fc2ブログ

記事一覧

劇場版「スケバン刑事」(1987年)DVD その5



 最後です。

 サキ、重営倉の鉄扉を究極のヨーヨーの凄まじい破壊力で吹き飛ばすと、見張りの兵士をあっという間に叩き伏せる。

 そして監禁されていたお京たちを救出すると、最初の計画をもう一度やり直すことになる。

 サキは、ひとりで生徒たちのいる監獄へ。

 PDVD_074.JPG

 PDVD_075.JPG
 究極のヨーヨーだけあって、サキの投げ方もいつもと違う。

 見張りを倒し、扉を開けてやるが、ほとんどの生徒はその場から動こうとしない。
 サキ「服部に骨を抜かれてしもうたんか?」

 雪乃たちと打ち合わせた時間まで残り僅かだと言うのに、焦るサキ。
 そこへ、めぐみが喜久男を連れて現れる。

 PDVD_076.JPG
 めぐみ「見てよ! あの人たちは、結局みんなをこうしたいのよ! おしまいには、みんなお兄ちゃんみたいにされるのよ、いいの? いいの?」

 喜久男の変わり果てた姿にショックを受けて、やっと生徒たちの目が生き返る。

 そして8時ジャスト、雪乃が電源ケーブルを切断し、建物が闇に包まれる。非常ベルが鳴り響く中、生徒たちが校舎からわらわらと飛び出してくる。

 サキたちは、追撃する兵士たちを倒しつつ、生徒たちがフェンスを飛び越えるのを待つ。
 一方、めぐみは、兄が仲間と一緒に逃げていくのを確かめた後、「さよなら、お兄ちゃん」とつぶやいて、校舎へ引き返す。

 PDVD_077.JPG
 サキも、お京たちを逃がした後で、服部と雌雄を決しようと校舎に戻ろうとするが、ちょうどその時、内部から激しい爆発が起きる。めぐみが、武器庫に手榴弾を放り投げたのだ。

 お京「サキは?」
 雪乃「中ですわ」

 既にお京たちが越えたフェンスには、予備電源によって高圧電流が復活しており、お京たちはサキの手助けをしてやれない。

 迫撃砲(?)が次々着弾する平地を走り抜け、生徒たちは桟橋から極寒の海へ飛び込んでいく。雪乃が、事前に用意しておいたいくつものゴムボートをリモコンで膨らませ、生徒たちは我先にとゴムボートに這い上がる。

 PDVD_078.JPG
 服部の姿を求めるサキの前には、卒業生たちが立ちはだかる。

 あくまで彼らとは戦いたくないサキであったが、やむをえず、痛みに耐えながら究極のヨーヨーを投げて、「帝都物語」のコスプレ集団のような彼らをぶちのめす。

 サキ「許いとうせやーっ」

 折り重なって倒れる彼らに叫ぶように謝るサキの背後に、ぬっと服部が立つ。
 服部「よくも私の野望を打ち砕いてくれたな、ドブネズミが、楽には殺さんぞ!」

 PDVD_079.JPG
 サキ「人を許せんと思うことはあった。けんど憎いと思ったことはなかったちゃ、うちはいま初めて人を憎む。おんしゃが憎い。梁山高校3年B組、麻宮サキ! またの名をスケバン刑事、服部、この代紋はお前に青春をもてあそばれた若者たち全ての怒りの代紋なんじゃ、この代紋ある限り、おまんのまやかしの理想、必ず打ち砕いちゃるぅ!」

 スケバン刑事として、これがサキの最後の「口上」となる。

 PDVD_080.JPG
 服部は不気味な笑みを浮かべると、右手の白い手袋を外す。

 彼の右手はメカニカルな義手であった。

 周囲を炎に包まれた状態で、サキと服部の頂上決戦が繰り広げられる。
 二人のバトルは、「スケバン刑事2」を通しても、もっとも見応えのあるアクションとなっている。

 PDVD_081.JPG
 サキのヨーヨーが服部の胴にめり込むが、負荷の大きな究極のヨーヨーを投げ過ぎた為、サキ自身の左手もぼろぼろになっていた。

 服部は、義手に仕込んだニードルガンを放つが、

 PDVD_082.JPG
 サキの前に飛び込んだめぐみが、代わりにそれを受けてしまう。

 めぐみ「サキさん……」
 サキ「めぐみぃっ」
 めぐみ「サキさん、許して……」
 サキ「めぐみーっ!」

 裏切り行為の責任を、自らの命で償っためぐみ。

 オーディションで選ばれためぐみ役の小林亜也子さん、デビュー作にしては健闘していると思う。メイキングの中で、「南野陽子さんのようになりたい」と抱負を語っていた(うろ覚え)が……。

 PDVD_083.JPG
 サキの脳裏に、たい子(他2名)、喜久男、そして和夫と、この戦いで犠牲になった若者たちの姿がよぎる。

 ……たい子(他2名)は、別に死んでないと思うんですが。

 PDVD_084.JPG
 サキ「たとえこの腕が砕けても、服部、おんしゃだけは、おんしゃだけは倒す!」

 燃え盛る建物の奥深く、改めて対峙する両雄。

 服部「虫けらめ、己の力を思い知ったか。俺は死なん、俺の野心は必ず成し遂げて見せる!」
 サキ「おんしゃが、嫌いじゃ!」

 サキはヨーヨーを使って服部の体に高圧電流を流し、やっと戦いに終止符を打つ。

 PDVD_085.JPG
 服部は最後には、全身がサイボーグであったことが判明し、ターミネーターのような姿になる。

 PDVD_086.JPG

 PDVD_087.JPG
 懸命に建物から遠ざかるサキの背後で、巨大な爆発が起こる。

 全体的に低予算の映画だが、この爆破ショットはかなりの高得点。

 サキはそのまま走り続けて桟橋から海へ飛び込み、お京たちの待つゴムボートに泳ぎ着く。
 なんてことのないシーンだが、南野陽子さんは泳ぎが苦手のようで、メイキングではこのシーンの撮影にかなり苦労したことが分かる。

 三晃学園と一緒に、島そのものが爆発炎上し、世間を騒がすニュースとなる。

 PDVD_088.JPG
 それをクラブのテレビで見ていた、服部の背後にいた黒幕の大物政治家の前に、暗闇指令がスッと立つ。

 暗闇指令「あなたの計画は終わりです。あなたは10代の少女たちに敗れたんです。あなたが利用しようとしていた同じ世代の娘達にね。後の始末はご心配なく……」

 暗闇指令はピストルをテーブルに置いて店を出る。直後、銃声が響き、事件の終焉を告げる。

 最後の最後に暗闇指令が美味しいところを持って行くのは、テレビ版のラストとそっくりである。

 さて、サキたちは無事に対岸に上陸する。
 パトカーや救急車が入り乱れ、騒然としている。

 PDVD_089.JPG
 4人の帰りを待っていたのは、西脇、そして意外にも風間結花、由真の姉妹だった。

 唯「姉ちゃーん」
 結花「ごくろうさま」
 由真「やったね」

 と言っても、彼らは友情出演と言うことで、台詞もこれだけ。

 ところで、近頃やっと由真と結花の区別が付くようになってきた管理人であった。

 唯「任務完了!」
 西脇「良く、生きて帰ってきた」

 テレビ版では絡むことのない二人だが、ここでは上司と部下の関係になっている。

 PDVD_090.JPG
 サキ「さよなら、唯」
 唯「先輩……」
 お京「がんばんな、三代目」
 雪乃「しっかりね!」

 劇中で、前番組から新番組へのキャラの引継が行われた珍しい場面である。

 西脇、やおらサキの前に進み出て、

 PDVD_091.JPG
 西脇「今度こそ、さらばだ」

 サキ、無言で泣き笑いのような表情になる。

 南野さんとしても、今後こそ本当に西脇……蟹江さんとの別れだと、胸に迫るものがあったのではないだろうか。

 真っ直ぐ前を向いて歩き出すサキを追いかける二人。
 お京の「サキ、待ってくれよ!」と言う台詞が、「スケバン刑事2」の最後の台詞となる訳だ。

 EDに流れるのは、前述の「楽園のDoor」である。

 なお、DVDには、結構長いメイキングも収録されている。

 例によって、南野陽子メインのアイドルのイメージビデオっぽい。

 PDVD_099.jpg
 撮影シーンの合間には、完全なPV的映像も流れる。

 PDVD_096.jpg
 前半の爆破シーンで、くどいほど入念に細かい動きのチェックやリハーサルをするキャストとスタッフ。

 PDVD_097.jpg
 監督の説明を聞けば聞くほど頭が混乱する相楽さんたちが可愛いのである。

 ちなみに素の南野さんと相楽さん、ほぼサキとお京のまんまである。

 PDVD_098.jpg
 その後、坂上忍の爆着シーン。

 ちょっと不安そうな坂上さんを、南野さんたちがおちょくる。
 スタッフ「火傷して死んだ人の話知ってる?」
 坂上「知らないっすよ! いないですよ、大丈夫っすよ」
 南野「じゃ、これが初めてかもよ音符
 坂上「なんでそんなろくなこと言わないの?」
 南野「ううん、心配して……」

 などと言いつつ、坂上さんに向かって合掌する南野さんと相楽さんだった。

 PDVD_100.jpg
 楽屋で髪をとかしたり、台本を読んだりしている南野さんたち。

 南野「秋絵、来るんでしょ?」
 吉沢「明日?」
 南野「ニッポン放送……2週(録り)でしょ?」

 このやりとりが、いかにも「あたいら芸能人!」言う感じがして好きなのである。

 以上、尋常でない長さになってしまったが、これにて「スケバン刑事2」は全て終わりです。

 長い間のお付き合い、ありがとうございました。


 おまけ

 PDVD_000.JPG
 予告編の、戦隊シリーズっぽい決めポーズ。

 女子高生だけのスーパー戦隊シリーズがちょっと見たくなる。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

8枚目の画像のレビューについてです。
早乙女志織は初代スケバン刑事・麻宮サキと同じく左利きです。ボロボロになった手は正しくは左ですね

Re[1]:劇場版「スケバン刑事」(1987年)DVD その5(02/11)  

しゅーせー様
>8枚目の画像のレビューについてです。
>早乙女志織は初代スケバン刑事・麻宮サキと同じく左利きです。ボロボロになった手は正しくは左ですね

ご指摘ありがとうございます。直しておきます。

ナンノと浅香の共演

92年、昨年末に終了したADブギスペシャルのADリターンズを放送して、テレビ局に第2弾があるとしたら、浅香唯がレギュラーであったのに対し、南野陽子をゲスト出演して下さいとハガキに書いて送った。結局は実現しなかったが、かわりに8年後踊るさんま大御殿で、元スケバン刑事のこの2人が共演が実現した。以降この2人の共演は何度かありました。南野陽子は映画寒椿でのヌード、浅香唯はステージ衣装のパンチラがいいですね。
わしの好きな女性タレント10人。南野陽子、浅香唯、綾瀬はるか、牧野真莉愛、逢沢りな(ゴーオンイエロー)、小池唯(ゴーカイピンク、Tバック姿見たい)、山谷花純(モモニンジャー、再びやってもらいたい)、久住小春(アニメきらりんレボリューションの月島きらり)、北原沙弥香(同雪野のえる)、吉川友(同花咲こべに)。
大西結花今後の戦隊にレギュラー出演希望。
佐野里子はテレビ局にもハガキに書いて送りましたが、25年くらい言い続けてますが、テレビに出てもらいたいです。また再びゴジラ映画にも出演してもらいたいです。

Re: ナンノと浅香の共演

> 92年、昨年末に終了したADブギスペシャルのADリターンズを放送して、テレビ局に第2弾があるとしたら、浅香唯がレギュラーであったのに対し、南野陽子をゲスト出演して下さいとハガキに書いて送った。結局は実現しなかったが、かわりに8年後踊るさんま大御殿で、元スケバン刑事のこの2人が共演が実現した。

そうなんですか。残念ながらそのドラマは知らないですね。

> わしの好きな女性タレント10人。南野陽子、浅香唯、綾瀬はるか、牧野真莉愛、逢沢りな(ゴーオンイエロー)、小池唯(ゴーカイピンク、Tバック姿見たい)、山谷花純(モモニンジャー、再びやってもらいたい)、久住小春(アニメきらりんレボリューションの月島きらり)、北原沙弥香(同雪野のえる)、吉川友(同花咲こべに)。

うーむ、恥ずかしながら最初の三人しか知りません……自分、90年代でアイドルの情報が止まってます。

何このターミネーター擬き

服部がターミネーター擬きだったとは…

Re: 何このターミネーター擬き

まんまですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター