fc2ブログ

記事一覧

「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第1話



 それにしても日本のドラマのDVDってなんでこんなにアホみたいに高いのだろう。しかも大昔の番組なのに。

 ま、自分はレンタルなので関係ないけど。

 最近、1979年~80年の仮面ライダー(スカイライダー)にはまっていて、毎日のように見ているワタシ。バカである。いや、一応理由があって、ライダーガールの一人、ユミ(巽かおり)ちゃんがとても可愛く思えて……、ま、いつもの病気ですね。

 主題歌のかっこよさとか、村上弘明の爽やかなイケメンぶりとか、他にもいろいろと美点のある作品である。全体的に地味だけどね。

 第1話「改造人間 大空を翔ぶ」

 PDVD_000.jpg
 個人的には何よりまずこのオープニングが素晴らしいと絶賛なのである。この曲がね。

 心躍るイントロに「レッツゴー」の掛け声、

 PDVD_001.jpg
 そして、みえみえの合成でハングライダーをたしなむ村上弘明に、水木一郎兄貴の魂の震える歌声がかぶさる。

 とべーとべーたかーくー空を行け セーリングジャンプ!(うっううっ)明日へ飛べ

 燃えろ変身、命懸け、己を変えて突っ走れ(おっおう)不滅のライダー、仮面ライダー

 戦いの時はいま、戦いの時が来た

 そして何より最後の、

 PDVD_002.jpg
 燃えろ(ジャンプ)燃えろ(ファイト)

 燃えろ燃えろ燃えろ燃えろ仮面ライダー

 放火魔の雄叫びのような連呼が、鳥肌が立つほどかっこいいのである。
 個人的には、仮面ライダーシリーズの中で最高の曲だ。

 PDVD_004.jpg
 さて、好青年・筑波洋(村上弘明)は、仲間たちとともにハングライダーを楽しんでいた。

 PDVD_003.jpg
 もっとも、彼らとは無線で交信したりするだけで、実際にからむことはない。

 飛行中、洋は謎のオートバイに襲われている科学者風男性を助ける。
 相手は謎の組織・ネオショッカーであった。

 PDVD_005.jpg
 だが、彼らの邪魔をしたため、洋の友人たちは全員土中に引き込まれて死亡!
 洋は、彼らの遺体を土の中から掘り出すのだが、考えたらかなりハードな展開である。

 PDVD_006.jpg
 洋は謎の女性・ミドリ(田中功子)に、先程の男性のところへ案内して貰う。

 男性は、志度(田畑孝)と言う科学者で、ネオショッカーに無理矢理改造人間の手術をさせられそうになって逃げ出したと言う。ミドリは彼の支援者らしい。

 で、まあいろいろあって(手を抜くな)、洋は瀕死の状態になるものの、志度は彼をネオショッカーの改造人間として蘇らせるのだった。

 PDVD_008.jpg
 雲のかかった山をバックに村上弘明。上背があるので、何をしても絵になるのだ。

 PDVD_009.jpg
 んで、変身。

 PDVD_010.jpg
 初めての変身に、水面に自分の顔を映し、「こ、これがあたし?」と戸惑うライダー。

 本来ならネオショッカーの忠実な怪人として大活躍する予定だったが、手術をした志度の小細工で彼は人間としての人格を保っていた。

 で、今回の怪人、カメレオンジンだかと戦って勝利するのだった。

 PDVD_011.jpg
 わざわざ自分たちの手で最強の敵を作ってしまい、青くなる大幹部ゼネラルモンスター(堀田真三)でした。大首領(納谷悟朗)に死ぬほど怒られる。

 PDVD_012.jpg
 なお、エンディングも、素晴らしいんだよね。

 勇敢に戦った男がいた 人生を戦った男がいた

 自由のために愛のために 君は何にかけ何と戦うか

 たったひとつのこの命を 遥かなる愛にかけて戦う

 それだけでいいのさ 俺は俺は仮面ライダー

 うーん、渋い。渋過ぎる。


 ま、誰も興味ないと思うが、この調子で全54話やる予定。マジで?


関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

この第1話ってスゴくいいなと思います。
特に、ハングライダー部の仲間が殺されるシーンとか…

「スカイライダー」って魅力的なシリーズと個人的に思うのですが
やはり村上さんのカッコよさに惹かれます。
村上さんは役者として大成なさったから
オーデションで選んだ石ノ森先生たちの眼は確かだったワケですね…

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第1話(12/22)  

>影の王子さん

コメントありがとうございます。

>やはり村上さんのカッコよさに惹かれます。

最初のたどたどしい演技も可愛いです。
あっという間に上手くなられましたね。

ついでに自分の記事を久しぶりに読み返しましたが、我ながらお粗末な内容でお恥ずかしい。思わず最初から書き直したくなります。

オープニング  

「仮面ライダー1971~1984 秘蔵写真と初公開資料で蘇る昭和ライダー10人」という本によると
「スカイライダー」前期のオープニングは、石ノ森先生が絵コンテを書いたとのこと。
中間部で、走行中のカットに怪人との対面カットが挿入されるなど実に細かいですね。

後期のオープニングは、歌の魅力が落ちるし、ひらがなの歌詞の字幕
歌には無い子供の「仮面ライダー仮面ライダー」コールと
前期と比べて大きく見劣りします。

前述の本によると「ネオ・ショッカーの怪人は下半身がタイツでデザインされていない」
との指摘がありました。やはり予算の都合もあったのでしょう。

視聴率が良くて、先輩ライダーやカラーリングの変更とか無かったら、より名作になったかも?
スカイライダーはカラーリングの変更だけですみましたが
怪人に殺害されて7人ライダーに改造されて別のライダーになる
新しいライダー「V9」が登場する・・・という「テコ入れ」案があったそうです。

Re:オープニング(12/22)  

影の王子様
毎度、貴重な情報ありがとうございます。

自分も、途中からOP・EDが変わるのがとても不満でした。前期OP・EDは、シリーズ中でも屈指の名曲だと思います。

燃えろ!仮面ライダー(アニキ自身)  

水木アニキが2001年に「アニキ自身」というCDでカバーしていました(カラオケは同じ)。
           ↓
https://www.youtube.com/watch?v=0W8g7h8RSE0

しかし、本当に名曲ですね!!
私はもう何回聴いたか?わかりません。

Re:燃えろ!仮面ライダー(アニキ自身)(12/22)  

影の王子様
情報ありがとうございます。

昔のBSの特撮ソング番組でも、この歌を披露されていましたが、トリハダものでしたね。

>しかし、本当に名曲ですね!!
>私はもう何回聴いたか?わかりません。

個人的にはスカイのOP・EDと、XのOP、ブラックのED、それと「ブラックホールメッセージ」あたりが昭和ライダーではベスト5かなぁ。

ZOの主題歌も何気に名曲でしたね。

カラーリング  

雑誌「テレビマガジン」での放送前の記事のようですが・・・

http://livedoor.blogimg.jp/ak1127-masked/imgs/b/b/bb9b0adf.jpg" target="_blank">http://livedoor.blogimg.jp/ak1127-masked/imgs/b/b/bb9b0adf.jpg

腕と胸以外が「強化後」の明るいカラーリングなのは
石ノ森先生のイラストでは当初から明るいカラーリングでだったので
撮影突入ギリギリで、「暗い配色」(強化前)に変更されたのかもしれません。

Re:カラーリング(12/22)  

影の王子様

貴重な情報ありがとうございます。

なんか楽しそうな記事ですね。

ありがちだけど

いきなり主人公以外の仲間が未知の敵(この場合はネオショッカー)に倒されるシーンは、分かっていてもハードな展開ですね😅

Re: ありがちだけど

もう10年近く前なんですねえ。

No title

(1)みどりは第1話ではミステリアスな感じでしたが第2話以降は陽気で多弁な女性として描かれましたが第1話のミステリアスなキャラのままで洋のパートナーにすべきだったと思います。そうすれば原点回帰という要素を強調できて、他の作品との差別化もできたと思います。

(2)仮面ライダー(スカイライダー)ですが新機軸であるセイリングジャンプとライダーブレイクという2つの要素は無しで原点回帰というコンセプトのみにするべきだったと思います。
セイリングジャンプもライダーブレイクも話の流れを切るように無理やり挿入するしかできなくて完全に持て余していましたし、原点回帰という要素のみだったらもっと話がまとまったと思います。

Re: No title

> (1)みどりは第1話ではミステリアスな感じでしたが第2話以降は陽気で多弁な女性として描かれましたが第1話のミステリアスなキャラのままで洋のパートナーにすべきだったと思います。そうすれば原点回帰という要素を強調できて、他の作品との差別化もできたと思います。

そうですね。2話以降はほとんど別人ですね。

> (2)仮面ライダー(スカイライダー)ですが新機軸であるセイリングジャンプとライダーブレイクという2つの要素は無しで原点回帰というコンセプトのみにするべきだったと思います。
> セイリングジャンプもライダーブレイクも話の流れを切るように無理やり挿入するしかできなくて完全に持て余していましたし、原点回帰という要素のみだったらもっと話がまとまったと思います。

まあ、やっぱり何か新しいことをしようと思うのが人情ですからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター