fc2ブログ

記事一覧

愛と勇気の炎を燃やす「電子戦隊デンジマン」第14話・第15話



 第14話「百点塾へおいで」

 三太たちのクラスのテスト結果が出て、いつもは0点ばかりの大石君が、いきなり100点を取ったのでみんなびっくりする。
 帰り道、どうやって100点を取ったのか聞かれた大石君は、「百点塾」なるところへ通っていると打ち明け、他のみんなも連れて行く。

 PDVD_002.jpg

 その途中、パン屋でアホのように大量のアンパンを買った青梅(大葉健二)とぶつかる。
 後ろに見えるのは、渡辺真知子「唇よ、熱く君を語れ」のカネボウ等身大パネルである。

 彼らは「百点塾」へ行くが、そこにいる子供たちはみんな好き勝手に遊んでいるだけで、とても塾とは思えない。

 無論、ここはベーダーの作った施設であり、別室では怪人ジュクラー(まんま)が、万能鉛筆なるものをせっせと生み出していた。ヘドラー将軍たちは、新しく来た子供たちに万能鉛筆を入れたお守り袋を渡す。

 PDVD_005.jpg

 ヘドラー「さあ、キライキライ音頭行こうか!」

 ラジカセから流れる音楽に乗って、
 「キライキライキライ、勉強キライ」などと、輪になって踊る子供たち。
 ミラーやケラーが、まるっきり保母さんみたいなのがとても萌える。

 半信半疑の三太たちだが、万能鉛筆を下げてテストを受けると、鉛筆が勝手に動いて正答を書いてくれ、全員100点を取ってしまう。

 PDVD_007.jpg

 関係ないけど、担任の純子先生を演じる平野真理さん、なかなか綺麗です。のちに香野麻里の芸名で、「科学戦隊ダイナマン」でキメラ王女を演じてらっしゃいます。

 三太たちは学校にも行かず、親から特別ボーナスを貰って派手に買い食いをしていた。その様子を不審に思ったレッドたちが彼らに詰問するが、

 「学校行かなくても100点取れるもん」
 「有名中学、有名高校、有名大学、一流会社」
 「まあ、見ててくれよオールオーケーさ」
 「人間なんて宇宙の時からすればほんの束の間、瞬きだよ」
 「虚しいものよ」
 「だからさ、面白おかしく暮らさなきゃ」

 と、ふざけたことを抜かすのだった。

 部下の報告を聞いてヘドリアン女王は高笑い。

 ヘドラー「東京に40校の100点塾を開き、更に全国に300校ほど開校する準備を進めております。約2年間で日本全国の少年少女が怠け者になる予定です」

 これら壮大な計画が、全く営利目的でないところがベーダーの凄いところである。要するにヘドリアン女王の気分が良くなりさえすれば、経費は度外視されるのだ。

 次々と100点塾のチェーン店が建てられ、デンジマンたちも本腰を入れて調査へ乗り出す。

 一旦は三太たちから万能鉛筆を取り上げ、自宅から出さないようにするが、ジュクラーによって連れ出されてしまう。

 PDVD_011.jpg

 緑川(内田直哉)はひとり子供の行方を追って走り回っていたが、途中で千恵子巡査に出会う。

 緑川「子供たち知らないか」
 千恵子「マイクロバスでこっちへ行ったわよ」
 緑川「サンキュウ!」
 と、再び走り出す。
 千恵子「ちょっとー、ミドちゃーん! ……あたしを避けてる。やっぱりあいつがデンジマン

 なんでだよ?

 あとはまあ、子供たちをベーダーから救い出し、ジュクラーを成敗して終了。
 なお、今回、怪人は巨大化するものの、巨大ロボットでは戦わず、デンジブーメランだけで倒している。ロボットバトルを撮る時間的余裕がなかったのだろうか?

 第15話「悪の園への招待状」

 当時流行っていたのだろう、たくさんの若者がローラースケートで遊んでいる中、私服姿の千恵子巡査が鼻歌を歌いながら歩いている。

 PDVD_014.jpg

 待ち合わせ場所のベンチで座っていると、緑川がやってくる。

 千恵子「ミドちゃん、こっちよ」
 緑川「よおっ」
 千恵子「10分遅刻よ」
 緑川「悪い悪い」
 このやりとり、完全に恋人同士で微笑ましいのである。

 緑川「チーコ、話ってなんだ」
 千恵子「ねえねえあたしたちもあのローラースケートやってみなぁい? 最高に気分爽快だと思うわ~」
 緑川「俺はね、忙しいの」
 千恵子「あっそ。……あなた何故刑事をやめたの?」
 緑川「べっ別に、ま、強いて言えば親父が殺されたんでイヤになったんだ」

 緑川の父親も刑事で、第1話でベーダーに殺されているのだ。
 さらに、

 千恵子「あなたの今の職業はなぁに?」

 ニートが一番されたくない質問をぶちかます千恵子巡査。

 ま、スーパーヒーローも、あまりされたくない質問だな。

 千恵子は「ずばり、デンジマンでしょ!」と単刀直入に切り込む。空とぼける緑川だが、

 PDVD_015.jpg

 そこへいきなりフリスビーのような凶器が飛んでくる。

 PDVD_016.jpg

 突然現れたローラースケーターに襲われるふたり。身を挺して千恵子を庇おうとする緑川がステキ過ぎる。 
 暴漢は、千恵子の体引っ張って連れて行こうとするが、緑川に阻止される。

 PDVD_018.jpg

 揉み合ってヘルメットが脱げた途端、襲ってきた青年は夢から覚めたようにおとなしくなる。しかも自分で何をやったか覚えていないらしい。

 緑川「なんで俺たちを襲った? 言え! あと、もうちょっと掴みやすい襟にしろ!

 ※このエントリーにはたまに明らかな嘘が出てきます。

 PDVD_019.jpg

 青年はベーダーの放送しているラジオ番組に夢中になっていた。
 ミラー「これからの30分はあなたと、そしてわたし、スタークィーンふたりだけの30分よ」

 そこから流れる音楽によって彼らを催眠状態にし、意のままに操ろうと言う作戦であった。

 PDVD_022.jpg

 そのうち青年にスタークィーンから招待状が届く。青年の後をつける緑川。街頭ロケと言うことで、背後のギャラリーがガンガンこっちを見てる。

 PDVD_025.jpg

 彼はローラーディスコと言う、当時実際にあったのだろう、ローラースケートのまま踊れるディスコへ入っていった。

 ここでは、ピンク、グリーン、イエローの三人だが、

 PDVD_024.jpg

 ローラースケートで店に入るときは、何故かグリーンとイエローの二人しかいない。実際は、先行して店の中に入りかけているピンクがいるのだが、これはほぼ100パーセント小泉あきらさんではなく、代役だろう。

 PDVD_023.jpg

 理由は簡単で、彼女、全然ローラースケートが出来ないからだ。

 PDVD_026.jpg

 色々あって、デンジマンたちがベーダーのラジオ放送車を追いかけるが、途中で千恵子の乗るミニパトに出会う。

 ピンク「怪電波を発する車を捜しています、見掛けませんでした?」
 千恵子「それなら、第3倉庫のほうに」

 普通にデンジマンと会話するなよ。

 PDVD_029.jpg

 だが、去り際に、グリーンが「サンキュウ、チーコ」などと口走るものだから、彼女の疑惑はますます深まる。

 千恵子「チーコって、やはりあいつはデンジマン……」
 友子巡査「なにひとりごと言ってんの?」
 千恵子のパートナーを演じるのは阿竹真理さん。後半では日高久美子さんが演じている。

 後は、怪人を倒すだけ。

 PDVD_031.jpg

 ローラースケート怪人だけあり、それを活用した攻撃を仕掛けてくる。

 ごてごてした怪人スーツを着て、よくこれだけ滑れるものだと感心する。

 終わりです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

智恵子さんも普通にデンジマン(今回はピンク)と会話をしていましたね😅薄々彼らの正体を知っているのではないのでしょうか?

Re[1]:愛と勇気の炎を燃やす「電子戦隊デンジマン」第14話・第15話(11/25)  

ふて猫様
>薄々彼らの正体を知っているのではないのでしょうか?

そのようですね。

Re:愛と勇気の炎を燃やす「電子戦隊デンジマン」第14話・第15話(11/25)  

第14話ですが、もしも作戦が成功した場合(実際には有り得ませんがね)いくら💴があっても足りなくて、経済的に破綻するのではないかと思うのですがね😅

15話のゲスト

緑川を襲った青年はスカイライダーのガマギラスの回でメインゲストだった植松健さんです。
2003年の配信の時に確認しました。

Re: 15話のゲスト

ご教示ありがとうございます。

普通に会話

変身した主人公達と会話する婦人警官ってデンジマンが最初で最後だと思うのですがね😅

Re: 普通に会話

なんか笑えますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター