FC2ブログ

記事一覧

「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」第12話「レイモンドとチャーハン」後編


 第12話「レイモンドとチャーハン」(1989年4月2日)
 の続きです。

 ラーメンだったレイモンドが、チャーハンに助けられた時の模様をヌルハチに話している。

 PDVD_014.jpg
 で、当時のチャーハンも、本当にチャーハンの姿をしているのが、このドラマの凄いところである。
 分かりにくいが、チャーハンがラーメン(レイモンド)に毛布を掛けてやっているシーンである。

 PDVD_015.jpg
 チャーハン「これで湯家が立てば……」

 チャーハンは更に電気ストーブを近付けて温め、レイモンドをすっかり元気なラーメンに戻してくれる。
 (冷静に考えたら、物凄いシュールな文章だ)

 レイモンド「ありがとう、君の名は?」
 チャーハン「チャーハン、ただのチャーハンです」(そりゃそうだ)
 レイモンド「僕にとって君は命の恩人です」
 チャーハン「私にとってあなたは……あなたは……」

 PDVD_016.jpg
 チャーハンは、いきなり人間の女の子の姿に変身する。
 レイモンド「こ、これは?」
 チャーハン「あなたに恋をした途端、私は人間になりました。あなたも私に恋をすれば……さあ、恋をして下さい! 私に恋をするのです!」

 恋ってそんなもんじゃないと思うけど……。

 ともあれ、レイモンドは人間に戻りたい一心で、「私は命の恩人、チャーハンを恋します」と宣言し、めでたく人間の姿になったのだと言う。

 PDVD_017.jpg
 レイモンドの話を、つらそうな顔でぱいぱいに伝えているヌルハチ。
 ぱいぱい「私は負けたのね。……思い切って中華魔界に戻って殿下のお嫁さんになってー、玉の輿に乗るのも悪くないかっ」
 ヌルハチ「ぱいぱい様?」

 冗談とも本気ともつかないことを言って歩き出すぱいぱい。

 ぱいぱいは高山家の玄関先まで来ると、懐かしい三バカ兄弟やババァたちの顔を遠くから見詰める。
 ぱいぱい「会うと別れがつらくなるから……」

 それでも一応、ババァには魔法の力で悪戯をしておくぱいぱいだった。
 ぱいぱい「さよなら……」

 そのまま本当に中華魔界に行ってしまうつもりなのか、肩を落としてとぼとぼと坂道を下っているぱいぱい。

 PDVD_018.jpg
 ちょうど前方から、チャーハンが自転車に乗って走ってくるのが見える。

 と、マンションの鉢植えが彼女の頭上から落ちてくる。ぱいぱいは咄嗟に魔法の力で鉢植えを元に戻した……つもりだったが、何故かまた鉢植えが勝手に落ちてくる。

 ぱいぱいが自転車も同時に止めていたので、直撃はしなかったが、チャーハンは自転車ごと転げてしまう。

 PDVD_019.jpg
 その後、喫茶店で向かい合っている二人。
 チャーハン「やっぱりレイモンドの恋人だったんですか」
 ぱいぱい「昔の……」
 チャーハン「レイモンド、昔のこと全然話してくれないもんですから」
 ぱいぱい「大切なのは今なの。レイモンドが今愛してるのはあなたなのよ」
 チャーハン「すいません」
 ぱいぱい「悔しいけど……」

 そんなやりとりを、近くの席でヌルハチが複雑な顔で聞き耳を立てている。

 ぱいぱいは彼女と別れ際、「レイモンドに伝えておいて、私、五目殿下のお嫁になって玉の輿に乗って幸せになるって……」と伝言を託す。

 ぱいぱい「負け惜しみね……」

 PDVD_020.jpg
 だが、その直後、チャーハンの前に現れたのは誰あろう、五目殿下であった。

 彼の姿を見ると、家来のように平伏するチャーハン。
 殿下「お前の役目はもう終わった。お前に用はない」
 チャーハン「では、植木鉢を落としたのは?」
 殿下「ワシだ。チャーハン、消えて貰おう」

 PDVD_021.jpg
 殿下は魔法の力でチャーハンをチャーハンに戻すと(ややこしいなぁ)、無造作にガツガツそれを食べだす。

 見掛けは単におっさんがチャーハン食ってるだけだが、かなり残酷なシーンである。

 半分ほど食べたところで、「そうだ、この後レイモンドも食べなくちゃいけないんだ」とつぶやき、皿をその場に置いて何処かへ消えてしまう。

 そう、殿下はレイモンドもラーメンに戻して食うつもりなのだ。ほとんどホラーの世界である。

 半分食べられたチャーハンは、後から現れたヌルハチに頼んでぱいぱいのところへ運んで貰う。

 チャーハンは苦しい息の下から、自分が、ぱいぱいにレイモンドのことを諦めさせようとする為に遣わされた殿下のスパイだったこと、二人が人間の姿になれたのも、愛の力などではなく、物陰にいた殿下が魔法を使っていたことなどを告白する。

 PDVD_022.jpg
 チャーハン「お許し下さい、ぱいぱい様……」

 チャーハンはそれだけ言い残すとただの食いかけの冷たいチャーハンになってしまう。

 ぱいぱい「チャーハン……、チャーハン!」
 ぱいぱい、チャーハンの皿を掴んで号泣するのだった。

 PDVD_023.jpg
 さて、殿下はそのままレイモンドのところへ行き、ラッパのような銃でレイモンドを殺そうとしていた。

 線路のそばで小さな爆発が起きるのだが、

 PDVD_024.jpg
 その直後、普通に電車が走っていくのがなかなか凄い。

 良く撮影許可が下りたな……(無許可だったりして)。

 PDVD_025.jpg
 ぱいぱい「食べられたチャーハンに代わってお前を成敗してやる!」

 そこへぱいぱいが駆けつけ、中華魔女に変身して戦いを挑む。

 が、殿下に勝てるくらいなら最初から殿下から逃げ回る必要はない訳で、

 PDVD_026.jpg
 殿下の魔法弾(?)を胸に受け、あっさり敗北を喫す。

 殿下はそのままぱいぱいを花嫁姿にしようとするが、レイモンドが二人の間に割って入り、ラッパの先端に手を突っ込む。

 レイモンド「さあ撃て」
 殿下「よおし!」
 挑発に乗って殿下は息を吹き込むが、

 PDVD_028.jpg
 銃が暴発して当然こうなる。

 殿下、パッと姿を消す。

 だが、同時にレイモンドもラーメンの姿に戻っていた。

 レイモンド「ぱいぱい様、今の私はぱいぱい様に愛される資格はありません」
 ぱいぱい「レイモンド……」

 レイモンドは再び「ラーメンラーメン」と言いながら何処かへ飛んで行ってしまう。

 PDVD_029.jpg
 ぱいぱい「あなたはまたナルトの入ってないラーメンになってしまったのね……」

 PDVD_030.jpg
 ぱいぱい、チャーハンの墓を立てて、ヌルハチと一緒にチャーハンの冥福を祈る。

 ヌルハチ「ぱいぱい様……」
 ぱいぱい「大丈夫、私のことは……」

 レイモンドとの再会と別れ、悲しい運命を辿ったチャーハンのことを想いつつ、ぱいぱいは健気に前を向いて歩き出すのだった。

 それを見送る行き場のないヌルハチの後ろ姿を映しつつ、今回は何のオチもないまま終わり。

 ラーメンとチャーハンの悲恋話で、鑑賞に堪えるストーリーを作ってしまう浦沢義雄の脚本と、スタッフの力量に、畏敬の念を覚える管理人であった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

先日お知らせしたようにDVDを2巻入手し、
夫婦で観ています(笑) この12話も昨夜観ました。
20年程前にVHSで買って観たのもこの12話前後の巻で、
これこそが不思議コメディシリーズの真骨頂と(じわじわと)感銘を受けたものです。
五目殿下とぱいぱいがバトルするシーンの場所、
ぱいぱいだけでなく、他の東映特撮ものでよく出てくる場所で、西武池袋駅大泉学園駅の前後のあたりの筈なのですが、Google Mapで探索中です。わかれば現地に行きます(笑)

Re[1]:「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」第12話「レイモンドとチャーハン」後編(03/19)  

LopLop様
コメントありがとうございます。

>先日お知らせしたようにDVDを2巻入手し、
>夫婦で観ています(笑)

良いですね……

>これこそが不思議コメディシリーズの真骨頂と(じわじわと)感銘を受けたものです。

確かに他のドラマではありえないストーリーと演出ですね。唯一無二と言う感じです。

Re:「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」第12話「レイモンドとチャーハン」後編  

レイモンドがラーメンにされた時に落としたナルトはぱいぱいが保管しているので
そのナルトも揃わないと、レイモンドには戻らない気がするのですが?
シナリオ上、そこのツッコミは無し?

Re[1]:「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」第12話「レイモンドとチャーハン」後編(03/19)  

影の王子様

そう言えばそうですね。すっかり忘れてました。

チャーハンを弄んだ五目殿下

この話は五目殿下が何としてもぱいぱいにレイモンドを諦めさせて自分に振り向かせて結婚しようとタダのチャーハンとは言えチャーハンを弄んだ事がぱいぱいの逆鱗に触れて仇討を兼ねて中華魔女に変身して「食べられたチャーハンに代わってお前を成敗してやる!」と五目殿下と戦闘開始して、終了後にレイモンドが饂飩屋に飛び去る話でヌルハチにも情が有りましたね。

Re: チャーハンを弄んだ五目殿下

コミカルに撮ってるけど、人間をチャーハンにするというのはなかなかえげつないですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター