FC2ブログ

記事一覧

立ち上がれ平和の使者たちよ「大戦隊ゴーグルファイブ」 第44話

★東映まつり大戦隊ゴーグルV VOL.5(完)(DVD)

★東映まつり大戦隊ゴーグルV VOL.5(完)(DVD)
価格:8,044円(税込、送料別)


 第44話「あ!食べ物が砂に」(1982年12月11日)

 スポーツジムでハードなトレーニングをしているゴーグルファイブの5人。

 PDVD_000.jpg
 JACの春田さん演じる黒田なんかは、いかにも普段からやってる感じである。

 黒田を含めた男性陣はみんな筋トレだったが、

 PDVD_003.jpg
 紅一点のミキだけは、サイクリングマシンで爽やかな汗を流していた。

 PDVD_004.jpg
 ちゃんと、ピンク色のシューズを着用しているのも芸が細かい。

 PDVD_005.jpg
 そんな時、黄島が誤ってダンベルを自分の足の上に落としてしまう。
 黄島「いてててて……」

 同時刻、某商店街を歩く人たちにコンドルモズーの砂嵐が襲い掛かる。
 嵐そのものはちょっとした強風に過ぎなかったが、

 PDVD_006.jpg
 その砂を浴びた人間が触った食べ物、飲み物は一瞬にして砂になってしまう、恐ろしい副作用があったのだ。

 子供「ハンバーガーが砂になっちゃった!」
 母親「まあ! ……大丈夫よ、新しいの上げるから」

 PDVD_007.jpg
 母親が紙袋から別のハンバーガーを取り出そうとするが、それもあっという間に砂の塊に変じて「なんじゃこりゃーっ」と言うことになってしまう。

 PDVD_008.jpg
 さて、怪我をした黄島は、ミキに包帯を巻いて貰っている。
 手当てをされながらも、間断なく物を食べている黄島。

 背後で背筋運動をしている黒田の反り具合が、彼がタダモノでないことを示している。

 ミキ「大したことがなくて良かったわ」
 青山「不注意なんですよね、大体」
 黒田「おい黄島、手当てして貰ってる間くらいもうちょっと神妙にしたらどうなんだ?」
 黄島「腹が減っては戦は出来ぬってね、トレーニングの後のおやつは最高っすよ!」

 そこへ、コンボイから商店街での事件の知らせが入り、5人は直ちに出動する。

 デスダークでは、商店街の混乱ぶりを示しながら、デスギラーが作戦について説明している。

 PDVD_009.jpg
 デスギラー「いかがですか、コンドル砂嵐の威力!」
 デスマルク「うーん、なかなか大したものじゃ」

 愛用のヘビ形のパイプを吹かしながら、上機嫌のデスマルク大元帥。

 デスギラー「コンドル砂嵐を浴びた人間の体には目に見えない細かい砂が付着するのです。その砂に特殊な電波を送ると、あのように食べ物が砂に変わるのです。勿論、砂は洗っても落ちません」
 デスマルク「やれえっ、人間どもが飢えと乾きにのたうちまり、ひとり残らず死に絶えるまで!」

 コンドルモズーは空を飛びながら、手当たり次第に砂嵐を引き起こし、水も食べ物も摂取できない被害者を大量に発生させる。

 PDVD_010.jpg
 飢えて憔悴しきった主婦の目の前で、蛇口から砂が勢い良く出ている印象的なカット。

 ただ、蛇口から出てくるのは普通の水だと思うんだけどね。

 栄養失調で病院に担ぎ込まれる人が続出するが、水も受け付けないとあっては、病院でも手の打ちようがないのであった。

 調子に乗って砂嵐を乱発するコンドルモズーの前に、ゴーグルファイブが立ちはだかる。
 コンドル砂嵐も、強化スーツを着ている5人には通用しない。

 退却したモズーを手分けをして捜す5人であったが、迂闊にも人間の姿で探索中の黄島が、それとも知らずに砂嵐を浴びてしまう。

 PDVD_011.jpg
 鼻の穴に詰まった砂を指でかきだしつつ、グレート・ムタのポーズを取る黄島だった。

 PDVD_013.jpg
 その後、黄島は本部へ戻り、そこにあったサンドイッチを手に取るが、

 PDVD_014.jpg
 当然、こういうことになる。

 PDVD_015.jpg
 赤間「黄島!」
 ミキ「黄島さん」
 黒田「お前……」

 これ以上食べ物に触るなと言おうとする赤間たちだったが、案の定、黄島は全てのサンドイッチを掴んで全部砂にしてしまう。

 ほどなく、

 PDVD_016.jpg
 空きっ腹を抱えて美味しそうな食べ物が並ぶ商店街をふらふらと歩く黄島の姿があった。

 そして、公園のブランコにぶらさがるように座っている黄島の前に、白衣を来た出前持ちが現れる。

 PDVD_017.jpg
 それは、最近、熟女コスプレに凝っているマズルカさんであった。なかなか可愛い。

 黄島「マズルカ!」
 マズルカ「飲まず食わずでご苦労様!」

 マズルカは、岡持ちの中からこんがり焼いた鳥のもも肉を取り出して見せる。

 PDVD_018.jpg
 黄島「な、何の真似だよ」
 マズルカ「ほーら、どう、食べたいでしょ?」
 黄島「やめてくれよーっ」
 マズルカ「どう? 取引をしようじゃないの……さ、ひとつ食べてみなさい」

 タイミングをあわせて、本部のコントロール装置の前にいるコンドルモズーが一時的に砂の効力を切る。

 PDVD_019.jpg
 半信半疑で鶏肉を掴む黄島だったが、それが砂にならないのを見て、大喜びで喰らいつく。

 コンドルモズー「ふふふふふっ」

 自分の同類(ニワトリ)が食われていると言うのに、お前は平気なんか?

 しかし、コンドルモズーが再びスイッチを入れると、たちまち鶏肉は砂になってしまう。

 マズルカ「私たちの味方になるのよ、そうすれば、好きなものをいくらでも食べられるわ」
 黄島「ああー、弱ったなぁもう……」

 友情と食欲の板ばさみになって悶える黄島であった。

 ……しかし、そんな取引を持ち掛けなくても、放っておけば黄島は餓死してたと思うんだけどね。

 結局、黄島は食欲に負けて、仲間を裏切ることを約束する。
 具体的には、赤間の前に現れ、いきなり攻撃するのである。

 PDVD_021.jpg
 その最中、「赤間、お前の弱点は、トレーニングで痛めた右足だーっ」と大声で叫ぶ黄島。

 赤間「右足?」
 赤間はすぐ、さっきのアクシデントのことを思い返す。しかし、あの時は……。

 PDVD_022.jpg
 その後、互いにスーツを着て本気で戦う二人。その様子を、デスギラーたちが小気味良さそうに見物している。

 最後は、斜面から突き落とされたレッドに、イエローのイエローボールが炸裂し、イエローが勝利を収める。

 無論、それだけで黄島のことを信用するほどデスダークは甘くはない。

 PDVD_023.jpg
 黄島をアジトの牢に押し込め、変身ブレスレットも没収してしまう。

 マズルカ「デスマルク大元帥は慎重なお方だ。ゴーグルレッドが確かに死んだか確かめるまで、我慢するんだね」

 が、黄島はお人好しの看守(戦闘員)を騙して、あっさり牢獄を脱走。
 さらに、偶然、砂嵐のコントロール室を発見し、装置を破壊してしまう。

 砂そのものには何の効力もない為、黄島は元の体になり、コンドルモズーの食べていたフルーツを盗み食いしてたちまち元気を取り戻す。

 また、死んだふりをしていたレッドも彼らを尾行してアジトへ来て、マズルカからブレスレットを取り返し、黄島に渡す。

 後は、5人揃ったゴーグルファイブがモズーと巨大ロボットを倒す、長い長いルーティンをこなして事件解決。

 PDVD_024.jpg
 ラスト、大量の食べ物を並べて片っ端から貪り食う黄島の姿からは、食べ物に対する感謝の念は全く感じられなかった。

 PDVD_025.jpg
 赤間「いや、しかし、初めはほんとにデスダークに味方してんのかと思ったよ」
 ミキ「いつ黄島さんの芝居だって分かったのぉ?」
 赤間「トレーニングで痛めた右足が弱点だと聞いた時さ」
 黒田「あの時、右足を痛めたのは赤間じゃなく、黄島本人だったものな!」

 おわり。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつもの「怪人が死んだから」ではなく、「コントロール装置を破壊した」ので
被害が終わった・・・のが良いです。

しかし、食べ・飲められるようにする見返りとして、黄島には基地の場所を吐かせる
方にすべきだったのでは?吐かなくても黄島は餓死して、デスダークには良いことだけだし。

Re[1]:立ち上がれ平和の使者たちよ「大戦隊ゴーグルファイブ」 第44話(03/12)  

影の王子様
>しかし、食べ・飲められるようにする見返りとして、黄島には基地の場所を吐かせる
方にすべきだったのでは?吐かなくても黄島は餓死して、デスダークには良いことだけだし。

そうですよねえ。欲張ったせいで確実にひとり殺せる機会を逃してますもんね。ま、強欲で身を滅ぼすのは、いかにも「悪の組織」らしいですが。

Re:イエロー食わねど高楊枝!  

デスダークの手先と化したイエローが突如レッドに襲いかかる場面は「仮面ライダー」のゴースターのお話で催眠をかけられた1号ライダーの様でこれにはレッドも
「本郷、心配したぞっ・・・、うわっ!!!」
と驚愕して身をかわす一文字さながらの反応をしています!しかもデスタークはイエロー専用の催眠マシーンを使用する事もなく、空腹地獄にありながらも戦隊メンバーとして「武士は食わねど高楊枝」を決め込むイエローの元にコックさんに化けたマズルカに生殺しデリバリーをさせる(!)事で手なずけてしまっておりある意味デスギラー将軍は、死神博士以上の策士とも言えるでしょう(笑)!
反対に同じく裏切りを偽装すると言う見かけによらない本郷以上のお見事な策士ぶりを披露し、最後の立ち回りでは珍しく「センター」まで務めたイエローでしたが戦いの後には、今度は映画「酔拳」でのジャッキー・チェン顔負けのお食事シーン(特にラーメンの食べ方等は正にジャッキー食い!)を見せレッドたち4人やコンボイたち、更にさゆりさんまでも目を白黒させていましたね(笑)!!

Re[1]:イエロー食わねど高楊枝!(03/12)  

笑太郎様
>しかもデスタークはイエロー専用の催眠マシーンを使用する事もなく、空腹地獄にありながらも戦隊メンバーとして「武士は食わねど高楊枝」を決め込むイエローの元にコックさんに化けたマズルカに生殺しデリバリーをさせる(!)事で手なずけてしまっておりある意味デスギラー将軍は、死神博士以上の策士とも言えるでしょう(笑)!

イエローがレッドを倒す芝居をした後も、油断せず牢に閉じ込めているあたりも念が入ってますもんね。戦闘員がアホだったせいで逃げられてしまいましたが。

毎度の事ですが、何故戦闘員の皆様は同じようなミスを繰り返すのでしょうか?(戦闘員の)再教育無くして“世界征服”は夢のまた夢のようですね😅

Re: タイトルなし

> 毎度の事ですが、何故戦闘員の皆様は同じようなミスを繰り返すのでしょうか?

別の回でも似たような手で黄島に逃げられてましたよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター