FC2ブログ

記事一覧

「イナズマン」 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」 後編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イナズマン VOL.1 [ 伴直弥 ]
価格:6015円(税込、送料無料) (2017/9/1時点)


 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」(1973年10月16日)
 の続きです。

 ルミを連れ去ったコブバンバラを追いかけ、ライジンゴーをとりあえず走らせている五郎。

 PDVD_034.jpg
 ほどなく、敵を見失ってしまったと言うサトコに会う。

 サトコ「五郎さん……」
 五郎「心配するな、俺が突き止める」

 PDVD_035.jpg
 五郎はその場でサナギマンに変身すると、初めて披露する「全神経を集中すると遠くが見える」能力を駆使して、たちどころにコブバンバラとルミの居場所を発見する。

 いや、遠くが見えるからって、居場所までは分からないのでは?

 さらに、一瞬でその場所へ到着してしまうのも乱暴な話である。ひょっとしたら、テレポートしたのかも。

 PDVD_036.jpg
 で、砕石工場の積み上げられた砂利山の上に立つと、なんと、またしてもさも「使って下さい!」と言わんばかりに、その横に手頃なドラム缶が置いてあるではあ~りませんか。

 さすがに砂利山の上にドラム缶は不自然だと思うんですか……。

 PDVD_037.jpg
 ルミ「助けてー!」
 コブバンバラ「サナギマンを殺せえええーっ!」

 ……にしても、つくづく物凄い面相だな。昔の特撮、醜悪な怪人は一杯いるけど、ここまで悪意を込めたブサイクと言うのは、あまり見たことがない。

 これをデザインした人は、心に何か闇を抱えていたのだろうか。

 ……って、石森先生がデザインしたんだった。

 PDVD_038.jpg
 砂利山の上から投げ飛ばされる兵士。

 PDVD_039.jpg
 キャメラは転がり落ちる兵士の姿を捉えながら回転し、

 PDVD_040.jpg
 最後は天地がひっくり返るという奇抜なキャメラワークが見られる。

 確か似たようなシーンが「仮面ライダー」にもあったような。

 PDVD_041.jpg
 コブバンバラ「遅かったな、サナギマーン!」
 サナギマン「トォッ! さあ、早く!」

 説明不足の感じもするが、コブちゃんの手には既に本物のカプセルが握られていた。ルミのぬいぐるみの中に隠されているのに気付いて取り出したのだろう。

 よって、コブバンバラ、既に用済みとなったルミを意外とあっさり手放す。

 PDVD_045.jpg
 コブバンバラ「なかなかやるな、サナギマン、だが俺を倒せるかな?」
 サナギマン「倒せるとも!」
 コブバンバラ「俺が今食った細菌は体内で培養され、100万倍の力が付く!」

 問題のバンバ細菌をカプセルを飲み込んだコブちゃん、猛然とサナギマンに襲い掛かる。

 戦いの最中でも、サナギマンは、五郎はルミの大切なぬいぐるみを拾い上げ、ルミの方へ投げてやる優しさを忘れない。

 PDVD_047.jpg
 ルミ、すかさずぬいぐるみをキャッチする。

 斉藤さん、とても足が細くてスラッとしているが、それを踵の高い靴と、白いハイソックスがますます引き立たせている。この衣装は120点満点だよね。

 PDVD_048.jpg
 ルミ「ありがとう、サナギマン!」

 大人気ないコブバンバラ、意味もなくそのルミを殺そうと泡を吹きかける。

 ここで漸く、サナギマンが成長し、イナズマンに進化する。

 PDVD_049.jpg
 コブバンバラも、その最大の武器である背中のプロペラを開き、イナズマンの立っているビルごと強風で吹き飛ばしてしまう。

 PDVD_050.jpg

 PDVD_051.jpg
 イナズマン「逆転チェスト!」

 だが、イナズマンは超能力であっさりビルを元通りに復元する。

 しかし、ビルの中にいた人とかは、どうなるんだろう? さすがにその衝撃で死んだ人までは生き返らせないと思うが。

 PDVD_052.jpg
 意地になったコブバンバラ、また別のビルに向かって風を送り、それを倒そうとする。

 イナズマン「マフラー、稲妻走り!」

 PDVD_053.jpg
 イナズマン、首に巻いたマフラーを投げて、長い鎖に変えて、倒れ掛かったビルに巻きつけて、引っ張り起こそうとする。

 PDVD_054.jpg
 その凄まじいパワーで、みるみるビルが引き戻されていく。

 しかし、ビルが立ち直る前に、鎖がビルの外壁に食い込んでボロボロになりそうな気もするが……。

 その後も、押し倒そうとするコブバンバラの強風と、阻止せんとするイナズマンの綱引きによって、あっちへ傾いたりこっちへ傾いたりする不運なビル。

 そんなことしてたら、確実に基礎部分がぐちゃぐちゃになって、使い物にならなくなるだろう。

 PDVD_055.jpg
 そのうち、ビルが真ん中で裂けて、

 PDVD_056.jpg
 それがイナズマンに向かって倒れ掛かってくる。

 PDVD_057.jpg
 しかし、イナズマンは怯むことなく、それを両手で支え、

 PDVD_058.jpg
 再び「逆転チェスト」を使って押し戻し、ビルの裂け目も修復してしまう。

 さすがになんでもかんでも「逆転チェスト」で元通りになると言うのは安易だが、チープな特撮でも、こういう豪快なシーンにチャレンジしたスタッフのガッツには敬意を表したい。

 その後、イナズマンとコブバンバラのどつき合いに移行し、最後は「稲妻拳法電撃チェスト!」と言う、具体的にどうやってるのかさっぱり分からない技で、イナズマンがコブバンバラを撃破する。

 PDVD_061.jpg
 事件解決後、噴水の前に立って、(結局、あいつは何がしたかったんだろう?)と、今は亡きコブちゃんに思いを馳せている五郎。

 ほんと、今回の作戦は(も?)支離滅裂だった。

 PDVD_062.jpg
 ラスト、藤波博士とルミが感動の再会を果たすのだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:「イナズマン」 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」 後編(09/01)  

この超能力合戦も仮面ライダーとの差別化の意図かもしれませんね。
実に懐かしいです。

今日発売の月刊「正論」10月号で、伴大介さんが
「人造人間キカイダーが人工知能を語る」と寄稿されました。

人工知能と言えば、横浜市のゴミ分別AIに「夫」と入力したところ、AIの回答が
「「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、
記憶力の欠如によって再婚する」ってアルマン・サラクルーは言っていたよ。
忍耐力を鍛えてみたら、どうかな」とナイスなものでした。

ブンバラブンバラブンバラ~  

イナズマンが手で支えている高層ビルの角度が変だとか、断末魔のコブバンバラの手の形状が活動時と異なるとか、視覚的矛盾を感じた第3話でした。

Re[1]:「イナズマン」 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」 後編(09/01)  

影の王子様
>人工知能と言えば、横浜市のゴミ分別AIに「夫」と入力したところ、AIの回答が
「「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、
記憶力の欠如によって再婚する」ってアルマン・サラクルーは言っていたよ。
忍耐力を鍛えてみたら、どうかな」とナイスなものでした。

へー、そんなのがあるんですか。面白いですね。

Re[1]:「イナズマン」 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」 後編(09/01)  

ふて猫様
>あのコブバンバラの顔は、インパクトがある程の醜悪ですね〜😅これほどブサイクな怪人はいないでしょう?

さすがにちょっとやり過ぎですよね。

Re:ブンバラブンバラブンバラ~(09/01)  

うんにゅるりん様
>断末魔のコブバンバラの手の形状が活動時と異なるとか、視覚的矛盾を感じた第3話でした。

あ、それは気付きませんでした。
ビルについては突っ込んだら負けだと言う感じですが。

Re:「イナズマン」 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」 後編(09/01)  

イナズマンが長い鎖で倒れかかったビルを立て直してしまう処は、OP映像でも使用されていましたね。NHK・BSでの石ノ森さんの特集番組で「イナズマン」が放送された際、そのOPを観た僕も思わず
「えええーっ、仮面ライダーやゴレンジャーより全然スゴイじゃん!!」
と思ってしまいました!「仮面ライダー」なら1号からストロンガー若しくはZXまでで力を合わせて、戦隊シリーズなら巨大ロボでやる様な事をたった一人で、しかも巨大化もせずやってのけちゃうなんて、やっぱりイナズマンの超能力って只者じゃありませんね!!

Re[1]:「イナズマン」 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」 後編(09/01)  

笑太郎様
>「仮面ライダー」なら1号からストロンガー若しくはZXまでで力を合わせて、戦隊シリーズなら巨大ロボでやる様な事をたった一人で、しかも巨大化もせずやってのけちゃうなんて、やっぱりイナズマンの超能力って只者じゃありませんね!!

そう考えると確かに凄いですよね。

しかもイナズマンは、少年同盟や人間の相棒はいるけど、基本的にひとりで戦うと言うのがカッコイイですね。

Re:「イナズマン」 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」 後編(09/01)  

イナズマンの全話鑑賞,はじめました。というか,はじめちゃいました。ほかにも見たい懸案の作品がいろいろあるというのに。イナズマンも,小学生のころに本放送で見たきり,何十年ぶりでの鑑賞です。今見ると,ミュータントと聞くと,アメコミのXメンをどうしても思い出してしまいます。Xメンでは,プロフェッサーXがミュータントの子供たちを集めた学校をつくっていますが,室田日出男さん演じるキャプテンサラーがつくる少年同盟と類似性があると言えるようにも思いました。もっとも,この設定もイナズマンでは生かされなかったわけですし,そもそも石ノ森先生が原案を考えたころはまだ日本にはXメンは紹介されていなかったようですからその類似を指摘してもあまり意味はないとは思いますが。また,これも偶然なのか,サナギマンの見た目が,やはりアメコミのファンタスティックフォーのザ・シング(ムッシュムラムラ)に似ているような……。それはさておき,この第3話は斉藤浩子ちゃんがいいですね。このころは可愛かった。あの名作「猿の軍団」の1年前ですね……。以上,いつもながら,だらだらと乱文乱筆すみません。次回の「イナズマン」の時間,楽しみにお待ちしています。

Re[1]:「イナズマン」 第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」 後編(09/01)  

くりやまいちろう様
ご丁寧なコメントありがとうございます。

>次回の「イナズマン」の時間,楽しみにお待ちしています。

ありがとうございます。……ですが、正直4話以降、レビューする気になれない話が多くて、一気に9話まで飛ぶ予定です。ごめんなさい。

少年同盟の弱さは致命的な程弱いですね😓確かに五郎と豪作がいなかったら、あっという間に壊滅してもおかしくないですね😅

Re: タイトルなし

> 少年同盟の弱さは致命的な程弱いですね😓確かに五郎と豪作がいなかったら、あっという間に壊滅してもおかしくないですね😅

能力的にもキャラ的にも弱かったですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター