fc2ブログ

記事一覧

「ウルトラマンレオ」 第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」 後編



 第40話「恐怖の円盤生物シリーズ!MAC全滅!円盤は生物だった!」(1975年1月10日)
 の続きです。

 CM後、百子さんたちの葬式はどうしたとか、お布施はいくらだったとか、香典返しはどうしたとか、その辺の世俗の細かい話は一切すっ飛ばして、

 PDVD_024.jpg
 小田急線の線路沿いに建つ住宅……美山家に、既にゲンとトオルが居候(下宿)しているシーンとなる。

 咲子「ちょっとあんたたち、うちの階段壊すつもりじゃないでしょうね?」
 ゲン&トオル「すいません」
 咲子「二人とも、朝起きたら顔洗って歯を磨くこと、これ常識よ」

 二階から勢い良く朝食へ降りてきた二人に、口やかましく指示する咲子。
 これだけなら、かなり鬱陶しい新生活に思えるが、

 PDVD_025.jpg
 都合の良いことに、この家には、女子大生のいずみと小学生のあゆみと言う、可愛い姉妹もいたのである!

 これならむしろ薔薇色の生活である。

 しかし、百子さんたちを殺す代わりに、彼ら三人を加えるのなら、人件費としては差し引きゼロ(むしろ高くなった?)な訳で、なんとなく釈然としないのである。

 これならMACだけを消滅させるだけで済んだんじゃないかと言う気がするのである。

 PDVD_026.jpg
 それはそれとして、いずみを、現在も活躍されている奈良富士子さんが演じているのは大歓迎。

 綺麗だねー。

 PDVD_027.jpg
 また、あゆみを、冨永さんに劣らない演技力の杉田かおるさんが演じているのも嬉しい。

 あゆみ「この前みたいに(テストで)30点なんて私イヤよ」
 トオル「あれは特別だよ」
 咲子「あんたどうしてそんなにお節介屋さんなの?」
 あゆみ「だって私の前がトオルくんの席なんだもん、恥ずかしいわ」
 咲子「トオルくん、ほんとにそうなの?」
 トオル「はい」
 咲子「そう、じゃ今夜からおばさんが見てあげるからね」
 トオル「えっ、だいじょぶです。一生懸命やります!」

 しかし、トオルは小学生だけど、ゲンは何をやっているのだろう?
 下宿代とかは払っているのだろうか?
 (41話で、ゲンは引き続きスポーツセンターに勤めていることが分かる)

 ちなみに咲子の夫は既に他界しているのだ。

 PDVD_028.jpg
 そんなある日、トオルと同じクラスの子供たちが、登校中、機械とも生物とも知れない物体を拾う。

 この眼鏡少年、実に味のある顔をしてるね! 潔い鼻の穴だ。

 PDVD_029.jpg
 トオルのクラス、理科の授業が行われている。

 担任教師(すぐ殺されるけど)を演じるのは、ジャッキーの吹き替えで有名な石丸博也さん。

 授業中、あの物体のことが気になり、子供の一人がそれを隠したロッカーへ行こうとするが、見ればいつの間にか物体が教室の中に落ちていた。

 PDVD_030.jpg
 担任「亀田、何をやってるんだ?」
 亀田「あ、あの、動物が……」

 ストーリーとは関係ないが、この一番手前の女の子が妙に凛々しい。

 PDVD_031.jpg
 教師や生徒たちが、その物体の正体についてあれこれ話し合う。
 トオル「これは円盤だ!」

 それを一目見るなり、トオルは妹たちを殺したあの円盤だと断言する。

 しかし、議論百出して結果は出ず、結局教師があとで調べることにして、授業が再開される。

 その夜、実験室でひとり、物体を調べている教師。

 PDVD_033.jpg
 網の上に乗せて加熱すると、たちまち物体は小さなシルバーブルーメの形になり、担任教師をMACステーションのように頭から食い殺してしまう。

 世界のジャッキー(じゃないけど……)にしては、あまりに情けない死に様であった。

 そこへ、トオルから話を聞いたゲンが(今頃になって)車で駆けつける。
 同時に、雷鳴が轟き、突然の土砂降りになる。

 PDVD_034.jpg
 豪雨の中、水晶玉を手に「シルバーブルーメ、行けーっ!」と命じるブラック指令がカッコイイのである。

 恐らく、シルバーブルーメはビルを破壊した時点でエネルギーを使い果たし、しばらくの間なりを潜めてエネルギーの回復を待っていたのだろう。

 PDVD_035.jpg
 巨大化したブルーメが、学校の建物に接近する。

 こういう大雨の中の特撮シーンって、割と珍しいのではないだろうか。しかもかなり出来が良い。

 当然、ゲンはレオに変身し、憎むべきブルーメと戦う。
 もう、MACもダンもおらず、頼るべきは己自身しかないと言うゲンの悲愴な心境が……あまり描かれていないが。

 PDVD_036.jpg
 ここでも、炎上する校舎を飛び越えてブルーメの前に立つレオ、など、意欲的なシーンが散見される。

 PDVD_039.jpg
 レオは、全ての子供たちが逃げたのを見届けると、ブルーメの口の中に手を突っ込み、食われたマッキーを引きずり出す。

 ……あれ、マッキーがまだ消化されずに残っていたとすれば、さすがにミニサイズになっていたのは変だな。

 無論、既に乗員は溶かされてブルーメの養分になってしまっていた。

 PDVD_040.jpg
 レオ、最後は青い閃光を放ち、

 PDVD_041.jpg
 内部からボンッと爆発を起こしてブルーメを倒す。

 見守っていたトオルたちがずぶ濡れになりながら歓声を上げる。

 だが、ブラック指令は早くも次なる刺客ブラックドームをブルペンから呼び寄せるのだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:「ウルトラマンレオ」 第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」 後編(02/28)  

制作側は、キャスティングも含めて、
とにかく何もかも一新して打開策としたかったのでしょうね。

兜甲児、シルバーブルーメに喰われてしまった訳ですか。

中身消化されたMACの宇宙ステーションを引き出すシーンは、当時何とも思っていなかったのですが、今観るとまたえぐい演出ですね・・・

Re:「ウルトラマンレオ」 第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」 後編(02/28  

たった1話でこれまでの登場人物がほとんど死んで一新される。
オイルショックが生んだ悲劇ですね・・・
シルバーブルーメに喰い殺される担任教師を演じている石丸博也さんはジャッキー・チェンの吹き替えでも有名ですが今のウルトラマンタロウの声も担当されています。

偶発的にできたレオの成長物語  

 9人のレギュラーを消して4人の新レギュラー(美山母娘とブラック指令)を投入、そして、電気代の喰うステーション内部のセットをなくして民家のセットを借りての撮影…と、経費削減の実態がよくわかりますねぇ。でも、それがドラマの中で“負”に見えないのがこの作品の妙ですね。
 それから、トオルはともかく年頃の娘(いずみ)がいる家に、青年(ゲン)を下宿させるなんて、咲子は懐が深いなあと一緒に見ていた母が言ってたのを、この回を見て時々思い出します。

 これ以降の話は、阿井 文瓶脚本の回に着目すると面白いですよ。トオルの円盤生物に対する憎しみ・失った家族への切ない思いなど。

Re[1]:「ウルトラマンレオ」 第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」 後編(02/28)  

影の王子様
>凄惨に終わったAパートに比べBパートの明るい始まりは違和感を感じます。

トオルはともかく、ゲンが百子さんたちのことをまったく引き摺ってない感じですもんね。

かと言って、二人とも落ち込んだままでは、見てる方もキツイですが。

Re[1]:「ウルトラマンレオ」 第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」 後編(02/28)  

LopLop様
>制作側は、キャスティングも含めて、
>とにかく何もかも一新して打開策としたかったのでしょうね。

と言っても、もう4クール目ですからねぇ。
今更ですが、やっぱり百子さんを殺したのは許せません。あと松木隊員も。

他はまあ、どうでもいいんですが(おいおい)

Re[1]:「ウルトラマンレオ」 第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」 後編(02/28(02/28)  

中二病 大魔神様
>たった1話でこれまでの登場人物がほとんど死んで一新される。
>オイルショックが生んだ悲劇ですね・・・

今はネタにして笑ってますが、実際、当時はショックだったんでしょうね。

>シルバーブルーメに喰い殺される担任教師を演じている石丸博也さんはジャッキー・チェンの吹き替えでも有名ですが今のウルトラマンタロウの声も担当されています。

あ、そうなんですか。最近のウルトラシリーズは全然見てないもので。

Re:偶発的にできたレオの成長物語(02/28)  

うんにゅるりん様
コメントありがとうございます。

>電気代の喰うステーション内部のセットをなくして民家のセットを借りての撮影…

なるほど、地味にお金がかかってたんですね。

> それから、トオルはともかく年頃の娘(いずみ)がいる家に、青年(ゲン)を下宿させるなんて、咲子は懐が深いなあと一緒に見ていた母が言ってたのを、この回を見て時々思い出します。

そう言えばそうですね。

> これ以降の話は、阿井 文瓶脚本の回に着目すると面白いですよ。トオルの円盤生物に対する憎しみ・失った家族への切ない思いなど。

そうですね。
キャスト一新は納得できませんが、円盤生物シリーズ自体は出来が良いんですよね。

Re:「ウルトラマンレオ」 第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」 後編(02/28)  

改めて観るとけっこうグロい作品だなと素直に思いましたね😅わざわざキャストを一新してまでテコ入れをした事が良いかどうかは別でしたがね

Re[1]:「ウルトラマンレオ」 第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」 後編(02/28)  

ふて猫様
>改めて観るとけっこうグロい作品だなと素直に思いましたね😅わざわざキャストを一新してまでテコ入れをした事が良いかどうかは別でしたがね

なんで百子さんまで殺さなきゃならなかったのか、今でも納得できません。

No title

(1)自分はBパート(後半)も重苦しい雰囲気のままにしてほしかったし葬式とかのシーンとかをを入れてほしかったです。だってあんなトラウマ展開だったのにいきなり何事もなかったかのように話が進んでいて「おいおい、それはないだろう」と思いました。

(2)僕は死亡するのは山口百子、野村猛、梅田カオルの城南スポーツセンターの面々だけでMACは残してほしかったです。また美山一家はドラマに登場させなくても良かったと思います。だって戦闘シーン(特撮シーン)で活躍するのはウルトラマンと防衛隊ですから、正直民間人が戦場に首を突っ込むのはおかしいですし、そもそも民間人はヒーローモノなどの戦闘が中心の作品では扱いを持て余しますし。サンバルカンの第1話のコメントにも書きましたが僕が戦隊メンバーは職業軍人に限るといったのと同じような感じです。実際MACが登場しなくなってからなんか少しだけ物足りない戦闘シーンになった感じがしました。トオルはMACの施設に預けられたという設定にしたら良かったと思います。そうすればノーバの話とか他の話もあんまり史実と変わらない展開になったでしょう。

Re: No title

> (1)自分はBパート(後半)も重苦しい雰囲気のままにしてほしかったし葬式とかのシーンとかをを入れてほしかったです。だってあんなトラウマ展開だったのにいきなり何事もなかったかのように話が進んでいて「おいおい、それはないだろう」と思いました。

確かに唐突過ぎますよね。

> (2)僕は死亡するのは山口百子、野村猛、梅田カオルの城南スポーツセンターの面々だけでMACは残してほしかったです。

私は逆に百子さんたちは生かして欲しかったです。

No title

コメントもう一度投稿します。
(1)自分はBパート(後半)も重苦しい雰囲気のままにしてほしかったし葬式とかのシーンとかをを入れてほしかったです。だってあんなトラウマ展開だったのにいきなり何事もなかったかのように話が進んでいて「おいおい、それはないだろう」と思いました。

(2)僕は死亡するのは山口百子、野村猛、梅田カオルの城南スポーツセンターの面々だけでMACは残してほしかったです。また美山一家はドラマに登場させなくても良かったと思います。だって戦闘シーン(特撮シーン)で活躍するのはウルトラマンと防衛隊ですから、正直民間人が戦場に首を突っ込むのはおかしいですし、そもそも民間人はヒーローモノなどの戦闘が中心の作品では扱いを持て余しますし。サンバルカンの第1話のコメントにも書きましたが僕が戦隊メンバーは職業軍人に限るといったのと同じような感じです。実際MACが登場しなくなってからなんか少しだけ物足りない戦闘シーンになった感じがしました。トオルはMACの施設に預けられたという設定にしたら良かったと思います。そうすればノーバの話とか他の話もあんまり史実と変わらない展開になったでしょう。

Re: No title

> (1)自分はBパート(後半)も重苦しい雰囲気のままにしてほしかったし葬式とかのシーンとかをを入れてほしかったです。だってあんなトラウマ展開だったのにいきなり何事もなかったかのように話が進んでいて「おいおい、それはないだろう」と思いました。

確かにレギュラーの死だと言うのに、あまりに雑ですよね。

もっとも、葬式したところで生き返るわけじゃないので、空しいだけですが。

> (2)僕は死亡するのは山口百子、野村猛、梅田カオルの城南スポーツセンターの面々だけでMACは残してほしかったです。また美山一家はドラマに登場させなくても良かったと思います。だって戦闘シーン(特撮シーン)で活躍するのはウルトラマンと防衛隊ですから、正直民間人が戦場に首を突っ込むのはおかしいですし、そもそも民間人はヒーローモノなどの戦闘が中心の作品では扱いを持て余しますし。サンバルカンの第1話のコメントにも書きましたが僕が戦隊メンバーは職業軍人に限るといったのと同じような感じです。実際MACが登場しなくなってからなんか少しだけ物足りない戦闘シーンになった感じがしました。トオルはMACの施設に預けられたという設定にしたら良かったと思います。そうすればノーバの話とか他の話もあんまり史実と変わらない展開になったでしょう。

ウルトラシリーズは、途中からファミリードラマの要素が強くなりましたからねえ。

前にも書いた気がしますが、自分は逆に百子さんたちは生かしておいて欲しかったですね。

結局、怪獣を倒すのはウルトラ戦士なので、そう言う意味ではMACがいなくても問題ないような気がするのです。

刷新の理由

小生なりの憶測ですが(言わんでええわ)今回の刷新は人件費的な理由とマンネリ打破とゲンとトオルの成長が背景にあったと思うのですがね😅(どうでもええわ)

Re: 刷新の理由

経費削減が最大の理由でしょうね。

MACのセットを維持するだけでも大変らしいので。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

このページのトップへ