 PDVD_029.jpg
 光太郎「六ちゃんのお父さんは本当は勇気のある強い人なんだ。分かるだろう」
 六郎「うん」
 光太郎「本当に強い人は、普段はとても優しいんだよ」
 六郎「うん」
 光太郎「六郎君も大きくなったらお父さんのような優しい、しかも強い人間になるんだ!」
 六郎「うん」
 光太郎「さあ、行こうか」
 六郎「うん」
 光太郎「『うん』しか言えんのかーっ!!」
 さおり「こ、光太郎さん、落ち着いて……」

 言わなくても分かってると思いますが、途中から嘘です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re[1]:「ウルトラマンタロウ」 第23話「やさしい怪獣お父さん!」(08/30)  

ふて猫様
>今回は怪獣より鬼嫁(ある意味ではバ◯嫁ですが)の方が印象的ですね〜

怪獣が完全な脇役になってましたね。結構強かったのに。

存在感

どうも今回は怪獣の存在感がイマイチのようですね😅割と手強い筈なのに勿体無いですね。森山隊員の山水銃も効力を発揮出来なかったですね😖

Re: 存在感

ホームドラマみたいな話ですからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター