fc2ブログ

記事一覧

2017年ブログ反省会+美女10

● ご挨拶

 読者の皆様、こんばんは、管理人のzura1980こと、うにゃきちでございます(どっちだよ)。

 月日の経つのは早いもので、今日が今年最後の更新となってしまいました。

 ……と言う訳で、本日は、毎年恒例のブログ反省会を行いたいと思います。

 ただし、今年は美人脳内アシスタントのルリ子さんが遂に逃げてしまったので、管理人一人での侘しい進行となります。

 ま、ぶっちゃけ、会話形式で書くのって、結構面倒臭いんだよね……。

 ※ここで長年愛用していたウォークマンがぶっ壊れる(実話)。ちくしょう。

● 反省会

 まずは、ブログ全般を振り返ると、いくつか反省すべき点が出てくる。

 ひとつは更新ペースが昨年より更に落ちてしまったこと。週に5回どころか4回、3回と言うケースもしばしば見られ、おおむね、ひとつの作品につき、月に1回しか更新できないと言う事態になってしまった。

 おまけに、管理人(あ、俺のことか)が思いつきで紹介作品を増やすものだから、ますますひとつあたりの作品の進行ペースが落ちてしまった。

 この分では「魔女先生」や「○○○の○」など、新たに紹介したい作品を追加する「枠」がいつまで経っても空かない状況が、年が明けてからも、しばらく続きそうである。

 ただ、言い訳させて貰うと、(文字数制限の厳しかった)数年前に比べて一本辺りのボリュームが倍以上に増えているので、ひとつのレビューを書くのに丸一日を費やすことが多く、場合によっては数日間かかるものもあるので、その点を考慮して頂きたいのである。

 それと、過去の記事について、文章の手直しや画像の差し替えなど、メンテナンス的なこともほとんど出来なかった点も、大いに反省している。特に「セーラー服反逆同盟」は、やるやるとか言って結局一本もメンテナンスできなかったのは、我ながら情けないと思う。

 また、トップ画像についても、前半はそれなりに変えていたのだが、春頃に現在の画像(田山真美子さん)にしてから、それが気に入ったと言うこともあるが、結局年末までそれで押し通してしまったのもあまり誉められたことではない。

● アクセス数について

 アクセス数については、年初から10月までは概ね5000~15000くらいで推移していたのだが、10月20日くらいから急に増えて、前日まで10000くらいだったのだが、一日で30000などに膨れ上がってしまった。

 激増した理由についてはさっぱり心当たりがない。

 しかも一時的な現象にとどまらず、そのままアクセス数が漸増していき、35000、40000、45000と進んで、とうとう50000アクセスと言う、一応の最終目標にしていたラインを超えてしまったのである。

 そんな状態が2ヶ月以上続き、最近はだいぶ落ち着いてきたが、お陰で短期間に総アクセス数が1100万、1200万、1300万ととんとん拍子に増えていき、結果的に、この1年間のアクセス数が600万に達してしまった。

 まぁ、楽天ブログのカウンターはあまり信用できないので、たぶん、何かの間違いだと思うのだが、間違いにしても50000アクセスと言うのはなかなか出せる数字ではないので、その点についてはちょっと自慢しても良いんじゃないかと思う。

 いずれにしても、あまりアクセス数を気にしないことだ。それより自分で納得できる記事を書くことや、ブログを通してたくさんの人と知り合いになることのほうがよっぽど大事である。

● 今年の収穫

 堅苦しい話はこれくらいにして、ここからは楽しい画像貼り貼りタイムと参りましょう。

 ここでは、この一年間で管理人が見た特撮、ドラマ、映画などで特に印象に残っていて、「収穫」と言えるものを思いつくまま列挙して行こう。

 で、まぁ、無論、今年最大の(と言うより人生最大級の)幸せな出会いは、「好き!すき!!魔女先生」と言う国宝級のドラマと、

 PDVD_005.jpg
 その主演女優である菊容子さんとの出会いであった。

 その入れ込みようは我ながら異常と思えるほどで、今年の後半は、それこそ毎日のように繰り返しDVDを見ていたほどである。

 自分がこの作品を見るきっかけとなったコメントを頂いたUさんには、どれだけ感謝しても感謝し足りない気持ちだ。

 PDVD_001.jpg
 生徒たちと一緒に下校中の月ひかる先生。

 菊さんもだが、

 PDVD_004.jpg
 クラスのマドンナ的存在のハルコを演じる杉山和子さんもめっちゃ可愛いと思う。

 とにかく見て損のない名作である。特に17話までは。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

好き!すき!!魔女先生 VOL.1 [ 菊容子 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2017/12/31時点)



 続いて、これも初めて見た「プレイガール」と言う有名なドラマ。

 ま、ドラマ自体はそれほど面白くないし、そもそもDVDで見れるのはほんの一部のエピソードだけなのだが、

 PDVD_000.jpg
 あまたのガールの中でも、特に桑原幸子さん演じるユッコが管理人にとってのジャストミート福澤でした。

 PDVD_008.jpg
 美人で可愛くておっとりしてて、実にチャーミングである。

 劇中で、様々なコスプレを披露しているのも楽しい。

 PDVD_003.jpg
 自分が見た限りでは、それほどお色気要素は強くないのだが、それでもしっかりポロリもありましたので、この場を借りてご報告しておきます。

 PDVD_006.jpg
 それと、自分は全然知らなかったのだが、実はGACKTも出てるんだよね。(註・違います! 沢たまきさんです!)

 PDVD_010.jpg
 また、記念すべき第1話には、まだ初々しくて女子高生みたいな水原麻記さんがゲスト出演されていた。もっとも、すぐに殺されちゃうんだけどね。

 続いて、今年になってからしっかり見ている「帰ってきたウルトラマン」。さほど期待していなかったが、改めて見るとなかなかの力作であった。

 PDVD_002.jpg
 特記すべきは、全くノーマークだった丘ユリ子隊員(桂木美加)さんが意外な魅力を持っていたこと。

 普段は野暮ったい制服に身を包み、髪もベリーショート、胸はAマイナスなのだが、そこが逆に萌えるのである。23話では大胆なミニスカ姿を披露されている。

 それから、こちらも初めて見た「ロボット刑事」。

 「仮面ライダー」などと比べるとあまり面白くないし、女性ゲストも少なめなのだが、

 PDVD_009.jpg
 そんな中、第9話に出てきた女性教師役の女優さんがかなりの美形なのだった。

 しかも、

 PDVD_011.jpg
 バドーの電気椅子型ロボット、その名も「コシカケマン」に攫われて、割とセクハラ気味の目に遭うのだった。数ある特撮ドラマの中でも、かなりレベルの高いエロティックなシーンである。

 PDVD_012.jpg
 ついでにパン チラも炸裂していれば、「盆と正月が一緒に来」る状態になっていたのだが、さすがにそこまでは無理だった。

 PDVD_024.jpg
 また、芝刑事(高品格)の次女・由美(加賀由美子)ちゃんがロリロリとした美少女で、

 PDVD_023.jpg
 全般にあまり見せ場はないのだが、ストーリー終盤では大変好ましいショートパンツに白のハイソックス姿となり、

 PDVD_025.jpg
 さらには悪者に捕まって、肩に担がれてとても恥ずかしい格好を全国に晒しながら連れ去られると言う神業を演じておられる。

 思わず拝みたくなる画像ですね!(うるせえ)

 男優では、「仮面ライダー」の滝和也(主役)とか、ハヤタ隊員(ゲスト)とか、ライダーマン(ゲスト)とか、特撮ファン的には鼻血モノの顔触れなんだけどね。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロボット刑事 VOL.2 [ 千葉治郎 ]
価格:5166円(税込、送料無料) (2017/12/31時点)



 お次は、「バトルホーク」と言う、永井豪原作のマイナーな特撮ドラマ。

 はっきり言ってつまんないのだが(オイ)、

 PDVD_013.jpg
 16話に出てくる人気DJ・茜マリを演じた竹田かほりさんがめっちゃ綺麗だったのです!

 これは、悪人に眠らされて運ばれている途中。

 PDVD_015.jpg
 これは、洗脳されて悪のDJになったところ。

 PDVD_016.jpg
 関係ないが、本作に出てくる戦闘員は、ピンクと赤のハイレグ風の衣装を着たと言うのが客を舐めた設定となっている。

 一刻も早く正気を取り戻すんだ!>スタッフ

 それと、これは収穫と言うほどではないが、

 PDVD_014.jpg
 小野恵子さんはやっぱり綺麗だなと言うことを再確認した年でもあった。

 PDVD_018.jpg
 どちらも、「荒野の素浪人」59話より。

 去年から今年にかけて、「光戦隊マスクマン」や「高速戦隊ターボレンジャー」など、80年代後半の戦隊シリーズをよく見た。今まで、食わず嫌い的に興味を持っていなかった作品群だったのだが、どれもこれもそれなりに面白くて、そのうちレビューしたいと思っているのだが、

 PDVD_026.jpg
 その中であえて画像を貼るとすれば、やはり「ターボレンジャー」の月影小夜子こと流れ暴魔キリカ(森下雅子)であろう。

 前にも書いた気もするが、森下さんこそ、管理人が初めて好きになった特撮ヒロインなのである。

 人間の時の眼鏡っ子も良いが、

 PDVD_027.jpg
 キリカとして覚醒した後のちょっと恥ずかしいコスチュームも良い。

 さて、大トリに行く前に、ここでちょっと毛色の違う作品を紹介しておこう。

 「10クローバーフィールド・レーン」と言うアメリカ映画で、地下監禁サイコサスペンスと、宇宙人侵略ものとを足したら面白いんじゃないの? と言うノリで作られた変な作品である。

 車を運転中、事故ったヒロイン、気がつくと、地下室の一室に閉じ込められていた。しかもそこにはでっぷりと肥えたスケベそうなおやじがいて、てっきりサイコ野郎のイケニエとなって、とても親には見せられないようなエッチな目に遭うのではないかと身構えるのだが、男が言うには彼女が気を失っている間に地球はエイリアンに占領されてしまい、彼は核戦争に備えて用意していたシェルターに逃げ込んでいたのだが、たまたま近くでヒロインが事故を起こしたので、彼女をシェルターに運んで保護していたのだと言う。

 当然、ヒロインはそんな荒唐無稽な話は信じず、男が出鱈目を言っているのだと考え、男に疑われないように注意しつつ、同じような状態の青年と協力して、何とかそこから脱出しようとするのだった……と言うストーリー。

 いわゆるソリッドシチュエーションスリラーで、たった3人の出演者ながら、シナリオが面白くて最後まで楽しめた。

 PDVD_021.jpg
 で、そのヒロインを演じるメアリー・エリザベス・ウィンステッドさんと言うのが、アーモンド形の瞳も麗しい、なかなかの美形だったのである!

 PDVD_019.jpg
 劇中、別に脱いだりはしないのだが、ほとんどの場面でこういう露出の高いラフなお召し物を着ておられるのが実に目の保養になるのである。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

10 クローバーフィールド・レーン [ ジョン・グッドマン ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/12/31時点)



 いよいよラストです。

 これも今年になって漸く最後まで見終わった作品だが、大映ドラマ「乳姉妹」。はっきり言ってめちゃくちゃなストーリーなのだが、キャストの魅力と豪快な演出とで強引に押し切られて最後まで見ちゃうんだよね。

 その中盤、ヒロインの千鶴子(伊藤かずえ)をめぐって、

 PDVD_007.jpg
 小沢アニキ、松村雄基、鶴見シンゴの三人が、チキンレースで勝負をつけようとするシーンが出てきて、奇跡のスリーショットが実現して全国の婦女子が失神する事態となる。

 もっとも、直前で松村雄基は勝負から降りたので、アニキとシンゴの一騎打ちとなる。

 PDVD_017.jpg
 岸壁に向かって走り出す両雄……と言っても、スタントだけどね。

 PDVD_020.jpg
 途中、シンゴは意味もなくウィリー走行したりする。

 そして岸壁ぎりぎりのところでシンゴはバイクを止めたのだが、アニキの方は何故かブレーキが利かず、

 PDVD_022.jpg
 そのまま大空へ舞い上がって海へ落ちちゃうのである!

 管理人が、今年一番笑ったシーンである。

 他にも、しのぶ(渡辺桂子)が物凄い撫で肩なので、不良っぽいスーツを着てもぜんぜんサマにならないとか、石井めぐみの元カレ(草川祐馬)が、春日と同じようなピンク色のセーター着てたとか、笑いどころに困らないケッサクであった。

 「スクール☆ウォーズ」の後にレビューするつもりなので、気長にお待ち下さい。

 そうそう、画像は貼らなかったが、今年の正月に見たSFドラマ「猿の軍団」も、魂の震える素晴らしい作品であったことを付け加えておく。

● 美女10~「スケバン刑事」シリーズ・ゲスト編

 ぜーぜー、もうかなり疲れてしまったが、頑張って続ける。

 今年最後の美女10は、特に理由はないが、長くレビューを書いている「スケバン刑事」シリーズにしてみた。

 ただし、ヒロイン(つまり、歴代スケバン刑事)についてはもう既に何枚も貼っているし、数が多くなるので排除して、ゲストやそれ以外のレギュラーだけを対象として選んだ。

 今回は、作品の放送順にだいたい並べてある。

 中原ミカ(佐藤ゆかり)

 PDVD_003.jpg
 まずは1の第8話のゲスト、モデルの中原ミカを演じたのは、佐藤(現・橘)ゆかりさん。

 50を越えた現在も、杜のすっぽん黒酢か何かのCMで、その衰えぬ美貌を見せている橘さんだが、ここでは美しいと言うより、まだあどけない少女である。

 長谷川一子(立原麻衣)

 PDVD_022.jpg
 麻宮サキ(斉藤由貴)のクラスメイトで、女子高生らしからぬ色っぽい目付きをした一子を演じるのは立原麻衣さん。

 しかし、あまり出番はなく、海槌姉妹の策略によって劇中で命を落としてしまう。

 照代(菊地陽子)

 PDVD_026.jpg
 同じくサキのクラスメイトの照代。

 こちらもあくまで脇役の一人に過ぎないのだが、なかなか可愛い。なお、演じた菊地さんは32才の若さで病死されている。合掌。

 宮原妙子(河合その子)

 PDVD_013.jpg
 鷹の羽学園に転校してきた三人組のひとりだが、その正体は海槌亜悠巳の送り込んだ刺客である。

 河合その子さんは、「おニャン子クラブ」から「スケバン刑事」シリーズに参加した初のアイドル。

 椎名純子(林田是枝)

 PDVD_021.jpg
 ピアニストを目指す健気な少女。

 サキたちの助けを借りながら全日本コンクールに出場。西田健に腹をナイフで刺され、鮮血でドレスを染めながらピアノを弾く。

 林田さんは、「モモコクラブ」桃組610番のアイドル。よく知らんけど。

 深町ミドリ(牧野美千子)

 PDVD_023.jpg
 特別少年院でサキが出会った少女。演じるのは「超電子バイオマン」の牧野さん。

 PDVD_024.jpg
 関係ないけど、サキたちをいびる極悪看守を、キカイダーの伴直弥さんが演じておられます。

 海槌亜悠巳(遠藤康子)

 PDVD_020.jpg
 サキのライバル・海槌三姉妹の次女。

 PDVD_004.jpg
 鞭とライフルを愛用するサディストで、時折見せるこのイッちゃってる目付きが最高なのです。

 PDVD_025.jpg
 三女の久巳も、陰険な少女なのだが、こうして見ると、とても全国の高校制覇を狙う姉妹とは思えない可愛らしさである。

 続いて「2」であるが、今回チェックしてて気付いたが、「2」って、ヒロインが三人もいる分、1作目と比べてゲストヒロインが少ないんだよね。

 李麗香(前田賀奈子)

 PDVD_001.jpg
 その少ないゲストの中で一際目立つのが、8話に登場したヨコハマを仕切るスケバンの李麗香、演じるのは「光戦隊マスクマン」の前田賀奈子さん。

 PDVD_005.jpg
 制服姿も良いけど、戦闘時のチャイナドレスがさらに良いのである。

 工藤美紀(鈴木亜紀子)

 PDVD_006.jpg
 麗心女学園の生徒会長で、ナギナタの達人。ナメラさんに操られたサキと戦うが、最後はサキの協力者となる。
 演じる鈴木亜紀子さんはこの後、アイドルグループ「A-Cha」の一員として歌手デビューしたらしい。

 テツ&コウジ

 PDVD_011a.jpg
 白銅学園高校のツッパリコンビ。

 ……

 すいません、もう二度とやらないので許して下さい。

 「3」は、「2」と同じヒロイン三人体制だが、前作の反省からか、女性ゲストは多い。

 ミヨズ(屋敷かおり)

 PDVD_000.jpg
 まずは、ゲストではなくレギュラーだが、「影」の首領・翔に仕える女官・ミヨズ。演じるのはモデルの屋敷かおりさん。

 PDVD_016.jpg

 PDVD_027.jpg
 普段の格好も可愛いが、白眉はなんと言っても第10話で披露したセーラー服スタイルであろう。しかも眼鏡っ子!

 太田涼子(太田涼子)

 PDVD_002.jpg
 第16話にゲスト出演したスケバン太田涼子を演じるのは太田涼子さん。

 つまり、役名と芸名が同じなのである。

 太田さんは「3」の後番組「少女コマンドーいづみ」の第10話に布瀬智子名義でゲスト出演されている。

 鳴門新子(宮崎織沙)

 PDVD_032.jpg
 過去に何度も貼っていると思うが、第24話に登場した素朴な女の子・鳴門新子を演じた宮崎織沙さん。

 PDVD_017.jpg
 しつこいようだが、劇中で、ハクハクと色んな物を食べるところがとても可愛いと思うのである。

 西村かおる・馬頭(榎田路子)

 PDVD_018.jpg
 「影」の最強の刺客として唯の命を狙う馬頭(めず)を演じるのは榎田路子さん。

 とても可愛いのだが、素顔での登場シーンが極めて少ないのが残念なキャラであった。

 多聞菊子(伊藤かずえ)

 PDVD_010.jpg
 SP版に登場した暗闇指令配下のコマンドー(笑)。

 キャラ的にはモナリザが少し大人になったような感じである。

 PDVD_081.jpg
 傲慢な性格で、唯たちとの関係も最悪だったが、ともに厳しい戦いを経た後には、こんなとろけるような笑顔をくれる。

 小坂先生(紀ノ川瞳)

 PDVD_017a.jpg
 星流学園の女性教師・小坂先生を演じるのは、別名・松香ふたみの木ノ川瞳さん。

 これも前に書いた繰り返しになるが、こんな色っぽい女優さんをなんでこんな端役にあてがったのか、スタッフの見識を疑う。

 ケイ(田山真美子)

 PDVD_033.jpg
 最後は、「3」の劇場版から、唯の仲間となる不良少女ケイ。演じるのは今年一年トップ画像に使わせて貰った田山さん。

 PDVD_034.jpg
 まだ子役と女優の中間と言うお年頃だが、その一声でレジスタンス内部の揉め事を鎮めてしまうほどのオーラの持ち主である。

 阿川瞳子(藤代美奈代)

 PDVD_031.jpg
 同じく「3」の、青少年治安局配下の学生刑事のリーダー、瞳子。演じるのは「続・三匹が斬る!」の藤代美奈代さん。

 当初は、唯も瞳子と共に学生刑事を拝命していたが、彼らのあまりに乱暴なやり方に反発して離脱、瞳子と死闘を繰り広げることとなる。

 PDVD_036.jpg
 同情の余地のない悪役なのだが、ラスト、頭から血を流しながら唯の前に立ち塞がる姿は実にカッコイイ。

 ……以上、駆け足でお送りしましたが、今年最後の美女10でした。

● 最後に

 今年一年、このしょうもないブログに足をお運び頂いた皆様に、満腔からの感謝を捧げつつ、来年が皆様にとって良い年になるよう祈りたいと思います。

 なお、管理人、大晦日の夜は、「紅白歌合戦」でも「笑ってはいけない」でもなく、「円盤戦争バンキッド」のDVD4と5を見るつもりです。

 PDVD_026.jpg
 では、最後に、見た人に幸運をもたらすと言われる岡田奈々さんの美しいお顔を貼って、2017年の貼り納めとしたいと思います。

 良いお年を!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

「帰ってきたウルトラマン」の丘ユリ子隊員は47話「狙われた女」が主役回でした。
夜の街にくり出していましたね。

「バトルホーク」の竹田かほりさんといえば、僕には松田優作の「探偵物語」ですねぇ。
「バトルホーク」の主役3人のヒロインが「鉄のブラジャーを付けて鏡の前に立つ」
シーンがあったそうですが?

海槌三姉妹って確かに3人とも美形でしたね。これからホームページに行きます。

「円盤戦争バンキッド」は観たいですね。
「20年後の民族移住のために、地球の子供を狙う」というシリアス展開だそうですが?

今回も実に読み応えがありました。ありがとうございます。
それでは来年もよろしくお願いいたします。

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

遠藤康子さんは惜しくも自らの命を絶ってしまいましたね…。その事件も同じ時期に起きた岡田由希子さんの自殺に隠れてしまいましたが。
それはさておき、少女コマンドーIZUMIを通して管理人様のブログに出会えたのは今年の大きな収穫の一つでした。ありがとうございます。
来年も突っ込み絶妙のレビューを期待しております。よいお年を。

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

管理人さんへ。明けましておめでとうございます。
旧年中は、僕のコメントにお付き合い下さり大変ありがとうございました。今年もどんな記事が来るか楽しみにしています!お忙しい中の記事作りはさぞ骨が折れる事と思われますが、お体に気を付けてお気ばり下さい。僕もコメントをがんばっちゃっわせてもらいます(笑)!!
ところで、「バイオマン」のピンクこと牧野さんが女囚役までこなしていたとは、驚きです!後「バトルホーク」の写真を観ているとどうも永井豪さんはいつぞやの実写版「デビルマン」や「キューティーハニー」の様にどうも実写物には恵まれないとも思え、やはり永井さんの真価はアニメ作品でこそ発揮される事を逆に再認識させられます(矢島信男さん級の方が特撮監督に就けば、かなりクオリティの高い物が作れるとも思えますが・・・)。
僕のお勧めとしてはB級映画で恐縮ですが、映画「逆噴射家族」(原作は「おぼっちゃまくん」でお馴染みの小林よしのりさん、主演小林克也さん)での工藤夕貴さんです。クライマックスで競泳水着(=プロレスの勝負服)姿でおじじ様(植木等さん~「ハングマン」での冷静沈着さとは好対照?)にロープでぐるぐる巻きにされ恫喝される処はなかなかの見ものですよ。新年早々長々と失礼しました(笑)!!

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

ふて猫様
>どうか管理人様も無理をしないでこの冬をお過ごし下さいね。では、来年もよろしくお願いいたします。

お気遣いありがとうございます。来年と言うか、今年もよろしくお願いします。

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

影の王子様
>「帰ってきたウルトラマン」の丘ユリ子隊員は47話「狙われた女」が主役回でした。

それはまだ見てないので、楽しみです。

>「円盤戦争バンキッド」は観たいですね。
「20年後の民族移住のために、地球の子供を狙う」というシリアス展開だそうですが?

ついさっき最後まで見ました。前半は「BD7」みたいで、後半は東映不思議コメディみたいな雰囲気でした。ラストはかなり「?」でしたが、なかなか面白かったです。

>今回も実に読み応えがありました。ありがとうございます。
それでは来年もよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いします。

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

TAKE a CHANce様
>遠藤康子さんは惜しくも自らの命を絶ってしまいましたね…。その事件も同じ時期に起きた岡田由希子さんの自殺に隠れてしまいましたが。

そうだったんですか。残念ですね。

>それはさておき、少女コマンドーIZUMIを通して管理人様のブログに出会えたのは今年の大きな収穫の一つでした。ありがとうございます。
来年も突っ込み絶妙のレビューを期待しております。よいお年を。

いえ、こちらこそありがとうございます。来年と言うか、今年も期待に沿えられるよう頑張りたいと思います。

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

笑太郎様
>明けましておめでとうございます。

あけめましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

>「バトルホーク」の写真を観ているとどうも永井豪さんはいつぞやの実写版「デビルマン」や「キューティーハニー」の様にどうも実写物には恵まれないとも思え、やはり永井さんの真価はアニメ作品でこそ発揮される事を逆に再認識させられます

ま、自分も全部見た訳ではないのですが、見た範囲内ではかなりトホホな感じでした。突っ込みながら見るには楽しいかもしれませんが。

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

うにゃきちさん、今年もどうぞよろしくお願い致します。
この1年、時代劇専門チャンネル等で古の美女を嗜んでいまして、
私が関わっている勉強会で発表してみようかと思います。
そんな大昔でなくても、隠れた美女たくさんいますよね。

改めて貴Blog楽しみに拝見させて頂きます。

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

管理人様、あけましておめでとうございます。今年も焦らず、ツッコミ満載のレビュー楽しみにしてます。

菊容子さんは私も好きですね。魔女先生はビデオレンタル(VHS)で前半までは見たのですが、アンドロ仮面に初変身するまででビデオショップの在庫が止まってしまい、後半は見れてないんですよね~。前半と後半でファッションが変わりますが、個人的には前半の方が良かったです。
変身忍者嵐にも後半で、くノ一のカゲリ役で出演されてますね。

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

あけましておめでとうございます。
旧年中は多彩な作品のレビューを大いに楽しませていただきました。
ありがとうございます。
本年も期待しています。
とりあえず,ごくたまにでも「イナズマン」の時間が来ることをお待ちしております。
現在わたくし,「イナズマン」および「イナズマンF」の全話鑑賞は終えていまい,今は「ロボット刑事」を見ています。ですので,今回の記事で「ロボット刑事」のことが出てきて,うれしくなってしまいました。
この作品も,本放送を小学生のころに見たきり,およそ40年ぶりに見るのですが,今見ると,なかなかの異色作ですよね。
だいたい,主人公,ロボットのくせにマザコン(?)だし。ロボットのくせにポエム書くし。
いろいろ面白い回がありますが,そんな中,貼る画像として「コシカケマンが美人女教師を拉致するの図」を選ばれるのが,管理人様,さすがです! 
それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

LopLop様
>うにゃきちさん、今年もどうぞよろしくお願い致します。

どうも、昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお付き合い下さい。

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

ひろりん様
>管理人様、あけましておめでとうございます。今年も焦らず、ツッコミ満載のレビュー楽しみにしてます。

あけましておめでとうございます。今年も頑張ります。

>菊容子さんは私も好きですね。魔女先生はビデオレンタル(VHS)で前半までは見たのですが、アンドロ仮面に初変身するまででビデオショップの在庫が止まってしまい、後半は見れてないんですよね~。前半と後半でファッションが変わりますが、個人的には前半の方が良かったです。

良いですよね。でも、以前に「変身忍者」を見た時は、全然ノーマークだったのだから、私の目は節穴だと言うことがよく分かりました。

自分も途中から「仮面ライダー」っぽくなってしまったのがとても残念です。最初の設定のまま、ついでに1年間やって欲しかったです。

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

くりやまいちろう様
>あけましておめでとうございます。
旧年中は多彩な作品のレビューを大いに楽しませていただきました。
ありがとうございます。

あけましておめでとうございます。こちらこそ、丁寧なコメントありがとうございました。

>とりあえず,ごくたまにでも「イナズマン」の時間が来ることをお待ちしております。

はっ、承知しております。「美女シリーズ」の後に更新します。

>今見ると,なかなかの異色作ですよね。

敵ロボットの造型やネーミングとかも凄いですよね。

>いろいろ面白い回がありますが,そんな中,貼る画像として「コシカケマンが美人女教師を拉致するの図」を選ばれるのが,管理人様,さすがです!

お褒めに預かり光栄です。インパクトのあるシーンですよね。あれを見た瞬間、「反省会で使おう!」と思ったほどです。
 
>それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いします。

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

明けましておめでとうございます

スケバン刑事とかケータイ刑事シリーズ毎回楽しみです

竹田かほりさんってGメン75で中島はるみさんがレギュラーの時に妹役で出てましたね
そんなに頻繁に出てた訳じゃないですけど( ̄▽ ̄;)
GメンのDVDはファンからの投票で収録されてるので順番グチャクチャですけど竹田さんのシーン結構ありますよ

後プロハンターの最終回にゲストで出てきますね
ケータイ刑事で早織さんが出てるときポケットに野菜に突っ込んでるときにチラッと話してて気になってレンタルで借りてきたらはまったんですよ
ゲストも女性が多いのでもしかしたらはまるかもしれません

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

百日紅様
>明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

>スケバン刑事とかケータイ刑事シリーズ毎回楽しみです

ありがとうございます。どちらも更新ペースが遅くてすみません。

>竹田かほりさんってGメン75で中島はるみさんがレギュラーの時に妹役で出てましたね
そんなに頻繁に出てた訳じゃないですけど( ̄▽ ̄;)
GメンのDVDはファンからの投票で収録されてるので順番グチャクチャですけど竹田さんのシーン結構ありますよ

情報ありがとうございます。恥ずかしながらGメン75って一度も見たことないんです。

>後プロハンターの最終回にゲストで出てきますね
ケータイ刑事で早織さんが出てるときポケットに野菜に突っ込んでるときにチラッと話してて気になってレンタルで借りてきたらはまったんですよ
ゲストも女性が多いのでもしかしたらはまるかもしれません

ああ、竹田さん目当てに借りました。うーん、何話か見ましたが、正直あんまりはまることができませんでした。

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

今の刑事ドラマは分かりやすくいうと、どういうトリック使ってアリバイが~みたいな感じですが、昔の刑事ドラマはどう捕まえていくかってのが重点的ですよね
Gメンもだいたいそんな感じですけど、たまに「ここで終わるの?」みたいなシーンでエンディングになったりするときがあるのでびっくりするときがたまにありますね

倉田さんがレギュラーでいるのですが定期的に香港空手シリーズがあってアクションで敵を捕まえる回があるのでそれだけみたら違う作品見てるのかなと錯覚するかもしれません

真樹千恵子さん出てる回があるので多分見たくなるかもです
沖縄が日本に返還されてまだ間もない頃に基地問題とかを題材にした三部作の作品があってそれに出てるんですよね
レンタルでも見られるのでオススメです

Re:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

新年のご挨拶が遅れ、申し訳ありません。
本年も宜しくお願いいたします。

病気の回復が遅れ、余り作品を自由に
鑑賞できないので、このブログが頼りです。
入院中は楽しく拝見させて貰ってます。
明るい気分にさせていただき、ひたすら
感謝の気持ちでいっぱいです。重ねてお礼申し上げますm(__)m


それでも無理して今見てるのが、以前にも
触れさせていただいた『美しきチャレンジャー』。
新藤恵美さん、戸部夕子さん、紅理子さん等
70年代の美人女優さんのミニスカ満載のドラマです。
映像は最悪の状態ですが、セブンの森次さんや
名脇役植田駿さん、隠密同心の中村竹弥さんも出演されて
いて、エロませがきだった(笑)自分を思いだせて
しばし懐古趣味に浸れ病魔も小康状態。
御覧になって見てください。長文コメント申し訳ありません。

追伸 
奈々姫の映像貼りつけで閉めていただき、またまた感謝です。
本当に綺麗なんですよね♪(今も殆ど変わってらっしゃらない)
生の姫には2度しかあったことないのですが…
彼女のデビュー作映画、『青春の構図』がDVD化されてます。
ムッちゃんこ綺麗です。こちらも機会がございましたら
御覧になることをお薦めします。💯

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

百日紅様

ご丁寧な返信ありがとうございます。気になったのでちょっと見てみようと思います。

Re[1]:2017年ブログ反省会+美女10(12/31)  

ピコちゃん様
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

>病気の回復が遅れ、余り作品を自由に
鑑賞できないので、このブログが頼りです。
入院中は楽しく拝見させて貰ってます。
明るい気分にさせていただき、ひたすら
感謝の気持ちでいっぱいです。重ねてお礼申し上げますm(__)m

ありがとうございます。管理人として、それ以上嬉しいお言葉はありません。一日も早く全快されることを祈っております。

>奈々姫の映像貼りつけで閉めていただき、またまた感謝です。
本当に綺麗なんですよね♪(今も殆ど変わってらっしゃらない)
生の姫には2度しかあったことないのですが…

じかにお会いになったことがあるんですか。凄いですね。おすすめの「美しきチャレンジャー」「青春の構図」とも、いずれそのうち見たいと思っております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター