FC2ブログ

記事一覧

「セーラー服反逆同盟」 第23話「さようなら!仲間達 涙の別れ」 その3

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガールズ・イン・テーマソングス Red [ (V.A.) ]
価格:2947円(税込、送料無料) (2018/3/18時点)



 第23話「さようなら!仲間達 涙の別れ」(1987年3月23日)
 
 いよいよラストです。奇しくも、DVDの(再)発売日の前日となりました。これでまたファンが増えてくれると嬉しいですね。

 黒鳥学園の校庭で、母・加寿子と最後の戦いに臨むユミ、ミホたち。

 相手は加寿子、女秘書、戦闘員12人と、過去最大の規模である。さぞかし、派手なバトルシーンが繰り広げられるものと期待したが……、

 023.jpg
 さすがに今回は「闇の中で~」から始まる決め台詞はなく、一歩前に出たユミが無言で加寿子を見据える。

 024.jpg
 女傑・加寿子は、初っ端からピストルを取り出し、銃口を娘に向ける。大人気ない。

 025.jpg
 ユミは臆することなく拳を構える……、緊迫した睨み合いが続くが、やがてユミの方から掲げた拳をだらりと下げてしまう。その瞳には涙が光っていた。

 前回、「母は死にました」と加寿子との訣別を宣した筈のユミだったが、やはり、母と戦うことはできなかったのだ。

 026.jpg
 しかし、それを見た加寿子も急に戦意をなくして銃を落とし、そのまま崩折れる。そして激しく嗚咽する。

 最後の最後で人間らしさを取り戻した母の姿に、ユミは頬を涙で濡らす。

 相変わらず、シナリオ的にはよく分からないのだが、何となく感動してしまうシーンになっている。

 027.jpg
 と、秘書(銀粉蝶)が戦闘員の背後から銃を構え、加寿子に代わってユミを撃とうとする。

 028.jpg
 しかし、後ろで見守っていたミホが最後のバラ投げを見せて、秘書を倒す。

 ひとりで騒いでひとりで倒れてしまう愉快な秘書だった。

 そう、結局戦闘員は突っ立ってるだけで、バトルは全くないのだった。

 029.jpg
 「セーラー服反逆同盟」として最後の勝利を得たユミたち。

 ただ、ルリとケイは最初から最後まで突っ立っていただけなので、手持ち無沙汰だっただろう。最後に、鉛筆投げやチェーン投げをやらせて欲しかった。

 030.jpg
 さて、黒鳥学園は元の黒鳥学園として再生する。しかも、それまでとはうって変わり、真面目な生徒と明るい教師のいる健全な学園として生まれ変わった。

 ……なんで?

 答え→最終回だから

 ここは、黒鳥学園が元に戻っただけで、いつもの不良たちが賑やかに登校する方が、らしかったかなとも思う。

 032.jpg
 生徒たちが真面目になるのはともかく、悪虐教師たちまでも別人のように善人教師になってしまうのは、さすがにどうかと思う。校長(藤岡重慶)なんか、2学期の初めに「お前らはクズだ!」とか生徒たちに言ってたのに。しかも、牧野先生(山本紀彦)の殺害に間接的に責任がある筈なんだけど、それもみんなチャラかよ。

 なお、九条(竹中直人)に至っては、

 025.jpg
 (21話より)

 031.jpg
 「別人のよう」ではなく、完全な別人になっていた。

 まあ、竹中直人だから許されるギャグである。

 033.jpg
 また、タケシやワタルたち不良がピチッと髪の毛を黒く固めて、真面目な格好で登校してくるのも笑いを誘う。

 035.jpg
 さて、ユミは、実母との再会を果たし、黒鳥学園の再生も成ったので、元の福岡県立大隈高校へ復学することになる。

 ひとり、アジトで白い制服を畳んでいると、ミホたちが現れる。

 ユミ「みんな……」
 ミホ「やっぱりここだったのね」
 雄太「ひでえよ、まだおいらの気持ち、全然伝えてなかったのに……」

 この期に及んでそういうこと言うなよ。

 ミホたちはユミのカバンに思い出の白い制服を半ば無理矢理詰め込んでから、送り出す。

 ケイ「さよならは言わないわよ」
 ルリ「またね、ユミ」
 ユミ「ここで見送って、全てはここから始まったから!」

 036.jpg
 風に吹かれながら、ひとり去って行くユミ。

 この辺から主題歌の「SHADOW OF LOVE」(A-JARI)が流れるが、イントロから歌い出しは1番の歌詞で、途中から2番の歌詞に変わると言う強引な加工がされている。最後なので2番の歌詞を使いたかったのだろう。

 なんだかんだでジンとしてしまうシーンである。

 038.jpg
 校舎の前でユミを見送る残留組。相変わらず、行儀の良いルリ、ケイだった。

 それぞれのアップに合わせて、キャラクターごとの名場面シーンが少しだけ流れる。ただ、例によって雄太の分はなし。かわいそ。

 で、ユミの姿が見えなくなった後、急にハードボイルド風に、目も言葉も交わさず、ひとりひとりその場を離れていくメンバー。「反逆同盟」の解散を示すものだろうが、その前からルリとケイは親友だったと思うが……。

 037.jpg
 ラストカットは、ミホの顔。

 なお、新生・黒鳥学園の運営は、山縣の遺志どおりミホが引き継いだのだろう。これによって「反逆同盟」本来の目的(学園正常化)が達成された訳だ。

 最終回は、ビジュアル的にはなかなか優れているし、仙道敦子さんの入魂の演技も素晴らしいのだが、シナリオ的にはいまいちだった。

 これにて、全23話のやっつけレビューを終わります。より詳しいレビューが読みたい方は、HPの徹底レビューをご覧下さい。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

「セーラームーン」にて今や幻で秋葉原の「ゴールデンエイジ」か中野ブロードウェイの「まんだらけ」かインターネットのオークションで運が余程良く無いと入手不可能で値段もそれなりに張る「アマゾネスカルテット」の人形が高校時代に発売されたのを気付かず買い逃してしまいました。

幻の「アマゾネスカルテット」の人形
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/ohkanzu/daisuki/ohsailor/ohsailor.htm" target="_blank">http://www.sam.hi-ho.ne.jp/ohkanzu/daisuki/ohsailor/ohsailor.htm

アマゾネスカルテットは姉妹で「ドラゴンクエスト8」の「バベルボブル」と同じく合体すれば左手になる末っ子のベスベス役が萩森順子さん、体になる3女のジュンジュン役がレジーナ役で槍で突き刺す声の渡辺久美子さん、右手になる次女のパラパラ役が明堂院いつき役の桑島法子さんの大親友の豊嶋真千子さん、頭になる長女のセレセレ役がフレッシュの入院患者のちかちゃんとアラモードの琴爪しの役の天野由梨さんです。

「ドラゴンクエスト8」の合体モンスター「バベルボブル」
https://www.youtube.com/watch?v=Wmp1ARb4KF8" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=Wmp1ARb4KF8

そしてリカちゃん用のドレスもピッタリ着用出来るので次の様なコーディネイトが良いと思います。

末っ子のベスベスに御似合いのドレス
http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/licca886037.html" target="_blank">http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/licca886037.html

3女のジュンジュンに御似合いのドレス
http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/licca888161.html" target="_blank">http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/licca888161.html

次女のパラパラに御似合いのドレス
http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/licca888154.html" target="_blank">http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/licca888154.html

長女のセレセレに御似合いのドレス
http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/licca886013.html" target="_blank">http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/licca886013.html

秋葉原の「ゴールデンエイジ」
http://otacky.tokyo/spot/1092/" target="_blank">http://otacky.tokyo/spot/1092/

中野の「まんだらけ」
https://www.gotokyo.org/jp/kanko/nakano/spot/130422_01.html" target="_blank">https://www.gotokyo.org/jp/kanko/nakano/spot/130422_01.html

Re[1]:「さよならは言わないわよ」~「セーラー服反逆同盟」簡易レビュー第23話 後編(10/24)  

クッカリス様
たくさんのリンク、ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター