FC2ブログ

記事一覧

「バトルフィーバーJ」 第28話「謎のボートを追え」(リテイク版)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バトルフィーバーJ 3[2枚組] [ 谷岡弘規 ]
価格:9465円(税込、送料無料) (2019/6/5時点)



 第28話「謎のボートを追え」(1979年8月11日)

 前回に引き続き、マリアたちの水着が堪能できるエピソードである。

 
 冒頭、逗子マリーナのはしけから、サロメと、いかにも柄の悪そうな男たちに引き摺られるようにして、中井と言う男性がボートに乗せられ、港を出て行く。

 
 秋子「哲也、パパに行ってらっしゃい言いなさい」
 哲也「……」

 それを見送る妻と息子らしき二人連れがいたが、にこやかな母親とは対照的に、息子の哲也はむっつりと黙りこくっていた。

 
 哲也「パパ……」

 やがて、その目から一筋の涙が伝い落ちる。

 それにしても、実に味わい深い顔である。

 「新マン」の31話に出て来たゼラン星人のような凶悪宇宙人が化けた子供役に是非推薦したい。

 
 同じ頃、ケニアが三人の女性レギュラーおよびマサルを引き連れ、鎌倉に到着していた。

 マリア「ここが鎌倉」
 ケイコ「そう、大仏様があるのよ」
 ケニア「今日、鎌倉へ、行ってきました~♪ 二人で初めて歩いた町へ~♪」

 ケニア、さだまさしの「縁切寺」を歌いながら、マリアたちの周りをくるくる回る。

 野生児のケニアがそんな流行歌を歌うのを見て、トモコが意外そうな顔になる。

 トモコ「知ってるじゃない、さだまさし」
 ケニア「おう、縁切り寺ってね、とにかく鎌倉は寺が多いので有名なのよー」

 と、マサルがケニアの横に来て、袖をちょいちょいと引っ張って、

 
 マサル「ねえねえ、どうでもいいけどさ……」
 ケニア「何がどうでもいいだ、このクソガキ! ふざけたこと言ってるとぶっ殺すぞっ!!」
 マサル「ヒィィッ!」

 ストーリーより大切なタイアップを「どうでもいい」と言われて、ケニアが激怒したのももっともであるが、嘘である。

 マサル「ねえねえ、どうでもいいけどさ、逗子マリーナは何処?」
 ケニア「おお、タクシーでひとっ走りね」

 今回は、曙四郎ことケニアが、逗子マリーナの会員制リゾート施設に彼ら4人を招待するという、滅多にないイベントなのだった。

 タクシーで逗子マリーナに向かう間も、車中から見える由比ヶ浜(?)の海水浴場の様子が、必要以上にたっぷり映し出される。

 さらに、

 
 逗子マリーナ構内に入り、椰子の木の並木道の中を通り抜ける時も、

 
 ケイコ「椰子の木が凄いじゃなーい」
 トモコ「ほんとねー」
 ケニア「ざっと4000本近くあるんだよ」

 普通なら欠伸交じりに素通りしてしまうところを、必要以上に目を輝かせて外を見るマリアたちであった。

 しかし、鎌倉駅や由比ヶ浜はともかく、椰子の木にそんなコーフンしなくても……。

 いつものように、どこからかスレッガーの「悲しいけどこれタイアップなのよねー!」と言う声が聞こえてきそうである。

 マリーナの前でタクシーから降りるなり、マサルがあるものを見付けて「あっ!」と叫ぶ。

 
 マサル「ミニスーパーカーだっ」

 恐らく、逗子マリーナ名物なのだろう、スーパーカーを模したゴーカートが数台、マリーナの前の広場を周回していた。

 なにしろ当時の子供たちはスーパーカーに夢中で、マサルとて例外ではなく、

 
 マサル「……」

 それを羨望の眼差しで……って、これ、どう見ても何か悪いこと企んでる顔だねーっ!(by小峠)

 
 ケニア「乗りたいんだろう?」
 マサル「うん」
 ケイコ「ケニア、あなた大丈夫? こんな凄いところの会員券持ってる、なんて言っちゃってさ」
 マリア「うん、心配だわ」
 ケニア「うふふふふ、ま、ついてきなって」

 ここまで来て、今更そんなことを心配するのも変なのだが、ケニアは自信満々で彼らを逗子マリーナの敷地内のワシントンニヤ館と言う宿泊施設へ案内する。

 リッチな部屋の作りに、はしゃいだ声を上げるマリアたち。

 ケイコ「へー、相当するんでしょう、ここの会員券?」
 ケニア「いや、それほどでも」

 と、マサルが、ケニアの持っていた会員証を見て、「四郎さんの名前じゃないよ」と指摘する。

 
 ケイコ「青木茂雄? うん、どっかで聞いた名前だわ」

 その名前を見て、考え込むケイコだったが、

 
 マリア「あーっ!」

 マリアがすぐ気付いて大声を出す。

 
 マリア「スナックケニアのマスターよ」
 トモコ「なんだ、マスターの会員券じゃないのー」
 ケニア「バレちゃしょうがない」

 そう、ケニア、人から借りた会員券で、4人を招待していたのだった。

 でも、リゾート地で遊べることには変わりはないので別に問題なさそうなのだが、女子たちの評判はガタ落ちで、再び「縁切り寺」を歌って誤魔化そうとするケニアの頭に、

 
 マリア「誤魔化すなっ!」

 
 ケニア「いたぁっ! あいたー」

 マリアが可愛い拳骨を落とすのだった。

 ああ、ケニアが羨ましい……

 その後、念願のミニスーパーカーに乗って思う存分コースを走り回り、ご機嫌のマサル。

 同じように、ミニスーパーカーにさっきの母親・秋子が息子の哲也を乗せようとしていたが、哲也は反抗し、母親の体を突き飛ばして逃げていく。

 ケニア、慌てて母親に駆け寄り、助け起こす。

 ケニア「大丈夫ですか」
 母親「どうもすいません……」

 
 ケニア(何か変だ……)

 ケニア、見る見る小さくなっていく哲也の背中を険しい顔で見詰めていたが、すぐに彼の後を追いかけて走り出す。

 秋子は秋子で、ケニアの顔を見ながら「何処かで見た顔……」と、つぶやき、駐車場の自分の車に乗り込むが、

 
 その途端、その姿がクラゲのお化けのような不気味な姿に変わる。

 そう、その母親は、エゴスのクラゲウニ怪人が化けていたニセモノだったのだ。

 怪人は、急いで資料の顔写真を繰っていたが、

 怪人「曙四郎! バトルケニアだ!」

 一方、ケニアは、哲也が、海を見下ろす丘の上に立っているのを見付けて、近寄り、

 
 ケニア「お、鎌倉がすぐそこに見える。あれが江の島かー」

 とりあえずタイアップ業務を済ませてから、

 ケニア「どうしてそんなにお母さんに反抗ばかりするんだ? 何が不満なんだ?」
 哲也「……」
 ケニア「俺は母さんの顔すら知らない。大事にしなきゃ、お母さんはな」

 ケニアが柄にもなく哲也を諭していると、不意に哲也が振り向いて、「お兄ちゃん、パパを助けて!」と、その胸板に縋り付いて来る。

 哲也「パパがボートに捕らえられてるんだ」
 ケニア「ええっ?」
 哲也「ママも捕らえられてるんだ」
 ケニア「なんだって?」

 が、そこへニセの秋子が現れ、

 
 秋子「哲也、いらっしゃい、さあ、帰りますよ」
 ケニア「どうも……」

 にこやかに声を掛けて、哲也を連れて行く。

 パッと見、本物の母親にしか見えず、ケニアもその場は穏便に行かせるしかなかった。

 秋子は車で森の中の洋館へ哲也を連れて行くが、

 
 秋子「哲也!」

 その屋敷には、本物の秋子が囚われの身となっていた。

 秋子を演じるのは杉本真知子さん。

 
 サロメ「どうだ、見付かったか?」
 中井「……」
 サロメ「これはお前の写した写真だろうが」
 中井「しかし、いくら探しても」
 サロメ「妻や子供がどうなってもいいんだな?」

 一方、沖に出ているサロメは、哲也の父親・中井信也に、海底の捜索を行わせていた。

 中井は海底で偶然、バトルフィーバーの移動基地ビッグベイザーを目撃して水中写真を撮り、それがどういう経緯でか不明だが、エゴスの知るところとなり、彼の妻子を人質にとって、もう一度ビッグベイザーを発見させようとしているらしい。

 でも、移動基地なんだから、同じところを探したところで、見付かる筈がないんだけどね……。

 ケニアは、哲也たちのことを気にかけつつ、マサルたちとプールで遊んでいたが、泳いでいる最中、数人の戦闘員に襲われ、水中に引き摺り込まれそうになる。

 が、遠くにいるマサルはケニアが潜水しているのだと思って感嘆の声を上げ、マサルのそばにいるケイコたちも、水遊びに夢中で気付かない。

 

 
 ケイコ「見て!」

 が、ようやくケイコが異変に気付いて、みんなの注意を引く。

 ……

 いやぁ、ケイコの色気のないワンピースはともかく、ケイコの黒ビキニが堪りませんなぁ。

 残念ながら、撮影の都合上、マリアは悩殺ビキニではなくスクール水着のようなワンピースだったが、ケニアが襲われているのを見て、軽やかにプールに飛び込む。

 
 マリア「えいっ!」

 

 
 戦闘員たちの中に割り込み、目をつぶったままそのひとりをぶん殴るマリア。実に楽しそう。

 ここは是非、ポロリの危険もかえりみず、悩殺ビキニで演じて欲しかったですなぁ。

 とにかく、なんとか戦闘員たちを撃退する二人だったが、この中途半端な攻撃、一体何の意味があったのか?

 ただ単に、自分たちの存在を四郎たちに知らせただけではないか。

 もっとも、その後も、エゴスの暗躍を知りつつ、ケニアは仲間に連絡もせず、

 
 引き続き、暢気にバカンスを楽しんでいた。

 何事もなかったようにバカ食いするケニアを、呆れたようにマリアたちが眺めている。

 ケイコ「よく食べられるわねえ、溺れかけたのに」
 ケニア「元気になるには食うことだ」

 
 マリア「ケニア……」
 ケニア「分かってる」

 マリア、ケニアに顔を近づけて、小声で注意を促す。

 彼らの背後にサングラスの男がいて、こちらを窺っていた。

 
 次のシーンでは、埠頭のボート置き場の中を、ケニアとマリが並んで走っている。

 マリア「ねえ、何処に行くつもり?」
 ケニア「さっきの坊やが言っていた、パパを助けてって、ママも捕まってるって……調べてみよう」

 と、そこへ再び戦闘員が攻撃を仕掛けてくる。

 二人ともすぐ変身して応戦する。

 
 クラゲウニ怪人の投げた爆弾をかわし、くるっと一回転して踏ん張るミスアメリカ。

 ……もう、若い女の子がはしたない! お尻がハミ出そうじゃないの!

 ケニアは戦いを放棄して、ミスアメリカとともに港内の防波堤まで走り、胸壁に隠れるようにへばりつく。

 
 アメリカ「どうして逃げたりしたの?」
 ケニア「あれだよ、見ろ」

 ケニアの指差す方を見れば、いましも、外海から、サロメたちの乗るボードが白波を蹴立てて戻ってくるところだった。

 サロメたちは中井と共に車に乗り込み、移動を開始する。

 
 一計を案じたケニアは、警官に成りすましてその前に立ち、ホイッスルを鳴らして停車させる。

 
 それは、逗子リゾート内の道路を走っているミニスーパーカーを行かせる為だった。

 
 それを見て、サロメが優しそうな笑顔を見せるのだが、これは後の台詞から推測して、ケニアたちの罠だと見抜いて、それで笑っていたのだと思われるのだが、どう見ても、子供たちの様子に和んでいるとしか見えないのだった。

 ま、マキ上田さん、所詮、演技は素人だから、そのつもりで笑っても、つい人の良さが滲み出てしまい、そんな表情になってしまったのだろう。

 詮無いことだが、ふと、こんな想像をしてみた。

 もし、菊容子さんが存命だったら、当時、29、30才くらいであり、「悪の組織」の女性幹部を演じるには不足のない年齢であったから、彼女がサロメ役を演じる可能性もありえたのではないだろうか。

 マキ上田さんとは比べ物にならないほど演技の上手い菊さんが硬軟自在にサロメを演じ、ついでに不祥事でヘッダー役を降ろされた潮健児さんが引き続きヘッダー役を演じていたとすれば、「変身忍者嵐」終盤の名コンビ、カゲリとイタチ小僧以来の共演になっていた訳で、そうなれば、「バトルフィーバーJ」がますます面白い作品になっていたのではないかと言う……

 ま、いくら想像したところで、むなしいだけだ。

 涙を拭いて(いちいち泣くなよ)話を進めよう。

 
 ミニスーパーカーにはケイコたちも乗っていて、最後尾のマリアが、すれ違いざまに、サロメの車の後部に発信機を取り付け、

 
 ケニアに向かってぎこちなくウィンクして見せるのだった。

 その後、発信機を頼りに敵のアジト、つまりあの洋館に辿り着いたケニア、内部に侵入し、あの写真を発見する。

 その写真を別のカメラで撮ってから、外で待機していたトモコに投げ渡す。

 だが、その直後、ケニアの計略を見抜いていたサロメたちに取り囲まれ、マリアともども敵の手に落ちてしまう。なにしろ、向こうには中井一家と言う人質があり、迂闊に手出しが出来なかったのだ。

 
 今回は出番のほとんどない正夫たちは、トモコの持ち帰ったフィルムを現像する。

 謙作「これはビッグベイザーの写真だな」
 正夫「ああ、相模湾海底を移動中に写されてしまったんだな」

 
 トモコ「ジャパン、連絡が取れません、ケニアも、マリアも」

 この後、三人も逗子マリーナへ急行し、激しいボートチェイスのうえ、ケニアとマリア、そして中井一家を救出、クラゲウニ怪人を倒して一件落着となる。

 マリアたちのあでやかな水着姿と比べて、長い長いアクションシーンのいかに無味乾燥に感じられることか。

 ま、それこそ、スタッフやキャストは大変な思いで撮影してるんだろうけどね。

 
 ラスト、嬉しいことに、もう一度マリアたちの水着姿が拝める。

 後から来た正夫たちも加わり、由比ヶ浜の海岸(?)で、思いっきり楽しんでいるバトルフィーバー。

 女の子たちの水着をたっぷり見られると期待したのだが、

 
 はっきり映るのは、このトモコの奇跡的なバストショットのみ。

 
 マサル「あ、中井さんのボートだ」

 マサルの声に、一斉に沖合いを見る京介たち。

 見れば、中井一家がボートを走らせつつ、こちらに向かって盛んに手を振っている。

 
 一同「おーいっ!」

 
 思わず正夫が跳び上がった拍子に、その背中にぶらさがっていたマサルが「へぶっ」とばかりに、海に叩きつけられる。

 それにしても、マリアのムチムチと美味しそうな体!

 そして、正夫の、欠食児童みたいなガリガリの体!

 

 
 正夫が気付いてもう一度マサルの体を抱き上げる。

 それを、パンツから尻肉をはみ出させながら前かがみで覗き込んでいるマリア。

 このまま、マリアやトモコのビキニをバンバン撮って欲しかったのだが、

 
 犬なんかどうでもええんじゃーっ!(管理人の魂の叫び)

 管理人の叫びも空しく、続いて、他の海水浴客たちの姿が短く映し出され、最後は、意味もなくマサルを胴上げしているケニアたちの姿を、ロングでおさめつつ、フィナーレとなる。

 宝の持ち腐れと言う感じもするが、それでも、後の戦隊シリーズと比べれば、ボリューム満点のビジュアルと言えるだろう。

 「デンジマン」や「サンバルカン」はともかく、「ゴーグルファイブ」以降の作品に足りなかったのは、女性隊員のビキニだと言うことに、我々(誰?)はもっと早く気付くべきだったのだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

水着とタイアップ

今回は見え見えのタイアップでしたね😅女性陣(特にマリアの)の水着が堪能出来た事は💮ですね😊

大葉さん

やっぱ、大葉さんってカッコいいですよね。
大葉さんと春田さん(同い年)はとにかく「別格」だと感じます。

スーツアクターとしてのスタート、長年勤め上げる
→「顔出し」チョイ役出演で演技の研鑽
→戦隊で変身前と変身後を2年連続で勤め上げる

こうした経緯だから、アクションのキレだけじゃなくて、表情の豊かさとか「色気」が出る・・・

明日22:00から配信の大葉さん・春田さんたちJAC大集合の「メタルダー」25・26話が楽しみ。

ヘッダー

石橋さんは極真空手でトップクラスの強さだったから、どうしても「武人」のイメージがデカくなる。
それゆえ、終盤の鉄山将軍との一騎討ちが映えるのですが
エゴスの邪教的なイメージ、悪辣な手段という意味では潮さんの方が適任だったかもしれません。

Re: 水着とタイアップ

結局、今回のリテイクって、ほぼぜんぶマリアの画像貼りたいだけなんですよねー。うふふ。

Re: 大葉さん

> やっぱ、大葉さんってカッコいいですよね。
> 大葉さんと春田さん(同い年)はとにかく「別格」だと感じます。

そうか、同い年なんですね。恥ずかしながら知りませんでした。

Re: ヘッダー

> エゴスの邪教的なイメージ、悪辣な手段という意味では潮さんの方が適任だったかもしれません。

石橋さんも良いんですが、潮さんだったら、番組自体、もっとユーモラスな感じになってたでしょうね。

大事な情報はURLに記載しておきました

お久しぶりです。

大事な情報はURLに記載しておいたので是非ご覧ください。

Re: 大事な情報はURLに記載しておきました

お久しぶりですね。

貴重な情報ありがとうございます。

違った展開

管理人様の仰るとおり菊様と潮さんが入れば、違った展開になったでしょうね😅悪役が主役を喰うような感じになっていたかと思うと残念ですね😊

Re: 違った展開

拾っていただいてありがとうございます。

ま、むなしい想像に過ぎませんが。

女子プロ選手マリア?!

水着姿のマリア、中盤での競泳水着姿も(確かにエロカワイさでは一歩譲る処もありますが)中々の物だとも僕には思えます!!もしこの競泳水着を勝負服にしてマリアが女子プロレスに臨戦する様なお話があっても面白いのではないでしょうか?!
最盛期のライオネス飛鳥さんや長与千草さんの様な善玉チャンピオンとしてがんばっちゃってる女子プロレスラー(勿論ケイコとトモコ、そしてマサル、そしてマリアもファン!!)。その男も凌ぐ強靭な体に目を付けたサロメは、早速その女子プロレスラーを捕まえて女子プロ怪人に改造してしまいます!そのため改造前とは似ても似つかない悪役女子レスラー・レディーエゴスとして傍若無人を働くようになります!!マサルは同級生でその善玉チャンピオンの弟でもある男の子から
「僕の姉さん、帰って来ないんだ・・・・(泣)。」
と相談を持ち掛けられ二人で小忍者の様な潜入の果てにそのレディーエゴスこそ、その弟の姉さんが改造された女子プロ怪人の人間態であり、そのリングマネージャーの女こそがサロメの変装である事を突き止めます!!
そしてある日の試合で格下レスラーを卑劣な手段で血祭りに上げるレディーエゴスに、その試合会場に居合わせ許せなくなったマリアは普段着を荒っぽく脱ぎ捨て勝負服姿になり
「さあ、どこからでもかかって来なさいレディーエゴスっ!!バトルフィーバーマリアがお相手するわっ(怒)!!!」
と対決姿勢!
「おーーーーっと!今度は興奮したお客様の一人が勝負服姿になりリングに上がり、レディーエゴスに挑戦する模様でありまーーーーすっ(驚)!!!」
と言うアナウンサーの実況とともに次々にレディーエゴスに技を次々とヒットさせて観客を熱狂させるマリア!!その様子をリングサイドから観て
「えーーいっ、もう試合なんかどうでもいい!!正体を現して早くそいつをやっつけろっ(怒)!!!」
とゴーサインを出して消えるサロメ。正体を現した女子プロ怪人にマリアもミスアメリカに変身して応戦!
そこへ他のフィーバー隊のメンバーも駆け付け助太刀の末、女子プロ怪人は倒されると同時に元の善玉チャンピオンに戻ります。
「姉さんは、死んじゃったの・・・(泣)?!」
と訊く弟に
「違うわ。女子プロ怪人が死んできみのお姉さんが生き返ったのよ♪」
と応えるミスアメリカ=マリア。こうしてその善玉チャンピオンは以前と同じくリング狭しと大暴れする事になりました。
~少々「仮面ライダー」のピラザウルスのお話も加味させていただきました(笑)!!~

Re: 女子プロ選手マリア?!

長文コメントごくろうさまです。

水着も良いけど、女子プロのコスチュームもエロくてなかなか良いですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター