FC2ブログ

記事一覧

ブログ開設(ほぼ)1周年記念特別企画~ケンシロウ、平成ライダーもたまには良いぞ~

 こんばんは、管理人のzura1980こと、うにゃきちさんでございます。

 さて、読者の皆様には日ごろからこのしょうもないブログをご愛顧頂き、まことにありがとうございます。出来れば全員にアマゾンギフト券を送りたい気持ちですが、ビンボーなので許してください。

 それはそうと最近「気まぐれ天使」にドはまりしており、ほとんど毎日のようにDVDを見ている管理人なのです。

 21世紀になってから、「水もれ甲介」、「気になる嫁さん」、「気まぐれ本格派」、そして「気まぐれ天使」と、石立鉄男主演のホームドラマをいくつか見てきたが、途中下車した「気になる嫁さん」以外はどれも管理人のライフタイムベスト10にランクインする名作であった。

 その中では、現在見ている「気まぐれ天使」が一番好きかも知れない。

 ストーリーの面白さもさることながら、

 
 なんといっても、主人公の下宿に居候している当時30代(!)の樹木希林さんが演じる老婆(!)伊集院綾乃と、その孫で、坪田直子さん演じる不思議少女・伊集院渚のコンビが面白くて可愛くて、最高なのである。

 いずれ、厳選したエピソードを紹介できればと思っているのだが、なにしろ台詞の多い1時間ドラマなので、はっきり書くとは約束できない。

 それにしても、「雑居時代」や「パパと呼ばないで」など、まだ見ていない作品があるかと思うと、生きていく意欲が湧いていく管理人であった。

 ……余談が長くなった。今回はその話ではないのである。

 このブログ、去年のちょうど今頃、楽天ブログから(追い出されて)こちらのブログサービスに引っ越してきたのだが、早いものであっという間に1年が過ぎてしまった。

 で、それを記念して、久々に美女10でもやろうかと思ったが、今のところ適当なネタがなく、それに今、ちょっと精神的に余裕がない状態なので、軽~い捨てネタでお茶を濁させてもらうことにした次第である。

 もっとも、これは自分が見付けたのではなく、ある読者の方から教えて頂いた情報なんだけどね。

 それは、2011年に公開された「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX」と言う、とりあえず「長えよっ!」と突っ込みたくなるタイトルのコラボ映画である。

 これは、「オーズ編」「フォーゼ編」「W編」など、作品ごとにいくつかのパートに分かれていて、最後にみんなで悪い奴をやっつけるという構成になっている……確かそうである。

 ただ、管理人、「オーズ」はちょっとだけ見たことがあるが、「フォーゼ」や「W」は全く知らないので、内容について解説するだけの知識がない。

 よって、肝心の「オーズ」編の要点だけ記すと、

 ・未来からポセイドンと言う、割とカジュアルな格好をした仮面ライダーがやってきて暴れる。

 ・それを、仮面ライダーオーズがやっつける。

 と言う、大変シンプルな内容である。

 
 ま、ぶっちゃけ、内容はどうでも良くて、「オーズ」のヒロインである泉比奈を演じる高田里穂ちゃんという子が、なかなか可愛いなぁとオヤジ目線で見ているだけなのであった。

 大変分かりやすい人生を送っている管理人であった。

 ま、だからといって、オーズのレビューをしたり、彼女の出演作を追いかけるほどでもない。

 色々あって、「オーズ編」の最後、港でポセイドンとオーズたちの戦いとなる。

 
 その中で、オーズか誰かがメダルを使って下半身をイカのお化けみたいに変化させて、ポセイドンを攻撃するシーンがあるのだが、これがまるっきりプレステ的なCGで、こういうのを見ると、平成ライダーシリーズを見る気がなくなる管理人であった。

 
 なんとかポセイドンを倒し、ホッとする比奈と主人公の何とか言うアンちゃんだったが、その背後に益岡徹があらわれ、いきなり「益岡徹ビーム」を撃ってくる。

 その衝撃で倒される二人だったが、

 
 はい、ここ注目!

 そう、倒れた際に、比奈のショートパンツの隙間から、紛れもない水色のパンティーが顔を覗かせてるんですねえ。

 とりあえず万歳三唱しておきましょうか。

 でも、歴史上のチラと言えば、ミニスカでのチラがほとんどだと思うので、こういう種類のチラ自体、大変貴重である。

 さらに、

 
 足が完全に上がったカットでは、上着の裾とショートパンツの組み合わせが、まるで白のミニスカとターコイズブルーのパンツのようにも見えて、あたかもパンツが全開になっているかのように脳内変換するのもオツである。

 
 続いて、倒れているところを足元から捉えたショットもなかなかエロい。

 で、まぁ、話はそんだけなんだけど、本編そのものはあまり面白くないと言うか、全然ついていけなかったのでその後の詳しいストーリーについては良く知りません。

 特に、「オーズ」や「W」はともかく、「フォーゼ」のあのふざけたノリには全くついていけない管理人であった。

 もし、あれが「若さ」と言うものなら、管理人、「若さ」なんか要らないと思いました。

 以上、「ケンシロウ、平成ライダー(のパンチラ)もたまには良いぞ~」でしたー。お粗末!

 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

時が経つのは早いものですね

管理人様、何時も楽しく拝見しております。時が経つのは早いものですね😅たまには骨休めの企画も良いものですね。季節の変わり目の時期なのでどうか御自愛下さいませ

お疲れ様でした。

もう1年ですか。早いですね。
改めまして、ブログ開設1年おめでとうございます。

昨年度のパソコンの故障と引越しと管理人様のレビュー再開が、待ち遠しかったのがついこないだのような感覚ですね。

アマゾンギフト券と管理人様のお住まいのブランド特産品が届くのを楽しみにしております。

今年のドラマの一押しは「気まぐれ天使」ですか。見たことないですね。
「パパと呼ばないで」はどこかで聞いたことがあるような。気になるような。

>オーズ」のヒロインである泉比奈を演じる高田里穂ちゃんという子が、なかなか可愛いなぁとオヤジ目線で見ているだけなのであった。

管理人様は流し目のどこか色っぽい表情が5つ星のようですね。

年末の美女10も楽しみにしています。

いつも心待ちにしてます。

 頻回の更新、多大な労苦と察します。ありがとうございます。

 「気になる嫁さん」ドロップアウトしましたか。最終回の家族が四散するアンチ大団円はなかなか印象深かったですが…。また榊原るみ嬢の「チラ」がたまに拝見できましたが。

 さて「チラ」に関して。70年代初期当時、私、思春期真っ盛りでしたが、ミニスカートが日常に溶け込んでいたのか、朴念仁のアンポンタンだったのか、何のときめきや下心を抱きませんでした。このレヴューをとおして、あの2,3年はベル・エポックだったのだなと嘆息しています。

 駄文失礼。うにゃきちさまの川上哲治並みの驚異の動体視力と慧眼、これからも期待します。

Re: 時が経つのは早いものですね

いつもコメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

お互い、健康には気をつけましょうね。

Re: お疲れ様でした。

> 改めまして、ブログ開設1年おめでとうございます。

ありがとうございます。まぁ、厳密には引越しなんですけどね。

> アマゾンギフト券と管理人様のお住まいのブランド特産品が届くのを楽しみにしております。

ほんと、金がふんだんにあったらそうしたいんですが、あいにく、ないんです……

> 年末の美女10も楽しみにしています。

そうですね……って、もう2ヶ月ちょっとしかない!

Re: いつも心待ちにしてます。

>  頻回の更新、多大な労苦と察します。ありがとうございます。

いえいえ、こちらこそご愛読ありがとうございます。

>  「気になる嫁さん」ドロップアウトしましたか。最終回の家族が四散するアンチ大団円はなかなか印象深かったですが

なんか、あの家族の雰囲気があまりに殺伐としているので、序盤で見るのがイヤになったんです。

>  さて「チラ」に関して。70年代初期当時、私、思春期真っ盛りでしたが、ミニスカートが日常に溶け込んでいたのか、朴念仁のアンポンタンだったのか、何のときめきや下心を抱きませんでした。このレヴューをとおして、あの2,3年はベル・エポックだったのだなと嘆息しています。

70年代のミニスカは、ほんと強烈ですもんね。

>  うにゃきちさまの川上哲治並みの驚異の動体視力と慧眼、これからも期待します。

滅相もありません。なんとかご期待にこたえられるよう、頑張りたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター