fc2ブログ

記事一覧

「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」


 第29話「美剣士白バラ仮面」(1981年8月29日)

 北極のブラックマグマの本拠地では、ヘドリアン女王が大きな鏡に向かってフェンシングの練習をしていた。

 ヘルサターン総統がやってきて、「美容体操か?」

 ヘドリアン「なぁにを言われる!」
 アマゾンキラー「総統閣下、女王様はサンバルカンロボを倒そうとなさっているのでございます」

 ヘドリアン女王、今までことごとくサンバルカンに敗北してきたのは、要するにサンバルカンロボの必殺技「太陽剣オーロラプラズマ返し」のせいだと考えていた。

 ヘルサターン「なるほど、ヘドリアン女王、自ら剣を取って立ち向かおうと言うのじゃな」

 PDVD_001.jpg
 ヘドリアン「まさかっ、この年で……はわわ!」

 ヘルサターンの言葉に大口を開けて笑いかけたヘドリアン女王であったが、

 PDVD_002.jpg
 ヘドリアン「間違い! まだ若いのじゃ!」

 と、慌てて訂正するのであった。

 ま、誰もヘドリアン女王の年齢など気にしていないと思うが……

 それにしても、ヘルサターン総統とヘドリアン女王のやりとりを見てると、ほとんど夫婦漫才の域に達しているよね。

 アマゾンキラー「女王様は既に、ブラックマグマ一の剣士を差し向けております」
 ヘルサターン「なに、ブラックマグマ一の剣士?」

 聞き返しながら、(いや、なんで俺の許可も得ずに勝手にそんなことするの?)と、突っ込みたいヘルサターンであったが、最近は女たちにまるっきり頭が上がらないので、その台詞をそっと胸の中にしまっておくのだった。

 しかし、本人が戦うつもりがないのなら、そのフェンシングの鍛錬はなんだったんだ、と言うことになる。

 さて、二代目バルイーグルこと飛羽高之が、ひとり山奥で剣の稽古をしていると、頭上から赤いバラの花吹雪と甲高い女の笑い声が振ってくる。

 PDVD_003.jpg
 振り仰げば、高い崖の上に、赤い全身タイツに赤いマスク、赤いマントと言う赤一色の衣装をまとった怪しい剣士が立っていた。

 PDVD_004.jpg
 赤バラの剣士「あっはははははっ!」

 口に赤いバラを咥えながら、大笑いする器用な人。

 この仮面越しのアップだけでピンと来る人がいると思うが、この女性剣士を演じているのは、なんと、後に全国にパンチラ旋風を巻き起こすことになるアニーこと、森永奈緒美さんなのだ!

 ただし、アクションはともかく、女優としてはまだ演技力不足と言うことなのか、声は瀬能礼子さん(スプーンおばさんの声の人……今年亡くなられた)が全て吹き替えているのがちと残念。

 翌年の「ゴーグルファイブ」22話に出演した時も、同様の措置が取られている。

 まぁ、撮影の時点ではまだ17才だからね。

 PDVD_005.jpg
 飛羽「なにもんだ?」
 赤バラの剣士「ブラックマグマの刺客、赤バラの剣士、ただいま参上! お前の飛羽返しが見たい。この刀で勝負しろ」

 剣士は日本刀を飛羽の足元に突き立てると、自らも崖から飛び降りて激しく飛羽にフェンシングの剣を繰り出してくる。

 PDVD_006.jpg
 ブラックマグマ一の剣士と言われるだけあって、赤バラの剣士は、剣の達人である飛羽と互角以上の勝負を演じる。

 生身のままでは勝てないとバルイーグルに変身して、必殺「飛羽返し」を出すが、赤バラの剣士はあっさりそれをかわして見せる。

 PDVD_007.jpg
 赤バラの剣士「飛羽返し、敗れたり!」

 森永さんのトレードマーク(?)のほくろがバッチリ見えますねえ。

 どうせなら素顔で演じて欲しかったが、後に登場する白バラ剣士との対比上、マスクは必要なのだった。

 PDVD_008.jpg
 バルイーグル「飛羽返しをかわすとは、貴様、機械生命体だな?」(なんで?)
 赤バラの剣士「バラモンガー!」

 花吹雪を舞わせながら両手を突き上げて叫ぶと、

 PDVD_009.jpg
 赤バラの剣士は、貼ってても全然楽しくない怪人の姿に変化する。

 この正体の暴露も時期が早過ぎる気もするが、この後の巨大ロボットバトルの為に、仕方のない演出なのだ。

 その後もバルイーグルを圧倒する強さを見せるバラモンガーであったが、そこへ予定調和的に他の二人のバルカンスティックが飛んでくる。

 だが、わざと情報を流して二人を呼び寄せたのは、他ならぬバラモンガーであった。

 PDVD_010.jpg
 バラモンガー「三人揃ったな……巨大モンガー! サンバルカンロボを呼びなさい!」

 バラモンガー、その場でいきなり自らの意思で巨大化する。

 ……しかし、こんなことが出来るのなら、毎回、等身大バトルでピンチになったら、こうやって巨大化すれば少なくとも負けることはないんじゃないの? で、サンバルカンロボが来たら、また人間サイズに戻って逃げるとかすれば良いのだから。

 もっとも、バラモンガーの使命はそのサンバルカンロボを撃破することなので、サンバルカンロボが現れても無論逃げたりはせず、真っ向から戦いを挑む。

 PDVD_011.jpg
 バルイーグル「気をつけろ、バラモンガーは飛羽返しもかわした相手だ!」

 サンバルカンロボは、三人がそれぞれ個別の操縦席に座って操作する仕組みになっている。

 PDVD_012.jpg
 バルパンサー「ヒョヒョーッ!」

 PDVD_011.jpg
 バルイーグル「……何が、ヒョヒョーッ! だ。てめえ、今度ふざけた返事しやがったら、ぶっ殺すからなぁっ!!」
 バルパンサー「はい……」

 日頃から、豹朝夫の意味不明の言動に静かな怒りを蓄えていた飛羽、こういう緊迫した場面での一声に、遂にブチ切れするのだったが、嘘である。

 で、サンバルカンは必殺の「太陽剣オーロラプラズマ返し」を出すが、バラモンガーはその一撃をかわすと同時に「バラモンガー稲妻落とし」と言う技で逆にサンバルカンロボに一太刀浴びせる。

 PDVD_014.jpg
 ヘルサターン「おお、サンバルカンロボ、敗れたり!」
 ヘドリアン「そこじゃあ、バラモンガー! コブラツイスト、卍固め!」

 北極の要塞からその戦いの模様をモニターで見物しているヘルサターンたち。

 バラモンガーが一方的にサンバルカンロボを攻撃しているのを見て、ヘドリアン女王も段々興奮してくる。

 PDVD_015.jpg
 ヘドリアン「ヘッドロック、空手チョップ!」
 ヘルサターン「あたたっ」
 アマゾンキラー「プロレスではありません!」

 しまいには、ヘルサターンの首を絞めたり頭をパコパコ叩いたり、やりたい放題。

 それでも全然怒らないヘルサターン総統、心が広いと言うべきか、威厳がないと言うべきか……

 無論、相手が盟友であるヘドリアン女王だからと言うのもあるが、ここまでされて平気な顔をしている悪の首領って、他には思い当たらない。

 サンバルカンロボ、損傷を受け、エネルギーも低下した為、涙を飲んで一旦退却する。

 PDVD_016.jpg
 飛羽「長官、恐ろしい敵です。あの稲妻落としを破らない限り、サンバルカンロボに勝利はありません」

 本部に戻って嵐山長官に無念の報告をする飛羽。

 関係ないけど、この嵐山長官の横顔が妙に可愛い……。

 飛羽たちは、不敗を誇ったサンバルカンロボの敗北を受けて、かつてないほど落ち込んでいた。

 PDVD_017.jpg
 と、何を思ったか、美佐が「私に任せといて! フェンシングにはフェンシングよ」と、何処からかフェンシング用の剣を取り出して構える。

 欣也「美佐ちゃんのかなう相手じゃないよ」
 美佐「何よ、私、フェンシング習ってたのよ」
 朝夫「そういうねー、昔取った杵柄っちゅうのが一番ダメなんだよねえ」
 美佐「まぁ」
 嵐山「みんなの言うとおりだ、そんな物騒なものは早くしまいなさい」
 美佐「はぁーい」

 美佐、父親からも言われて、不服そうに引き下がる。

 飛羽は、新しい技を編み出す為、ひとりで特訓してきますと嵐山に告げる。

 PDVD_018.jpg
 それを見て、部屋の隅にいる美佐が「ようし!」みたいな風に口を動かしているのだが、声は聞こえない。

 PDVD_019.jpg
 再び山に篭もって、ほとんどヤケクソ気味に刀を振り回している飛羽。

 飛羽「とぉぉぉぉぉっ!」
 木「いてて……」

 同じ頃、アマゾンキラーたちは南北戦争で使われていたような大砲で、日本各地に無差別攻撃を行っていた。

 アマゾンキラー「二手に分かれて攻撃しましょう。あなたたちはB方面を指揮なさい!」
 ゼロガールズ「はっ!」

 と、バルシャークとバルパンサーが駆けつけ、攻撃を阻止しようとするが、すかさず用心棒的な赤バラの剣士が迎え撃つ。

 PDVD_021.jpg
 全身タイツに包まれているが、森永さんのぶっとい太腿がはっきり確認できる。

 PDVD_022.jpg
 全身タイツに包まれているが、森永さんのでっかいお尻がよく見える。

 PDVD_023.jpg
 全身タイツに包まれているが、森永さんのデルタがくっきりと浮かび上がっているのが見える。

 かえすがえすも、素顔じゃないのが惜しまれるコスチュームであった。

 相手は、剣の達人であるイーグルすら勝てなかった強敵である。

 パンサーもシャークもなすところなく敗退する。

 PDVD_024.jpg
 朝夫「防衛ラインが次々と突破されています」
 欣也「ブラックマグマはもはや敵なしと勝ち誇り、非道の限りを尽くしています」
 美佐「イーグルは?」
 嵐山「まだだ、まだバラモンガーを破る技を編み出せないんだ」

 美佐のホットパンツ、あまりに短いので下半身に何も履いてないように見えるのが嬉しいのであった。

 PDVD_025.jpg
 その後、傍若無人に破壊活動に専念するゼロガールズたちの前に、赤バラの剣士とは正反対の、全身を白とピンクで固めた謎の剣士が立ちはだかる。

 ゼロツー「何者だ?」
 美佐「白バラの剣士!」

 ……あ、本名書いちゃった。

 でも、仮面越しに見える顔と言い、声と言い、すぐ分かるよね。

 とにかく、白バラの剣士は赤バラの剣士顔負けの華麗な剣技を駆使して、ゼロガールズや戦闘員たちを翻弄する。

 CM後、サファリにて、座布団を運ぶ為にこの世に生まれてきた助八が、その白バラの剣士の活躍について目を輝かせて話している。

 PDVD_027.jpg
 その助八の背後から、いきなり子供が竹刀を振り下ろす。それを扇子で受け止める助八。

 嵐山「なんだ?」
 助八「僕たちもね、白バラ剣士にあやかって腕を磨いてんですよ、なははははっ」

 PDVD_028.jpg
 嵐山(気の毒に……)

 じゃなくて、

 嵐山(まさか、美佐が白バラ剣士……?)

 その後、飛羽が特訓をしている近くで、白バラの剣士の前に赤バラの剣士が現れる。

 PDVD_029.jpg
 赤バラの剣士「探したわよ、白バラさん、お手並み拝見しましょう」

 二人は剣を交えるが、白バラの剣士はあっさりそのマスクを剥ぎ取られ、素顔を晒す。無論、マスクの下から出てきたのは美佐の顔であった。

 赤バラの剣士「嵐山美佐じゃないの! その程度の腕でよくも白バラなどと名乗ってくれたわねえ」

 PDVD_032.jpg
 赤バラの剣士、猫がネズミをいたぶるように、美佐の両袖を切り裂いて、若干エッチなシーンとなる。

 うーん、この程度では物足りないなぁ。

 PDVD_033.jpg
 赤バラの剣士「お前ごときに勿体無いけど、稲妻落としでケリをつけてあげようかしら」

 赤バラの剣士は、美佐の悲鳴を聞きつけて飛羽がバルイーグルとなって近くから見ているのも知らず、美佐に対して「稲妻落とし」を繰り出す。

 だが、それによって「稲妻落とし」を飛羽にしっかり観察され、その技の実体を見破られてしまう。

 美佐は寸前でイーグルによって助けられ、続いてシャークとパンサーも駆けつけた為、赤バラの剣士は一旦退却する。

 残念ながら、森永さんの出番はこれで終わりとなる。

 PDVD_034.jpg
 イーグル「大丈夫か?」
 パンサー「ヒョッヒョウ! やっぱり美佐ちゃんが白バラの剣士だったのか」
 シャーク「どうしてこんな危ない真似を?」
 美佐「私も役に立ちたかったの、私だって太陽戦隊の一員よ。私が白バラの剣士を名乗って暴れればブラックマグマの注目を私に惹き付けておくことが出来るわ」
 パンサー「なるほど」
 美佐「そうやって少しでも時間稼ぎすればイーグルが技を編み出すことが出来ると思って……」
 イーグル「そうだったのか、お転婆さん! ありがとうよ、美佐ちゃんのお陰で稲妻落としを見破ることが出来たんだ」

 この後、ラス殺陣となり、二度目の巨大ロボットバトルに移行する。

 今度は見事「稲妻落とし」をかわし、「オーロラプラズマ返し」でバラモンガーを撃破して事件解決となる。

 PDVD_035.jpg
 ラスト、美佐が子供たちにフェンシングを教えている。

 まりちゃんの真っ黒に焼けた背中に水着跡がくっきり残って、なかなか可愛いのであった。

 しかし、サブタイトルには「美剣士白バラ仮面」と書かれているが、どう見ても森永さん演じる赤バラ剣士の方が目立っていた29話でありました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

瀬能礼子さんはライダーシリーズでも、「Xライダー」のムカデヨウキヒや「ストロンガー」のヘビ女の声などでも名演を残しています。その瀬能さんあのアニーの森永さんの声を充てていたとは驚きです(しかもその実態がアニーとは似ても似つかない「ZX」の強化型バラロイドの様な怪人とは・・・)!!
その点、「ゴーグルファイブ」出演時の森永さん(こちらの声は大地琴恵さん)は王子様との再会を願うフランス人形役と言うロマンチックな役どころであり、ピンクが変装した王子様に看取られながらこと切れる場面は涙を誘い、同時にそのフランス人形の死に怒りを噴出させ戦うピンクとこのお話での美佐さんとでは、やはり僕的には前者に一票を投じたい処です(笑)!

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

大好きな話なのですが、バラモンガーに変身するのではなく、「赤バラの剣士 そのまま」
(「バトルフィーバーJ」12話の怪人バラリンカ&バラリンカロボットのように)
でずっと戦ってくれてたらなぁ・・・

森永さんは「戦隊ピンクに2年連続で落ちた(ゴーグルVとダイナマン)」と仰ってましたが
年齢的に早すぎたんですかねぇ(平成じゃなんてことないですが)?

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

森永さん三年前にでたVシネの宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATIONに復帰して話題になりましたね

なんでも引退してから疎遠になってたけど、マリーンを演じてた方とたまたま再開したことがきっかけなんだとか

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

ヘルサターン総統威厳なしですね。見た目と声は怖いのに。あとゼロガールズもヘドリアン女王を止めろよと言いたいです。
それにしても地球平和守備隊はクソの役にも立ちませんね。バラモンガーが巨大化して暴れているならともかく大砲で攻撃しているだけなので、銃撃戦でも十分妨害になるでしょうに。あんたら本当に軍人なの?と言いたくなります。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

ふて猫様
>ちなみに森永さんはJACに入る事をお父様から猛反対されたととあるインタビューで話していたみたいですね

そうなんですか。ま、普通は反対しますよね。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

笑太郎様
>その点、「ゴーグルファイブ」出演時の森永さん(こちらの声は大地琴恵さん)は王子様との再会を願うフランス人形役と言うロマンチックな役どころであり、ピンクが変装した王子様に看取られながらこと切れる場面は涙を誘い、同時にそのフランス人形の死に怒りを噴出させ戦うピンクとこのお話での美佐さんとでは、やはり僕的には前者に一票を投じたい処です(笑)!

こちらは素顔も見せてくれませんからねえ。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

影の王子様
>森永さんは「戦隊ピンクに2年連続で落ちた(ゴーグルVとダイナマン)」と仰ってましたが

そう言えば戦隊シリーズの主役は一度もやられてないんですよねえ。もったいないことです。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

百日紅様
>なんでも引退してから疎遠になってたけど、マリーンを演じてた方とたまたま再開したことがきっかけなんだとか

そうなんですか。情報ありがとうございます。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

式部省様
>ヘルサターン総統威厳なしですね。見た目と声は怖いのに。あとゼロガールズもヘドリアン女王を止めろよと言いたいです。

ある意味凄いアットホームですよね。やっぱりへドリアン女王が仕切ると、家庭的な雰囲気になってしまうようです。

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

ヘルサターン総帥はどうも悪の組織の元締めの筈なのに今回もヘドリアン女王のオモチャみたいな扱いになって(されて)いますね😅これでは、どちらが偉いのか分からないですね😓

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

白バラ仮面のコスチュームは何故、白い半ズボン(短パン)にピンクのタイツなのでしょうか?この理由を教えてください。お願いします。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

ふて猫様

ま、相手が曽我町子さんですからねえ。最初から勝ち目ないですよね。

Re[2]:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

zura1980さんへ

ご返信ありがとうございます。おっと、「ストロンガー」と言えばタックル殺しの実行犯ドクターケイトの声は、他ならぬへドリアン女王の曽我さんでしたね!!

Re[3]:「太陽戦隊サンバルカン」 第29話「美剣士白バラ仮面」(11/17)  

笑太郎様
>「ストロンガー」と言えばタックル殺しの実行犯ドクターケイトの声は、他ならぬへドリアン女王の曽我さんでしたね!!

そうでしたね。やっぱり花をモチーフにした怪人の声は女性が多いですね。

おはようございます  

笑太郎さんへ


瀬能礼子さん…スプーンおばさんもお忘れなく(笑)

森永奈緒美さんは本話がデビューらしいですな。当時はまだ17歳とピチピチでした(*´∀`*)

おはようございます  

式部省さんへ

全くですな( ̄▽ ̄)

ゴレンジャーのイーグル隊も全然役に立ってませんでしたし(笑)

No title

今から40年前の今日、放送されました。バラモンガーは最初で一度のみとなった女性の声をした機械生命体です。

Re: No title

昔のドラマばっかり紹介しているので、40年前が割りと最近のように思えてしまう自分が怖いです。

あれから40年

スプーンオバさんといいサンバルカンといいもう40年前の出来事なんですね😅小生が子供の頃の話しのようですね😅

Re: あれから40年

時の経つのは早いですね。

これは知らなかった

森永さんのデビューはここですか。レンタルショップで探してみます。

>かえすがえすも、素顔じゃないのが惜しまれるコスチューム。
顔や体の露出がもっとはっきりしたギャル5並にいけてるコスなら良かった。
巨大ロボ戦闘シーンのようなローアングル画像が確信犯的なのに(笑。

「スピルバン」でもねぇ…。設定や展開を弄り過ぎて行き詰った。
生き別れで敵の女戦士として育てられて主役の前に立ち塞がるぐらいで充分。
殺すつもりで向かってくる姉or妹に対して、殺す訳にはいかない主人公が劣勢というだけで
ハラハラモノなのに逆に味方となって渡さんがシャリバン時代より弱っちく見えてしまう。

Re: これは知らなかった

> 顔や体の露出がもっとはっきりしたギャル5並にいけてるコスなら良かった。

露出が少なくて萎えますね。

> 「スピルバン」でもねぇ…。設定や展開を弄り過ぎて行き詰った。
> 生き別れで敵の女戦士として育てられて主役の前に立ち塞がるぐらいで充分。

そうですね。親とかも出さないほうが良かった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター