fc2ブログ

記事一覧

「ウルトラマン80」 第8話「よみがえった伝説」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウルトラマン80 COMPLETE DVD-BOX [ 長谷川初範 ]
価格:22140円(税込、送料無料) (2017/1/6時点)

v>

 第8話「よみがえった伝説」(1980年5月21日)

 冒頭、石倉山にやってきた二人の登山者が地震で起きた地割れに吸い込まれ、その地下で眠っていた怪獣と遭遇し、そのまま怪獣の餌となるシーンの後、猛と京子先生が引率する数人の桜ヶ岡中学の生徒たちが、貸し切りバスでその石倉山へ向かっているのが映し出される。

 日曜を利用して、クラスの有志と一緒に石倉山の鍾乳洞を見学しようと言う特別イベントなのだ。

 見学と言っても、生徒たちは遠足に行くような気軽なノリで、

 PDVD_001.jpg
 京子「あ、先生、チョコレートいかが?」
 猛「あ、どうも」

 猛も愛しの京子先生の隣に座って、デート気分を満喫していた。

 落語「わー、いいな、いいなー、先生ー」

 後ろの席から猛を羨むような声が飛んでくる。

 PDVD_003.jpg
 ファッション「私だってクッキー作ったのよー」

 京子先生に張り合うように、手製のクッキーを取り出してみんなに配ってまわるファッション。

 こういうシーンを見ると、猛烈に中学生に戻りたくなる……。

 管理人が猛烈に好きだった中村T美さん、今頃どうしてることやら……、あ、いかん、泣けてきた。

 PDVD_005.jpg
 猛たちもお相伴に預かるが、先に口にした博士たちが「しょっぱい!」と騒ぎ出す。

 言われて自分で食べてみて、「いっけなぁ~い、砂糖とお塩間違えちゃったぁ」と叫ぶファッションが可愛いのである!

 細かいことだけど、やっぱり女子には「お塩」と言う丁寧な言葉遣いをして貰いたいものなのです、男子は。

 落語「なんだってえ、冗談じゃないよ」
 博士「砂糖と塩の区別が付かないなんて、ファッションも女としてまだまだだね」
 落語「まだ口の中がしょっぱいよー」
 スーパー「そう言えばノンちゃんの作ってくれたケーキは旨かったよなー」
 落語「あー旨かった、サイコー!」

 ファッションにあてつけるようにノンちゃんにご馳走になったケーキを絶賛する落語たち。

 PDVD_007.jpg
 ここで、はっくしゅっとメガ可愛いくしゃみをしてから、「ふぇー、一回だわぁ、誰か良い噂してるみたい」とぽや~んとした笑みを浮かべるノンちゃんの映像を挿入するのが、スタッフの遊び心が感じられて好きである。

 全てのドラマに言えることだが、「遊び心」って大事だよね。

 PDVD_009.jpg
 さてバスの中では、ファッションと落語が激しく口喧嘩を続けていた。

 ファッション「いつまでも言うことないでしょ!」
 落語「まともに女らしいこと出来ないくせに、大きな口叩くなぁっ」
 ファッション「あんた、ちょっとしつこいのよ」

 男勝りのファッション、カッとなって落語の肩を押す。

 落語はそのまま通路にうつ伏せに倒れるが、「うっ」と呻いたままびくりとも動かなくなる。

 PDVD_010.jpg
 慌てて猛が駆け寄り、その体を起こすと、額から血が一筋流れていた。どこかで打ったらしい。

 猛「すいません、ちょっと止めてください!」

 猛、すぐさま運転席に向かって怒鳴り、運転手に一旦車を止めてもらう。

 京子「矢的先生、早く病院へ」
 猛「はいっ」
 落語「へへへーっ、冗談ですよ」

 と、いきなり、ぐったりしていた筈の落語が満面の笑顔を浮かべて目を開ける。

 猛「だってお前、血……うん、ケチャップ! バカヤロウ! やって良いことと悪いことがあるぞ!」

 たちの悪い悪戯に猛は声を荒げ、京子先生も呆れたように溜息をつく。

 PDVD_013.jpg
 落語「先生、そんなにシビアにならないで下さいよ~、冗談ですから」
 猛「それが冗談で済むか、ほんとに心配したみんなの気持ちを考えてみろ」
 落語「……」

 PDVD_011.jpg
 猛、立ち上がると、この際だからと言う感じで他の生徒に対しても一言言っておく。

 猛「いいか、みんな、たとえ冗談にしろ、人の気持ちを弄ぶ奴は先生だいっ嫌いだ、いつもこんなことをしてると、いざと言う時、誰も助けてくれないぞ」

 金八ほど押し付けがましくない猛の説教、教育にも大変よろしいかと存じますのよ、おほほ……。

 PDVD_014.jpg
 もっとも、続けて「それからファッション、お前女の子なんだからもう少しおしとやかになれよ」と付け加えるのは余計なお世話! と言う気がしないでもない。

 京子「そうよ」
 ファッション「はい」

 それでも京子先生に頭をポンと叩かれ、素直に頷くファッションであった。

 バスは再びのどかな農園地帯を走り出し、ほどなく、左右非対称の角が生えているような形の石倉山へ到着する。

 PDVD_015.jpg
 だが、その時既に鍾乳洞の入り口で、日比野と言う学者と、UGMのハラダ、タジマ両隊員とが冒頭の事件について何やら話していた。それを取り巻いて数人の野次馬も集まっている。

 日比野「わしは一月も前から君たちに連絡しておったのに、今まで君たちは何をしておったんだ?」
 ハラダ「しかしですねえ、この山に怪獣が……」
 日比野「二人のハイカーがわしの目の前から消えてなくなったんだ。それでも信用できんと言うのかね」
 タジマ「しかし地震の震源地はここから3キロほども離れた海底ですよ」

 PDVD_016.jpg
 猛「なにか、あったんですか」

 そこへ猛もやってきて、彼らに話しかける。

 ハラダ「あれ、矢的、お前どうしてここに」
 猛(小声で)「昨日連絡したじゃないですか。今日UGM休むって」
 タジマ「あー、そうか、思い出した、生徒たちを連れてどっかへ行くってここだったのか?」

 日比野博士に「君もUGMの隊員か」と聞かれ、ちょっとまごつく猛。

 すぐ後ろで生徒たちが聞いているので、自分が隊員だとは言えないのだ。

 猛「いや、僕は……」
 タジマ「こいつは中学校の教師で、矢的と言って僕たちの友人です」

 タジマがそれを察して、助け舟を出す。

 猛がUGMと中学教師を掛け持ちしているのを知っているは当初はオオヤマと校長だけと言う設定だったが、いつの間にやら、他の隊員もそのことを知らされたらしい。

 日比野は猛が中学教師だと聞くと目を輝かせて、「学校の先生ならわしの言うことを信用してくれるJARO」と、リュックから怪獣のような形の土人形を取り出して見せる。

 日比野は考古学界の異端児で、ただひとり怪獣タブラの存在を信じて日本中をまわってタブラを捜索している変わり者だった。

 PDVD_017.jpg
 日比野「これは怪獣タブラの土偶だ。これは3000年ほど前に作られたものだ」

 日比野の説によれば、怪獣タブラは3000年前、この地上で暴れまわり、人間を捕食していたと言う。

 PDVD_018.jpg
 ちゃんと、その想像図が再現される。

 PDVD_019.jpg
 そして、空から突然現れた光の巨人がタブラと戦い、それを山の奥深くに封じ込めたのだと言う。

 これは80のスーツに蛍光塗料でも塗って撮影しているのだろう。

 PDVD_020.jpg
 ファッション「まるでウルトラマンみたい」

 いつの間にか輪に加わって話を聞いていたファッションが感想を口にする。

 日比野「ウルトラマン、そうかもしれんな」
 ハラダ「しかしそんな話、初めて聞いたなぁ」
 日比野「君はまだ信じられんのかね……よし、ではこれにこう書かれてある……」

 PDVD_021.jpg
 日比野は、今度はおにぎりのような形の石を取り出し、そこに刻まれている象形文字を見せる。

 猛「これに今の話が書き込まれてる訳ですか」
 日比野「そうだ、そしてその続きにこう書かれてある、怪獣タブラは光を浴びると蘇る。今朝の地震で怪獣タブラは蘇っておるかも知れんのじゃ!」
 タジマ「でも、どうしてこの山が?」

 PDVD_022.jpg
 日比野「君にはまだ信じられんようだね、いいかね、この山の頂とこの石を比べてみろ!」

 言われてみんな、石倉三郎山の山頂を仰ぎ見る。

 確かに、石倉山の頂は歪な鬼の角のように出っ張っていて、その石とそっくり同じ形をしていた。

 とりあえず、日比野、ハラダ、タジマの三人が、探知機を持って鍾乳洞へ入って行く。

 地上に残った猛は、(3000年前の光の巨人がウルトラマンだとしたら、僕の遠い祖先だ。だとすると……)と、ひとり物思いに耽っていた。

 その時、再び大きな地震が起き、山を揺らす。
 猛は、京子先生に子供たちをつれて山から下りるよう指示すると、自分は日比野たちを追って鍾乳洞へ飛び込む。

 PDVD_024.jpg
 鍾乳洞の奥では、遂に日比野たちが怪獣タブラを発見していた。

 タブラが山から這い出ようとする振動のせいで、

 PDVD_025.jpg
 山から出ようと走っていた京子先生たちの前方の地面が、

 PDVD_026.jpg
 あっという間に崩れ落ちる。

 いやー、この合成、素晴らし過ぎる!

 そして、先頭を走っていた京子先生と落語が陥没した部分に落下してしまう。

 PDVD_027.jpg
 他の生徒たちが、倒れたまま動かない二人を見下ろしている図。

 PDVD_028.jpg
 そのうち、日比野や猛たちも鍾乳洞から出て現場に駆けつける。

 猛「京子先生! 落語ーっ!」

 猛の呼びかけが聞こえたのか、京子先生と落語が相次いで目を覚まし、立ち上がる。特に怪我は負っていないようだ。

 と、落語が、すぐ横の壁にぽっかり穴が開いて、鍾乳洞に続いているのを発見する。

 PDVD_029.jpg
 日比野「いかん、この下は怪獣タブラのいた近くだ」
 猛「なんですって」

 彼らの心配をよそに、おっちょこちょいの落語は京子先生の言葉も聞かずに鍾乳洞を覗き込んでいたが、いきなり内部から赤い舌のようなものが飛んできて、その体に巻きつく。

 PDVD_030.jpg
 その瞬間の京子先生のびびり顔が可愛いので貼りました。

 悲鳴を聞いて、すぐに猛は下に降り、ハラダ、タジマもそれに続く。

 京子先生も含めた4人で、鍾乳洞の奥へ引き摺り込まれそうになっていた落語を何とか助け出す。

 だが、タブラが岩肌を突き破って外へ出た際の振動で落盤が起き、5人は鍾乳洞の中に閉じ込められてしまう。

 同じ頃、隊員から連絡を受けていたオオヤマとエミの乗る各戦闘機が石倉山上空へ接近していた。

 PDVD_033.jpg
 オオヤマ「城野隊員、お前は左舷から攻撃しろ」
 エミ「了解!」(お前って言うな……)

 二人はタブラに攻撃を開始するが、いつものように何の効果もなく、いたずらに税金を浪費するだけ。

 PDVD_000.jpg
 エミ「キャップ、歯が立ちません!」
 オオヤマ(もう帰ろうかなぁ……)

 オオヤマ隊長、最初はとても頼もしい指揮官ぶりだったが、だんだん張子の虎に見えてきた。

 一方、猛たちはみんなで出口をふさいでいる岩をどけようと頑張っていた。
 さっきとは違い、本物の血を頭から流している落語を猛が「落語、大丈夫か」と気遣う。

 PDVD_034.jpg
 落語「へっちゃらだぁ、こんな岩ぁ」
 猛「ようし、その意気だぁ」

 なんとか京子先生と落語を、ついでにハラダ、タジマ隊員を助け出したい一心からか、猛、つい巨大な岩を両手で持ち上げるというウルトラマン80としてのパワーを披露してしまう。

 落語「すげーやー、まるで宇宙人みたいだ」

 みんなも唖然としてその様子を見ている。

 猛、慌てて「必死になると馬鹿力が出るもんですね」と誤魔化す。

 PDVD_035.jpg
 鍾乳洞の外側でも、彼らの存在に気付いて日比野と生徒たちが集まってくる。

 日比野「みんな、みんなでこの岩をどけるんだ」
 生徒たち「えーっ」
 博士「こんなでっかい岩を? 無理だよー」
 日比野「バカモン! 君たちの友達や先生が助からなくても良いのか、わしはな、わしは今までなんでもひとりでやってきた。君たちはこんなに大勢いるじゃないか、みんなで力をあわせれば何でも絶対に出来るんだ!」

 すぐに弱音を吐く子供たちを、全力で叱り飛ばす日比野博士。

 PDVD_036.jpg
 木の枝をテコにして、岩をどけようと奮闘する日比野を見ていたスーパーたちも、やがて日比野に協力して必死に岩を動かそうとするのだった。

 「仲間と力をあわせて努力すること」の大切さを映像で訴える、大変お子様の教育にも役立つ番組となっております。

 で、内と外での懸命の努力が実を結び、遂に鍾乳洞から京子先生たちが脱出を果たす。

 PDVD_038.jpg
 最後に残った猛は再び落盤に巻き込まれてしまうが、地底で80に変身すると、子供たちの前でタブラと戦い、なんとかこれを退治する。

 オオヤマ「日比野さん、済みませんでした。我々が最初からあなたを信用していれば、怪獣が復活する前になんとか出来たのですが」

 事件解決後、改めてオオヤマたちが日比野に謝罪している。

 日比野「いやぁ、信じてくれただけで十分じゃよ」

 PDVD_040.jpg
 タジマ「俺たち、日比野さんの熱意にはほんとに敬服します」
 エミ「ほんとに! ひとりでやってこれるなんてなかなか真似はできないもの!」

 日比野、エミの巨乳を2分ほど凝視してから、

 「そう言えば、君はどうやって助かったんだ?」と、空気を読まずに猛に質問する。

 PDVD_041.jpg
 猛「え、いや、ウルトラマンのお陰ですよ」
 日比野「さぁどうかな」
 京子「どうかなすったんですか」
 日比野「いやぁ、例の石に書かれてあった象形文字の最後に、光の巨人は普段は人間の姿をしていると書かれてあったんでね」

 PDVD_043.jpg
 日比野の意味ありげな言葉に、思わず猛の顔を見直す京子先生が奇麗なので貼りました。

 下手をすると、正体がばれて即、ウルトラの星へ強制送還になりかねないピンチだったが、

 スーパー「まさかー、矢的先生がウルトラマンだって言うの」
 落語「矢的先生に出来ることは説教ぐらいのもんだよなー」
 ファッション「そうよー、そんなこと言ったらウルトラマンが怒るわよ」

 日頃の行いが幸いして、子供たちにあっさりそれを否定され、事なきを得るのだった。

 猛「ようし、明日は臨時のテストだ!」
 生徒たち(なんでだよ……)

 と言う訳で、単純なストーリーながら、今回も、学園ドラマとして実に良く出来ていたと思う。

 このレベルを維持して最終回まで続けていれば……(以下略)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

今から42年前の今日、放送されました。ウルトラマン80(エイティ)とその80と瓜二つで、遠い祖先に違いない光の巨人と夢の共演が見たかったなぁ。

Re: No title

そうですね。

浅野真弓さん

昨日BS朝日の必殺仕事人Ⅳに浅野真弓さんが女飛脚役で出ていました。中城きよしさん演じる勇次と顔馴染の役で最後はライバルの飛脚の元請けに毒を飲まされて命を落としてしまう悲しい役でした😭

Re: 浅野真弓さん

必殺に出るゲスト女優は、だいたい死にますからねえ。

路線変更

何故学園編を最後までやらなかったのでしょうか?特撮シリーズの路線変更って大体失敗(❌)に終わってますよね😖

Re: 路線変更

色々大変だったんでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター