fc2ブログ

記事一覧

「宇宙刑事シャリバン」 第48話「ミミー」


 第48話「ミミー」(1984年2月3日)

 あら、気が付けば残り4話となってしまった。

 「宇宙刑事シャリバン」、これまではやたら長い、ほとんど粗筋のようなサブタイトルが続いていたが、最後の1ヶ月は対照的に「ミミー」「ガマゴン」「海坊主」……と、極めてシンプルなもので統一されている。この辺は「ギャバン」も同様だが、制作者のセンスの良さを感じるところである。

 と言っても、この48話は、最終話につながる重要な手掛かりが織り込まれているけれど、ストーリーとしては単発エピソードに近い。

 冒頭、今までずっとご無沙汰だったミミー(叶和貴子)が、宇宙海賊ベムサソリとその一味に誘拐される。ミミーは、銀河連邦警察のコム長官の一人娘なので、宇宙刑事総出でその探索・救出が図られる。

 こちらも久しぶりに登場の宇宙パトロール隊隊長でシャリバンの上司でもあるギャバンが、海賊の本拠地を急襲するが、ベムサソリはミミーと共に既に姿をくらませていた。

 PDVD_001.jpg
 ギャバン「人騒がせな奴ですねえ」
 コム「全くだ」
 マリーン「あなたに会いたくて出掛けて行ったのよ、ミミーの気持ちも分かってあげてよ」
 ギャバン「この忙しいのによっ、気まぐれオテンバ娘にも困ったもんだぜ!」

 表面的には苛立ちを隠そうともしないギャバンだったが、無論、末は結婚するつもりのミミーのことを心の底から心配しているのだった。
 しかし、父親であるコム長官の前で、いくらなんでも口が過ぎる言い草だろう。

 PDVD_002.jpg
 ギャバン(無事でいてくれよ、ミミー!)

 ギャバンの脳裏に、宇宙刑事時代、地球で共に過ごしたミミーとの思い出が甦る。

 PDVD_005.jpg
 果たして、コム長官が危惧したように、ベムサソリはミミーを幻夢城へ連れて来ていた。
 ベムサソリは、マドーの依頼を受けて、ミミーを誘拐したのだった。

 PDVD_004.jpg
 ベムサソリ「いやー、しばらくだな、ドクター・ポルター」
 ポルター「おお、ベムサソリ」
 ガイラー「良く来たな」

 以前からの顔見知りらしく、親しげに言葉を交わすポルターたち。微笑ましいですねっ。

 ポルター、憎々しげにミミーの顔を持ち上げ、
 ポルター「こやつがコム長官の娘か」
 サイコ「ベムサソリに褒美を」

 ちゃんと約束を守り、ベムサソリにたくさんの金貨を引き渡すマドー。
 ミスアクマ1と2が宝箱を運んでくるのだが、この48話から、長い間怪我で降板していた丸山千絵子さんが、ミスアクマ1として復活している。

 ポルター「処分はいかように?」
 サイコ「八つ裂きの刑にしろ。その遺体をバード星へ送り届けてやるのだっ」
 ポルター「はっ、コム長官に与える心理的ダメージは計り知れないものがあります」

 子供向け特撮番組としては、かなり過激なことを口にする魔王サイコ。

 だが、

 ガイラー「それにしても殺すには勿体無い娘だ」
 レイダー「ガイラーの言うとおりだ、殺す手はない」
 サイコ「考えがあるのか?」
 レイダー「ガイラーと結婚させ、子供を産ませる。銀河警察とマドーの間に深い繋がりが出来る」

 魔王サイコ以上に陰険なレイダーが、別の計画を提案する。
 ミミーにとっては、殺される以上につらいことだった。

 PDVD_007.jpg
 サイコ「ガイラー、その娘を嫁に娶るのだ!」
 ガイラー「はっ、ありがたき幸せ。いや、任務とあらば!」

 魔王サイコのお達しに、思わず喜色を浮かべるガイラー。
 ガイラー、いつの間にかすっかり「おちゃめ」なキャラになってしまったなぁ。

 PDVD_008.jpg
 ミミー「バカにしないで! 誰がフニャチンなんかと結婚を!」

 PDVD_009.jpg
 ガイラー「フ、フニャチンだとぉーっ!」

 公衆の面前で誰にも知られたくなかった秘密を暴露され、激しくプライドを傷付けられるガイラーであったが、嘘である(正しくは、誰がマドーと結婚……でした)。

 誇り高きミミーは「死なせて!」と悲痛な叫びを発し、自ら死のうとするが、それもレイダーに阻止される。

 また、ポルターはそのことをわざわざ電に教え、コム長官たちを精神的にいたぶるのだった。

 グランドバース内で、どうすれば良いのか考え込んでいた電、パッと何か思いついたように、

 PDVD_012.jpg
 電「幻夢城に突入すればいいんだ!」

 目を輝かせてリリィに告げるのだが、

 PDVD_013.jpg
 リリィ「どうやって? 幻夢城は何処にあるの?」

 「バッカじゃないの? とりあえず死ねば?」とでも言いだけな目で冷静に指摘され、電はしょぼーんとする。

 さて、こちらは珍しく景気の良い幻夢城。

 PDVD_014.jpg
 結婚式の前祝と言うことで、小さなテーブルを囲んでポルターたち三人が仲良く酒を酌み交わしている。

 やる気のなさそうな踊り子たちが乱れ踊る中、ガイラーがつと席を立って、部屋を出て行く。

 PDVD_015.jpg
 拘束されているミミーのところへ行くのだろうが、その後ろ姿を見るポルター、いかにもつまらなそうな顔をしている。実は、ガイラーのことを憎からず思ってたりして……。

 まぁ、単に、自分もまだ未婚なのに、ガイラーが叶和貴子と結婚するのが面白くないのかもしれない。

 PDVD_016.jpg
 ガイラー、柱に鎖で縛られているミミーのところへ行き、
 「これじや、きつすぎる。式を挙げる前に死んでしまうではないか」と、剣で鎖を切ってあげる。

 女性に優しいガイラー将軍、ミミーの好感度もアップする筈だったが、恩知らずのミミーはガイラーを突き飛ばして逃亡を図る。

 PDVD_019.jpg
 ガイラーから逃れて、小さな部屋へ身を隠すミミー。

 そこには台の上に卵の殻のようなものがあって……、

 PDVD_018.jpg
 案の定、まんま「エイリアン」の怪物が牙を剥いて襲ってくるのだった。

 そこへガイラーが駆けつけ、怪物を斬り殺してミミーを救う。
 これで今度こそガイラーの好感度もアップする筈だったが、しなかった(そりゃそうだ)。

 PDVD_020.jpg
 ガイラー、ミミーをお姫様抱っこして玉座の間へ戻ってくる。
 ガイラー「我が花嫁の為に歌え、踊るのだっ」

 再び盛り上がりを見せる前夜祭。

 PDVD_021.jpg
 そんな中、カメラは実に穏やかな笑顔を晒しているポルターの顔をしっかり抜いていた。

 いくら宴とは言え、悪の組織の大幹部がこんな人の良さそうな笑みを浮かべてはいけません。

 そのポルターはグランドバースの電に「本日、午後1時から結婚式をする」とわざわざ伝え、しかもその模様を中継すると言って寄越す。

 居ても立ってもいられない電、グランドバースを飛び出し、ジープであちこち走り回って幻夢城へ通じる秘密の通路を探し回る。

 ……中継の電波をたどっていけば、幻夢城の位置が分かると思うんですが。

 PDVD_022.jpg
 結婚式の準備が着々と進められる。

 ミスアクマ1と2によって、ウェディングドレスを着付けされているミミー。

 ミスアクマの二人、そんなことまでこなすんだね。役に立つね。

 PDVD_023.jpg
 忌まわしい強制結婚式の様子をリアルタイムで見せ付けられ、リリィは涙ぐみ、コム長官やマリーンも暗い面持ちになる。

 PDVD_025.jpg
 コム長官、とても正視できず、別室へ下がる。
 コム長官「代わってやりたい……」

 え、いや、それはちょっと無理なのでは?
 思わず、ウェディングドレスを着ているコム長官の姿を思い浮かべてしまうではないか。

 ミミー、ガイラーに結婚指輪を嵌められるところまで行くが、ここで得意の変身能力を使い、インコに化けて脱出を図る。

 今度は、外界との出入り口であるサイコゾーンに運良く入り込むことが出来、洞窟の奥に出ることに成功する。ちょうど近くを走っていた電が駆けつけ、ミミーを保護すると共に、追って来たガイラーや宇宙海賊たちと戦う。

 こうなればもう詳しく書く必要もないのだが、

 PDVD_026.jpg
 ポルター「ベムサソリを幻夢城へ巻き込んでは如何でしょう? 上手くシャリバンを倒せばよし、たとえ敗れ去っても、褒美の金が助かります
 サイコ「なるほど」

 全銀河征服を目標とする組織にしては、あまりにセコい発想であった……。

 つまり、今回はビーストの代わりにベムサソリが幻夢界でシャリバンと戦って斬り殺されると言う段取りになるのだ。

 結果的に、褒美の金は節約できたが、ミミーにも逃げられているのだから、結局マドーの皆さんがしたことは一体なんだったのだろう、と言うことになる。

 PDVD_030.jpg
 戦いの後、シャリバンはすぐミミーの抜けてきたサイコゾーンへ向かうが、

 PDVD_029.jpg
 すぐにサイコゾーンは消滅し、ただの洞窟に戻るのだった。

 それでも、サイコゾーンを通れば幻夢城へ到達できる可能性を見出した電にとっては、マドー壊滅の為の大きな前進であった。

 PDVD_031.jpg
 ラスト、無事救出されて、父親であるコム長官と通話するミミー。

 ミミー「パパ! もうみんなに会えないかと思った。それが一番さみしかった」
 コム長官「良く頑張った!」

 ギャバンにも、電からミミーの無事が報告され、「良かった、それはほんとに良かった」と胸を撫で下ろすのだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

最終回間際ということで、放送当時ワクワクして観てました。
タイトルが短くなったのは、新聞のテレビの番組表に
叶さんの名前を載せる意図もあったのでしょう。

コム長官の迷台詞はよくツッコまれてますね。

最終シークエンスは、5作(「スピルバン」まで)中で「シャリバン」が一番好きです。
ありがちな「悲壮感」の強調が無く、画面が明るく華やかで
多彩なキャラが目まぐるしく登場するのが最高です。

Re:「宇宙刑事シャリバン」 第48話「ミミー」(03/17)  

叶和貴子さん、かわいいなぁ・・・♪
すみません、感無量と言いますか(笑)

Re[1]:「宇宙刑事シャリバン」 第48話「ミミー」(03/17)  

影の王子様
>タイトルが短くなったのは、新聞のテレビの番組表に
>叶さんの名前を載せる意図もあったのでしょう。

なーるほど、気付きませんでした。

>最終シークエンスは、5作(「スピルバン」まで)中で「シャリバン」が一番好きです。
>ありがちな「悲壮感」の強調が無く、画面が明るく華やかで
>多彩なキャラが目まぐるしく登場するのが最高です。

終盤の、先が読めない目まぐるしい展開は実に盛り上がりますね。1話から仕掛けてきた伏線が素晴らしかったです。

Re[1]:「宇宙刑事シャリバン」 第48話「ミミー」(03/17)  

LopLop様
>叶和貴子さん、かわいいなぁ・・・♪
>すみません、感無量と言いますか(笑)

あら、そんなにお好きでしたらもっと画像を貼れば良かったですね。

Re:「宇宙刑事シャリバン」 第48話「ミミー」(03/17)  

何故ギャバン自ら救出に行かないのでしょうか?パートナーのピンチなのですがね😅それとも大葉さんのスケジュールの都合なのでしょうか?

Re[1]:「宇宙刑事シャリバン」 第48話「ミミー」(03/17)  

ふて猫様
>それとも大葉さんのスケジュールの都合なのでしょうか?

それもあったんでしょうが、ま、あくまで主役は電ですからね。

Re:「宇宙刑事シャリバン」 第48話「ミミー」(03/17)  

観直しましたが、コム長官を心配するマリーンのお尻がなかなかそそられました。
叶さん「シャイダー」のラストにも出て欲しかった。
雑誌のインタビューで渡さんがこの最終4部作を「絶対面白い」と言ってました。
ブルーレイ欲しいなぁ・・・

Re[1]:「宇宙刑事シャリバン」 第48話「ミミー」(03/17)  

影の王子様
>観直しましたが、コム長官を心配するマリーンのお尻がなかなかそそられました。

そうですか、気が付きませんでした。尻フェチとしては不覚です。

>ブルーレイ欲しいなぁ・・・

自分もロト6が当たったら買う予定なんですが、いつまで経っても当たりません。

Re:ミミー対ニセ弥七  

ミミー=叶さんは、ガイラー将軍にまで強制結婚を迫られていたのですね!僕が、以前「ギャバン」の記事にもコメントした事ですが叶さんが信州善光寺の宿屋のお嬢さん、お絹さんとして出演した水戸黄門第12部「弥七を騙った悪い奴」と言うお話でも叶さん=お絹さんは、宿屋「扇屋」乗っ取りのためニセ弥七(藤村有弘さん)に結婚を迫られていました!!
しかもニセ弥七は、自分の雇い主でもある地元を牛耳る親分(梅津栄さん)に
「おい、(ニセ)弥七!こうなったらこの場で祝言を挙げちまえっ!!」
と言われ
「へいっ、親分さん!さあ、扇屋見てろよっ!今からお絹と祝言挙げてやるからなっ♪」
と何とお絹さんの祖父である扇屋主(伊沢一郎さん)の目の前でお絹さんを押し倒しそのままレ〇プに及ぼうとすると言う、このお話でのガイラー将軍も裸足で逃げ出すだろう凶行に走っていました!!更にニセ弥七は、扇屋乗っ取りの成功報酬として親分に百両をも要求しており、ガイラー将軍に加えベムサソリ並みの欲深さまでも発揮(「シャリバン」風に言えば藤村さんだけにドンガバチョビースト?!)。勿論ニセ弥七は、「祝言」寸前、ギャバンの様に颯爽登場した本物の弥七に正体を暴かれ、「弥七ダイナミック」とも言うべき鉄拳制裁を受けて、お絹さんは救われました。
因みにもしも扇屋主がコム長官よろしく
「(ニセ)弥七さん、出来るものならわしを代わりにしてくらさらんかのう?」
等と言ってしまったら、ニセ弥七はきっと
「ふざけるねえーっ!!」
と蹴り倒していた事でしょう(笑)。

Re[1]:ミミー対ニセ弥七(03/17)  

笑太郎様
>ミミー=叶さんは、ガイラー将軍にまで強制結婚を迫られていたのですね!僕が、以前「ギャバン」の記事にもコメントした事ですが叶さんが信州善光寺の宿屋のお嬢さん、お絹さんとして出演した水戸黄門第12部「弥七を騙った悪い奴」と言うお話でも叶さん=お絹さんは、宿屋「扇屋」乗っ取りのためニセ弥七(藤村有弘さん)に結婚を迫られていました!!

そう言えばそうでしたねえ。それにしても細かいところまでよく覚えておられますね。

人質

一応ミミーも立派な花嫁候補なのだから、拘束するよりも部屋で軟禁した方が良いかと思うのですがね😅(人質なのでやる事は変わらないですが)まあ確かに効果はあるかと思いますね

Re: 人質

本人は逃げる気マンマンですからねえ。

昔は長官もワルだった

「江戸の渦潮」という「シャリバン」から五年ぐらい前の時代劇が
(露口茂が岡っ引き役なので刑事ドラマ的テイストがかなり濃い)
現在、BSフジ再放送中で本日、西沢利明氏が盗賊のお頭役で登場。

高品格演じる足を洗った元盗人老人と孫娘を脅して片棒を担がせる、
冷徹な知的悪役ぶりが物凄くハマっておりました…。
西村晃なども黄門様前後で俳優のイメージがガラッと変わりましたが
西沢氏もそういうタイプだったのでしょうか。

Re: 昔は長官もワルだった

> 高品格演じる足を洗った元盗人老人と孫娘を脅して片棒を担がせる、
> 冷徹な知的悪役ぶりが物凄くハマっておりました…。
> 西村晃なども黄門様前後で俳優のイメージがガラッと変わりましたが
> 西沢氏もそういうタイプだったのでしょうか。

自分は西沢さんは悪役のイメージが強いですね。コム長官はあくまで例外と言う感じで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター