fc2ブログ

記事一覧

「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宇宙刑事シャイダー 6 [ 円谷浩 ]
価格:3094円(税込、送料無料) (2017/8/6時点)


 第28話「魔宮の裏切り兄弟」(1984年10月5日)

 冒頭から、ヘスラーと見慣れない戦士とが、不思議宮殿の玉座の間で激しく剣を交えている。

 PDVD_000.jpg
 すわ、フーマに非常事態発生か? と思いきや、

 PDVD_001.jpg
 その戦いを、クビライもポーもギャルたちもミラクラーたちも大人しく見守っているので、それが単なる練習試合に過ぎないことが分かる。

 ほどよいところで、クビライが「それまで!」と止める。

 PDVD_003.jpg
 クビライ「なかなかの腕前だ、ヘスラー、頼もしい弟を持ったな」
 ヘスラー「ありがたきお言葉、私めもびっくりしました。なにしろ蛇をも怖がる弱虫な子供でありましたから」
 クビライ「なるほど」(どうでもいい)

 ヒムリー「兄さんのように強くなりたくて、一生懸命修行しました」
 ヘスラー「ふんっ、ワシと互角に立ち会うとは、こいつ! はっはっはっはっはっ」

 クビライは、兄弟力を合わせてシャイダーを倒してみないかと持ちかけ、ヒムリーも快諾する。

 PDVD_004.jpg
 彼らは早速ギャルたちも加えてシャイダー打倒の作戦会議を開く。

 ヒムリー「宇宙刑事シャイダーとはそんなに強いんですか」
 ヘスラー「手を焼いておる」
 ヒムリー「兄さんが手を焼くとは相当な腕前、でも心配はございません。私に良い作戦がございます」

 ヒムリーはそう言って、懐から赤く光る眼を持つ巨大なクモを取り出す。

 PDVD_005.jpg
 ヒムリー「馬頭星雲の毒グモ、タランチです」
 ヘスラー「馬頭星雲のタランチ? ふ、お前、毒グモも操れるのか?」

 ま、その頭見たら、大体予測が付くけどね。

 ここでサブタイトルが表示される。

 それを見ると、なんとなく、ヘスラー兄弟がクビライに対して反逆を企てるのかと思ってしまうのだが、無論、こんな早い段階でヘスラーが反旗を翻す筈もなく、あくまで兄弟間の内紛を指しているのである。

 ヒムリーは、ヘスラーたちと一緒に人間界へ行き、パトロール中の大ちゃんを偵察する。

 大ちゃんが子供好きだと知ったヒムリーは、まず港にて、ローラースケートで遊んでいる子供たちに襲い掛かり、大ちゃんをおびき出そうとする。

 作戦は図に当たり、

 PDVD_008.jpg
 大ちゃんはひとり逃げ後れた子供を介抱しているところを、ヒムリーの投げたタランチに首筋をがぶりと噛まれてしまう。

 大「早く逃げるんだ!」
 ユキオ「でも、お兄ちゃんが……」
 大「だいじょぶだ、早く、早く逃げるんだ!」

 PDVD_009.jpg
 子供を逃がした後、大ちゃんは自らヘスラーの弟だと名乗ったヒムリーと戦う。

 すぐ焼結して剣で斬り結んでいたが、

 PDVD_011.jpg
 不意に激しい頭痛を覚え、高所から落下する。

 ヒムリー「段々効いてきたようだな、馬頭星雲のタランチの毒が」
 シャイダー「タランチ?」
 ヒムリー「今にタランチの毒が全身に回り、筋肉が痺れてくる」

 シャイダーの背後にギャルたちを従えたヘスラーも現れるが、シャイダーの目には既に彼らの姿もぼんやりとしか見えなくなっていた。

 シャイダー、とても戦えるような状態ではなく、やむなくアニーに助けを求め、バビロス号に逃げ帰る。

 PDVD_013.jpg
 フーマの戦闘機が追撃してくるのを、ハエでも叩くように撃ち落していくアニーの頼もしげな様子に続けて、

 PDVD_012.jpg
 その後ろで、「ああー、肩凝ったぁー」と言う風に休んでいる大ちゃんの姿を映し出すものだから、ますます大ちゃんの情けなさが引き立つのであった。チーン。

 スタッフ、わざとやってない?

 PDVD_015.jpg
 その後、バビロス号でアニーに手当てされている大ちゃん。

 と、コム長官とマリーンの姿が、通信モニターに映し出される。

 PDVD_016.jpg
 コム長官「アニー、どうだ?」
 アニー「心拍数が減っています。血清は何の効き目もありません! このままでは死んでしまいます」
 コム長官「落ち着くんだ、アニー、血清は効いている、確実に効いている」
 マリーン「そうよ、ギャバン隊長もドクジャモンスターの毒に冒されたことがあったの、その時に解毒した血清よ」

 マリーンが引き合いに出したのは、「宇宙刑事ギャバン」第5話のエピソードである。

 それにしても、「シャイダー」って「シャリバン」と比べると、過去作との関連の薄い作品なので、「ギャバン隊長」と言う響きが妙に新鮮に聞こえる。

 コム長官はアニーを励ますと共に、ヒムリーやタランチのことを伝え、くれぐれも警戒するよう忠告する。

 PDVD_017.jpg
 コム長官「気をつけろ」
 アニー「はいっ」

 少し目に涙を溜めつつ、力強く頷くアニー。

 正直、大ちゃんがこのまま斃れても、アニーなら一人でも十分フーマと戦っていけそうな気がする……。

 一方、不思議宮殿では、初陣で見事金星を上げたヒムリーに、クビライがお褒めの言葉を与えていた。

 クビライ「天晴れだぞ、ヒムリー」
 ヒムリー「はっ」
 クビライ「見事であった、褒美を取らせる」

 クビライはそう言うと、空中に黄金の剣を出現させ、ポーからヒムリーに授与させる。

 PDVD_018.jpg
 ポー「この剣はフーマの名誉ある戦士にお授けになるのですよ」
 ヒムリー「ありがたく頂戴いたします」

 金色に輝く剣を手にし、しばしその美しさに見とれるヒムリー。

 この剣は、「ギャバン」か「シャリバン」で使われた剣の再利用だと思うが。

 PDVD_019.jpg
 その後、自分の部屋(?)でタランチを相手に遊んでいるヒムリー。

 だが、その部屋は、大きな窓から中の様子が丸見えになっていて、落ち着いてオ○ニーも出来ないプライバシーゼロの部屋だった。

 ヒムリーは窓の外の人々には一切反応しないので、マジックミラーのようでもある。

 そのヒムリーを、ギャル3と4と5の、ギャルの中でも比較的若い娘たちが興味津々と言った様子で覗いている。

 PDVD_020.jpg
 ギャル3「毒グモを思いのままに操っているわ」
 ギャル4「まるでペットね」
 ギャル3「はぁ~、素敵ぃ、若くてハンサムで強くて!」
 ギャル5「誘惑しちゃいたいわぁ」

 普段は真面目に凛々しく悪事に専念しているギャルたちが、普通のOLのようなミーハーな会話をしている。

 こういうのは全話を通じても、ここだけだよね。

 PDVD_021.jpg
 ギャル3「いずれ大幹部になられるお方、今がチャンスね」
 ギャル4「うん!」

 露骨に「玉の輿」を狙っている三人娘。

 その憧れの的は、そんなことを言われているとも知らず、無心にタランチを相手に遊んでいるのだった。

 やっぱり、フーマではモテるタイプと言うのも一風変わっているようだ。

 PDVD_023.jpg
 ここで、ヘスラーが彼らの背後を通りがかる。

 三人は気配に気付くと、「あっ」「ひっ」とか言いながら慌てて振り返って、「気をつけ」する。

 PDVD_024.jpg
 三人、ヘスラーに一礼すると、そそくさと走り去るのだが、その様子が、校内でコワモテの体育教師に出会って緊張している女子高生にしか見えず、とても可愛いのである。

 撮影の合間にも、「なんか高校の頃みたいだったよねー」「ねー」などと雑談している彼女たちの姿が思い浮かぶようである。

 でも、イケメン度ではどう考えてもヘスラーの方が上なのだから、ギャルたちが今までヘスラーにモーションを掛けようとすらしなかったのはいささか解せない。まぁ、冒頭のヘスラーの台詞からも、ヒムリーとはだいぶ年が離れている、つまり、ギャル3たちにとってはちょっと年上過ぎて、恋愛対象にはならないのかもしれない。

 PDVD_026.jpg
 と、今度は年長組のギャル1とギャル2がヘスラーの前に進み出て、

 ギャル1「このまま傍観なさってはいけません」
 ヘスラー「うん?」
 ギャル2「もしヒムリー様がシャイダーを討てばどうなるのでしょう? 大幹部としてのヘスラー様のお立場は?」
 ヘスラー「何をたわけことを……余計な気遣いは無用だ。ははははっ」

 二人の懸念を強いて笑い飛ばそうとするヘスラーだったが、ギャル1はニコリともせず、「黄金の剣は大幹部の素質のあるものに授けられるもの、大帝王様もポー様も、いたくお気に入りのご様子です」と、付け加える。

 二人はどうやらヒムリーよりも長年親しんだヘスラー側につくつもりらしい。

 そう言われると、ヘスラーも実の弟に対して、自分の地位が脅かされるのではないかと警戒するような目を向けてしまうのだった。

 ギャル1たちはヘスラーの為を思ってそう進言したのだろうが、結果的に、それがヘスラーの心を惑わし、フーマの敗北に繋がってしまうことになる。

 それにしても、この辺のやりとりは、陰謀渦巻くローマの宮廷みたいで、なんか大人である。

 割と暗示に掛かりやすいヘスラーは、その後、ヒムリーに斬り殺されると言う悪夢を見てうなされ、当のヒムリーに呼び起こされる。

 PDVD_028.jpg
 ヒムリー「兄さん、悪い夢でも?」
 ヘスラー「いや……ヒムリー、お前どうして地球にやってきた?」
 ヒムリー「どういうことでしょう?」
 ヘスラー「何か目的があって来たんだろう。大幹部になる為とか」
 ヒムリー「いいえ、私は兄さんの下で働きたいのです。尊敬する兄さんのそばにいられたら、それだけで満足です」
 ヘスラー「……もう遅い、寝ろ」

 ちなみに二人は同じ部屋でベッドを並べて寝ているらしい。

 これでは、オ○ニーが出来ないではないか。
 (そんなにオ○ニーがしたいんか?)

 PDVD_029.jpg
 ヒムリー(シャイダーは俺が倒す。そうなれば大幹部への道も開ける。必ず兄貴を蹴落としてやる!)

 ヘスラーに背中を向けてベッドに身を横たえながら、ヒムリーは、心の中で野心を滾らせていた。

 PDVD_030.jpg
 ヘスラー(こいつは油断ならない。今にワシにまで毒グモを仕向けてくるやも知れん)

 同様にヘスラーも、実弟に対する警戒を強めていた。

 後編に続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編(08/06)  

>「ああー、肩凝ったぁー」と言う風に休んでいる大ちゃんの姿を映し出すものだから
大笑いさせていただきました。絶妙なキャプお見事です!

>大ちゃんがこのまま斃れても、アニーなら一人でも十分フーマと戦っていけそうな気がする
焼結して無双しそうですね。

ここで面白いのが、ギャル5人でヘスラー派とヒムリー派に分かれるところですね。
一枚岩の結束をしているようでも、個人の利益が絡めば崩壊するということでしょうか?

Re[1]:「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編(08/06)  

ふて猫様
>ギャル1の何気ない一言(忠告)がこの後思いもよらない展開(ある意味予想された)になるわけですが、ある意味ギャル3と4と5は罪深いですね😅彼女達とヘスラーのやり取りが女子高とダブって見えても不思議ではないでしょうね

ヘスラーがあまりに簡単にギャルたちの言葉を信じてしまうのは不自然な感じもしますね。

Re[1]:「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編(08/06)  

影の王子様
>大笑いさせていただきました。絶妙なキャプお見事です!

お褒めに預かって恐縮です。
注意深く見ると、大ちゃんって突っ込みどころが多いんです。

>ここで面白いのが、ギャル5人でヘスラー派とヒムリー派に分かれるところですね。
一枚岩の結束をしているようでも、個人の利益が絡めば崩壊するということでしょうか?

まぁ、1と2はともかく、3と4と5は単にどっちがタイプかと言う程度の感覚だったのではないかと思います。

Re:「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編(08/06)  

とうとうヒムリーの話が来ましたね。^^

>>ギャル5「誘惑しちゃいたいわぁ」~そそくさ逃げ

ギャル5ファンのうにゃきち様とてつおにとっては超萌えポイントですね!!

それにしてもヒムリーは1話で終わらせるのがもったいないキャラと存在感でした。

Re[1]:「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編(08/06)  

てつお様
コメントありがとうございます。

>ギャル5ファンのうにゃきち様とてつおにとっては超萌えポイントですね!!

そうですね。普段はあくまで真面目に悪を演じていて、ごくたまに見せるこういう女の子らしい一面が最高なのです。

>それにしてもヒムリーは1話で終わらせるのがもったいないキャラと存在感でした。

確かに。せめて前後篇にすべきだった気がします。

Re:「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編(08/06)  

「シャイダー」の脚本は、全話上原正三さんが手掛けている事は皆さんご周知の通りですが、その上原さんがこれ以前脚本を担当した「ゲッターロボ」の「恐竜帝国のすごいやつ」と言うお話は、「シャイダー」のこのお話に非常に似通っています。
それは、恐竜帝国の司令官バット将軍(声は緒方賢一さん)の甥で、武者修行から帰ったキャプテンザンキ(声は野田圭一さん)がゲッターロボ撃滅の任務を与えられ見事ゲッターロボに大打撃を加える事に成功!帝王ゴールより勲章を授与された上で
「こんな勲章ぐらいで満足できるかっ!!」
と叔父であるバット将軍の追い落としを画策!バット将軍の寝込みを襲い心臓を剣で一刺したまではよかったものの、何とバット将軍には心臓が二つあり(!)死んではおらず、結局ザンキは謀反人として処刑されたと言うものです。
序盤のへスラー指揮官対ヒムリーの練習試合シーンや、ヒムリーがシャイダーに大打撃を加え帝王クビライから、ザンキにとっての勲章の代わりに黄金の剣を授与される処等は、そっくりそのまま!いっその事ヒムリーがへスラー指揮官の寝込みを襲うも失敗。バット将軍が恐竜兵士に介助さらながら現れた様にに、へスラー指揮官もギャルたち、若しくはミラクラーに介助されながら現れた姿を見てヒムリーもザンキ同様言葉を失う等と言う処も観たかったですね!!

Re[1]:「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編(08/06)  

笑太郎様
>「シャイダー」の脚本は、全話上原正三さんが手掛けている事は皆さんご周知の通りですが、その上原さんがこれ以前脚本を担当した「ゲッターロボ」の「恐竜帝国のすごいやつ」と言うお話は、「シャイダー」のこのお話に非常に似通っています。

相変わらずアニメにお詳しいですね。「ゲッターロボ」は例によって見たことないんですが、なかなかハードな作品みたいですね。

Re:「宇宙刑事シャイダー」 第28話「魔宮の裏切り兄弟」 前編(08/06)  

確かに1話のみで終わらせるのは、勿体無いですね😅どうせならギャバンかシャリバンのどちらかが
助っ人ととして登場させても良かったのではないかと思うのですがね。

役者は同い年

ヒムリーの崎津隆介さんはJACの人で千葉真一作品でおなじみです。私は柳生十兵衛あばれ旅の再放送で見ました。管理人さんのおっしゃる通りへスラーの方がイケメン度は上でヒムリーこそ体育教師の雰囲気です。悪人メイクでかなりの強面ですが、素顔の崎津さんは人の良さそうな田舎のあんちゃんという感じです。年の離れた兄弟という設定ですが役者同士は同い年です。この二人も60代後半で年を取ったものだと実感しています。

Re: 役者は同い年

同い年とは意外でした。

まあ、あんなメイクじゃ年は分からないですが。

前後編

他の方が仰る通り今回は前後編でも良かったのではないのでしょうか?どうせならマドーの残党でシャリバンと因縁があったとかという展開でもそれなりに盛り上がったのかも知れないですがね😅

Re: 前後編

ちょっともったいないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター