fc2ブログ

記事一覧

「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」


 第23話「銀河魔境の女隊長」(1981年7月11日)

 この作品、1話から22話までを前期、23話から44話までを中期、45話から最終話までを後期と区分して良いと思うが、そう考えると、この23話は中期の初回にあたる訳である。

 具体的には、バルイーグル役の俳優の降板、ゼロワンに代わる前線指揮官としてアマゾンキラーの登場、サンバルカン基地がリニューアル、また、矢沢助八と言うコメディリリーフ的キャラが新たに参加することになる。

 今、さらっと言ってしまったが、愛しのゼロワンは22話で儚い最期を遂げてしまったのである。

 当然、その22話もレビューすべきなのだが、はっきり言ってあんまり面白くないんだよね。

 それに、ゼロワンの最期もいかにも女優の都合で降板しましたと言う感じで、至極あっさり風味で片付けられている。一応、最期のシーンだけ説明しておくと、

 PDVD_000.jpg
 ゼロワンは、洞窟の中に作られたアジトで、サンバルカンを追い詰めるが、頭上からジャガーバルカンに攻撃され、さらに単独でサンバルカンを追いかけたところで、落盤が起き、炎の中でくるくる回転しながら倒れる。

 そして「ヘルサターン総統、ばんざーい!」と叫んでから、爆発、消滅してしまうのだった。

 うーん、これまでの北川たか子さんの番組に対する貢献度は少なくないものがあったと思うのだが、それにしてはこの扱いはちょっと釈然としない。

 その死に対する反応も、サンバルカンはゼロワンが死んだことすら知らなかったし、味方も、うなだれるゼロガールズたちをバックに、ヘルサターンが「よくもゼロワンを、おのれサンバルカンめ、この埋め合わせは必ずするぞ、覚えておれ!」と叫ぶ1シーンで片付けられている。

 とにかく、ゼロワンこと北川たか子さん、ご苦労様でした! と涙を拭きつつ送り出そうではないか。

 で、23話である。

 ヘドリアン女王が水晶玉に向かって「アマゾンキラー、出て来いやぁっ!」などと念じていると、ピザ屋の出前のように迅速に、宇宙の彼方から細長い宇宙船のようなものに乗ってアマゾンキラーがやってきて、北極の氷壁に激突して即死する。

 ……23話、完。

 じゃなくて、アマゾンキラーは基地の隔壁をぶち壊してたちまちヘルサターン総統たちのいる司令部へ乱入する。

 PDVD_001.jpg
 その名にふさわしい、いかにも猛女と言う感じのアマゾンキラーを演じるのは他の作品でも似たような役をやることが多い賀川雪絵さん。

 アマゾンキラー「銀河無宿、アマゾンキラー!」
 ヘルサターン「アマゾンキラーだと?」

 PDVD_002.jpg
 ヘドリアン「ベーダー一族の行動隊長じゃ、おお、アマゾンキラー、そなたがいればバンリキ魔王ごときに邪魔されることもなかっただろうに……まことに無念じゃった」
 アマゾンキラー「女王様、私が参りましたからには……」
 ヘドリアン「うんー、頼もしい味方が駆けつけてくれた、銀河星雲の彼方から、あっはっはははははっ……」

 アマゾンキラーは生粋のベーダー一族で、ヘドリアン女王に絶対の忠誠を誓っているらしい。

 言い換えれば、ヘルサターンやブラックマグマに対しての忠誠心はないと言うことになる。

 ……と言うことは、彼女が(ヘドリアンもだが)、ブラックマグマにとってのバンリキ魔王のような存在になるかも知れないのだが、ヘルサターンは厳しい外見と違って甘く、何の警戒も抱かずにアマゾンキラーに作戦の指揮を任す。

 もっとも、その前に、アマゾンキラーの実力を試そうと、戦闘員やゼロガールズたちが次々とアマゾンキラーに戦いを挑む。

 が、ヘドリアン女王が信頼を寄せているだけあってアマゾンキラーは大した実力者で、ゼロワンならともかく、ゼロツー以下のメンバーでは全く歯が立たない。

 PDVD_003.jpg
 ゼロツー、ゼロスリーが敗北した後、ゼロフォーが得意のヨーヨーを相手の腕に絡ませて、その動きを封じようとするが、アマゾンキラーの剛力で放り投げられる。

 アマゾンキラーはいかついし、これからは、ゼロフォーだけが希望の星だよなぁ。こうやって、ミニスカがひらひら動くだけで、ひょっとしたらパンツが見えるんじゃないかとワクワクさせてくれるだけでも貴重な存在である。

 ……と思っていたら、

 PDVD_004.jpg
 絶妙な位置にあったキャメラが、仲間たちのところへ前のめりに突っ込んで行くゼロフォーの全開になったバックスタイルを見事に捉えていた!

 PDVD_005.jpg
 しかも、前屈みになってパンツがずりあがったせいで、ドーラン(?)の塗られていない白い尻肉がはみ出すところまでばっちり見えると言う奇跡が起こる!

 PDVD_007.jpg
 倒れてこちらを向いた時も、しっかりスカートの中身が露出しているのが、これまた素晴らしい。

 ま、時間にすると1秒あまりに過ぎないんだけどね。

 それに、あれはブルマのようなもので、見えたところでそんなにコーフンすることもないのだが。

 お人好しのヘルサターンはすっかりアマゾンキラーの腕っ節に惚れ込み、太陽戦隊の地下基地を破壊するよう命じる。

 通常回なら、ヒーローのベースを完全に破壊するなど、まず成功する筈のない作戦であったが……

 さて、アマゾンキラーはまずオオダコモンスターの卵を隕石に見せかけて東京郊外の山中に落下させ、人々の耳目を集めさせる。

 翌日、太陽戦隊をはじめ、研究者、マスコミ、野次馬などでその現場はごった返す。

 PDVD_008.jpg
 ハイテク機材を手にあれこれ調べている研究者が、三人が三人ともハゲなのは、単なる偶然である。

 PDVD_009.jpg
 しかも、マスコミの人間に化けて、アマゾンキラー本人もその場に紛れ込んでいた。

 レポーター「あの物体から、生命反応が確認された模様です」
 アマゾンキラー「どうも、地球の生物じゃないようね」
 レポーター「うーん、やっぱり、宇宙から来たんじゃないでしょうかね」
 アマゾンキラー「エイリアン、エイリアンよ!」

 アマゾンキラーは人々を扇動するように「あれはエイリアンだ!」などと叫ぶ。

 もっとも、アマゾンキラーが煽ろうと煽るまいと、結果は同じことだったと思われるが、その物体は結局、太陽戦隊の基地に運び込まれる。

 PDVD_010.jpg
 龍介「とても硬くてレーザーカッターでも切ることが出来ません」
 嵐山「ほぉおおっ」
 欣也「本当に異星生物なんでしょうか?」

 かつて13話で、似たような作戦に引っ掛かって基地が大混乱に陥ったことがあったのに、嵐山たちはそのことをすっかり忘れているらしい。

 嵐山「一応、保存室に入れておくか」

 嵐山長官にしては軽率な判断であったが、その後、みんながサファリにいると、矢沢助八と言うコック見習いが初登場する(どうでもいい)。

 助八を演じるのは座布団を運ぶ為に生まれてきた山田隆夫である(どうでもいい)。

 それと同時に、従来の子役三人に加え、松田エミ、ルミと言う姉妹が顔を見せる(今までにも出て来たことがあったと思うが)。ルミを演じるのは他にも色んな特撮番組に出ている富岡香織さん。

 助八はコミカルなキャラクターで、若干暗いサンバルカンの面子に明るさを加味しようと言う試みだろう(どうでもいい)。

 PDVD_012.jpg
 ほどなく、保存室の卵が孵化して、オオダコモンガーが出現する。

 この造型と言い、

 PDVD_013.jpg
 孵化した後の卵と言い、この少し前に大ヒットした「エイリアン」の影響を受けているのは言うまでもない。

 嵐山「ブラックマグマの機械生命体だったか。基地全体、緊急配備!」

 基地のあちこちを隊員たちが(意味もなく)走り回り、いくつもの隔壁が(意味もなく)閉じたり、基地は物々しい雰囲気に包まれる。

 PDVD_014.jpg
 美佐が動力室に立っていると、オオダコモンスターの触手が伸びてきて首に巻きつき、美佐を引き寄せる。

 すぐ龍介たちが駆けつけ、サンバルカンに変身して美佐を助ける。

 が、その名の通り軟らかい体を持つオオダコモンガーは小さな管の中にスルッと潜り込み、姿をくらます。

 そして基地の中から電波(超音波)を発して、ブラックマグマの司令部にその所在地を知らせる。ヘルサターンは即座に基地に対する総攻撃を命じ、北極から数機の戦闘機が発進する。

 内部で暴れるオオダコモンスターの妨害もあって、太陽戦隊基地はろくに防衛態勢も取れず、

 PDVD_017.jpg

 PDVD_016.jpg
 戦闘機による空爆で、なすすべもなく地上部分を破壊されてしまう。

 嵐山長官はジャガーバルカンを出撃させようとするが、

 PDVD_019.jpg

 PDVD_020.jpg
 そのドーム状の出撃ポートも爆破されてしまい、ジャガーバルカンが発進できなくなる。

 PDVD_022.jpg
 基地の外に出ていたサンバルカンは、ポートから黒煙が上がっているのを見て、愕然とする。

 畳み掛けるように、アマゾンキラー率いるブラックマグマの大軍が現れ、三人に猛攻を掛ける。

 いつもより早く最後の戦闘シーンが始まり、オオダコモンガーはあっさりサンバルカンに撃滅される。しかし、その後、巨大化したモンガーに対し、ジャガーバルカンを使えないサンバルカンは窮地に立たされる。

 だが、用意周到な嵐山は、既に新たな太陽戦隊基地を用意していた。

 司令部に残っていた嵐山が電話で指示すると、何処かの海辺の地下に建設されたニューサンバルカン基地が岩を割ってせり出してきて、

 PDVD_023.jpg

 PDVD_024.jpg
 地下ルートを通って到達したジャガーバルカンがリフトによって運ばれ、頭頂部から発進する。

 この一連の出撃シーンは実に見事であるが、さすがにこの基地、でか過ぎないか?

 参考までに、

 PDVD_004.jpg
 これは第3話の移動シーンであるが、ジャガーバルカン自体、こんなにでかいのに、それと比べるとニューサンバルカン基地がいかに桁外れに巨大な建造物か、想像いただけると思う。

 いや、でかくもいいんですけどね、これじゃ、すぐブラックマグマにまた所在地を知られそうな気が凄くするんですが……

 とにかく、いつもの巨大バトルが始まって、サンバルカンは勝利を収める。

 その後、ジャガーバルカンが自動操縦で基地に戻っていくシーンが描かれるが、その途中、何処からかやってきたヘリコプターが、ジャガーバルカンのデッキに着地すると言う出来事が起こる。

 それは別にブラックマグマの手先ではなく、

 PDVD_025.jpg
 龍介「飛羽、やっぱり貴様だったのか?」
 飛羽「よぉ、しばらくだなぁ」
 龍介「元気か?」
 飛羽「元気だよ」
 龍介「あんなムチャをやるのは貴様しかないと思ってたよ」

 龍介とは旧知の間柄らしい、飛羽高之(五代高之)であった。

 それにしても、いくら軍人だからって、親友のことを「貴様」呼ばわりはないんじゃないかと……。

 とにかく、飛羽を加えた4人は、新たな基地、バルカンベース内部へ初めて足を踏み入れる。

 PDVD_026.jpg
 飛羽「飛羽高之、ただいま、参りました」
 嵐山「ご苦労、大鷲君……」
 龍介「はっ」
 嵐山「すまんが直ちに、NASAに飛んでくれないか」
 龍介「長官!」
 嵐山「君のパイロットとしての技術をどうしても欲しいと言うんだ、頼む、行ってくれ!」
 龍介「……分かりました。NASAへ飛びます!」

 ……と言う訳で、たった数語のやり取りで、なんと、今までレギュラーだった龍介がポイと番組からつまみ出されてしまうと言う、恐ろしい展開が待っていた。

 初期の戦隊シリーズでは、途中でメンバーが交代すると言うことは結構あるのだが、こんな風に唐突な演出による交替劇は他には思い付かない。

 だいたい、俳優が降板するキャラは、殉職するケースが多いもんね。

 一方、他のメンバーもかなりサバサバした対応を見せ、

 PDVD_028.jpg
 朝夫「でも、大鷲がいなくなったら?」
 欣也「バルイーグルは一体どうなるんです?」

 と、仲間との別離を嘆くより先に、欠員の補充についての心配を口にする有様であった。

 PDVD_027.jpg
 しかし、嵐山長官は落ち着き払って、意味ありげな笑みを浮かべて、龍介と飛羽の顔を見比べる。

 うーむ、髪が短くなって、ますますタモリに似てきたなぁ。

 それを見て、欣也たちもすぐに嵐山長官の意図を汲み取る。

 朝夫「そうかーっ!」

 PDVD_006.jpg
 嵐山「そうだ! これからはこの嵐山がバルイーグルだ!」
 一同「あんたかいっっっ!!」

 じゃなくて、

 PDVD_030.jpg
 嵐山「そうだ、これからは飛羽高之がバルイーグルになる!」
 飛羽「大鷲、後は俺に任せろ」
 龍介「頼むぞ!」

 飛羽はその場で龍介から変身用ブレスレットを受け取り、何の準備も訓練も受けていないのに、一発でバルイーグルに変身してみせる。

 こうして、次回からは新たなメンバーを加えた新生サンバルカンが活躍することになるのだった。

 初代バルイーグルの川崎龍介さん、ご苦労様でした!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

前22話はイベントもないただの「通常回」でメインの上原脚本でなく
ゼロワンの最期が本当に「取って付けた」感じなのが残念無念です。

で、今回から善悪双方の行動隊長の交代となるわけですが・・・
五代高之さんの登場は大成功!後に「暴れん坊将軍」の御庭番も務めるだけに華があります。
賀川雪絵さんは吉川Pのゴリ押し?(噂話ですが)「ジャスピオン」はまさにそうでしたね。

いまさらですが、殉職させるのをゼロスリーにして
「行動隊長の座を追われたゼロワンはアマゾンキラーに面従腹背するも度々反発。
それがサンバルカンのピンチを救う結果にも・・・」
とすれば絶対面白くなったし、45話以降の展開もさらに良くなったはずです!

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

すみません、こちらにもお邪魔します。

子供の時、弟が見ていて、つられて戦隊もの、見てたんですけど、サンバルカン、大好きでした。なぜなら、初代イーグルが好きだったからです。そして、二代目になり、大ショック。失恋気分でした。次の回から見るのをやめようかと思ったんですけど、死んでないから、また出てくるかもと一縷の望みを持ちつつ、最終回まで見て、また失恋気分・・・。
このレビューで久しぶりに初代イーグルを見られてうれしかったです。

貴様・・・すごいですよね。でも、私は大学の時、サークルの同期に、貴様と言われたことがあります・・・。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

ふて猫様
>過去の戦隊シリーズで主人公が交代した事って
>あるのでしょうか?

「バトルフィーバーJ」や「バイオマン」がありますね。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

影の王子様
>いまさらですが、殉職させるのをゼロスリーにして

つまり、4人の中では一番ゼロスリーがブスだと言うことですか。

>「行動隊長の座を追われたゼロワンはアマゾンキラーに面従腹背するも度々反発。
>それがサンバルカンのピンチを救う結果にも・・・」
>とすれば絶対面白くなったし、45話以降の展開もさらに良くなったはずです!

どんな形でもゼロワンには残って欲しかったですね。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

Biromi様
>子供の時、弟が見ていて、つられて戦隊もの、見てたんですけど、サンバルカン、大好きでした。なぜなら、初代イーグルが好きだったからです。そして、二代目になり、大ショック。失恋気分でした。次の回から見るのをやめようかと思ったんですけど、死んでないから、また出てくるかもと一縷の望みを持ちつつ、最終回まで見て、また失恋気分・・・。
>このレビューで久しぶりに初代イーグルを見られてうれしかったです。

ありがとうございます。しかしBiromiさんが読んでるのなら、パンツがどーのこーのとかアホなことを書くんじゃなかったなぁ。

>貴様・・・すごいですよね。でも、私は大学の時、サークルの同期に、貴様と言われたことがあります・・・。

「はいからさんが通る」を見ると、上官が部下に向かって貴様って呼んでました。

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

旧基地の陥落→新基地のお披露目と言う展開に持って行くためとは言えモンガーの卵を保存室に入れてしまうとは、嵐山長官らしからぬ無用心ぶりですね!「仮面ライダー」のアリキメデスのお話で肉食蟻の巨大卵を立花レーシングに持ち帰ったばっかりに、後半おやっさんたちが死ぬ思いをする展開(卵を見て「これオムレツにして食べようよ♪」なんてノウテンキな事を言っていた子もいました!)そのものです。
さて新イーグルの登場に関してですが、戦隊メンバーの交代は他の戦隊シリーズにもありましたが、リーダーたるレッドが代わってしまったのは僕の知る限りでは他に類例を見ない事だと思います!強引な点も多々ありますが、その結果この新イーグルは剣の達人で以後の立ち回りに「チャンバラ」が加味される、普段は近所のちびっ子たちを相手に剣道教室を開いている等の新機軸が導入され番組内の世界に広がりをもたらす事に成功したとも思えます~初代イーグルファンの方、ゴメンナサイ・・・~。

山田くん、コソ泥会社開くより早く座布団運びなさい  

どうもご無沙汰しています。

>その後、みんながサファリにいると矢沢助八と言うコック見習いが初登場する(どうでもいい)が、助八を演じるのは座布団を運ぶ為に生まれてきた山田隆夫である(どうでもいい)。

>山田隆夫さんはサンバルカンの前番組である「電子戦隊デンジマン」の「消えた盗んだ出た」でベーダ―怪人の秘密実験を目撃したばかりに命を狙われるコソ泥を演じているそうですね。自分としては、管理人さんのやってたデンジマンのエピソードレビューで「消えた盗んだ出た」がいつ取り上げられるか楽しみにしていました。

>嵐山「そうだ!これからはこの嵐山がバルイーグルだ!」
>一同「あんたがやるんかーいっ!」(ズドドドドド!)

>嵐山長官が2代目バルイーグルになったら飛羽がサンバルカンの長官になるのですね、わかります・・・と笑いをこらえて読みましたが、もし嵐山長官が2代目バルイーグルを襲名したら誰がサンバルカンを仕切るんだ?という疑問がわいてきました。

その反面「大鷲、後は俺に任せろ」(飛羽)「頼むぞ!」(龍介)というのバルイーグル引継ぎのセリフを読むと、最終回近くで龍介が再登場し最終決戦で苦戦する飛羽たち新生サンバルカンを助ける展開があってもよかったんじゃないかな…と思いました。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

笑太郎様
>さて新イーグルの登場に関してですが、戦隊メンバーの交代は他の戦隊シリーズにもありましたが、リーダーたるレッドが代わってしまったのは僕の知る限りでは他に類例を見ない事だと思います!強引な点も多々ありますが、その結果この新イーグルは剣の達人で以後の立ち回りに「チャンバラ」が加味される、普段は近所のちびっ子たちを相手に剣道教室を開いている等の新機軸が導入され番組内の世界に広がりをもたらす事に成功したとも思えます~初代イーグルファンの方、ゴメンナサイ・・・~。

作品としては交替は正解だったと思いますが、自分ももうちょっと他にやりようがあっただろうとは思います。せめてNASAに追放じゃなくて、殉職するとか……。

Re:山田くん、コソ泥会社開くより早く座布団運びなさい(06/16)  

マシンX2000様
>どうもご無沙汰しています。

お久しぶりです。

>山田隆夫さんはサンバルカンの前番組である「電子戦隊デンジマン」の「消えた盗んだ出た」でベーダ―怪人の秘密実験を目撃したばかりに命を狙われるコソ泥を演じているそうですね。自分としては、管理人さんのやってたデンジマンのエピソードレビューで「消えた盗んだ出た」がいつ取り上げられるか楽しみにしていました。

あ、待ってておられたんですか。それは失礼しました。いやー、自分、山田隆夫が嫌いんですよねー。

>嵐山長官が2代目バルイーグルになったら飛羽がサンバルカンの長官になるのですね、わかります・・・と笑いをこらえて読みましたが、もし嵐山長官が2代目バルイーグルを襲名したら誰がサンバルカンを仕切るんだ?という疑問がわいてきました。

拾って頂いてありがとうございます。割とお気に入りのギャグなんです。

>その反面「大鷲、後は俺に任せろ」(飛羽)「頼むぞ!」(龍介)というのバルイーグル引継ぎのセリフを読むと、最終回近くで龍介が再登場し最終決戦で苦戦する飛羽たち新生サンバルカンを助ける展開があってもよかったんじゃないかな…と思いました。

そうですよね。あの扱いはちょっとヒド過ぎる気がします。

Re:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

身も蓋もないことを言うと1話の時点でサンバルカンの基地は特定できているはずなので、さっさと攻撃を仕掛けるべきなんですけどねぇ…。まあ、マグマエネルギーを得るために日本を攻撃したりヘドリアン女王を蘇らせたりと内部の充実を図っていたのかもしれませんが。そして充実したかというとそんなことはなく活動資金を財宝に頼ったりゼロワンが戦死したりとで悪化する一方ですね。自転車操業の赤字企業みたいです(笑)。
それにしてもこの話を見てサンバルカンはあほだなと感じましたね。オオダコモンガーをバルカンボールで攻撃したら巨大化することは目に見えているのに3人とも気にかけていませんでしたから。因みにフラッシュマンではロボットが破壊されロボット戦ができず、ローリングバルカンを使うのをためらう場面がありました(どの話かはよく覚えていませんが)。

Re[1]:「太陽戦隊サンバルカン」 第23話「銀河魔境の女隊長」(06/16)  

式部省様
>それにしてもこの話を見てサンバルカンはあほだなと感じましたね。オオダコモンガーをバルカンボールで攻撃したら巨大化することは目に見えているのに3人とも気にかけていませんでしたから。

確かに言われてみれば……でも、放置する訳にもいかないでしょう。

No title

今から40年前の今日、放送されました。「スーパー戦隊シリーズ」で、リーダーのレッド交代劇は現在(いま)のところ、「太陽戦隊サンバルカン」のみです。初代バルイーグル=大鷲龍介が、NASA(ナサ)に派遣されます。さようなら、大鷲龍介!その大鷲の後を継ぎ、次回から親友で飛羽高之が2代目バルイーグルになるので、剣の達人であり、日本刀を使う「飛羽返し」がカッコよく観られます。応援頼むぞ!

No title

新バルイーグル=飛羽高之を演じた五代高之は「サンバルカン」と同じテレビ朝日のドラマで、刑事部門の「西部警察」で西部署の一員の兼子仁刑事役と時代劇部門の「暴れん坊将軍」で徳田新之助=徳川吉宗の片腕の御庭番の才三役でとても有名です。

Re: No title

もう40年になるんですね。

Re: No title

全部見てますね。

騒動の元

アマゾンキラーもブラックサタンに忠誠を誓ったわけでもなく、ヘイドリアン女王の部下として加わったわけですが、またこれが騒動の元になるようですね😅

Re: 騒動の元

いかにも野心的な顔してますからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター