fc2ブログ

記事一覧

「不良少女とよばれて」第24話 その3

[DVD] 不良少女と呼ばれて DVD-BOX 後編
価格:15595円(税込、送料別)


 第24話「ラブ・フォーエバー」(1984年9月25日)
 の続きです。

 現在たいへん取り込み中の「聖チャペル教会」。

 PDVD_056.jpg
 そこへ哲也が飛び込んできて、みんな一斉に振り向く。

 PDVD_057.jpg
 哲也「やめてくれ、やめるんだ! 笙子さんも葉子もみんなやめてくれ! 君たちは愛育学園で何を学んできたんだ? 怒りや悲しみを暴力でカタをつけて何が変わる? 君たちが不幸になることで、本当に誰かが救われると思っているのか?」

 哲也にガツンと説教され、女の子たちは黙ってしまう。

 PDVD_058.jpg
 朝男「哲也さんよぉ、俺たちにどうしろと言うんだ?」

 聞くなよ……

 PDVD_059.jpg
 哲也「君たちは君たちの世界へ戻ってくれ!」
 朝男(俺たちゃ、異次元から来たのか?)

 哲也「つらい思いの中で本当に生きたいと祈り続けた世界を見つけ出してくれ……それがどんなに苦しくても戦い続けることが園長先生が仰った、ネバーギブアップの精神だと僕は思ってる」

 哲也は恭子さんに向かい、「僕はあなたと結婚します!」と明言する。

 哲也「笙子さん、君はもう僕がいなくても大丈夫だ」

 PDVD_060.jpg
 哲也が本気で恭子さんと結婚するつもりなのを知って、笙子は泣きそうになる。

 結局、笙子が命懸けで恭子さんを救おうとしたのは、こうなることを恐れていたからではないのか?

 恭子「哲也さん……」
 哲也「恭子さん、僕と一緒に帰りましょう」

 PDVD_062.jpg
 ゆっくりと恭子さんに近付く哲也だったが、無論、酒井たちがむざむざ恭子さんを渡そうとする筈もない。

 が、哲也は酒井のナイフを見ても、顔色一つ変えず歩み寄る。

 PDVD_061.jpg
 その落ち着き払った態度から、ひょっとして哲也、実は武道の達人で、酒井たちをあっという間にぶちのめしてしまうのではないかと……

 PDVD_064.jpg
 ……言うことはやっぱりありませんでしたね、ええ、分かってました。

 PDVD_065.jpg
 フクロ叩き慣れしている哲也がボコボコにやられている後ろで、

 PDVD_066.jpg
 椅子から飛び上がって攻撃している朝男の姿があった。
 椅子「お、俺を踏み台にした~!」(註・ガンダムおたくのタワゴトなので気にしないで下さい)

 PDVD_067.jpg
 哲也もやられっぱなしではなく、掴みかかってきた男を投げ飛ばしたりしている。

 さっき、「暴力はやめたまへっ」とか言ってなかったか、コイツ。

 PDVD_068.jpg
 カミソリで、敵の顔を切り裂くモナリザ。

 なにしろ、番組における最強の三人が揃っているのだから、酒井たちに勝ち目はない。

 教会での乱闘と言う、前代未聞の混乱の中、酒井は恭子さんを連れて外へ逃げる。

 PDVD_069.jpg
 哲也がそれを追いかけ、酒井の車のボンネットにベタッと張り付く。

 PDVD_070.jpg
 酒井は構わず車を発進させて、伝説の(?)カーアクションシーンの始まり。

 言うまでもないが、これはスタントである。

 PDVD_071.jpg
 哲也「酒井、やめるんだーっ!」

 哲也、過去最高の森進一フェイスをフロントに押し付け、叫ぶ。

 PDVD_072.jpg
 未舗装の道なき道を猛スピードで走る酒井の車。
 振り落とされることなく、しっかり掴まっている哲也。

 人間業とは思えず、いくらなんでも説得力がないよね。

 PDVD_074.jpg
 哲也「酒井、止めろ!」

 走っている間に、ますます森進一化が進んでいる哲也。
 もうしばらく走っていたら、完全に森進一になっていただろう。そしてリヴィエラ辺りにワープしていたに違いない(さっきから何を言うとるんだお前は)。

 PDVD_075.jpg
 が、止めろと言われたので酒井がブレーキを踏むと、

 哲也「うわーっ」

 PDVD_076.jpg
 慣性の法則にしたがって、哲也の体がルーフの上を転がって、右斜め後方に落下する。

 PDVD_077.jpg
 酒井、哲也が気絶したのを見て、哲也を自分の代わりに運転席に座らせる。
 恭子さんも、暴走する車の中でいつしか気を失っていた。

 酒井「昔の婚約者が花嫁を奪って無理心中ってのも悪くねえな」

 この期に及んでまだ罪から逃れようとする酒井。
 悪党も、ここまで徹底するとある意味カッコイイよね。

 それに、どんな形であれ恭子さんが死ねば保険金が転がり込んで来るんだしね。

 PDVD_078.jpg
 で、ズボンの裾を上げると、酒井が足にダイナマイトの束をくくりつけていたことが分かる。

 ……

 そんな奴がいるかぁーーーっっっ!

 用意が良いねとか、そう言う次元の問題じゃないよね。

 あと、薄手の靴下が透けて、すね毛や血管まで見えるのが気持ち悪い。

 PDVD_079.jpg
 後部座席にダイナマイトを放り投げ、ライターで火をつける。

 そしてそのまま一目散に逃げ出す。

 あっけないことに、これがスーパー悪役・酒井のラストシーンとなってしまう。

 この後、酒井がどうなったか一切語られることはない。まぁ、結局警察に逮捕されたんだろうけどね。

 このドラマの終盤の盛り上がりは、酒井と言う悪の権化みたいなキャラクターの存在感に負うところが大きい。そう言う意味では、酒井を演じた重田尚彦さんの貢献度は決して小さくない。

 ちなみに重田さんはつい去年、他界されている。ラストシーンにあわせて、ご冥福を祈っておこう。

 PDVD_080.jpg
 その後、哲也は目を覚まし、ダイナマイトに気付く。
 だが、シートベルトがどうしても取れず、仕方なく恭子さんの体を助手席側のドアから押し出す。

 そして車を発進させて、恭子さんから離れる。

 PDVD_082.jpg
 恭子さんが意識を取り戻し、同時に笙子たちも駆けつける。
 恭子「哲也さんが……!」

 PDVD_081.jpg

 PDVD_083.jpg
 恭子さんが指差した瞬間、車が大爆発を起こす。

 どう考えても、哲也は即死の筈だったが……、

 PDVD_086.jpg
 よく見たら、割と元気だった。

 ……さすがに無理があるのでは?

 せめて、寸前でシートベルトを外して車外へ飛び出すカットが欲しかったな、と。

 もっとも、自分の限られた大映ドラマの鑑賞歴を振り返ると、大映ドラマではこういうあっけない死と言うものは認められないらしい。

 キャラクターは死ぬ前に、他のキャラクターとしっかり愁嘆場を演じてからじゃないとあの世へ行けないきまりらしいのだ。

 そう言えば、「スクール★ウォーズ」のイソップ、岩崎良美、辰兄ぃは、全員病院でみんなに看取られながら「ガクッ」てたし、このドラマの麻里も、哲也も、同じような死に方をしている。

 PDVD_087.jpg
 とにかく、みんなで瀕死の哲也に駆け寄る。主要キャストがひとつの画面に納まるのはこれが初めてか?
 笙子「哲也さん、死なないで!」
 哲也「死なない、死んでたまるか、僕はまだやらなきゃいけないことが……民間舞楽を……『笙の会』を……うっ」
 恭子「哲也さん!」
 モナリザ「哲也兄さん!」

 次のシーンでは、笙子たち4人が付き添う救急車(ぎゅうぎゅう詰め)で運ばれている哲也の姿。

 PDVD_089.jpg
 時を同じくして、ジョーズでは、景子が陣痛を起こしていた。

 嫌な予感がしていたが、(スタッフは)このタイミングで景子に出産させるつもりなのだ。

 その上、当然、景子は哲也と同じ病院に担ぎ込まれることになる。

 PDVD_090.jpg
 手術室の前で、いかにもドラマっぽい立ち位置で、哲也が助かることを祈っている4人。

 PDVD_091.jpg
 ……さすがに、この格好のままと言うのは変なのでは?

 せめてカツラだけでも取りましょうよ。
 (それはそれでかなり情けない姿になっただろうが)

 PDVD_092.jpg
 恭子さんもウェディングドレス姿のまま。

 考えたら、恭子さん、これが2度目のウェディングドレスになるんだよね。

 劇中で2回もWD着て、しかも1度も結婚してないキャラクターって珍しいと思う。

 その後、葉山夫妻、男谷、久樹夫妻、曽我夫妻と、メインキャラクターがどっと集まってくる。

 PDVD_093.jpg
 やがて手術中のランプが消え、医者が顔を出す。
 医者「近親者の方はお入り下さい」

 PDVD_095.jpg
 医者の言葉にすぐ路泰たちが駆け込む。

 PDVD_094.jpg
 続いて恭子さん、葉山夫妻、男谷、そして曽我一家が入って行く。

 PDVD_096.jpg
 で、朝男だけ廊下に残るのが、とてもカッコイイのだが、まだドアが閉まらないうちに、

 PDVD_097.jpg
 その前を、ストレッチャーに乗せられた景子が通り抜けて行く……。

 これじゃコントだよ。

 PDVD_098.jpg
 さて、哲也は頭にはグルグル包帯を巻かれていたが、血色はとても良く、麻里と同じくあと50年は死にそうにない感じだった。

 しかし、爆発直後のシーンで顔が結構傷付いていたと思うが、ここでは拭ったように綺麗な顔をしているのが、麻里と同じく、いかにも嘘っぽい。

 哲也、苦しい息の下から、深い関わりを持った三人の女性ひとりひとりに語りかける。

 哲也「笙子さん、僕を許して下さい……僕は君を幸せに出来なかった」
 笙子「哲也さん……」
 哲也「葉子、葉子」

 PDVD_099.jpg
 モナリザ「兄さん!」
 哲也「葉子、お父さんとお母さんを許してくれ」
 モナリザ「兄さん、哲也兄さん!」
 哲也「恭子さん、あなたを一番愛してる男は男谷です!」

 PDVD_103.jpg
 男谷(このタイミングで言われてもなぁ……)

 そう言われても恭子さん、男谷の方を見ようともしないので、哲也の気遣いも実を結びそうにないですね。

 哲也「葉山先生、恭子さんを許してあげて下さい」

 PDVD_104.jpg
 葉山「いや、許しを請うのは私の方だ。私に君の、優しさの、勇気のカケラでもあれば、恭子や君たちをこんなつらい目に遭わせずに済んだんだ。哲也君、許してくれ、人間の愛が家を作り、家族を守るということを忘れていた私を許してくれい!」

 あれだけ依怙地だった葉山も、すっかり心を入れ替えてしまった。

 死ねば何でも丸く収まると言うのも、どうかと思うけどね。

 いやいやいや、そもそも哲也を死なせてしまうことが信じられないのだ。
 最初見た時、こんな悲しい結末は全然予想していなかったので、哲也の死はショックだったし、それ以上に安易に人を殺してドラマを盛り上げようとするスタッフに怒りを覚えたものである。

 この際だから言っておく、

 殺せばいいってもんじゃねえんだよ!

 それでもまあ「スクール★ウォーズ」よりはマシかなぁ。あっちは3人だもんね。

 PDVD_106.jpg
 哲也「みんな、ありがとう……」

 その時が訪れたことを悟った笙子、恭子さん、モナリザ、それぞれの悲痛極まりない表情が映し出され、

 PDVD_109.jpg
 「ガクッ」と哲也はその生を終える……。

 PDVD_111.jpg
 クールなモナリザも、その体に縋り付いて号泣する。

 PDVD_113.jpg
 笙子も涙を噛み殺しながら、ふらふらと手術室を出る。

 壁にもたれて、ひとり哲也の死を悼んでいた朝男の前を無言で通り過ぎる。

 そして、哲也の死と同時に、新たな命……景子の息子が産声を上げていたのだ。

 だから、何?って感じですね。

 その4へ続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re[1]:「不良少女とよばれて」第24話 その3(07/13)  

影の王子様
>本放送で観たっきりですが、当時「これはないわ」とドン引きしました。
>終盤の展開、この最終回、なかでも哲也のこの死に方はいくらなんでも強引すぎる。

はっきり言ってめちゃくちゃですもんね。
レビューする方としてはツッコミどころがあって助かりますが。

>江連卓メイン作では「RX」の最終回もドン引きもの。

「RX」後半の迷走ぶりは見ていて悲しいものがありました。

ところで「アマゾンズ」、一応見てますが……、やっぱり平成ライダーは肌に合わないんだなぁと言うことを再確認しただけでした。

「大人向けの仮面ライダー」とか言ってる時点でダメだと思うんですが。

Re:「不良少女とよばれて」第24話 その3(07/13)  

哲也様がなくなってしまった。。。

笙子さんを幸せにできなかった。。。

こんな悲しい最後の言葉、あるでしょうか。泣


かっこいい朝男、病室の外で待ってるのも男らしい。なのにコントになってしまうとは。。。許せぬ大映!!

森進一化してましたね。これも見納めか。悲しい。。。

Re[1]:「不良少女とよばれて」第24話 その3(07/13)  

Biromi様
>哲也様がなくなってしまった。。。
>笙子さんを幸せにできなかった。。。
>こんな悲しい最後の言葉、あるでしょうか。泣

何度も言うようですが、哲也を殺すのはありえませんよね……。いくらドラマだからってね。

>かっこいい朝男、病室の外で待ってるのも男らしい。なのにコントになってしまうとは。。。許せぬ大映!!

病院で景子たちと遭遇するのはどう考えても要らなかったですね。

それにしても、酒井のダイナマイト、何回見ても爆笑です。

Re:「不良少女とよばれて」第24話 その3(07/13)  

大映ドラマでは主役の影に隠れがちではありますが、こういう酒井のような悪役は貴重ですよね。重田さんも良く引き受けてくれましたね😅役者冥利に尽きると思いますね。哲也は死亡ですか?相変わらず死者を増やしているようですね😅

Re[1]:「不良少女とよばれて」第24話 その3(07/13)  

ふて猫様

終盤は無理矢理話を作ってる感じがしますけどね。

非常に分かりやすい記事、ありがとうございました❗映像では不鮮明だったり、よく聞き取れない台詞が多々分かりました。

結果オーライな人→ヒロシ夫婦、笙子の両親、朝男、山崎、おハル。

不幸になった人→麻里(死亡)、恭子(覚醒剤中毒はまず治らない)、哲也の両親(大学は辞め損、息子を失う)、善子(美容室クビで最終回も少年院から出られず(笑))。

忘れられた人→平塚靖雄(悪竜会副会長で、逃走中の麻里に腹を刺されておアキに説教されたチンピラもろ出しの男)、
ATMダッシュのマコ(レディース流星会会長)、
建設会社の厨房に就職した子とダメ圭、
初代(明らかにカメオ出演の黒田福美)。

許せない奴ら→恭子の同窓会の出席者とデパート?での多賀子を口で丸め込むシーンの酒井、ボッタクリバー夫婦、丸林酒店夫婦、葉山家のお手伝いのババア、麻里の母親(葬式にも来ず遺骨もトキコに一部渡し)、ヒロシの50万を盗んだチンピラと指示を出したモナリザの手下、買い出しを邪魔したスケバンども、少年院内で悪知恵を働かせた時のモナリザ。

Re: タイトルなし

> 非常に分かりやすい記事、ありがとうございました❗映像では不鮮明だったり、よく聞き取れない台詞が多々分かりました。

こちらこそ、楽しいコメントありがとうございました。

昔書いた記事なので、ほんとは全部書き直したいんですが、気力が……

> 不幸になった人→麻里(死亡)、恭子(覚醒剤中毒はまず治らない)、哲也の両親(大学は辞め損、息子を失う)、善子(美容室クビで最終回も少年院から出られず(笑))。

つーか、主要キャラは誰一人幸せになってないような……

> 建設会社の厨房に就職した子

あれも俳優が急に降板になったんでしょうか。好きなタイプだったので残念でした。

> 許せない奴ら→恭子の同窓会の出席者とデパート?での多賀子を口で丸め込むシーンの酒井、ボッタクリバー夫婦、丸林酒店夫婦、葉山家のお手伝いのババア、麻里の母親(葬式にも来ず遺骨もトキコに一部渡し)、ヒロシの50万を盗んだチンピラと指示を出したモナリザの手下、買い出しを邪魔したスケバンども、少年院内で悪知恵を働かせた時のモナリザ。

並べ立てれば、ほんと嫌な奴のオンパレードでしたね。だからこそ面白い(?)

こんな奴いない

流石に“足下にダイナマイト🧨”を取り付けるヤツはいませんよね😅このパターンは最初で最後なのではないのでしょうか?

Re: こんな奴いない

ビジュアル的にも強烈ですね。

No title

また昨年末にCSで放送されましたので観ました。ラストとかをわざと知らないで観たので、このダイナマイトと国広の死はショックでした(苦笑)。さすがに心中偽装で、ダイナマイトで吹っ飛ばすはないでしょう(笑)。

それで私、ラストは、伊藤かずえが死んで、その責任を感じて国広がどこかへ去るというものを予想していていたのですが、まったく大外しでした。「そう来たか」という感じですね。

なおWikipediaによると原作者は、あまりのストーリーに絶句したそうですが、たぶん原作者は、大映ドラマのすごさを知らなかったんでしょうね(苦笑)。だいたいオープニングの芥川隆行のナレーションも、実録・ノンフィクションであることを強調するものでしたしね。今の私たちなら、「まあ大映ドラマだから」で終わりですが、当事者はそうもいきません。

Re: No title

> また昨年末にCSで放送されましたので観ました。ラストとかをわざと知らないで観たので、このダイナマイトと国広の死はショックでした(苦笑)。

自分もさすがにそりゃないだろうと思いました。

> なおWikipediaによると原作者は、あまりのストーリーに絶句したそうですが、たぶん原作者は、大映ドラマのすごさを知らなかったんでしょうね(苦笑)。だいたいオープニングの芥川隆行のナレーションも、実録・ノンフィクションであることを強調するものでしたしね。今の私たちなら、「まあ大映ドラマだから」で終わりですが、当事者はそうもいきません。

一度原作をチェックしたいと思ってるんですが……

まあ、もともと「赤い絆」のセルフリメイクみたいな作品ですけどね。

身勝手な妄想

酒井は哲也を爆殺した後、朝雄の通報で捕まったと思うよ。

逃げきった酒井。
酒井(放送当時にアニメ化されたら富山敬の声。肝付兼太じゃ結構老け過ぎなので)「ふう、ここまで来れば安全だ。何?」
そこへ大勢の警察官が。
警察官「酒井晴彦!様々な罪で、逮捕する!」
酒井「ど、どうして、分かった?」
警察官「ロイヤル貿易は差し押さえて倒産した。元東京流星会会長の西村朝雄が通報して全てを白状した。諦めて観念したまえ!」
酒井「そ、そんな…」
そして酒井は逮捕され、ロイヤル貿易は倒産した。

Re: 身勝手な妄想

妄想ありがとうございます。

アニメ化は想像外でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター