fc2ブログ

記事一覧

管理人が勝手に選ぶ「ウルトラマン」名場面その4



 久しぶりのウルトラマンの時間です。

 今回は9話から12話まで。

 第9話「電光石火作戦」

 ウランが好物と言う難儀な怪獣ガボラが暴れる話。

 ストーリーはごく平凡だが、

 PDVD_000.jpg

 怪獣のデザインが秀逸。これは首の周りのヒレを閉じて、顔を保護している状態。

 のたのたした動き方がとても可愛いのである。

 PDVD_006.jpg

 対するウルトラマン、そのヒレを二、三枚毟り取ると言う残虐行為を働く。最低。

 第10話「謎の恐竜基地」

 マッドサイエンティストのおじさんが、湖で密かに怪獣を飼育していたと言うお話。

 PDVD_002.jpg

 ジラースと言うのだが、ゴジラにエリマキを取り付けただけのような気がしないでもない。
 
 今回もウルトラマン、そのエリマキをごっそり毟り取ると言う暴挙に出る。

 PDVD_003.jpg

 しかも、そのエリマキを闘牛士のマントに見立てて、闘牛ごっこをすると言う悪趣味なことをする。
 最低だね。

 PDVD_004.jpg

 もっとも、今回は怪獣自身に罪はないと言うことで、怪獣が殺された後、悲愴なBGMを流した上、ウルトラマンがエリマキを遺体に添えてやると言う配慮を見せている。

 だったら最初から毟るな。

 無駄に格闘して怪獣を苦しませないで、さっさとスペシウム光線で楽に死なせてやれ。

 第11話「宇宙から来た暴れん坊」

 宇宙から落ちてきた虹色の隕石は、周囲の人間のテレパシーで自在に姿を変えると言う性質を持っていた。

 PDVD_001.jpg

 記者会見の席で、実際に試してみろと促された記者(青島幸男)は、臆面もなく、ウェディングドレスをまとった妙齢の女性を出現させて、にやける。

 だが、ある男(山本廉)が策略によってその石を奪い去ってしまう。

 海を臨むホテルに落ち着いた男、
 「はははは、これさえあればもう俺の思いのままだ。お金だって、何百万でも、何千万でも手に入るんだ! ご馳走だってこんなにたくさん食える」

 ……しかし、石が無から有を生み出すわけではないので、お金に変えても、使ったらなくなっちゃうしなぁ。

 で、とりあえず男が考えたのは、
 「そうだ、みんなにイタズラをしてやろう。さあ怪物になるんだ!」であった。

 なんでだよ!

 普通だったら、青島幸男のようにとりあえず可愛い女の子にして、全(以下自主規制)とか、そっち方面に行きそうなものだが、まあ、子供向け番組だからねえ。

 PDVD_010.jpg

 こうして創造されたギャンゴ、最初は等身大のサイズである。

 で、ホテルの従業員をおどろかしたり、

 PDVD_012.jpg

 プールで水着ギャルを撮影していた男の前に現れてびっくりさせたりするのである。

 PDVD_011.jpg

 で、彼、何故か非常に楽しそうなのだった。……気の毒に。

 さらに、調子に乗った男は、何を思ったかギャンゴを巨大化させてしまう。ホテルが倒壊し、当然、自分も巻き込まれる。

 PDVD_015.jpg

 ハヤタたちが駆け付けて、男を発見する。

 アラシ「おっ、この男(が石を盗んだん)だ!」
 ハヤタ「待て……、もう死んでる」
 男「死んどらんわ!」

 ほんとは気絶してるだけ。

 悪意の源である男が意識を失ってしまったため、ギャンゴは元に戻らなくなってしまった。

 PDVD_014.jpg

 ハヤタはウルトラマンになって戦うが、このエピソードは全体的にコミカルなタッチで描かれていて、バトルシーンも然り、
 ウルトラマン「そーらっ」
 ギャンゴ「やったなぁーっ」

 などと言うほのぼのした感じになる。

 最後は、病院で男が意識を取り戻し、ギャンゴもスッと石に戻る。

 第12話「ミイラの叫び」

 7000年前の貴重なミイラが発見される。

 PDVD_016.jpg

 それが安置されているビルの警備員を、奥村公延さんが演じている。相棒は、稲吉靖(靖司)さん。

 当然の如く、ミイラが甦って暴れる。科学特捜隊も出動しようとするが、

 PDVD_020.jpg

 博士「待ってくれ、出来るだけミイラは生け捕るように。君たちの持っている新兵器で攻撃をかけたら、ミイラといえどもひとたまりもない」

 アラシ「私がいくらスパイダーショットの名人でも、滅多なことじゃ撃ちゃあしませんよ」


 約2分20秒後


 PDVD_019.jpg

 ガンガン撃つアラシであった。

 滅多なことがあったんでしょうね。

 地下施設で彷徨うミイラ、昔、テレビで見た時はかなり雰囲気があったけど、DVDの鮮明な映像で見るせいか、あまり迫力が感じられないんだよね。ちっとも怖くない。

 ミイラは死ぬが、死ぬ間際にテレパシーでミイラ怪獣ドドンゴを呼び出す。

 後はハヤタがウルトラマンに変身して、怪獣を倒して終了。

 PDVD_022.jpg

 最後、いつの間にかいなくなっていつの間にか現れるハヤタを見て、イデが「おかしいなぁ、あいつ本当にウルトラマンじゃないのかなぁ」と率直に疑問を口にするのが印象的である。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

こうして見るとウルトラマンもエグい事をしてますね😅

Re[1]:管理人が勝手に選ぶ「ウルトラマン」名場面その4(12/11)  

ふて猫様
>こうして見るとウルトラマンもエグい事をしてますね😅

そうですね。冷静に考えると。

Re:管理人が勝手に選ぶ「ウルトラマン」名場面その4(12/11)  

一昨日テレ玉でガマクジラの回を観ましたが、余り目立たないフジ隊員が主役でしたね〜😅

Re:管理人が勝手に選ぶ「ウルトラマン」名場面その4(12/11)  

一昨日テレ玉でガマクジラの回を観ましたが、余り目立たないフジ隊員が主役でしたね〜😅

Re[1]:管理人が勝手に選ぶ「ウルトラマン」名場面その4(12/11)  

ふて猫様
>一昨日テレ玉でガマクジラの回を観ましたが、余り目立たないフジ隊員が主役でしたね〜😅

そうでしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター