FC2ブログ

記事一覧

「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

好き!すき!!魔女先生 VOL.1 [ 菊容子 ]
価格:5883円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)


 第7話「魔女テスト」(1971年11月14日)

 以前、この作品のことを紹介した記事でも取り上げた、管理人の大好きなエピソードである。

 冒頭、ひかるが算数の授業をしている。

 ひかる「さあ、この問題が出来た人、手を挙げて」
 子供たち「はいっ!」

 ひかるの言葉に、タツノオトシゴこと正夫と、マルタンボウこと太一以外の子供たちが元気良く手を挙げる。

 
 と、太一がおずおずと右手を挙げるのを見て、後ろの席の正夫がびっくりする。

 正夫「おい、お前、ほんとに出来んのかよ?」

 ひかるが目敏くそれに気付き、太一を指名する。

 
 ひかる「丸木くん!」
 太一「あ、は、はい……」
 ひかる「えらいわ、やってごらんなさい」
 太一「……俺、出来ねえんだ」
 ひかる「え、だって今、手挙げたでしょ?」
 太一「だって、みんなが手を挙げてるから俺も挙げなきゃカッコ悪いもん」

 太一のとぼけた発言に、子供たちがどっと笑い声を立てる。

 太一は、スポーツも勉強も苦手な子供なのだが、性格が良いのでみんなから好かれている。

 続いて、うれしはずかし体育の授業。今回は屋外で跳び箱である。

 
 第1話以来の、ひかるの運動着姿が目に眩しい。

 

 
 前述の記事でも書いたように、風でひかるの白いミニスカがふわふわと舞い上がるのが、実に良いのである。

 それでいて、パンツはどうしても見えないのと言うもどかしさが、これまた良いのである!

 もっとも、こう言う撮影だから、やっぱり下にはブルマやアンスコのようなものをお履き遊ばしていたのだろうか。撮影前、菊さんがパンティーの上から、ブルマやアンスコを履いているところを想像して、思わず鼻血が出そうになった管理人であった。

 ところで、第1話でも触れたが、東西学園では体育の時、基本的に男女とも短パンである。

 単に、撮影上、ブルマより数を揃えやすかったと言う理由だけで使われていたのかも知れないが、かなり昔の作品なのに、体育のシーンに限ってあまりそれを感じさせないのは、このスタイルによるところが大きいのではないだろうか。

 さて、爽やかな秋風が舞う中、子供たちは次々と跳び箱をクリアしていくが、

 
 太一はここでもみんなの期待を裏切らず、「よいしょっ」と、跳び箱の上にどでんと尻餅をついてしまう。

 太一「俺って駄目だなぁ」
 ひかる「もっと気楽におやんなさい、きら~くに」
 太一「はぁーい」
 ひかる「うふっ」

 

 
 続いて、女子の方はマドンナ的存在のハルコちゃんが挑戦するが、そのすらっとした肢体に関わらず、彼女も飛べずにちょこんと跳び箱の上に座ってしまう。

 もっとも、わざと失敗しているのが見え見えだ。

 
 ハルコ「先生、見本見せてー」

 座ったまま、ハルコはひかるにリクエストする。

 
 ひかる「うん、見本?」
 正夫「ねえ、いいだろー、見せてくれよー」

 正夫もそれに乗ってお願いすると、他の子供たちも手を叩いて盛り上がる。

 
 ひかる「ようし、観覧料高いぞ!」

 金ならいくらでも出そうじゃないか!!

 ……え、いきなり大きな声出すな? すみません。

 
 ひかる、正夫の前に移動して(普通に立ってるだけなのになんという色っぽさ!)、

 
 力強く、そしてかろやかに助走を開始。

 何故か、それと同時にフィルムがスローモーションになる。

 
 ひかる「えーい!」

 無論、運動神経の良いひかるはあっさり成功させる。

 しかし、後ろにいる正夫や他の男子たち、ひかるのスカートの中が丸見えになって、目のやり場に困ったのではないだろうか。たとえブルマを履いていたとしても、やっぱりドキッとするよね。

 だいたい、若くて綺麗な女性教師が、体育の授業をミニスカでやるというシチュエーションだけで、嬉しさのあまり悶え死にそうになる。

 もしほんとにこんな女教師がいて、しかも自分の担任だったら、学校に行くたびに死んでただろうな、俺。

 
 子供たち「カッコイイーっ!」
 ひかる「ね、大したことないでしょう? さ、もう一回やって御覧なさい」

 くるっと振り返った時のひかるの可愛らしさ!

 なんか、このエピソードのレビューするのが、楽しくしてしょうがないんですけど……。

 ちなみに、第1話の鉄棒は、後にムーンライトリングの力を借りていたことが判明するが、無論、今回の跳び箱は実力で跳んでいるのだろう。

 太一、ひかるに促されてもう一度チャレンジするが、あえなく失敗し、今度は跳び箱の横に落ちてしまう。

 
 太一「いってぇー」

 
 太一「あっ!」

 仰向けに倒れた太一、ふと、そばに立っているひかるのスカートの中が目に飛び込んできたので、慌てて手で隠し、

 
 太一「ううっ」

 起き上がると、いけないことをしたかのように、激しく顔を震わせる。

 男子生徒が、ひかるを性の対象として見ていることがはっきり描かれるのは、全編を通してこのシーンだけだったと思う。

 太一の反応が実に初々しく、自分たちの小学生5、6年の頃が思い出されるようで、なんか良いよね。

 あ、いつもの奴を忘れてました。

 管理人はこの時ほど、石渡英典さんになりたいと思ったことはない!

 ちなみに、この前年のテレビ版「ハレンチ学園」にも、石渡氏は主人公の同級生の役で出ておられる。

 つまり、セーラー服姿が可愛過ぎる児島美ゆきさんや、丘野かおりさんとも同じクラスだった訳である。

 ……

 管理人はこの時ほど、石渡英典さんになりたいと思ったことはない!

 あ、さっきも言ったか。

 
 ひかる「ふーうん!」

 そんな太一を見て、溜息をつくひかる。

 授業の後、生徒たちが手分けをして道具の後片付けをしている。

 
 ひかる「凄い力ね」
 太一「平気平気」
 ひかる「ふぁーっ」

 ひかる、太一がひとりで跳び箱を抱えて運ぶのを見て、目を見張っていた。

 て言うか、この、真横から見た時の、中華饅頭のようにふくらんだ胸がエロ過ぎる!

 菊さん、あまり巨乳と言うイメージはないが、衣装によってはかなりの存在感をアピールしてくる胸なのである。

 
 正夫「あいつの取柄はね、馬鹿力だけさ」

 
 ひかる「友達を馬鹿呼ばわりする人も馬鹿よ」

 正夫の注釈に、ひかるが即座に言い返してペシッとその頭を叩く。

 さりげないが、実に教育的な台詞と言えるだろう。

 
 と、正夫も黙っておらず、抱えていたマットを足元に投げ捨てると、

 正夫「ちぇっ、先生だって馬鹿みたい」
 ひかる「どうしてー?」

 
 正夫「教え方が悪いんだぜー、あの体であの馬力でよー、飛べないわけねえじゃん」
 ひかる「ふぅーん」
 正夫「自分ばかしカッコよくてもねえ、生徒がカッコ悪かったら意味ねえだろ」

 意外にもガキ大将の正夫から教師としての指導力の欠如を指摘され、憮然とするひかる。

 元々、ひかるは平和監視員の仮の姿として教師をやっているだけなので、教師としての資質が欠けていても不思議ではないのだが、生徒から面と向かって言われるとやはり耳が痛い。

 
 正夫「馬鹿みたい」
 ひかる「オイ、待て、タツノオトシゴ!」

 だが、ひかるもただのか弱い新任女教師ではない。

 捨て台詞を行こうとした正夫を、ドスの利いた声で呼び止める。

 

 
 正夫「えっ」
 ひかる「もういっぺん言ってみろってんだ、でかい口叩いて」

 
 ひかる「お前、誰様に向かって喋ってるつもりだ?」

 
 ひかる「ええ、べらぼうめえ」

 正夫に突っかかるように、とても教師とは思えないべらんめえ口調でまくしたてるひかる。

 いや、もう、このくるくる変わる表情と言い、歯切れのいいタンカと言い、菊さんの魅力が遺憾なく炸裂しているシーンである。

 あと、「らぼう」が、「らぼう」っぽく聞こえるのもポイント高い(20万点)。

 
 正夫「……」

 さすがの正夫も、ひかるのべらんめえ口調には、面食らって目をパチクリさせるばかり。

 
 ひかる「……なぁーんてこと、先生が言ったらおかしいわよね」

 一転、ひかるは厳しい顔を笑み崩して、いつもの喋り方に戻る。

 
 ひかる「でも、君の言葉遣いだって、少し変だぞ~」

 うう、今度は元祖「ボクっ子」的喋り方……最高です!

 正夫「気に入られなけりゃ勝手に叱れよ」
 ひかる「とぉころが叱らないんだなぁ」

 
 ひかる「ね、先生ね、君の気持ちがようく分かってるから」
 正夫「……」

 
 ひかる「あんな先生に任せるより、俺が丸木を鍛えてやる。そう思ってるんでしょ?」
 正夫「……」

 
 ひかる「いやぁ、分かってる分かってるって……じゃ、よろしくね、竜村先生! うふっ」

 ひかる、正夫の返事も聞かず、一方的に喋り倒すと、最後は体よく太一のことを正夫に任せて悠然と去って行く。

 正夫「チェッ、誰があんなマルタンボウの世話するかよ」

 ……

 はい、何も言うことはないですね。この変幻自在の台詞回しと、千変万化する魅力的な表情と。

 管理人、菊さんほど表情豊かな女優さんを他に知らない。

 なんてことのないやりとりだが、菊さんの(と、脚本の辻真先さんの)魅力が余さず引き出されていると言う点で、全編通して一番好きなシーンかも知れない。

 その2へ続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

確かにスカートの中が丸見えなら👦(当時)も興奮しますね😅

Re:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

ひかるの運動着姿が最高ですね!(髪型も!)ウエストが細いのも◎
これを出したスタッフ有能。

Re:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

管理人様、何百枚貼っていただいても結構ですよ(笑)
本当に菊お姉たまは、表情豊かで此方も微笑んじゃいますね♪

Re:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

>管理人、菊さんほど表情豊かな女優さんを他に知らない。

完全同意です!!ずーーっとそう思っていました。
本放送時まだ5歳(後半)でしたが忘れ難い<初恋>の人です。

Re[1]:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

ふて猫様

具体的にどんな状態だったのか気になります。

Re[1]:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

影の王子様

結構、運動着になることが多いんですよね。どうせなら一年やって、水着姿も見せてほしかったところです。

Re[1]:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

ピコちゃん様

いや、さすがに何百枚となると、こっちの身が持ちません(笑)

Re[1]:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

やかちゃん様

菊さんを見てて、「表情の豊かな女性は魅力的だ」と言う法則に気付きました。

しかし、5歳でその魅力に気付かれるとは……


私などは、つい1年前に初めてこのドラマを見てやっと気付いたほどで、恥ずかしい限りです。その前から「変身忍者嵐」とかで見てた筈なのに。

Re:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

ひかる先生の“ええ べらぼうめ”のセリフに
不覚にも爆笑してしまいました😁今どきこのような事を宣う先生はいないでしょうね😅

Re:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

この暑い中の記事連続投稿、管理人さんのご苦心が偲ばれます。どうかお体ご自愛下さい。そして僕も気張って返信させていただきます!!
ところで、体育の授業に於いて生徒たちの前で、スカートの中身を大放出してしまった(?!)ひかる先生ですが、「まいっちんぐマチコ先生」の「ケン太のスケボー作戦」と言うお話では、スケボーにはまって他の生徒たちの前でスケボーの技の数々を披露していたケン太にマチコ先生までが触発され自分の運動神経の良さを誇示するかの様なスケボーさばきを見せていましたが、真向かいにあった傾斜に乗り上げて逆走し出したために、向かい風に吹かれスカートの中身を生徒たちの眼前で物の見事にご披露してしまいます!!
結局山形先生が、(終盤で校長先生の車に対し太一がしたように)その前に仁王立ちして受け止めマチコ先生をハグする格好(!)で助かりましたが、もしもひかる先生が正夫に同じく触発され生徒たちの前でスケボーに挑戦して上記のマチコ先生の様な危機に陥っていたらとしたら・・・・?!
ムーンライトリングでスケボーのプロ選手の様な技を見せ自力で切り抜けていたか?!それとも、スケボーの上でスカートを風にまくられながら(!)
「みんなの目の前でリングの力は使えないわ!どうしよう(泣)?!」
と躊躇している処へ
「ひかる先生っ、危ないっ!!!」
と旗野先生が仁王立ちになり男気を見せ受け止めて(同時にハグのご褒美つき!!)いたか等とも想像(=妄想?!)してしまいます(笑)!!

Re[1]:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

ふて猫様

めっちゃ可愛いんですよ。

Re[1]:「好き!すき!!魔女先生」 第7話「魔女テスト」 その1(08/15)  

笑太郎様
>この暑い中の記事連続投稿、管理人さんのご苦心が偲ばれます。どうかお体ご自愛下さい。そして僕も気張って返信させていただきます!!

ありがとうございます。多少涼しくなりましたが、それでもやっぱり暑いです。

「マチコ先生」の実写版は是非菊さんにやって欲しかったですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター