FC2ブログ

記事一覧

天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ「仮面ライダーストロンガー」15話~17話

[DVD] 仮面ライダー ストロンガー Vol.2

[DVD] 仮面ライダー ストロンガー Vol.2
価格:9,450円(税込、送料別)



 第15話「死を呼ぶ シャドウのトランプ!!」

 ブラックサタンは重力制御装置なるものを開発した黒木博士を狙う。

 PDVD_019.jpg

 ドアのノブも持てなさそうな難儀な手を持つクワガタ怪人に拉致される博士。博士の言に因れば、「重力制御は人類2千年の夢」らしい。そうなのか?

 PDVD_021.jpg

 ゼネラルシャドウは、先手を打って城茂を奇襲し、トランプでその視力を奪う。

 苦戦する茂を助けようと、元気娘・岬ユリ子が駆けつけてタックルに変身するが、シャドウはタックルなど最初から眼中にない。

 シャドウ「女を相手にする気はない。やめろ」

 もっとも、目が見えないのは茂の芝居だったので、茂は変身してシャドウを撃退する。

 PDVD_022.jpg

 肝心のデータを渡そうとしない博士の口を割らせようと、クワガタ怪人が博士の娘をさらいにくる。

 茂たちはそれを見越して、娘を安全なところへ移していたので空振りに終わるが、

 PDVD_023.jpg

 最大の謎は、クワガタ怪人がその手でどうやってドアの鍵を開けたかと言う点である。

 PDVD_024.jpg

 色々あって、ストロンガーは基地に閉じ込められる。
 シャドウ「このアジトはあと1分で跡形もなく爆破する!」

 前から思うのだが、こういう時になんで悪玉は、親切にも「爆破までの正しい残り時間」をヒーローに教えるのだろう? 何も言わずに立ち去るとか、「あと2時間」とか嘘を言えば、かなり高い確率で殺せると思うのだが。

 PDVD_025.jpg

 基地が爆破するのを見て、愕然とするユリ子と立花藤兵衛。

 ユリ子「ライダーがそんな……あたしには信じられなーいっ!」
 吠えるように叫ぶユリ子。

 ま、すぐ、間一髪で脱出したストロンガーがひょいと顔を出すので、嘆き損なんだけどね。

 第16話「吸血ブブンガー 悪魔のプレゼント!」

 この話は、スルーしても良いくらい面白くない。

 ブラックサタンに操られた子供たちが、着替えるために一斉に上半身裸になるシーンがちょっと危ない雰囲気であることくらいだろうか。

 ただ、それを貼ると通報されそうなのでやめておく。

 第17話「怪談 悪魔の復活祭」

 そして、17話では早くもタイタンが復活する。嬉しいけど、ちょっと早過ぎるかな。

 お化け屋敷の従業員に混じってブラックサタンの怪人が現れたので、小島三児がびびる。

 PDVD_027.jpg

 そこへ居合わせたストロンガーは、怪人を足でフェンスに押さえつけてアジトの場所を吐かそうとする。ちょっと乱暴ですね。

 PDVD_028.jpg

 その後、茂とユリ子は、棺を担いだ怪しい一団のあとをつける。棺を持つのは、かつて倒された怪人たちであった。しかも、頭は怪人でも、体は普通で、礼服を着ているアンバランスなところが良い。

 PDVD_029.jpg

 棺はとある教会に運び込まれるが、何故か虚ろな目をした立花藤兵衛がピアノを弾いていた。ちなみにここは9話でユリ子たちが逃げてきた教会と同じところである。

 ふたりが棺を開けると、

 PDVD_030.jpg

 ストロンガーに倒されて、葬式まで出してもらった筈のタイタンが横たわっていた。茂が何気なく供えてある花を持つと、トゲが刺さって血が流れ、それがタイタンの唇に落ちる。

 大首領の声が「手を下した相手の血を吸って復活するのだ」と解説してくれる。

 PDVD_032.jpg

 ゆらりと立ち上がったタイタンこと浜田晃。

 ユリ子「今なら間に合う、やっちゃいましょう!」
 相変わらず勇ましいユリ子さん。

 PDVD_033.jpg

 しかし、すぐタイタンは変身して、正体を現わす……が、やたら目が増えていた。

 一つ目タイタン改め、百目タイタンとして甦ったのだ。

 タイタンはとりあえず車に乗って基地へ向かう。

 茂はひとりタイタンを追うが、それは陽動で、実はタイタンはまだ教会に残っていたのだ。

 PDVD_036.jpg

 ユリ子は単身立ち向かうが、タイタンもユリ子など真面目に相手にせず、まるっきり子ども扱い。まあ、実際、岡田京子さんは当時16才(にはとても見えんが)なので、浜田晃からすれば子どもみたいなもんだけどね。

 PDVD_037.jpg

 タックルに変身して必死の形相で「電波投げーっ」「電波投げーっ」と何度も電波投げを試みるユリ子。しかし、大幹部タイタンには全く通用しない。

 ※余談だが、ついさっきこの画像をキャプしていた管理人は、タックルのあまりに一生懸命な姿に、思わず吹いてしまった。失礼をお詫びしておく。

 さらにタイタンに「俺が休んでいる間に少しはマシになったと思ったが、少しも進歩してないようだなタックル君」と、ダメ出しまでされる。

 PDVD_040.jpg

 あまりに悔しいので「悔しいっ!」と叫ぶユリ子。素直ですね。

 PDVD_041.jpg

 最後はスカーフをつかまれて、いいように弄ばれるタックル。かわいそ。

 PDVD_042.jpg

 そのタックルを人質として、本部へ戻ってきたタイタン。

 タイタン「俺が留守中、たるんでおらんかっただろうな!」

 ピカチュウ戦闘員たちは「留守って、あんた死んでたやん」と突っ込みたいのをグッとこらえ、「ぎゅっ」と挨拶するのだった。

 PDVD_044.jpg

 しかし、そこへ「大きな口を叩くな」と、シャドウが立花藤兵衛を連れてやってくる。

 初対面のふたりは、初っ端から激しく火花を散らす。若干大人気ない気もするが。

 互いに主導権を握ろうとするが、大首領の裁定で、今回はタイタンがストロンガーに当たることになる。

 ただ、どんな魅力的な大幹部が奮闘しても、決してライダーには勝てないのだと思うと、ちょっと悲しいものがある。あと、ライダーの仲間を捕まえて人質にすると言う作戦、ショッカー以来、過去にうんざりするほど失敗しているのだから、もう捕まえたらサクッと殺してしまえと思う。

 で、今回も、人質を餌にしてストロンガーをおびき寄せて倒そうとするが、結局返り討ちに遭い、人質も取り返されてしまうのだった。言わんこっちゃない。

 なお最後の戦闘シーンでは、ユリ子がさっきの鬱憤を晴らすように、ピカチュウ戦闘員たちを電波投げで思いっきりぶっ飛ばしていた。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

13話でストロンガーにしっかりとぶっ殺されていながら

タイタン「俺が休んでいる間に・・・」
タイタン「俺が留守中、たるんでおらんかっただろうな!」

こう言い張るタイタン様に萌えてしまいます。

Re[1]:天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ「仮面ライダーストロンガー」15話~17話(09/05)  

影の王子様
>13話でストロンガーにしっかりとぶっ殺されていながら

>タイタン「俺が休んでいる間に・・・」
>タイタン「俺が留守中、たるんでおらんかっただろうな!」

>こう言い張るタイタン様に萌えてしまいます。

タイタンとシャドウのコンビ、最高ですね。

昔はかなり手抜きの記事を書いていたので、1話ずつ書き直したい気分です。

Re:天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ「仮面ライダーストロンガー」15話~17話(09/05)  

第17話は、どさくさに紛れて肝試しのシーンにガマ獣人がいたり、GOD機関のアリカポネがタイタンの棺を運んでいたりとスタッフの遊び心満載ですね。それと、スーツ姿の怪人は笑えます(笑)。しかし、コウモリ奇械人のデザインはエキセントリックですよね。言われないとコウモリって分かりません。手を下した相手の血が滴ることによって復活の儀式が成立するとは、ブラックサタンらしくオカルトチックですね~。

Re[1]:天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ「仮面ライダーストロンガー」15話~17話(09/05)  

エレクトロファイヤー様
>第17話は、どさくさに紛れて肝試しのシーンにガマ獣人がいたり、GOD機関のアリカポネがタイタンの棺を運んでいたりとスタッフの遊び心満載ですね。

そう言えばさりげなく混じってますね。気付きませんでした。

Re:天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ「仮面ライダーストロンガー」15話~17話(09/05)  

死神博士と地獄大使のように、悪の組織の大幹部はある意味“両雄並び立たず”のようですね😅

Re[1]:天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ「仮面ライダーストロンガー」15話~17話(09/05)  

ふて猫様

地獄大使と死神博士の場合は、基本は別々に仕事してますからね。

Re:天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ「仮面ライダーストロンガー」15話~17話(09/05)  

クワガタ奇怪人の声は山下啓介さん、吸血ブブンガーの声は市川治さんでした。第16話での砂浜に置かれたブラックサタンのトラップ(罠)は亡きクワガタ奇怪人のクワガタ(ハサミ)が使われていました。第17話でタイタン様が百目タイタンとして復活。百目タイタンのスーツアクター(中の人)は浜田晃さんがやっていました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター