fc2ブログ

記事一覧

「仮面ライダー」 第44話「墓場の怪人カビビンガ」 前編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面ライダー大図鑑デラックス (単行本)
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/9/16時点)

楽天で購入


 第44話「墓場の怪人カビビンガ」(1972年1月29日)

 数人の子供たちが大きなお寺の境内でかくれんぼをして遊んでいる。

 その中の、ジュンコとマコと言う双子の姉妹は、他の子供の注意を守らず墓地の中へ入り込む。

 墓地では一人の男性が墓参りをしていたが、眠気を誘うような鐘の音にまじって、「あ゜あ゜あ゜あ゜……」と言うような、表現しにくい不気味な声が何処からともなく聞こえてくる。

 と、近くの墓石の下から恐ろしげな怪人が「やあ!」と言う風にせり出してくる。

 PDVD_002.jpg
 男性は怯えまくって逃げようとするが、そちらには戦闘員が出て来て道を塞いでいる。

 「仮面ライダー」を毎週見ている人なら、「なんだ、戦闘員か」と彼らをさっさと蹴飛ばして逃げ切れていただろうが、あいにくこの男性は見ていなかったので、

 PDVD_003.jpg
 迂闊にも逃げられないと諦めてしまい、その場に釘付けになる。

 ライダーとの戦いでは単なる役立たず……むしろいない方が良いと考えられている戦闘員も、何も知らない一般人相手にはなにかしらの役に立つのである。

 PDVD_001.jpg
 怪人「あ゛あ゛あ゛あ゛……、俺はカビビンガだ」

 カビビンガは自分の体に生えている青いカビをちぎって投げ付ける。

 PDVD_004.jpg
 男性の体に付いたカビは、あっという間に増殖して男性の体を覆い尽くしてしまう。

 これ以降の描写はないのだが、男性の体はカビに食い尽くされてしまったらしい。

 ところが、いい加減、このパターン飽き飽きしてるのだが、その現場を隠れていた双子に目撃される。

 怪人「見られたとするとまずい、探せ」
 戦闘員「イーッ!」

 目撃者の抹殺に異様に情熱を燃やすショッカーの皆さん。

 今まで、その余計な行動が発端となってどれだけの作戦が水泡に帰してきたことか……。

 毎回言ってる気がするが、彼らには学習能力と言うものが欠如している。
 (もっとも、そうでなければ40回以上負け続けているのに、性懲りもなく世界征服などと言う野望を持ち続けることは不可能である)

 PDVD_005.jpg
 戦闘員に追われ、本堂に向かって逃げる双子の姉妹。

 昔は、デフォルトで下着が見えている、いわゆるリアルワカメ方式の服を着た女の子が実際にいたらしい。

 世のロリコンの方たちは、是非、この時代にタイムスリップすることをお勧めする。

 PDVD_006.jpg
 姉妹「お化け! キャーッ!」

 前後から囲まれて、互いに抱き合って悲鳴を上げる姉妹。

 怪人ならびに戦闘員の皆さんには、自分たちの姿が今、全国の視聴者の目には完全な変質者として映っていることに留意して頂きたい。

 PDVD_007.jpg
 何をやらせてもダメな戦闘員だったが、さすがにこんな幼い子供たちを逃がすほどヘマではない。

 戦闘員「この子らをどうしましょうか?」

 PDVD_008.jpg
 怪人「この子らを殺せぃ。……待てよ、この双子たちはうまく使えるかも知れんぞ。連れて行け」

 怪人、よせばいいのに、ここでまた余計なアイディアを思いつき、命令を変更して姉妹を彼らのアジトへ連れて行かせる。

 抱え上げられた女児の下着がますます剥き出しになっているこのカット、ロリコンの皆さんは要チェックです。
 ……さすがにその画像を貼る勇気は私にはない。

 PDVD_009.jpg
 怪人「死神博士、テストは成功しました」
 戦闘員「これです」
 死神博士「カビ培養室に入れておけ」
 戦闘員「イーッ」

 怪人は、まず、さっきの人体実験の結果を報告する。あの男性は哀れな実験材料に選ばれたのだ。

 ショッカーって、実験だけはほぼ100パーセント成功するから、その被験者に選ばれたらまず助からない。

 PDVD_010.jpg
 で、命じられた戦闘員が、慎重にケースに入ったカビを培養室へ運んでくる、あってもなくてもどうでもいいようなシーンになるのだが、これってなんかのCMでネタにされてたよね?

 ショッカーは、その殺人カビを使って東京中の人間を皆殺しにしようと言う、壮大な計画を立てていた。

 首領「人間を養分として増えた強力なカビがもっと必要だ。どんどん人間をカビにして来い」

 PDVD_011.jpg

 PDVD_012.jpg
 首領の命令を受けた死神博士、手にしたムチ(杖?)の先端で怪人の胸を突いて、一歩下がらせてから、

 PDVD_013.jpg
 死神博士「私がいる限り、この日本はショッカーが支配する!」

 そう言う台詞は、実際に支配してから言いましょう。

 しかし、この怪人を小突く動作、別になくても構わない動きなのだが、死神博士の怪人に対する絶対的な支配力を表現してるみたいで、管理人は割と好きである。

 カビビンガは命令に従い、ランニングをしていた二人の青年を襲ってカビの養分にする。

 むさい男が襲われるシーンなんて誰が貼るか。

 その頃、いつも暇で暇でしょうがない立花レーシングクラブでは、

 PDVD_014.jpg
 ユリ、ミカ、エミの三人娘が、一列に並んで気取ったポーズを取っていた。

 PDVD_015.jpg
 五郎「ね、僕も撮って!」

 横から五郎が割り込むが、すぐに画面から消えてしまう。

 PDVD_016.jpg
 隼人「うん、奇麗だ。奇麗だよー」

 見れば、隼人が、モデルを誉めながら脱がそうとしているアラーキーのようなことを言いながら、三人娘の写真を撮っているのだった。

 みんなが相手にしてくれないので、五郎は、部屋に入ってきた会長に「隼人兄ちゃんたらっ」と不満を訴える。

 PDVD_017.jpg
 立花「ははっ、久しぶりに(自称)カメラマンらしいことやってるじゃないか」
 隼人「のどかなのも今のうちですよ」
 三人「あらー、どーしてー? うっふーん」

 ファッションモデルになったつもりなのか、くるくる回転しながら隼人のそばへやってくる三人娘。

 個人的にはマキシスカートのミカが一押しですね(知るかハゲ)。

 それにしても、三人はおやっさんから給料貰ってるんだろうか? レーシングクラブの仕事してるの見たことないんだけど。いや、そもそも、いつもショッカーと世界征服ごっこをしているおやっさんの店が、どうしていまだに経営が続けられているのか、謎である。

 生活の心配がなさそうなのは、FBIの捜査官と言うれっきとした肩書きのある滝くらいだよね。

 隼人は、ここ二、三日、その滝の姿が見えないのは、FBIから何かショッカーに関する情報があって、その調査をしているのだろうと推測する。

 PDVD_018.jpg
 立花「ショッカーの奴」
 五郎「ショッカー」
 隼人「平和が続くと困るんだ、奴らは……」

 それはお前らも一緒だろうが……。

 実際、ショッカーが彼らにしてやれる最も迷惑な行為は、「1年ばかり何もしない」と言う作戦ではないだろうか? 半年もしないうちに、彼らは退屈のあまり気が狂うだろう。

 再びショッカーのアジト。

 死神博士「カビ作戦を仮面ライダーに嗅ぎ付けられぬようにしろ」
 怪人「死神博士、今度はこちらが先手を打つ番です」

 まだ仮面ライダーと会ったこともない新怪人が「今度は」とか言わないようにね!

 カビビンガは、戦闘員に命じてさっきの姉妹を連れて来させる。

 PDVD_019.jpg
 口では一応「いやっ」「助けて」とか言いつつ、ふたりはしっかりと笑っているのでした。

 PDVD_020.jpg
 それを見た死神博士は、「カビビンガ、お前、何を企んでいる? これ、深夜番組じゃねえんだぞ?」と、思わず血相変えて怪人に詰め寄るのだった。

 無論、別にカビビンガは、ゴールデンでは放送できないようなことをやらかそうとしていた訳ではなく、死神博士の催眠術によって彼らをショッカーの手先として利用しようと考えていたのだ。

 PDVD_021.jpg
 死神博士「よし、では、私がしてあげよう……お前たちはショッカーの仲間なのだ。ショッカーの命令を聞くのだ」
 ジュンコ「はい、私たちはショッカーの仲間です」
 マコ「ショッカーの命令を聞きます」

 特に、初期の死神博士は大人が見てもちょっと怖い。

 撮影の合間には、天本さん本人も子役たちをマジで怖がらせないように優しく接しられたことだろう。

 PDVD_022.jpg
 場面はまたレーシングクラブに戻る。

 ミカ「ショッカーは何を企んでいるか? ドン、ピシャリ」

 引き続き暇で暇でしょうがないユリたちは、ミカの得意のトランプ占いに興じていた。

 その横では、おやっさんが何処かへ電話をかけている。

 立花「それでは戻りましたら至急連絡してくれるようにお伝え下さい……まったく、滝の奴、相談もしないで」
 その台詞から、滝の行方を捜しているらしいのだが、まさかFBI支部に問い合わせているとも思えないので、ひょっとして電話の相手は、2度しか出たことのない滝の奥さんだったのかも知れない。

 PDVD_023.jpg
 だが、おやっさんの言葉が終わらぬうちに、その滝が「オーッス、お元気ですか皆さん」と人を食った調子で現れる。

 隼人「おい、滝、水臭いぞ、何か情報が入ったんだろ?」
 滝「バレたか」

 こういう、ドジを踏んだり秘密が露見した場合に舌を出す仕草、今のドラマじゃまず見ないよね。

 滝によると、ある墓地の周囲で頻繁に人がいなくなっていると言うのだ。

 次のカットでは、ドアを開け閉めするシーンもないのに、姉妹のひとり、マコがその部屋に来ている。テレポーテーションが使えるのか、お前は。

 PDVD_024.jpg
 マコ「大変です、助けてください、お姉ちゃんがショッカーにさらわれたんです。うぇーん」
 隼人「ショッカーに?」
 マコ「早く助けないと殺される」
 隼人「本当かい、でも君、どうして分かったの? 僕がショッカーのこと知ってるって?」
 マコ「……」
 立花「危ないぞ、隼人、罠かも知れん」

 普段は全然そんなことは言わないのに、何故か今回に限って妙にうたぐり深い隼人たち。彼女が、死神博士の支配下にあると、動物的勘が働いたのかも知れない。

 マコ「ジュンコお姉ちゃんが殺されるー」
 滝「ジュンコお姉ちゃんは何処でさらわれたの?」
 マコ「お墓のそば」
 隼人「ともかく行ってみよう」

 しかし、罠だという確証もないので、二人は女の子を連れてその墓地へ行ってみることにする。

 後編に続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

その場で子供を始末しないショッカーのダメさかげんに爆笑ですね。今回もこれまでの反省(教訓)を全く活かさないで、仮面ライダーにばれるパターンですね😅死神博士もカビビンガに翻弄(たぶらかされる)されて情けないですね😓

Re:「仮面ライダー」 第44話「墓場の怪人カビビンガ」 前編(04/19)  

死神博士の鞭は、天本さんがエジプト旅行の際に購入した自前品だそうですよ。
後、死神博士がお嬢ちゃんたちを催眠にかける時、ろうそくの炎を眼前にゆらゆらさせながら
「ほ~ら、ほ~ら・・・。」
と優しくささやく様に語りかける処は確かにちびっ子たちには怖く感じられるに違いありません。

Re:「仮面ライダー」 第44話「墓場の怪人カビビンガ」 前編(04/19)  

>あってもなくてもどうでもいいようなシーンになるのだが、これってなんかのCMでネタにされてたよね?

はい、リクルートの「戦闘員はつらいよ」(勝手につけたw)CMです。まさにテロップで、
「この仕事は、オレじゃなくてもいい気がする」
と出ます。

Re:「仮面ライダー」 第44話「墓場の怪人カビビンガ」 前編(04/19)  

死神博士ほど狂気と高貴さという相反する要素を兼ねそろえたキャラもいませんね。
憧れます。

Re[1]:「仮面ライダー」 第44話「墓場の怪人カビビンガ」 前編(04/19)  

ふて猫様
>その場で子供を始末しないショッカーのダメさかげんに爆笑ですね。今回もこれまでの反省(教訓)を全く活かさないで、仮面ライダーにばれるパターンですね

ここまで来るともう一種の伝統芸ですね。

Re[1]:「仮面ライダー」 第44話「墓場の怪人カビビンガ」 前編(04/19)  

笑太郎様
>死神博士の鞭は、天本さんがエジプト旅行の際に購入した自前品だそうですよ。

ご教授ありがとうございます。

Re[1]:「仮面ライダー」 第44話「墓場の怪人カビビンガ」 前編(04/19)  

LopLop様
>はい、リクルートの「戦闘員はつらいよ」(勝手につけたw)CMです。まさにテロップで、
>「この仕事は、オレじゃなくてもいい気がする」
>と出ます。

ご教授ありがとうございます。
でも、ショッカーって雑用係とかいないから、どんな仕事もみんな戦闘員がやらなきゃいけないんでしょうね。

Re[1]:「仮面ライダー」 第44話「墓場の怪人カビビンガ」 前編(04/19)  

影の王子様
>死神博士ほど狂気と高貴さという相反する要素を兼ねそろえたキャラもいませんね。
>憧れます。

素敵なキャラですよね。それでいて、結構ツッコミどころも多くて、管理人としても重宝しています。

No title

「3人はおやっさんから給料を貰っているのか?」
についてですが、そもそも彼女らは立花レーシングクラブの
会員さんなので、むしろ会費を支払う立場では?

Re: No title

そう言えばそうですね。

でも、レーシングクラブとしての活動はほとんどさせて貰ってないみたいですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター