fc2ブログ

記事一覧

「電撃戦隊チェンジマン」 第6話「狙われた女子高生」



 第6話「狙われた女子高生」(1985年3月9日)

 実に食欲をそそられるサブタイトルである。

 そして、苦節一ヶ月にして、漸くさやかちゃんにスポットが当てられたエピソードとなるのだが、あいにく、麻衣との抱き合わせ販売なので、あまり画像が貼れないのが残念だ。

 それでも、チラに水着にセーラー服の三点セットが揃っているのだから、贅沢は言えないのである。

 冒頭、例によって、新たな宇宙獣士がゴズマードにやってくるが、今回も、何気に顔の広いギルーク司令官の知り合いだった。

 
 ギルーク「宇宙獣士マーゾ、生きておったのか? あーっはっはっはっ」
 マーゾ「ギルーク様こそ、良くご無事で」
 ギルーク「うむ、バズー様のお許しを得てな、今は遠征軍司令官よ。ふふふ」

 ギルーク、おもむろに、植物のような体を持つマーゾのそばに立つと、

 
 ギルーク「アハメス殿はどうした? 女王アハメス殿はどうした?」
 マーゾ「わかりません、どこに行かれたのか、生きておられるのかも……」

 いきなりギルークの口からアハメス様の名前が飛び出したので、ちょっと意表を衝かれた管理人であった。

 実を言うと、アハメス様が登場する以前のエピソードって、あんまり記憶にないんだよね。

 ギルーク「しかし、何故お前がここに?」
 バズー「ぬっはっはっはっ」

 ギルークがふと思い出したように問うと、宇宙から星王バズーの笑い声が聞こえてくる。

 
 バズー「マーゾは私が送り込んでやったのだ。ギルーク、お前とアマゾ星の女王アハメスは大星団ゴズマに加わることを拒否、互いに手を組み、私に逆らった」

 ついで、バズーのホログラムが船内に浮かび上がり、

 
 ギルークの過去や、アハメスとやらの関わりをイラスト付きで視聴者に分かりやすく説明する。

 これも、今回レビューして初めて知った(と言うか、すっかり忘れていたのだが)経緯で、恥ずかしながら、ギルークがそんな骨のある男だとは知らなかった。

 しかも、アハメスと同盟を結んでいたとは……

 ドラマでも、終盤に、ギルークとアハメスが再び手を握ってバズーに戦いを挑む……みたいな展開もありえたのではないかと思うと、ゾクゾクするなぁ。

 どうでもいいが、

 
 そこに出てくるバズー、いくらなんでも美化し過ぎじゃないか?

 バズー「そしてお前はそのマーゾを使って私を殺そうとした。そこで私は面白いことを考え付いたのだ。私を殺そうとしたと同じ方法で地球を征服してみろっ」

 それを踏まえて、いかにもバズーらしい、部下の気持ちを弄ぶような命令を下すのだった。

 サブタイトル表示後、マーメイドとフェニックスが乗ったヘリチェンジャー2が、東京上空を飛んでいる。

 二人の会話で、任務で飛んでいるのではなく、どうやらフェニックスが無理を言って、マーメイドに乗せてもらい、遊覧飛行をしているらしいことが分かる。

 と、偶然、彼らの眼前に、一機のゴズマ戦闘機が着陸するのが見えた。

 が、乗り慣れていないフェニックスが操縦を誤って右往左往している間に、戦闘機を見失ってしまう。

 でも、着陸したのなら、見失うことはないと思うんだけどね。

 一方、付近の公園のベンチに腰掛け、深刻な顔で通知表を見ている女子高生の姿があった。

 これが、女子高生と言う甘美な響きとは懸け離れた野暮ったい娘だったので、画像は貼らないでおく。

 まぁ、当時としては十分綺麗なほうだと思うが。

 マーゾ「乙女座の若い娘の肉体が必要だ。借りるぞ、美しき若き命よ」

 戦闘機に乗っていたのはマーゾで、彼はそうつぶやきながら女子高生の体と重なり、その体をのっとってしまう。

 どうやら彼の作戦には、乙女座の若い女性が必要らしいのだ。

 しかし、宇宙の彼方からやってきた宇宙獣士が、地球から見た星の位置から考え出された乙女座に拘ると言うのはねえ……

 ともあれ、女子高生がその場を立ち去るのと同時に、さやかと麻衣が口論しながら公園にあらわれる。

 
 さやか「ゴズマ戦闘機、何をしに飛んできたのかしら。悪いことが起きなきゃいいけど」
 麻衣「あてつけがましいわねえ」
 さやか「だってそうでしょう、ちょっと乗ってみたいって言うから乗せてあげたのに、麻衣ったら操縦までするんですもの」
 麻衣「でもね、私がヘリチェンジャーに乗せてっていったからこそ、ゴズマ戦闘機発見できたのよ」
 さやか「まあー」
 麻衣&さやか「ふんっ!」

 二人は地面に落ちていた通知表を見付け、そこを立ち去ろうとしている女子高生の後ろ姿に気付いて追いかけ、通知表を渡そうとするが、振り向いた女子高生の顔は緑色になっており、両手も太いツタのように変形してだらりと垂れていた。

 
 さやか「なっ、なんなの、この人!」

 びっくりして思わずあとずさる二人。

 ちなみにこの時、早くもさやかの白いパンツが見えているのだが、ごく小さいものだし、キャプ画像ではほとんど分かるまい。

 マーゾはすぐ女子高生の体から分離すると、さやかたちの口を封じようと襲い掛かってくる。

 
 二人は変身せずに果敢にマーゾに立ち向かう。

 もっとも、JAC出身の大石麻衣さんは自分で演じているが、西本ひろ子さんはほとんどスタントである。

 
 マーゾの繰り出す長いツタに絡め取られ、地面に横たわって悶える二人。

 いやぁ、なかなか色っぽいですなぁ。

 と、予定調和的に変身済みの他の三人が駆けつけ、二人を救出、二人も変身してヒドラー兵たちと軽いバトルをこなす。

 ところで、騒ぎに紛れてその場から逃げ出した女子高生だが、結局シーマに見付かって捕まる。

 そして夜、さっきと同じような異様な姿で街を走り回りつつ、リンゴとも赤いキウイともつかない果実をばら撒くのだった。

 果実をまき終わると、マーゾはその体から抜け、女子高生はぐったりしてその場に倒れてしまう。

 そこへパトロール中のさやかたちが駆けつけ、女の子を保護するとともに、果実のひとつを持ち帰る。

 マーゾはその後も次々と若い女性に憑依して、夜の街を徘徊、奇妙な実をあちこちにばら撒いていく。

 チェンジマンは、さやかたちの持ち帰った果実を調べていたが、その中から突然太いツタが生えてきて、人間に襲い掛かる。

 伊吹「何かのきっかけで成長したようだな」
 剣「こいつは大変なことですよ。敵はこんな実を一杯撒き散らしているんです。もし一斉に成長し出したら?」

 剣の懸念どおり、既に街では無数の実からツタが伸びて、手当たり次第に人を襲うと言う事件が続発していた。

 つまり、ギルークとマーゾは、そのお化けツタによってバズーの体を縛り、そこを倒そうと考えたらしいのだが、星王バズーともあろうものが、お化けツタ程度のもので体の自由を奪われるとは、到底考えられないのだが……

 それはさておき、事件のデータを分析していたさやか、不意に明るい顔になると、

 
 さやか「分かったわ、被害者の共通点! 誕生日が一緒よ。乙女座のある特定の一日、おそらく、星占いで選んでいたんだわ」
 伊吹(いや、星占いって……)

 これが野郎なら、その胸倉を掴んで「おめえ、少しは真面目に仕事しろよ、な?」と凄むところだが、相手がキャピキャピした女の子だったので、口に出しては何も言わない伊吹長官であった。

 ちなみに、さやかは同じ誕生日のちびっ子が不安がるといけないと思ったのか、「特定の一日」としか言ってないが、スクリーンに映し出されるデータを見ると、9月12日となっている。

 麻衣「やったね、さやか」
 伊吹「次に襲われる女の子も分かる筈だ、誕生日の同じ若い女の子なんて、もうそんなにいない筈だ」

 と、伊吹長官は至極簡単に仰るのだが、インターネットも住基ネットもない時代に、そんな条件に当てはまる女性を短時間で見つけ出すのは、はっきり言って不可能だと思います。

 だが、さすが電撃戦隊チェンジマン、わずか3秒で、さやかは該当する人物を弾き出してしまう。

 さやか「出たわ、残りは一人、加納みゆき、住所は桜ヶ丘女学園、サクラ寮!」
 疾風「ふぇーっ、あの名門女子高校の女子寮だってよ」

 女子寮と聞いて、思わず興奮して騒ぐ疾風。

 CM後、女装した疾風がその女子寮に潜り込もうとしているシーンが出てきたら、迷わずテレビ画面に頭突きを食らわしてやるところだったが、

 
 分かってるスタッフは、ちゃんと、セーラー服コスプレをしたさやかと麻衣を投入してくれるのでした。

 疾風「大丈夫かよ、女の子二人だけで」
 さやか「私たちだって戦士よ」
 麻衣「任せて頂戴」

 女子寮の前まで車で送ってくれた三人に、自信たっぷりに請け負って建物に向かう二人。

 が、既に時間が残りわずかなので、二人の女子高生ライフはほとんど描かれることなく、真っ直ぐ加納みゆきという女の子の部屋に行き、

 
 さやか「加納みゆきさんね」
 みゆき「はい」
 さやか「私たち美術部なんだけど、モデルになってくださらない?」
 みゆき「あら、そんな、私なんか……」
 麻衣「ちょっとぉ、先輩の言うことが聞けないの?」
 みゆき「私で良ければ……」

 唐突な申し出に尻込みするみゆきだったが、麻衣が、少しドスを利かせた声で脅すと、あっさり折れる。

 無論、二人がそんな申し出をしたのは、みゆきに密着して彼女をガードする為である。

 
 さやかは、そんな場合でも、ほんとの美術部のようにちゃんとした絵を描くが、

 
 最初からやる気のない麻衣は、こともあろうに「へのへのもへじ」を描いていた。

 二人の性格の違いが一目で分かる、実に優れたモンタージュである。

 
 麻衣、立ち上がってさやかの絵を覗き込むと、つまらなそうに、

 麻衣「上手いじゃない」
 さやか「……」

 などとやってると、案の定、壁を突き破ってマーゾのお化けツタが侵入してくる。

 
 二人はみゆきを逃がしてから、天井から落ちてきたマーゾに立ち向かう。

 
 二人はXを描くように、同時にでんぐり返りをしてツタをかわすのだが、その際、さやかの白いパンツがかなりはっきり見えてしまう。

 だが、そこのあなた、喜ぶのはまだ早い、これは女性スタントのパンツなのである。

 
 そのスタント、女性ながらその動きは見事で、鋭い立ちキックを放った後、

 

 
 後方倒立回転跳び、いわゆる「バク転」を決めて、美しい着地を見せる。

 これで最後にスカートがめくれあがっていたら、120点満点だったのだが……

 二人が寮から出ると、今度はヒドラー兵たちが襲ってくる。

 二人が素手でヒドラー兵をボコボコにするのを見たマーゾは、

 
 マーゾ「お前たち、スケバンかっ?」

 およそ宇宙獣士らしからぬ発言をする。

 乙女座だの星占いだの言ってたことからも、マーゾ、地球の風俗にやたら詳しいらしい。

 
 さやか「よしてよー」

 さやか、制服の埃を払いながら、

 
 さやか「この顔、よく見てよ」
 麻衣「まさか知らないとは言わせないわよ」

 そう言われて、やっとマーゾも気付く。

 マーゾ「あっ、お前たちは?」

 二人は一動作で制服を脱ぎ捨て、いつものコスチュームに早変わりすると、

 
 さやか「渚さやか!」

 
 さやか「チェンジ」

 
 さやか「マーメイド!」

 はい、みなさん、画面下端に注目~!

 変身ポーズを取って思いっきり体を伸ばした瞬間、ミニスカの奥に、今度は紛れもない西本さんの純白のパンツが顔を覗かせるんですね~。

 とりあえず、拝みましょうか。

 これが記念すべき、さやかちゃんの初パンチラになるんですねえ。

 まぁ、実際はこれまでも、何度かチラは起きてるんですが、遠目だったり面積が小さかったりで、管理人の中ではあくまで参考記録だったので、これが最初の認定済みパンチラとなるのです。

 続いて麻衣も変身し(貼ってやれよ……)、他の三人も駆けつけてラス殺陣に突入する。

 後は別に書くことはない。

 戦いの後、ギルークはかつての盟友アハメスの姿を虚空に思い描いて偲ぶ。

 
 ギルーク「アハメスよ、私はそなたが生きておるものと信じておるぞ。いつか必ずきっと会えると」

 ギルークの口ぶりでは、まるっきり恋人を思い慕っているようにしか聞こえず、なんで実際にアハメスが登場すると、途端に仇敵のようにいがみ合うことになるのか、ストーリーを良く覚えていない管理人にとっては、その辺が謎である。

 ま、順次エピソードをレビューしていけば、納得できるのだろうか。

 それとも、最初の設定では仲良しコンビだったのが、途中で仲悪いコンビに設定が変えられたのだろうか?

 そして今回は、最後の最後に飛び切りのプレゼントが控えていた。

 電撃戦隊のプールで泳いでいる野郎三人と言う、心の底からどうでもいいシーンに続いて、

 
 「あっはははっ」と言う笑い声とともに、4本の生足と、4つ房の尻があらわれ、画面を占拠するのである!

 
 そのままプールサイドに座る、ビキニ姿のさやかと麻衣。

 もう、尻フェチの管理人にとっては、いつ死んでも良いと思えるような映像である。

 
 さやか「ねえ、見て見て、ほらー、もうこんなに痣だらけなのよー」

 さやかが自分の体のあちこちを指差してアピールすれば、

 麻衣「私だってよー、ほらっ、凄いでしょー」

 麻衣も手足の痣を見せ付けて自慢する。

 もっとも、さやかのほうは特殊メイクだが、麻衣のほうはほんとの痣っぽく見える。

 
 さやか「これに、打ち身に捻挫でしょー、もう傷だらけよ、この体」
 麻衣「チェンジマン、やめる?」

 
 さやか「とんでもありません。頑張りますわよ」

 麻衣のからかうような質問にお嬢様っぽい台詞で答えていると、

 
 目の前に、疾風がぬっと顔を出す。

 疾風(やべぇ、泳ぐとハゲがバレる……)

 
 さやか&麻衣「どこ見てんのよ!」

 スケベ心丸出しの三人に向かって、ビキニ姿で仁王立ちする二人。

 まだ3月だというのに、二人揃ってビキニ姿を披露してくれた彼女たちの女優魂に触れて、頭が下がる思いがすると同時に、思わず前屈みになってしまう管理人でした。

 どうせならその姿をもっとたっぷり見たかったところだが、そのままプールへ飛び込んで終わりです。

 以上、メインストーリーはあってないような内容だったが、アハメスの存在が初めて仄めかされる点、さやかちゃんがパンチラと水着姿を披露している点において、管理人にとっては重要な回でありました。

 なお、勇馬がメインの5話は、特に面白くなかったのでスルーさせて頂きました。

 勇馬「オイッッッ!!」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

疾風なら

>女装した疾風がその女子寮に潜り込もうとしているシーンが出てきたら
これはバトルフィーバーJの20話を意識されていますね。疾風ならわざわざ女装しなくてももてそうだから普通に入れそうな気もしますが、ロリコンだからしないでしょうね(笑)。
それにしてもバズーは美化されすぎていてウケました。

良しとしますか

ヒロイン2人のセーラー服姿と水着👙が観られたので良しとしますか👍(なんちゅう感想だよ😅)次回も期待したいものですね

名前

誕生日が該当した女の子の名前が,加納みゆき? そこに反応しちゃいました。同じ名前の女優さんがいらっしゃいましたね。しかも朝ドラ女優。最近見かけませんが。
さやかさん,拝みました。ありがとうございました。

>わずか3秒で、さやかは該当する人物を弾き出してしまう。

何話か忘れたけど「キカイダー01」のシャドウが同じことしてました。
ハッキングじゃなくて独自のデータベースだったような?
現在の某アジアの大国みたい・・・

♬弱い犬ほど鎖が好きさ♪ by(同年の)銀河狼さん

>それとも、最初の設定では仲良しコンビだったのが、途中で仲悪いコンビに設定が変えられたのだろうか?
「(星王バズーに)逆らったら、殺される」と心底思い知らされたワケですから
「(ゴズマの中で)我こそは」となるのは致し方ありませんね・・・

>なお、勇馬がメインの5話は、特に面白くなかったのでスルーさせて頂きました。

内容は悪くないけど、「とんかつ屋が夢」が「所帯じみて」嫌ですよね。

バズーと銀河王

冒頭でのギルーク司令官とマーゾとの会話が、「スカイライダー」のコブランジンのお話序盤でのジェネラルモンスターとコブランジンのやり取りの様です。そして「スカイライダー」と言えば、劇場版であれだけの傍若無人ぶりを見せた銀河王も、仮に8人ライダーの迫撃から逃れ、宇宙に逃げ延びる事が出来たとしても、そうなっていれば、この頃バズーとは、将軍様と一外様大名(=小藩のお殿様)そのものの関係になっていたかもしれないと思うと寂しい気もします・・・・。

コロッケ

>どうやらフェニックスが無理を言って、マーメイドに乗せてもらい、遊覧飛行をしているらしいことが分かる。
>さやかと麻衣が口論しながら公園にあらわれる
> さやか「まあー」
 麻衣&さやか「ふんっ!」

マーメイドとフェニックス、ヘリチェンジャーで遊んじゃうだなんて・・・・!!「ゲッターロボ」でもゲッターチームの三人がゲッターマシンで競争をしてしまったために、
「ゲッターマシンは、君たちのおもちゃじゃないんだぞっ(怒)!!!」
と早乙女博士から熱いお灸を据えられしまった事があり、マーメイドとフェニックスもよく伊吹長官からお灸を据えられなかったなと思ってしまいます!!そして二人が上記のゲッターチームの三人よろしく伊吹長官からガツンと言われてしまったためにそれが元で仲違いしてしまっていたとしたら・・・・

昼食時間、ここはチェンジマン本部のダイニング。昼食を摂っているチェンジマンの五人でしたが、マーメイドが野菜に掛けるマヨネーズを取ろうとして目を離した隙にフェニックスがマーメイドのコロッケを横取りしてパクリ!!
「あっ!!!」
となるマーメイドに対し
「もう遅いよ~♪」
としてやったりのフェニックス!!それに対するマーメイドの反応は勿論
「麻衣っ・・・・・・(怒)!!!!」
です!それを見て
「おう、おう、始まるぜ~♪」
となるドラゴンたち。マーメイドが
「私のコロッケ、取らないでよっ!楽しみに残しといたのにっ!!」
と糾弾しても
「どうせ、太りたくないからとか言っていっつも残すんだからいいじゃない、ケチっ!!」
と悪びれないフェニックス!そのフェニックスの言葉に
「ケチーーーーーーっ?!」
と返すマーメイドに
「じゃあ、石頭だ~♪」
と更につっからむフェニックス!!マーメイドは
「石頭っ・・・・・?!食べたいんなら、食べたいって言えば、半分位分けてあげるのにっ!!!」
と返しますが、それにも
「分けてあげるって・・・・!!ほ~ら、その上から目線!だからさやかなんかに頼みたくないんだよっ!!!!」
とそんな逆ギレするフェニックスに
「さやかなんかにですってーーーーーーーっ(怒)?!」
となってしまうマーメイド!!そうした二人の様子に
「まあ、まあ、二人とも。親しき仲にも礼儀ありって言うじゃないか。」
とフォローするペガサスでしたが、それに対しマーメイドとフェニックスは同時に
「親しくなんかありませんっ(怒×2)!!!!」
となり、更にそれをグリフォンに
「あっ!はもったっ♪」
とからかわれてしまいます!フェニックスはそのままダイニングを退出しようとしますが、
「麻衣っ!!」
とそれを呼び止めるマーメイドに続けて
「ソース付いてるわよ・・・。」
と言われ口の真横に付いたソースをぺロリを舐め、マーメイドに
「いーーーーーーーっ!!」
と言い退出するフェニックスとそれにやはり
「いーーーーーーーっ!!」
と返すマーメイド。と、こんな場面もあれば、後半で二人が仲直りする処なども出来て、二人がマーゾを倒す場面がより引き立ったとも思えます!!またマーゾ撃滅後にマーメイドから
「仲直りの印になんか食べてかない♪何がいい、麻衣?」
と訊かれフェニックスが性懲りもなく
「コロッケ・・・・♪」
と応える場面も想像するとかわいいです(笑)!!
~「スイートプリキュア」でのキュアメロディ=響(声は小清水亜美さん)とキュアリズム=奏(同、折笠富美子さん)の口げんかシーンも加味させていただきました(また笑)!!



増岡弘さんがお亡くなりになりました

ゲーターのキャラは良い。が、家族は要らなかった。

最終決戦に向かうチェンジマンの後ろでミカンを食べるな!!!(魂の叫びィイ・・・)

1985年(昭和60年)朝日放送の金曜日

17:00~「Zガンダム」
MSの小競り合いばかりで「煮え切らんなぁ」

17:30~「チェンジマン」
敵キャラの葛藤が多過ぎて「煮え切らんなぁ」

19:30~「ジャスピオン」
南原親子とかなかなか話が進まなくて「煮え切らんなぁ」

影が薄い?

もしかしたら勇馬ってチェンジマンの中で1番影が薄いんでしょうか?他の4人は何となくキャラがわかるんですが。
それとも2話でさやかの邪魔をしたから管理人さんに冷遇されているんでしょうか(笑)?

1985年 関西テレビの木曜日

19:00~「北斗の拳」
「ひでぶ!」「あべし!」「たわらば!」う~ん!爽快

19:30~「スケバン刑事」
「魂だけはてめえらみたいに薄汚れちゃいねえんだよ!」う~ん、爽快

とんかつ屋”ぺがさす”

コロッケと言えば、揚げ物。揚げ物と言えばとんかつ。そしてとんかつと言えば、割愛された一つ前のお話で
「とんかつ屋を開くのが、俺の夢だ♪」
等と語っていたペガサスですが、もし「孤独のグルメ」の井之頭五郎=松重豊さんが
「とんかつの”ぺがさす”か。よ~し、ここにしよう!」
とペガサスのとんかつ屋に来店し、ペガサスお手製の超ボリュウミーなとんかつを目の前にして
「おおっ、このボリュウム!まるで宇宙獣士だっ(驚)!ならば、チェンジマンに成り代わって迎え撃たなければなるまいっ!!」
とそのとんかつにかぶりつくかもしれません(笑)!!
現実に「孤独のグルメ」シーズン7でも、五郎さんが埼玉県上尾市のその名もキセキ食堂(!)と言うとんかつ屋に来店した際は、まさに宇宙獣士級のボリュウム規格外のとんかつに五郎さんも目を白黒させ(大きさを持ち合わせていた巻尺で測ってしまう程!!)
「食いたくて食いたくて堪らなかったとんかつを、この旨さ、この厚みで俺は食っている!今、俺がかみしめているのは肉の形をした幸せだ!!」
と語っています!ペガサスもとんかつ屋になったからには来店した五郎さんにこうまで言わしめる様な店にして欲しい物です(また笑)。

Re: 疾風なら

> これはバトルフィーバーJの20話を意識されていますね。疾風ならわざわざ女装しなくてももてそうだから普通に入れそうな気もしますが、ロリコンだからしないでしょうね(笑)。

30分枠だったら、最初に疾風が女装して忍び込もうとして失敗する、みたいな前ふりが見れたかもしれませんね。

> それにしてもバズーは美化されすぎていてウケました。

ありがとうございます。バズーの気持ちは分かりますけどね。

Re: 良しとしますか

ただ、冒頭にギルークとアハメスの話とかあったので、女子高生シーンが短くなってしまったのがとても残念でした。

Re: 名前

> 誕生日が該当した女の子の名前が,加納みゆき? そこに反応しちゃいました。同じ名前の女優さんがいらっしゃいましたね。しかも朝ドラ女優。最近見かけませんが。

ああ、そう言えばいましたね。顔は思い出せませんが。

> さやかさん,拝みました。ありがとうございました。

お喜びいただけて幸いです。

Re: >わずか3秒で、さやかは該当する人物を弾き出してしまう。

まあ、そんなところにもたもた時間をかけるほど尺に余裕がないんでしょうけどね。

Re: ♬弱い犬ほど鎖が好きさ♪ by(同年の)銀河狼さん

しかし、ほんと、こんなに早くアハメスの名前が出ていたのは意外でした。

Re: >なお、勇馬がメインの5話は、特に面白くなかったのでスルーさせて頂きました。

キャラとして中途半端ですよね。疾風がもっと真面目だったら、三枚目キャラに出来たんでしょうが。

Re: バズーと銀河王

> 冒頭でのギルーク司令官とマーゾとの会話が、「スカイライダー」のコブランジンのお話序盤でのジェネラルモンスターとコブランジンのやり取りの様です。

そうですか。全然おぼえてないです……(アホや)

Re: コロッケ

いつもながらディテールの細かい妄想、見事です。

でも、劇中ではあんまりこういうシーンが見られないのが残念です。戦闘シーンが長過ぎ。

Re: 増岡弘さんがお亡くなりになりました

うっかりしてましたが、ゲーターの声やってたんですね。寂しくなりますなぁ。

Re: 1985年(昭和60年)朝日放送の金曜日

自分も見てたと思いますが、今考えると豪華なラインナップですよね。

Re: 影が薄い?

> それとも2話でさやかの邪魔をしたから管理人さんに冷遇されているんでしょうか(笑)?

そんなことはありません(笑)

まあ、誘拐された女の子がもっと可愛かったらレビューしてたと思うので、勇馬だけのせいじゃないんですけどね。

Re: 1985年 関西テレビの木曜日

残念ながらこちらは見てなかったですね。「北斗の拳」は、アニメがちょっと……

Re: とんかつ屋”ぺがさす”

何でも見ておられますね。自分の趣味の狭さが恥ずかしくなります。

「渚さやか・チェンジマーメイド!てめえら、許さねえ!」

管理人さんのさやか推しが伝わるエピソードですが、「三点セット」で視聴者も読者も眼福な一本ですね。

>≧もっともJAC出身の大石麻衣さんは自分で演じているが、西本ひろ子さんはほとんどスタントである。

>もしさやかをJAC所属の女優さんが演じていたら誰になっていたかな?と想像しますが、「巨獣特捜ジャスピオン」と時期が重なりますが仁禮美佐さんか大石さん繋がりでギャル4の小島憲子さん・大穴で森永奈緒美さんが起用されていたのでしょうか。

>≧CM後、女装した疾風がその女子寮に潜り込もうとしているシーンが出てきたら、迷わずテレビ画面に頭突きを食らわしてやるところだったが・・・・・・

>疾風が女装して潜り込む展開も見たかったですが、ここはひとつ「警備のために派遣されたガードマン」として疾風が潜り込むも「男が来た!」と追い返されてさやかと麻衣が乗り込む…なんて展開でもよかった気がします。

>≧マーゾ「お前たち、スケバンかっ?

>マーゾの「お前たちスケバンかっ?!」というセリフがあるなら「渚さやか!…チェンジ、マーメイド!」と名乗るさやかに「てめえら、許さねえ!」とスケバン刑事の斉藤由貴さんの決め台詞も言ってほしかったですね。

折しも「狙われた女子高生」のオンエアから1か月後にスケバン刑事のオンエアが始まってますが、マーゾの「お前らスケバンか!?」はスケバン刑事の撮影が進行中だったことを意識したのでは?と想像しながら拝見しました。

Re: 「渚さやか・チェンジマーメイド!てめえら、許さねえ!」

> 管理人さんのさやか推しが伝わるエピソードですが、「三点セット」で視聴者も読者も眼福な一本ですね。

たまにこういうオアシス回がないとレビューする気がなくなります。

> もしさやかをJAC所属の女優さんが演じていたら誰になっていたかな?と想像しますが、「巨獣特捜ジャスピオン」と時期が重なりますが仁禮美佐さんか大石さん繋がりでギャル4の小島憲子さん・大穴で森永奈緒美さんが起用されていたのでしょうか。

しかし、森永さんはあまり戦隊シリーズのイメージはないですね。目立ち過ぎるのかな。

> 疾風が女装して潜り込む展開も見たかったですが、ここはひとつ「警備のために派遣されたガードマン」として疾風が潜り込むも「男が来た!」と追い返されてさやかと麻衣が乗り込む…なんて展開でもよかった気がします。

そうですね。ま、尺の都合もありますからね。

> 折しも「狙われた女子高生」のオンエアから1か月後にスケバン刑事のオンエアが始まってますが、マーゾの「お前らスケバンか!?」はスケバン刑事の撮影が進行中だったことを意識したのでは?と想像しながら拝見しました。

そうか、まだ「スケバン刑事」は始まってなかったんですね。

当時はスケバンと言う言葉自体が流行ってたのかなぁ?

「Zガンダム」7話「サイド1の脱出」

・・・デモを鎮圧するためにティターンズが、G3(毒ガス)を使用し300万人もの住民を虐殺した

4年後の天安門事件を予告していたんですね。

「直接刃物を持って殺さないからさ。
手に血が付かない人殺しでは痛みはわからんのだ」
旧ジオンのコロニー落としを知るシャアの言葉が響きますね。

Re: 「Zガンダム」7話「サイド1の脱出」

ガンダムの世界って、結構えげつないことが多いですよね。イデオンほどじゃないですが。

勝手にセレクト

現行レッドが感染で撮影中止になりました。
もし、過去作のリクエスト特集になったら・・・
で、「インサイドストーリー抜き」で選びました。

ジャッカー・・・3話 志穂美悦子さん
バトルフィーバー・・・16話「格闘技!闇の女王」ミッチー・ラブさん
デンジマン・・・デリンジャー
サンバルカン・・・ 11話「哀しみのメカ少女」
ゴーグルファイブ・・・26話!!!
ダイナマン・・・呪いの服
バイオマン・・・ 12話「殺人者グリーン!」メイスンの迷台詞
チェンジマン・・・ 40話「おかしなお菓子」ラストが泣ける
フラッシュマン・・・21話「悲しみのサラ」河合宏サンゲスト&カウラー様のドSっぷり
マスクマン・・・ 熱砂に消えた命!

Re: 勝手にセレクト

なかなか粒よりのラインナップですね。

しかし、やるにしても最近の作品しかやらないんじゃないですか、どうせ。

さやかさん、麻衣さんのセーラー服、いいです。

セーラー服がずぶ濡れになるのが見たかった。

Re: タイトルなし

> セーラー服がずぶ濡れになるのが見たかった。

私も見たかったです。

セーラー服のスカートがもう少し短いと良かったですね。

Re: タイトルなし

当時はスカートが長かったですからねえ。

性格の違い

さやか姉さんは絵も上手いようですね😊麻衣姉さんは、幾ら何でもへのへのもへじは無いと思うのですがね😅

Re: 性格の違い

まあ、本気で部活してるわけじゃないですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター