fc2ブログ

記事一覧

「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」 第23話「地獄のハンマー」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魔法少女ちゅうかなぱいぱい! VOL.2 [ 小沢なつき ]
価格:5832円(税込、送料無料) (2018/10/19時点)

楽天で購入


 第23話「地獄のハンマー」(1989年6月18日)

 そろそろゴールが見えてきて寂しいけれど、最後まで明るく楽しくレビューしたい23話であるが、早くも今回で、ぱいぱいの強敵であったパイカルが退場となってしまう。振り返れば、初登場時のインパクトはやたら強かったけど、その後はあまりパッとしなかった印象である。

 今回もそうだが、敗因は、いつもタクラマカンを助手として使っていることにあったのではないだろうか。

 さて、冒頭、いつものように兄弟喧嘩をしながら家の中をドタバタ走り回っている三バカ。買い物から帰ってきたぱいぱいが「やめなさい、やめなさい」と引き離そうとするが、ちょっとやそっとで大人しくなる三人ではない。

 PDVD_001.jpg
 ぱいぱい「やめろってんだ! 三バカ兄弟!」

 と、小沢さんが、この番組はおろか、不良少女ドラマ「花のあすか組」でも見せたことのないような、塩辛声で怒鳴りつけ、三人をビクッとさせる。

 PDVD_002.jpg
 ぱいぱい「なによ、寄ると触ると掴み合って……原因は一体何なの?」
 アキラ「なんだったっけ?」
 トオル「俺、忘れたー」
 シンゴ「訳なんかどうでもいいよ!」

 シンゴは、そう叫ぶと兄たちの頭を引っ叩く。

 再び取っ組み合いの喧嘩になりそうになるが、ここでアキラが、「ミニ四駆」を遊ぶ順番で争っていたことを思い出す。

 PDVD_003.jpg
 結局、アキラとシンゴはそのまま追いかけっこをしてながら家の外へ飛び出してしまうが、「あんたはダメ、宿題があるでしょ」と、トオルだけぱいぱいに引き止められる。

 ぱいぱいが勉強部屋で、シンゴにつきっきりで社会科の宿題(モノの原料調べ)をやらせている頃、パイカルとタクラマカンが、高山家を見下ろすビルの屋上に立っていた。

 PDVD_004.jpg
 パイカル「タクラマカン、こいつでぱいぱいを引っ叩いて来い」
 タクラマカン「なんですか、こりゃ、ただの玩具じゃないですか」
 パイカル「そいつは見掛けはどうということはないが、中華魔界に伝わる地獄のハンマーだ」

 パイカルによると、それで殴られたものは死ぬよりも恐ろしい目に遭うらしいが、それ以上詳しい説明はせず、タクラマカンを差し向ける。

 ……これも、なんでわざわざドジなタクラマカンにやらせなくてはならないのか、自分でやった方が確実なのに、と思ってしまう。

 PDVD_005.jpg
 案の定、タクラマカンが窓の外からハンマーを投げ付けようとした瞬間、ぱいぱいが足元をゴキブリが走っていくのを見て逃げてしまった為、ハンマーは狙いが外れて、本棚の本に当たってしまう。

 すると、その本がたちまち木材の塊に変わる。

 トオル「あ、そうだ、紙の原料は木だ」

 ちょうど、紙の原料は何かと考えていたトオルは、その答えに気付く。

 PDVD_006.jpg
 で、予想されたことだが、いたずら好きのトオルはそのハンマーを使って手当たり次第にモノを原料に変えて行く。

 ちなみにプラスティック製品を殴ると、ポリタンクに入った石油になる。そのまま石油にしたら、後片付けが大変だからである。

 トオルが出掛けた直後、ぱいぱいも戻ってくるが、色んな原料が転がっている光景を見て、すぐに地獄のハンマーによるものだと気付く。

 PDVD_007.jpg
 トオルは、本で調べたところでは、人間の体のほとんどは水分なので、このハンマーで殴ったら人間は水になるのだとアキラたちに話す。

 そんなハンマーなど存在しないと高をくくったアキラは、平気でトオルに殴られようとするが、

 PDVD_008.jpg
 ちょうどそこへ、「ブツクサ、ブツクサ……」と、実際に台詞でブツクサ言ってるババアが通りがかる。

 シンゴ「おばさん、何をブツクサ言ってるの?」
 ババア「なんだ、三バカか、言いたくもなるわよ、生きてるだけで消費税はふんだくられるわ、年のせいで肩は凝るわ、腰は痛いわ……」

 番組の真ん中あたりから、忌まわしい消費税(3パーセント)が導入されたのだが、劇中でそれについて言及されたのは、これが初めてだと思う。

 さて、そそっかしいババアは、ピコピコハンマーにしか見えない地獄のハンマーを見て「良い肩たたき持ってるじゃないのー」と、強引にそれを奪うと、

 PDVD_009.jpg
 トオルたちの止めるのも聞かず、自分で自分の体を叩き、たちまちビニール袋に入った水になってしまう。

 しかし、いくら水分がほとんどだからって、肉や骨が全く残らない……と言うのは変なんだけどね。まぁ、そこをリアルに表現するのは大変だし、グロくなっちゃうからね。

 しかし、服やバッグなど、身につけていたものは何処へ行ったのだろう?

 無責任な三バカは水になったババアを放置してすたこらさっさと逃亡する。

 PDVD_010.jpg
 三バカを探しに来たぱいぱいが、それがババアの変わり果てた姿だと気付く。

 ぱいぱい「なんだか声が……」
 ババア水「ここだよ、ここ、とほほほほ……私、水にされちゃってねえ」

 水になっても人格は残っているようで、ババア水はぱいぱいとコミュニケートすることが出来るのだ。

 PDVD_011.jpg
 ぱいぱい「それは、もしや妙なハンマーのせいでは?」
 ババア水「そ、そうだよ、早く救急車よんどくれ」
 ぱいぱい「救急車でもどうしようも……あの、ちょっと待ってて下さい」

 さしものぱいぱいにも、自力で元の姿に戻すことは出来ず、地獄のハンマーを探しにその場を走り去る。
 地獄のハンマーでもう一度叩けば、元の姿に戻るのだ。

 それにしても、ぱいぱいのツインテール、かわええ……。

 一方、ババアを水に変えてしまった罪悪感など、これっぽっちも感じていない三バカは、

 アキラ「こりゃあすげえ武器が手に入ったぜ」
 トオル「うん、どんな気にくわねえ奴でも水に変えてやれるもんな」
 シンゴ「街の不良を引っ叩いて水にしちゃおうよ」

 などと、いかにも子供らしい残酷なことを目論んでいた。

 だが、それを実行に移す前に、彼らの会話を聞いていたらしいさやかちゃんが出て来て、

 PDVD_012.jpg
 さやか「あのね、そのハンマー、私に先に使わせてくれない?」
 と、頼んでくる。

 PDVD_013.jpg
 トオル「何に使うんだよ」
 さやか「近所にね、いけすかない男の子たちがいてね、いつも私のこと、やらしい目で見るの」
 アキラ「じゃあそいつら水にしたいって言うの?」
 シンゴ「じゃ、いいよ、いいよね、お兄ちゃん!」

 さやかのことが好きなシンゴは、戸惑う兄から強引にハンマーを取って、さやかに握らせる。

 ところが……、

 PDVD_014.jpg
 トオル「で、誰なんだい、その、いけすかない男の子たちってのは?」
 さやか「あんたたちよ!」

 さやかちゃん、ハンマーを手にするなり、目の前の三バカの頭をパコパコ叩いて、あっという間に水に変えてしまう。

 管理人、最初見たときはこの展開に完全に意表を衝かれると同時に、大笑いしてしまった。

 しかも、ボーイフレンドの筈のシンゴから真っ先に殴っていると言う、比類なき少女の残酷さ……、さやかちゃんの……と言うか、黒谷加菜子ちゃんの内に秘める天性のS属性を見抜いて、彼女にふさわしい役柄を与えたスタッフの慧眼には恐れ入る。

 さやか「おもしろーい、らんららんららん、らんららんららん♪」

 さやか、ハンマーを手に楽しそうに何処かへ行ってしまう。
 入れ違いに、ぱいぱいがやってきて、それか原料にされた三バカだと知る。

 トオルはメソメソ泣いていたが(水が泣くと言うのもアレだが)、

 PDVD_015.jpg
 トオル水「俺たちしょっちゅう喧嘩してんだろう? 玩具やお菓子の取りっこで我を張ってさ……」

 PDVD_016.jpg
 トオル水「だけど考えてみたら、俺たちのいがみあいってのは水と水が喧嘩してたようなもんだね……」

 と、自分たちのやってきたことの空しさに気付いて、深く反省して泣いているのだった。

 PDVD_017.jpg
 アキラ水「人と人の争いは水と水の争い」
 シンゴ水「じゃ、喧嘩なんて、くだらないね!」

 彼らの真摯な言葉を聞いて、ぱいぱいも我が意を得たりと言う風に口を結ぶ。

 ぱいぱいは三人にもう二度と喧嘩はしないと約束させてから、彼らを助ける為、再び走り出す。

 PDVD_018.jpg
 さて、問題のさやかちゃんは、駐車してある車をピコピコ叩いて、鉄鉱石とゴムの木に変えるなど、やりたい放題にいたずらして回っていた。

 さやか「おもちろーい、よーし」

 PDVD_019.jpg
 そこへ、同じくハンマーを探してバイクで走り回っていたパイカルとタクラマカンが現れ、ハンマーを返して貰おうとするが、

 さやか「うるさいわね、……おもちろーい!」

 大袈裟に恐れおののくタクラマカンたちを見ると、ますます楽しそうな笑顔になって彼らを追い掛け回すさやかちゃん。

 PDVD_020.jpg
 パイカル「タダで返せとは言わん」
 タクラマカン「何でも欲しいものを上げるから」
 さやか「おじさんの服、頂戴、そしたら返してあげる」

 さやかちゃん、何故かパイカルの服が欲しいと言い出す。
 ナチス風の衣装を指差して、「かっこいいもの」とつぶやく危険な少女であった。

 PDVD_021.jpg
 やむを得ず、座り込んだまま服を脱ぎ始めるパイカル。

 これじゃ、タクシーの運転手だよね。

 PDVD_023.jpg
 それでもさやかちゃん、律儀なのか、それとももうハンマーに飽きてしまったのか、約束どおりパイカルの衣装を受け取ると、かわりにハンマーを渡す。

 さやかちゃん、すっかり情けない姿になったパイカルを尻目に、再び「らんららんららん……」と歌いながら弾む足取りで消えていく。

 PDVD_024.jpg
 パイカル「やっと取り戻したか……」
 タクラマカン「ふぇっふぇっふぇっふぇっ、へっへっ……ひひひひ」
 パイカル「何がおかしいんだ? 笑うな!」
 タクラマカン「だって、この格好……」

 パイカルの珍妙な格好に、必死に笑いを堪えていたタクラマカンだが、さやかちゃんがいなくなると、耐え切れなくなったように笑いを爆発させる。

 パイカル「貴様ーっ!」
 ぱいぱい「やめて!」

 そこへ、中華魔女の姿になったぱいぱいが突っ込んでくるが、その制止の声も間に合わず、パイカルはハンマーをタクラマカンの頭上に落とす。

 PDVD_025.jpg
 その途端、タクラマカンは声も出さずにタヌキの置物に変身してしまう。

 パイカル「うん、そうか、奴の正体はタヌキだったのか」
 ぱいぱい「タクラマカン!」

 これは、ほんとは本物のタヌキにしたかったのだろうが、撮影の都合上、タヌキの置物で代替しているのだろう。

 PDVD_026.jpg
 ぱいぱい「パイカル、もう一度そのハンマーでお叩き、そうすれば、タクラマカンは元の姿に戻れる筈」
 パイカル「断る!」

 パイカルはぱいぱいの命令を拒否すると、魔法の力で三バカたちの成れの果ての水の入ったビニール袋を引き寄せる。

 PDVD_027.jpg
 ぱいぱい「みんなをどうする気?」
 パイカル「まぁ、見ていろ……」

 パイカルは、ハンマーを小脇に抱えたまま、ビニール袋の水を大きなやかんに移し、さらにそれを卓上コンロで沸かし始める。

 大杉漣さん、演じながら、ふと「俺、何やってんだろう?」と思ったのではないだろうか。

 PDVD_028.jpg
 パイカル「この子たちはこれから水蒸気になるんだ。今度こそ影も形もなくなる……ふっふっふっ」
 ぱいぱい「なんですって!」

 PDVD_030.jpg
 ぱいぱいの目には、やかんの表面に浮かぶ、助けを求める三人の苦しそうな顔がありありと見えた。

 ぱいぱい「火を止めて、お願い!」
 パイカル「ぱいぱい、中華魔界に帰れ、そうすれば子供たちは元の姿に戻してやる」
 ぱいぱい「でも……」
 パイカル「強情な奴、では、ここでお前の正体を見届けてやる」
 ぱいぱい「私の正体?」
 パイカル「お前は中華魔界の人間だ、原料は水ではあるまい。正体は何だ?」

 パイカル、素早くハンマーを投げ付け、ぱいぱいの体に命中させる。

 PDVD_031.jpg
 直後、ぱいぱいのいたところには、一輪のピンクの花を付けた牡丹の鉢植えが現れる。

 パイカル「そうか、ぱいぱいは牡丹の花の精であったか……」

 牡丹の花と言う、実に可憐で美しい、ぱいぱいにふさわしい正体……と思いきや、

 PDVD_032.jpg
 勝ち誇ったパイカルの横に、元の姿のぱいぱいがにこやかに立っていた。

 ぱいぱい「ははははっ」
 パイカル「ぱいぱい!」
 ぱいぱい「私の魔法はお前なんかに負けやしないわ。子供たちを元の姿にお戻し!」

 ぱいぱい、いちいち動詞の命令形に「お」をつけるのが、いかにも高慢なお嬢様っぽくて良いですね。

 既に水は全て水蒸気になって四散していたが、やかんの中から三つのハートが出てくる。

 ぱいぱい「人間は、水やその他の物質で出来てるんじゃないの、人には心がある。心がある限り人は蘇る! シャイオパラ、タイオパラ!」

 ぱいぱいが魔法のステッキを向けて呪文を唱えると、ハートを中心にアキラたちが元の姿になって出現する。

 地獄のハンマーの力に頼らず、子供たちを元に戻してしまうとは、ぱいぱいの魔力は人間界にやってきた時より確実にパワーアップしているようだ。
 (もっとも、タクラマカンはハンマーを使って戻している)

 PDVD_033.jpg
 パイカル「くそぉっ」
 ぱいぱい「もう許せない!」
 パイカル「うわぁあああああーっ!」

 往生際悪く、寝転がっているアキラたちにピストルを向けるパイカルに対し、遂にぱいぱいの怒りが爆発し、地獄のハンマーをその脳天に叩き付ける。

 そしてパイカルのいたところには、一山の砂が落ちていた。

 PDVD_035.jpg
 ぱいぱい「お前の正体は、砂漠の砂だったのね……」

 パイカルであった砂を手に掬い上げ、さらさらとこぼすぱいぱい。

 これまで重ねてきた数々の悪事を思えば、仕方のないことかもしれないが、このまま物語から消えてしまうには惜しいキャラクターだったな、と。

 打ち切りにならなければ、もっと活躍できたであろうが。

 事件解決後、あんな約束をしたことなどけろりと忘れて、またしても喧嘩している三バカと、ぱいぱいも一緒になって騒いでいるシーンで幕。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ハンマーで思い出したドリフのエスカレート式コント

ハンマーで思い出しましたが、中国で生み出して最初からRPGブルーブレイカーのギルド組員の様に「新しい情報が入ってますよ」と言って壁の張り紙をインターネットでアップロードして公表すれば世界各国も「分かりました。直ちに空港を閉鎖します」と空港閉鎖による最小限の損失で済んだのに習近平の馬鹿がテドロスと結託して私利私欲による金儲け経済を優先して隠蔽するから武漢で発生したコロナウイルスが世界中に蔓延して時間を止めて志村けんちゃん迄殺して僕も外出制限を掛けられて大好きなジョイサウンドカラオケに行けなくて困ってます。

新しい情報が入ったらギルド組員が教えて壁の張り紙が見れるブルーブレイカー
https://www.youtube.com/watch?v=JTnajXOZ2Zc&list=PLG9faWu2AWp9_BlZtU6G1vIQHkLbT-ovw

志村けんちゃんと言えばドリフにて最初の内は穏やかに注意するだけで済んでも仕返しによるエスカレート式のコントで石焼き芋屋さんがカトちゃんケンちゃん御機嫌テレビにて小説家の谷啓と八百屋の宣伝でエスカレートしていったのと
同じく腹を抱えて笑えまして、もう見れないのは残念ですし、中国は絶対に信用しません。

https://www.youtube.com/watch?v=S9g5oQXq8D4

ちゅうかなぱいぱいのヒロインはキョンシーのテンテンさんにやって欲しかった。

僕はリアルタイムでちゅうかなぱいぱいを見ていた世代ですが、ちゅうかなぱいぱいのヒロイン役は小沢なつきさんじゃなくキョンシーのヒロインのテンテン(シャドウ・リュウ)さんにやって欲しかったです。なぜならテンテンさんはキョンシーブームで日本で人気が出てテンテンさんが出演していたキョンシーの映画やテンテンさんが出演していたキョンシーのドラマはアクション系でテンテンさんは台湾人(中国人)なのでテンテンさんはちゅうかなぱいぱいのヒロイン役にイメージ的に似合うので僕はテンテンさんにちゅうかなぱいぱいのヒロイン役をやって欲しかったです。

Re: ハンマーで思い出したドリフのエスカレート式コント

なんか世界中とんでもないことになってますねえ。

時間が凍結したのは全部習近平の馬鹿の責任

台湾は中国本土から迫害されて島国に逃げて来た人達の為に謝罪と反省を覚えた中国人で建国されたから逸早く武漢の研究所で習近平の馬鹿が作らせたコロナウイルスが流出した情報を掴んだからWHOに内部告発して世界中にブルーブレイカーの様に張り紙をアップロードして伝達する様に言ったのですが、事務局長のテドロスのアホが習近平に賄賂を貰っている物だから自分達の経済を優先して危険なコロナウイルスなのは承知しつつも故意に隠蔽した為に世界中に蔓延して緊急事態宣言を守らずにパチンコやキャバクラに行く馬鹿が多いから外出制限されて声優でドキドキプリキュアチームのインテリタイプの菱川六花役の寿美菜子さんも楽しいイギリス留学となる筈がホームステイ先の家で外出したら罰金取られるから監禁状態で、世界の中でもアメリカ+イギリス+フランス+エジプト+ドイツ+オーストラリアは特に習近平の馬鹿に対して激怒して1,200兆円の罰金の請求書を作りましたが、習近平は「武士の情けだ!!潔く腹を斬れ!!」と言って大人しく腹を斬らずに介錯人を逆に殺したり請求書も焼却処分してガーッて怒鳴る無謝罪&無反省で不都合な輩を逮捕して拷問に掛ける奴だから開き直ってEUの中でも最弱の立場となるイタリア+ギリシャ+ハンガリー等の弱味に付け込んで多額の融資とマスクを大量に送って恩を売って味方に付けて自分達の失敗を揉み消す悪足掻きを懲りずにしてますよ。

習近平の馬鹿の責任で全日空のエースパイロットに経営しているアパートの一つを売る計画もパアにされるし、気晴らししたいのに大好きなカラオケも行けずにこの3ヶ月間はイライラしてますし、今や東映さんの目玉商品で15代目迄受け継がれたプリキュアシリーズもヒーリングっど12話で足止め喰らわされて完全に経済と時間が凍結停止しちゃいましたよ。

オーストラリアは習近平に「ちゃんと武漢の研究所で何故コロナウイルスが流出した事故が起きたの真相を徹底的に究明しろ!!」と首相が言ったらそれを逆恨みした習近平が貿易にて嫌がらせをしましてね。

台湾が誕生した理由

ちゅうかなぱいぱいの中華魔界のモデルとなった中国と島国の台湾に関して勉強してみました。

太平洋戦争にて馬鹿日本がハワイに爆弾を落として激怒したアメリカ合衆国が東京大空襲+広島&長崎に原子爆弾のリトルボーイ&ファットマン投下による猛反撃して打ち勝った後に中国国内でも連合国仲間で反省と謝罪をして自由を愛する国民党の蒋介石と独裁政治の共産党の毛沢東が喧嘩して国共内戦を始めて毛沢東がロシアの援助を受けながら狡猾な悪知恵を働かせて蒋介石を本土から叩き出して蒋介石が本土を追われて辿り着いてかつては馬鹿日本の植民地だった先の島国を中華民国の台湾として建国して、邪魔な蒋介石を中国本土から叩き出した毛沢東が共産党による中華人民共和国を建国して自分の事を嗅ぎ回ったり悪口を言ったりデモを起こす国民を強引に逮捕して拷問に掛ける風習が現在の習近平に引き継がれて新型コロナウイルス迄世界中に蔓延させてくれたと言う訳ですね。

台湾だと流石は毛沢東にボロ負けして本土を占拠されても自由を愛する国民党だから反省と謝罪が出来る善の中国人と言えて、習近平が頂点の共産党が支配する中国本土のは無反省かつ無謝罪で注意されると「ガーッ!!!」て怒鳴り散らして貰う物ばかり貰って逆恨みしても後悔は一切しないと言う悪の中国人と言う訳ですね。

まあ台湾は善の中国人だけあって本土で威張り散らしてマレーシアに迄ちょっかい出す悪の中国人に対して創立者の蒋介石を追い出された怨みも込めて不信感を抱いているので新型コロナウイルスが武官の研究所より漏れ出した事故もWHOの局長のテドロスに緊急告知する様に頼んだのですが、テドロスのアホが習近平から大金を貰っている為に聞く耳持たずで隠蔽したから現在の様に半年間も時間停止による地獄が続いてます。

Re: 台湾が誕生した理由

ためになる情報ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター