fc2ブログ

記事一覧

「仮面ライダー」 第81話「仮面ライダーは二度死ぬ!!」 後編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面ライダー Blu-ray BOX 4【Blu-ray】 [ 藤岡弘 ]
価格:19985円(税込、送料無料) (2019/5/8時点)



 第81話「仮面ライダーは二度死ぬ!!」(1972年10月14日)
 の続きです。

 さて、舞台変わって、峰病院と言う小さな個人病院があった。

 
 その院長の峰芳子(糸見愛)と言う美しい女医こそ、峰信太郎の愛する妻であった。

 
 仕事の合間、ふと、デスクに置いてある夫の写真に目をやり、物憂い表情になる芳子さん。

 信太郎は、一年前から南米に行くと出掛けたきり、行方不明となっていたのである。

 いやぁ、それにしても良いよね、この女優さん。

 いかにも知的で清楚で大人の女性と言う感じで、「仮面ライダー」のゲストの中でも屈指の美女である。

 と、窓の外から「ソーリー、ソーリー」と、アメリカ人がしきりに謝ってるような声が聞こえてくる。

 
 芳子「何の音かしら?」

 似てると言うほどじゃないが、岡本舞さんに雰囲気が似てるような気がする……。

 やがてサソリトカゲスが「ソーリー!」と叫びながら元気良く登場し、芳子を捕まえる。

 
 怪人「言うのだ。お前の夫・峰信太郎はどこだ?」
 芳子「ふうっうっ……」

 恐怖のあまり、口も聞けずに震える芳子さんが可愛いのである!

 
 峰「誰も追ってこない、ゲルショッカーは俺のことに気付かなかったんだ」

 ちょうどその頃、何も知らない峰信太郎が懐かしき自宅に辿り着いていた。

 しかし、橋の上で、サソリトカゲスたちが躍起になって自分のことを探している声を、橋桁の下にいた峰もしっかり聞いてる筈なので、「俺のことに気付かなかった」と思うのは変だよね。

 
 峰「ここまでくれば……うっううっ」

 だが、峰がホッとしたのも束の間、看板の後ろに潜んでいた、包帯で顔をぐるぐる巻いた謎の人物に背後から襲われ、口を塞がれて何処かへ連れて行かれてしまう。

 これも、視聴者をドキッとさせる優れた演出である。

 サソリトカゲスたちは、院内に峰がいないことを知ると、妻に会いに来るであろう峰を待ち伏せすることにする。

 やがて、玄関のブザー(?)が鳴る。

 
 怪人「はっはっはっ、やっぱり来たな、死にそこないめが」

 戦闘員に両手を掴まれて立っている芳子さんだが、服の上からでも腕の細さが見えて、いかにも頭脳労働の女医さんと言う感じがして良いのです。

 
 芳子「……」

 廊下を近付いてくる足音。

 
 芳子「逃げて、あなたー!」
 怪人「峰、逃げれば可愛い妻の命はないぞ」

 脅しが効いたのか、足音の主は逃げもせずにドアを開けて静かに入ってくる。

 
 だが、それは、峰ではなく、さっきの怪しい包帯男だった。

 怪人「そんなもので変装したつもりか?」
 猛「ふっはっはっはっはっ……」

 
 怪人「狂ったか、峰信太郎?」
 猛「俺は正気だぞ、ゲルショッカーのサソリトカゲス!」(なんで名前知ってるのだろう?)
 怪人「う、その声は?」(なんで猛の声を知ってるのだろう?)

 そう、その怪しい包帯男こそ、死んだと思われていた猛だったのである。

 
 猛「ガニコウモルと戦い、傷を受けていた俺はその峰先生に救われ、全快した。今度は俺が助ける番だ!」

 ヒーローとしては当然のことかもしれないが、恩義には恩義で報いる猛の男気に、改めて惚れ惚れする管理人であった。

 
 猛「安心なさい、ご主人は無事だ」

 ゲルショッカーの怪人は、基本的にショッカーの怪人の3倍は強いので、猛の精悍な眉毛を見てもたじろがず、

 怪人「本郷猛、小物を始末しに来て貴様に会えるとは、俺はついておるワイ。貴様を倒してサソリトカゲスの名をゲルショッカーに轟かしてやるのだー」

 それどころか、ますます闘志を燃え上がらせるのだった。

 猛、芳子を逃がしてから、ライダーに変身してサソリトカゲスと戦うが、

 ライダー(この改造人間とまともに戦う為には今少しの時間が必要だっ、体が完全ではないらしい)

 本郷猛としては全快したものの、仮面ライダーとしてはまだ完全回復していなかったらしく、不利を悟るや、サイクロンに飛び乗って一旦退却するのだった。

 猛に教えられたのだろう、峰夫妻は少年ライダー本部に来ていた。

 
 滝「えっ、本当ですか? ほんとに間違いないんですね」
 峰「芳子、間違いないね」
 芳子「ええ、(猛が)そう言ってました」
 滝「やっぱり無事だったんだ。仮面ライダーは生きてたんだ!」

 
 猛を通じて芳子の口から、ライダーが健在だったことを知り、滝たちは驚喜する。

 ナオキ&ミツル「仮面ライダーばんざーい!」

 でも、さっきと同じく、あわせて猛の無事を知った(筈の)ナオキたちが、ライダーの無事を喜ぶばかりで猛のことにはひとっことも触れないと言うのは、いかにも不人情に映る。

 と、ライダー隊の通信機が鳴り、滝が喜び勇んで「本郷か?」と出るが、猛にあらずで、ブラック将軍からだった。

 ブラック将軍、何をトチ狂ったか、今から30分後に東京都民を皆殺しにしましてよと、作戦の機密をべらべら喋ってしまう。

 滝「そんなことが出来るものかっ」
 ブラック将軍「可能か不可能か、そこにいる峰に聞け」

 ブラック将軍に言われて、滝は峰の顔を振り返る。

 
 芳子「あなた」
 峰「サソリトカゲスの吐く酸欠ガスは恐ろしい威力を持っています」
 ブラック将軍&滝(いや、だから、可能か不可能かって聞いてるんだけど……)

 ブラック将軍、ライダーが進んで改造手術を受けてゲルショッカーの仲間になるのなら、皆殺し作戦は中止しても良いと滝たちに提示するが、視聴者の目には、かつてショッカーの大幹部が繰り返してきた、作戦遂行とライダー打倒の二つの目的を同時に叶えようと言う戦略的ミスの轍を、ブラック将軍も踏んでいるようにしか見えないのだった。

 どうせ、ライダーが条件を飲んでも、皆殺し作戦は決行するつもりなのだろうし。

 そして、ブラック将軍が指定した場所が、奇しくもおやっさんのいるライダーのトレーニング場であった。

 サソリトカゲスは、おやっさんのそばに瞬間移動すると、その花束を奪い、

 
 怪人「本郷猛、いいや、仮面ライダーは死んだと思わせて、ゲルショッカーの裏を掻こうと言うつもりだろうが、そうはさせん。いやつは、ここに来るのだ!」
 立花「なんだと、本郷は生きてるといったな?」
 怪人「うん、そうだ、貴様たちの芝居に危うく一杯食って、大東京無血占領作戦を妨害されるところだった」

 いや、「無血」って、確かに酸欠なら血は出ないかもしれないが、殺すことには変わりないのだから、それを「無血」とは言わないよね。

 
 立花「ははははっ、本郷は生きてる、生きてたのか!」

 敵からこの上ない朗報を聞かされてコーフン気味に拳を握り締めて叫ぶおやっさん、そのまま、サソリトカゲスに駆け寄ってハグでもしそうな勢いだったが、

 
 怪人「うむっ! 笑って済むのか? 立花、今お前は、本郷猛を始末する道具なのだ!」

 「馴れ合い無用」とばかりに、寸前で勢い良くサソリトカゲスが振り向いた為、未遂に終わる。

 しかし、ブラック将軍は、「ライダーの再手術→仲間にする」と言ってるのに、怪人の方は「始末する」と言ってて、司令部と現場で作戦の意図が食い違っているようにも見え、これまた、ゲルショッカーの未来に暗雲が漂っているように思える管理人であった。

 それに対し、

 立花「本郷が生きてると分かった今、道具などに利用されてたまるか。俺はいつ死んだって惜しい命じゃない、ようし、俺のほうから死んでやる!」

 さっきは、猛が死んだと思って「何をする元気もない」としょんぼりしていたのが、猛が生きていると知った途端、勇気百倍、元気に自殺しようとする、はっきり言って、何を考えているのか良く分からないおやっさんであった。

 そう言えば、だいぶ前にも、「舌噛んで死んでやるぅ!」と、くノ一みたいな方法で自殺を図っていたおやっさん、こう見えて、自殺願望があるのかもしれない。

 おやっさん、今回は崖から飛び降り自殺をしようとするが、怪人に殴られて気絶し、命拾いする。

 ある意味、サソリトカゲス、おやっさんの命の恩人だよね。

 この後、色々あって、結局いつものようにライダーとサソリトカゲスの一騎打ちとなる。

 それまでのストーリーが面白かっただけに、ここでいつものように長い長い、気の遠くなるほど長いラス殺陣になるのは残念だったが、所詮、当時のちびっ子たちには、綺麗な女優さんやドラマなどどうでも良くて、とにかくライダーと怪人がどつきあいするところさえ見れれば良いと言う感じだったのかもしれない。

 
 ライダーの体は元通りになっていたが、それでもやはりゲルショッカーの怪人は強く、ライダー、追い詰められて、崖から落ちそうになる。

 
 が、勝利を確信したサソリトカゲスは、

 怪人「見ていろ、風向きは酸欠ガスにお誂え向きだ。1000万人皆殺しだ!」

 トドメをさす前に、空を仰いで雄叫びを上げる。

 その僅かな隙に、

 
 ひょこっと意う感じでライダーが怪人の足元から顔を出し、

 
 その無防備な足を掴み、「えい!」とばかりに、思い切り引き摺り下ろしてしまう。

 怪人「そりっ、いっ、いやっ、ああっ、ああーっ!」

 情けない声を出しながらライダーと一緒に斜面を転がり落ちる怪人の醜態に、管理人、大笑い。

 
 と、ここで、突然峰夫婦が現れ、

 峰「仮面ライダー、サソリトカゲスの弱点は背中だ」
 ライダー「ありがとう!」

 なんでショッカーの科学者だった峰が、ゲルショッカーの怪人の弱点を知っているのか謎だが、とにかく、助言を受けたライダー、「ライダー反転キック」と言う説得力のある技で怪人の背中を蹴り、

 
 ようやく強敵を仕留めることが出来たのだった。

 それにしても、怪人の爆破シーンにレギュラーでもない民間人が居合わせると言うのは、異例の演出である。

 佐々木さんはともかく、糸見愛さん、怖かっただろうなぁ。

 
 なお、その爆発の際、峰夫婦が隠れている岩と岩との間に、人の頭のようなものチラッと見えるのだが、これは勿論、スタッフだろうなぁ。

 いつもの爆発シーンと違って生身の俳優さんが近くにいるから、万が一のことを考えてスタッフが待機してたのかなぁ?

 ともあれ、今回も随所に工夫と新しい試みが見られる、見応えのある力作であった。

 どうせなら、芳子さんの見せ場がもっとあったら良かったのだが……。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

二兎は追えない

ゲルショッカーもショッカー同様“二兎を追うものは一兎をも得ず”の教訓を忘れてしまいましたね😅どう転んでも勝てる筈なのに何故二面作戦を実行してしまったのでしょうか?組織が変わってもやる事が杜撰ですね😥

南米

>信太郎は、一年前から南米に行くと出掛けたきり、行方不明となっていたのである。
平山Pのライダーシリーズにつきものが「南米」。
○一文字が(死神博士を追ったとされる)行ったのが南米
○「アマゾン」の舞台のアマゾンは南米
○魔神提督がいたのが南米支部
○「ZX」の村雨良が姉とともにさらわれたのが南米アマゾン

やっぱ、これって「ナチスの幹部が南米に逃げて」というのに影響されてるのかなぁ?

芳子さん

なんで芳子さんの白衣男物なの?夫の着てたのかな?

なんか似てる

サソリトカゲスが仮面ライダー(1号)を踏みつけて見下す→この後足を取られる→仮面ライダーにとどめを刺されるシーンは、何となく第19話でヒトデンジャーが仮面ライダー(2号)相手に同じようなパターンで負けたのとなんか似てるような気がするのは、小生の錯覚でしょうか?

サソリトカゲス

カブトのサブライダーのサソードに似ています。

ちょっとおかしい

ブラック将軍が「仮面ライダーの再改造」を持ち出すのはふいに落ちないですね。
すでにガニコウモルであと一歩まで追い詰めてるし
旧ショッカーの産物たるライダーを戦力に加えるのは
ブラック将軍のプライドが許さない気がしますね。

Re: 二兎は追えない

ま、首領は同じ人ですからね。

Re: 南米

> やっぱ、これって「ナチスの幹部が南米に逃げて」というのに影響されてるのかなぁ?

あれは(都市伝説じゃなくて)ほんとに逃げたんですかね。

Re: 芳子さん

そう言えばそうですね。

Re: なんか似てる

そう言えば同じようなことしてましたね。

Re: サソリトカゲス

そうですか。

Re: ちょっとおかしい

確かにそうですね。ブラック将軍と言うより、まだ諦めきれない首領の意向でしょうか。

造形

「ソーリー」はほんと笑っちゃいますが,ゲルショッカーの合成怪人の造形って,今見てもなかなかのものでしたね。今回のサソリトカゲスも,静止画で拝見して,改めてそう思いました。一番のお気に入りは,クモライオンですかねー。

仮面ライダー対ナイトライダー

峰博士役のささきいさおさんは、「ナイトライダー」の主人公・マイケルの声でも知られています。つまりこのお話は仮面ライダー対ナイトライダーの夢の共演という事になります!!そのため芳子さん役もマイケルの相棒の女性・ボニーの声・小山茉美さん若しくはエイプリルの声である潘恵子さんだったならとも思え、更におやっさんがサソリトカゲスの猛威に晒されている時、ライダーより先に峰博士がナイト2000に乗り現れてくれたらなんて言う想像もついしてしまいます!!
しかし本郷が生きていたと知った途端、相手がサソリトカゲスであるにもかかわらず
「~♪」
な態度をとり、その直後投身自殺を図ろうとするおやっさんには本郷が生き延びていた嬉しさ余って気が触れてしまった様にしか見えません。サソリトカゲスが
「笑って済むのか?!」
と言っているものそんなおやっさんを敵同士ながらも気遣っている様に聞こえます(また笑)。

Re: 造形

そうですね。カッコイイ上に強いのだから、たまりませんよね。

Re: 仮面ライダー対ナイトライダー

> しかし本郷が生きていたと知った途端、相手がサソリトカゲスであるにもかかわらず
> 「~♪」
> な態度をとり、その直後投身自殺を図ろうとするおやっさんには本郷が生き延びていた嬉しさ余って気が触れてしまった様にしか見えません。

あれはどう考えてもおかしいですよね。むしろ、ライダーが生きていたのなら俺も死んでたまるかってなりそうですけど。

お久しぶりです

おっ?ブログ復活しましたか。待ってましたよ(^^)


本話でのゲストがささきいさお氏とは驚きました。

しかし、いつ見ても悪ってのは詰めが甘いもんですな(笑)


さっさと酸欠ガス振り撒けばいいものをバカ笑いしすぎて隙を突かれてライダーに引きずり落とされるというお粗末な展開になりましたからねえ…(笑)


さて、70話から続いた本郷猛の上下白の服装&14話から続いたEDの冒頭のお台場にてライダーを含む全員ドボンの風景も本話が見納めとなります。


82・83話の本郷の服装は51・52話で披露した上下デニムスタイルです。

Re: お久しぶりです

お久しぶりのコメントありがとうございます。またお会いできて嬉しいです。

> さっさと酸欠ガス振り撒けばいいものをバカ笑いしすぎて隙を突かれてライダーに引きずり落とされるというお粗末な展開になりましたからねえ…(笑)

ま、ショッカーと同じ人が首領やってますからねえ……。

それは違うと思うのですがね

大東京無血占領作戦と言っても人を殺める以上無血とは違うと思うのですがね😅その事にブラック将軍もサソリトカゲスも気づいていないようですね

Re: それは違うと思うのですがね

ま、毒なら血は出ないだろうという意味で言ってるんでしょうが、日本語としては間違いですね。

No title

美人女医芳子の女優さんは歌手の平山みきさんの実のお姉さんです。もうお亡くなりになりましたが、凄い美人ですね。

Re: No title

貴重な情報ありがとうございます。

確かに似てますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター