fc2ブログ

記事一覧

「仮面ライダー」 第80話「ゲルショッカー出現!仮面ライダー最後の日!!」 前編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面ライダー Blu-ray BOX 4【Blu-ray】 [ 藤岡弘 ]
価格:19985円(税込、送料無料) (2019/4/21時点)



 第80話「ゲルショッカー出現!仮面ライダー最後の日!!」(1972年10月7日)

 ゲルショッカー篇の初回である。

 冒頭、山の中のあまり綺麗とも言えない川のそばでキャンプをしている4人組の女子大生(?)。

 飯盒炊爨をしようということになり、二人が薪を取りに山に、二人が川に米を研ぎに行く。

 
 女の子「これぐらいでいいかな」
 女の子「そうね」

 そして、川に行った女の子のひとりが、このブログではお馴染みの、松井きみ江さんなのです!

 まだとてもあどけなく、後年の2時間サスペンスなどにおける悪女の面影はまったくない。

 
 台詞の後、意味もなく舌を出すところなんかがとってもラブリー。

 と、急に目の前の川面が泡立ってきて、さらに「イーッ」と言う奇妙な声が聞こえてくる。

 
 女の子「何か聞こえた?」
 女の子「人の声よ」

 なんとなく不安になって、あとずさる女の子。

 ここで我々は、松井さんの胸が結構でかいことに気付き、万歳三唱したくなるのでした。

 
 その泡の位置と、水中の黒い物体の位置が明らかにずれていることには気付かないふりをしてあげる優しさが欲しい。

 
 そして、身構える女の子たちの眼前で、「生まれたーっ!」とばかりに元気良く飛び出してきたのが、桃太郎ではなく、ショッカーの戦闘員なのでした。

 
 女の子「あ゜あ゜ーっ!」

 物凄い顔で悲鳴を上げる二人。

 恐れおののく松井さんの胸がゆさゆさ揺れるのが大変喜ばしいシーンとなっております。

 
 戦闘員「こ、殺される。た、助けてくれーっ!」

 そして、その戦闘員が松井さんたちに必死に助けを求めるのが、ひっじょーっに情けないシーンとなっております。

 おまけに、

 戦闘員「と、東京の仮面ライダー本部まで連れてってくれーっ!」

 と、こともあろうに宿敵の仮面ライダーに縋ると言う、情けないにもほどがある醜態を晒す。

 いくら倒産した会社の社員だからって、ここまで落ちぶれたくはないよね。

 戦闘員の背後から、恐ろしげな怪物が出てきたところで、二人はとっとと逃げ出す。

 怪物は、数話前からチラホラ登場していたゲルショッカーの怪人ガニコウモルであった。

 怪人「ショッカーに取って代わる新組織に、貴様らは必要ではないのだ!」

 川の中に引きずり込まれ、あわれ、戦闘員はガニコウモルに惨殺される。

 二人がテントのところまで戻ると、山に行っていた二人が気を失って倒れていた。

 
 女の子「スミ子、スミ子!」
 スミ子「あーああっああっ……」

 で、スミ子と呼ばれる女の子を演じているのが、カゲスターの早川絵美さんなのだった。

 
 スミ子の指差した方を見ると、目の前の木立の中に、たくさんの戦闘員の無残な死体が転がっていた。

 
 4人は一斉に悲鳴を上げると、そのままばたんと倒れて気絶してしまう。

 でも、スミ子ともうひとりの女の子は、既に一度見てる筈なんだから、また失神すると言うのも変なんだけどね。

 それはそれとして、松井さんの貴重なフトモモ!

 
 子供「いま悲鳴を上げたのはこのお姉ちゃんたちだな」

 と、同時に、いきなり少年ライダー隊の制服を着た子供が飛び出てくるのだが、物凄く不自然。

 なんでこんな山の中に、そんな子供が一人でいるんだよ?

 目の前に気を失った4人のお姉ちゃんがいて、しかも周りには誰もいないというシチュエーション、色気づいたガキには最高のボーナスタイムと思えたのだが、あいにく、いや、さいわい、その子供は精通前の真面目な少年ライダー隊員だったので、戦闘員の死体を見るや、松井さんのパンツの色を確かめることもせず、ペンダントの通信機で本部に知らせるのだった。

 そして次のシーンでは、早くも戦闘員の死体を回収して運搬中のトラックの荷台で話している滝と猛と言う、実にスピーディーな編集。

 
 滝「一体これはどういうことなんだ? 裏切り者の処刑にしては数が多過ぎる」
 猛「ガラガランダを倒した後、ショッカーの首領が気になることを言ってた。ショッカーは地上から消えて新しい組織を編成するんだと」

 
 滝「すると、新しい組織にとって旧ショッカーの戦闘員は要らなくなった」
 猛「邪魔者は殺せって奴かも知れん……とにかく一日も早く新しい組織の正体を探り出さないと手の打ちようがないぞ」
 滝「新組織の手抜かりは、この死体を残したことだ」
 猛「死体を調べれば何か掴めるかも知れん」

 掴めるかなぁ?

 トンネルを抜けた先に作業員がいて、「工事中だ、迂回してください」

 だが、迂回路の先にもバリケードがあり、通れなくなっていた。

 
 猛「おい、どうしたんだ?」
 運転手「迂回標識どおりに来たら、行き止まりなんですよ」

 滝が荷台から降りて、「バックだ、オーライ」と、運転手に指示しながら後退させる。

 と、トラックの背後から、ダンプカーが後ろ向きで猛スピードで突っ込んでくる。

 
 滝「あっ」
 猛「つかまれ!」

 

 
 トラックとダンプカーの間で押し潰されそうになった滝が、ぎりぎりで荷台に引き揚げられるスリリングなアクション。

 もっとも、さすがにこれは、ダンプカーが荷台に密着した状態から反対側に走り出すと同時に、滝が荷台から飛び降りるシーンを逆回転してるだけのようである。

 
 滝「ふざけた野郎だ!」

 いきり立つ滝だったが、今度はダンプカーの荷台が傾いて壁のようにそそり立ち、

 
 その荷台の底に三人のゲルショッカー戦闘員が仰向けに張り付いていると言う、息も付かせぬ展開。

 滝「なんだ、こいつらは?」
 猛「危ない!」

 
 さらに、猛がダンプに乗り移り、動いている荷台の上で格闘すると言う、意欲的なシーンとなる。

 猛「こいつらはショッカーをやっつけた新しい組織の奴らだ」

 遠くにいた三人の戦闘員が、大きな四角い色紙になって飛んできて、荷台の上で実体化する。

 そして、逃げようとしたトラックの運転手が、ダンプの運転席にいたガニコウモルに殺される。

 猛「やはりお前か?」
 怪人「そうだ、このガニコウモルの出番だ」
 猛「聞こう、お前が所属する新しい組織の名前は?」

 すっかり顔馴染みと言う感じのガニやんに、真っ正面から問い掛ける猛。

 何故なら、いちいち「新しい組織」と言うのが、めちゃくちゃ面倒臭いからである!

 実際、ゲルショッカーがいつまで経っても正式名称を教えてやらなかったら、それだけでライダーやおやっさんたちに対する結構なイヤガラセになってたんじゃないかと思う。

 が、ガニやんは、なかなか度量の大きい、男気のある奴で、

 
 怪人「いいとも、この世の名残りに聞かせてやろう。ショッカーの全組織は再編成された」

 ヒーローの求めに応じて教えてくれるのである!

 
 怪人「そして密かにアフリカ砂漠で猛訓練をした秘密団体ゲルダムがショッカーのパワーアップに加わった!」

 ガニやん、度量も大きいが、チ○コも大きいのである!

 それに比べて、

 
 滝「もったいぶらずに言え!」

 教えてもらう立場にありながら、口汚くせかす滝のなんと小さいことよ(詠嘆)。

 怪人「その名はゲルショッカー!」
 猛「なに? 下痢ショッカー?」
 怪人「ちゃうわ!」

 ……と言うようなプリミティブなギャグを考えた奴はたくさんいるだろうが、実際に書いたのは管理人だけだろう(威張るなよ)。

 
 滝「へっ、名前を変えれば強くなると思ってるのか?」
 猛「……」

 今回の滝は妙にチンピラテイスト濃厚で、わざわざ教えてくれたのに「ありがとう」の一言もなく、それどころか、いわれのない憎まれ口を叩く。

 隣の猛も、「いや、名前だけじゃなくて、ゲルダムと合体して再編成したって言うてるやん……」と、心の中で相棒に突っ込みを入れていたという。

 怪人「ゲルショッカーは無敵の軍団だ。俺様が相手になるまでもない」

 再び戦闘員とのバトルとなるが、確かにゲルショッカーの戦闘員は、戦闘中にパッと姿を消したり、

 
 消えたかと思ったらまた現れて、鋭い蹴りを滝の股間に叩き込むなど、ショッカーの戦闘員とは別次元の戦闘能力を有していた。

 
 滝「強い、ショッカーの戦闘員なんか比べ物にならないぞ」
 猛「弱音を吐くな、ゲルショッカーとの戦いは始まったばかりだ」

 猛、滝を叱咤すると、当初の目的である戦闘員の死体を、トラックで運ぶよう指示する。

 猛もライダーに変身し、トラックを追いかけようとする戦闘員たちをぶちのめす。

 
 怪人「甘く見たようだな、ゲルショッカーに手抜かりはないっ」
 ライダー「なにっ、さては戦ってる隙にあの車に細工したのか」

 いや、細工する暇があるのなら、とっととトラックごと持ち去れば良かったのでは?

 怪人「もう遅い、あと30秒で、滝は車ごと吹っ飛ぶ」
 ライダー「しまった」

 残念なことに、ゲルショッカーの怪人もまた、「聞かれもしないことをべらべら敵に喋っちゃう」と言う、ショッカー怪人同様の性格的欠陥を有しているようだ。

 
 ライダーの声「滝の車に時限爆弾を仕掛けたのか」
 ユリ「じ、時限爆弾?」

 で、何故かライダーの声が、まるで通信機をかけっぱなしになっているように、本部の無線機から聞こえてくる。

 ライダーに変身すると、自動的に同調するようになっているのだろうか?

 でも、いくらユリたちが鈍くても、同じ通信機から猛とライダーの声を聞こえてきたら、同一人物だって分かりそうなもんだけどね。

 今回、ここまではアクション、編集ともども100点満点だったのだが、

 
 ここで出さずもがなの、ローファイ過ぎるミニチュアを出してしまって台無しにしてしまう。

 いくらなんでもこれはないよね、これは……。

 トラックは大爆発を起こすものの、滝は寸前で逃げてかろうじて助かる。

 後編に続く。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

最初だけは

ゲルショッカーも最初だけは手強い感じでしたがね😅後にショッカーの教訓を活かせない(学習しない)事が分かってしまうのが悲しいですね😢

ゲルショッカー編に突入

>≧子供「いま悲鳴を上げたのはこのお姉ちゃんたちだな」と同時に、いきなり少年ライダー隊の制服を着た子供が飛び出てくるのだが、物凄く不自然・・・なんでこんな山の中に、そんな子供が一人でいるんだよ

>レビューを読むと「そもそも山の中に少年ライダー隊の子供がなぜいるんだよ?」という疑問を感じますね。普通なら「営林署の職員(またはパトロールの警官)が倒れているスミ子たちを介抱し、戦闘員の惨殺死体を見たこととガニコウモルを目撃したことを伝え、ガニコウモル目撃談と戦闘員殺人事件は東京の少年ライダー隊に通報される」って展開がベターだと思うんですがねえ…。

>≧ここで出さずもがなの、ローファイ過ぎるミニチュアを出してしまって台無しにしてしまう。いくらなんでもこれはないよね、これは……。

>キャプチャ画像を見ると「ミニチュア特撮でなく実物のトラック爆破を描いても良かったんじゃないかなあ…」と思ってしまいますね。ジオラマめいたミニチュア特撮だと迫力がね・・・。

ゲルショッカーは少数精鋭か?

レビューを心待ちにしてました!ありがとうございます!

ショッカーとデストロンの間のゲルショッカーは両者より小規模な感じですね。
一旦は規模を縮小したうえで戦力増強を図った・・・のでしょう。
このガニコウモルや91話のムカデタイガー、そしてショッカーライダーと強敵揃い‼
確実にショッカーより強いよ!

この悪の再編成劇が
平成になって吹き荒れたM&Aやリストラクチャリングの予告・・・ではないにせよ
平山Pいわく「映画の斜陽で社員がどんどんいなくなった」
「仮面ライダーのヒットでも次々を新作を出さないとダメとの強迫観念があった」
鈴木武幸氏は「仮面ライダーがヒットする前はテレビドラマ部は死に体だった」と。
惨殺されるショッカー戦闘員の姿とは?

平成でも活躍したカッコいいガニコウモルですが
前2回の声が池水通洋さん、今回が西崎章治さんに代わっていますが
憎々しさは西崎さんの方が上ですね。

神出鬼没の少年ライダー隊!

>なんでこんな山の中に、そんな子供が一人でいるんだよ?

他の方も仰っている通り、確かにです!正に神出鬼没の少年ライダー隊です!!一方でムカデタイガーのお話で深手を負った本郷を助けたライダー隊の男の子は、隊員ながらも制服を着ておらず非番の日を利用してお姉さんとロッジに来ていたと言う想定になっておりこちらの方が自然な展開に思えます。
後、戦闘員に玉割りキック(!)を喰らい思わずひょっとこ口になっている滝がトホホです!そして本郷=ライダーと滝がそんな危機的状況に陥っているにも拘らず無線を煎餅をかじりながら聴いているチョコ・・・。チョコの着ている黄色いシャツも手伝いブラックマグマの大攻勢の最中にも、腹が減っては何とやらとばかりカレーをお代わりしては
「豹さん、腹も身の内よ。」
と美佐さんに窘められているパンサーを思い出さずにはいられません(笑)。

Re: 最初だけは

あっという間にショッカーの戦闘員と大差なくなるのが悲しいです。

Re: ゲルショッカー編に突入

> 普通なら「営林署の職員(またはパトロールの警官)が倒れているスミ子たちを介抱し、戦闘員の惨殺死体を見たこととガニコウモルを目撃したことを伝え、ガニコウモル目撃談と戦闘員殺人事件は東京の少年ライダー隊に通報される」って展開がベターだと思うんですがねえ…。

リアリティーの点で言えばそうですね。ただ、少年ライダー隊員を出すことで、展開がスピーディーになると言う利点はありますね。

> キャプチャ画像を見ると「ミニチュア特撮でなく実物のトラック爆破を描いても良かったんじゃないかなあ…」と思ってしまいますね。

うーん、さすがにそれは予算的に無理なのでは?

Re: ゲルショッカーは少数精鋭か?

> レビューを心待ちにしてました!

お待たせしてすいません。

> このガニコウモルや91話のムカデタイガー、そしてショッカーライダーと強敵揃い‼
> 確実にショッカーより強いよ!

これだけ明確に「強さ」が表現された「悪の組織」と言うのも珍しいですよね。

> 鈴木武幸氏は「仮面ライダーがヒットする前はテレビドラマ部は死に体だった」と。

大変だったんですねえ。

Re: 神出鬼没の少年ライダー隊!

> 他の方も仰っている通り、確かにです!正に神出鬼没の少年ライダー隊です!!一方でムカデタイガーのお話で深手を負った本郷を助けたライダー隊の男の子は、隊員ながらも制服を着ておらず非番の日を利用してお姉さんとロッジに来ていたと言う想定になっておりこちらの方が自然な展開に思えます。

そうですね。まぁ、こういうところが「仮面ライダー」らしくもあるんですが。

> 後、戦闘員に玉割りキック(!)を喰らい思わずひょっとこ口になっている滝がトホホです!

たまにああいう顔になりますよね。最近発見しましたが。

名前を変えれば強くなると思ってるのか?

「仮面ライダー」98話と「V3」1話の間

大首領「ライダーの奴、まんまと騙されよったで。FBIも手引いたしな。まずまずや。
ゲルショッカー、負けてもうたが、ショッカーよりは強かったで。
そうや!次も濁点入れたろ!よっしゃー!デストロンや!」
          ・
          ・
          ・
ゴッド
ゲドン
ガランダー
ブラックサタン
デルザー
        
大首領「なんでかなぁ?」

最初だけかよ😠

ゲルショッカーはショッカーよりは、優秀なんでしょうけどどうも間抜け差加減はショッカーと同じようですね😅最初だけかよ😠と思ったのは小生だけでしょうか?

Re: 名前を変えれば強くなると思ってるのか?

しかし、デストロンまでははっきり首領が黒幕だと分かってますが、ゴッド以降はどう考えても別組織で、すべて首領が糸を引いていたというのは明らかに後付けですよね。

Re: 最初だけかよ😠

まあ、怪人の強さに関しては明らかにショッカーより上でしょうけどね。バカはだいたい同じだと思います。

返信ありがとうございます

長老バゴーの不思議な改造手術、そのバゴーの弟子:十面鬼ゴルゴス率いるゲドン
は明らかに浮いてますよね。
他の6人ライダーとその敵組織は明らかに機械改造なので・・・

ま、その場の空気を読んだXライダーとアマゾンが大人なんでしょう(笑)

Re: 返信ありがとうございます

他にも、ゲドンとガランダーとか、ブラックサタンとデルザーとか、同じ奴が経営しているのなら乗っ取る必要ないだろうと突っ込みたくなります。

ライダー隊員は田村円さん

90年代の東映特撮で悪役を演じた田村円さんがライダー隊員役で出てます。
田村さんは成人後はパワーファイターのイメージが強いので子役時代とはかなりギャップがあります。
田村円さんの代表作は93年のダイレンジャーで、ライブマンのケンプとマゼンダを演じた俳優二人とも深く関わります。

Re: ライダー隊員は田村円さん

ダイレンジャーとカクレンジャーは全然見てないんですよね。

オーレンジャーは宮内さんが出てるので見ましたが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター