FC2ブログ

記事一覧

「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話



 第41話「あッ! 人間が溶ける! ヨロイ元帥登場」

 いよいよ最後の大幹部ヨロイ元帥が登場する。しかし、歴代大幹部の中では一番地味かも知れない。ドクトル・ゲーのような迫力もなく、キバ男爵やツバサ大僧正のようないじり甲斐もない。

 PDVD_037.jpg

 冒頭、デストロンに捕まり、強制労働を課せられている囚人たち。しかし、こんなところを掘り返させても、何の意味もないと思うが。せめて畑を耕すとか、鉱山を掘るとか、生産的なことをさせるべきだろう。

 彼らは哀れ、新しい怪人ガルマジロンの人間溶解液の実験台にされてしまう。

 そして現れるヨロイ元帥。演じるのは中村文弥さん。

 PDVD_041.jpg

 首領の声「(実験を)見たぞヨロイ元帥!」

 PDVD_040.jpg

 ヨロイ元帥「……」

 PDVD_042.jpg

 首領「人体実験は成功だ。(以下略)」

 シカトされたけど、気付かないふりをする首領であった(註・管理人のプチ妄想です)。

 PDVD_043.jpg

 さて、とても可愛い女の子がガルマジロンの鱗のようなものを拾う。このシーン、意味があるのかないのか良く分からないのだが……。

 PDVD_044.jpg

 一方、デストロンからの脱走者を風見志郎は助け出すが、それは上の女の子の父親で山下と言う男だった。

 PDVD_045.jpg

 病院で志郎が見張りをしていると、怪しい男が入ってくる。しかし、それは志郎の親友の高木と言う男だった。志郎は再会を喜び、

 志郎「こいつは俺のライバルであり、親友でもあるんですよ」

 彼は立花藤兵衛から話を聞いたと言い、志郎に協力しようと申し出る。
 彼についての情報は少ないが、今まで海外でレーサーをやっていたらしい。
 志郎はさらに、デストロンと戦っているのは俺一人じゃない、あなたも協力してくれと山下に頼む。

 PDVD_046.jpg

 山下「脅されてデストロンに協力した私は卑怯だった(以下略)」
 話の内容がさっぱり分からないまま、父親を見上げている女の子が可愛いのである。

 PDVD_047.jpg

 だが、そこへデストロンが襲撃してきて、親子はさらわれてしまう。志郎と高木はバイクで追跡するが、基地の中に入ると、高木がその正体を現わす。そう、彼こそ怪人ガルマジロンだったのである。

 志郎「高木……、お前改造されるにしても、もうちょっと見栄えのいいのにして貰えよ」
 ガルマジロン「余計なお世話だっ」

 などというやりとりは一切ありません。

 無論、最後はV3に変身した志郎によって、ガルマジロンこと高木は蹴り殺される。

 PDVD_048.jpg

 人間の姿に戻った高木の死体を抱いて立ち去るV3、それを見送って「なむ~」と言う感じで手を合わせる女の子が可愛いの。あれ、ワシ、ロ○コンだったのか。

 第42話「カタツムリ人間の人体実験!」

 PDVD_049.jpg

 冒頭、一見、珠純子さん(小野ひずる)のようなOLが八百屋で買い物をしている。ちなみに白ねぎ一束が50円である。

 PDVD_050.jpg

 帰り道で、彼女はデストロンを名乗る不気味な声に呼ばれる。怯えまくってアパートへ帰る。彼女は妹と二人暮しの様子。
 その後、彼女はカタツブラーと言うやっつけ風のネーミングの怪人に襲われ、彼の意のままに動くカタツムリ人間にされてしまう。

 PDVD_051.jpg

 渋谷で、珍しく街頭ロケを敢行する志郎たち。

 PDVD_052.jpg

 志郎と擦れ違ったさきほどのOLが、こんなになって襲ってくる。志郎は咄嗟に相手を羽交い絞めにするが、それだけであっさりとOLは死んでしまう。

 PDVD_053.jpg

 直後に駆けつけた妹は、志郎が姉を殺したのだと決め付ける。立花藤兵衛たちが志郎の無実を主張するが、彼女は聞く耳を持たない……持たないのはいいけど、普通、こういう時は姉の遺体のそばにいるものじゃないのか? そのまま帰るの?

 PDVD_054.jpg

 志郎は周辺を調査して、OLの住んでいたアパートの住人全てがカタツムリ人間になっているのを知る。だが、さきほどのOLのことがあるので、迂闊に手が出せない。

 PDVD_055.jpg

 最上階から飛び降りながら変身するが、さすがの命知らず宮内洋も、「最上階から落ちたら多分死ぬ」と言うことに気付いたので、ここは落下するダミー人形と、トランポリンでジャンプしている宮内洋の静止画像をつないで処理している。

 PDVD_056.jpg

 姉の復讐に燃える妹は、立花藤兵衛のあとをつければ、風見志郎の居場所が分かるだろうと尾行する。その際、ちゃんと眼鏡をかけて変装する余裕まで見せる。

 PDVD_057.jpg

 しかし、ちょうどカタツブラーが眠っているところに入り込み、彼女も思いっきり殴られたような顔にされてしまう。

 駆けつける志郎。ここで、何故か親切な首領の声が、「OLは任務を失敗したので我々が殺した。志郎が殺したんじゃないよ~」と、妹に教えてくれたので、志郎の濡れ衣は晴れる。

 妹を人質にした怪人は、彼らを救う条件として、志郎にもう一度脳改造手術を受けろと迫る。

 志郎は「確かに助かると言う証拠を見せてくれれば、潔く条件を飲もう!」と断言する。人のいい怪人は、そばにいた別のカタツムリ人間に自分の触覚を刺して、元に戻して見せる。

 PDVD_058.jpg

 その途端、立花藤兵衛が「そうとわかりゃこっちのもんだ!」と、いきなり志郎と一緒に怪人に襲い掛かるのである。

 さっきの約束はどうなったんだ?

 ま、悪の組織との約束を遵守したって誰も褒めてくれないしね。

 正義のヒーローの言葉を信じたカタツブラーは、哀れ、背中の殻を剥がされた挙句、V3に蹴り飛ばされ、墨汁のような液体になって死亡するのだった。合掌。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

ツバサ大僧正役の富士野幸夫さんがこの2話に出演されてますね。高木がMATの上野隊員・三井恒さん、第42話の須藤研究員は第29話のデストロンハンター4号と『仮面ライダー』第55話のボウリング場の技師、第66話の殺される男・来島、『ウルトラマンA』のヤプール(『タロウ』の改造も同様)、バキシムとアンチラ星人の声の高田裕史(後の高田拓土彦、脚本家の土筆勉)さんです。

Re[1]:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

ウルトラファンレオさん
>ツバサ大僧正役の富士野幸夫さんがこの2話に出演されてますね。高木がMATの上野隊員・三井恒さん、第42話の須藤研究員は第29話のデストロンハンター4号と『仮面ライダー』第55話のボウリング場の技師、第66話の殺される男・来島、『ウルトラマンA』のヤプール(『タロウ』の改造も同様)、バキシムとアンチラ星人の声の高田裕史(後の高田拓土彦、脚本家の土筆勉)さんです。

おお、お詳しいですねえ。土筆勉さんが元俳優と言うのは知ってましたけど、色々出てらっしゃるんですね。富士野さんも、初代ライダーから、色んなとこで目にしますね。

Re:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

それぞれ、前作の第3話・第2話のリメイクですが
このリメイク4作、怪人がカッコ良くないので、
「オリジナル」に大きく見劣りしてしまいます。

脚本家の名前が平山P・阿部Pのペンネームとのことなので
やはりコストカットのためのリメイクだったのでしょうね。

前作の1~13話、「旧1号」篇ってシリーズ立ち上げの時期なのに、名作揃いなのが凄いですね・・・
個人的に大好きです。

Re[1]:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

影の王子様
そんな初期の脚本だったんですね。

オリジナルの方、1回しか見てないので全然内容を覚えてないんですが。

Re:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

42話の妹役、芦川よしみさんですね。
このころの特撮作品にしばしば出ておられた。

Re[1]:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

スッポンメガネ様
コメントありがとうございます。

>42話の妹役、芦川よしみさんですね。
>このころの特撮作品にしばしば出ておられた。

そうらしいですね。自分はつい最近まで気付きませんでした。

Re:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

41話は、タイトルだけ見たらヨロイ元帥が直々に人を溶かしているように思えますね。しかし、ガルマジロンの風貌は、とても恐ろしいですね。フォルムもかなり大柄ですし。
 42話は、初代仮面ライダーの蝙蝠男の回のリメイク作にあたりますが、殆どのシーンを昼間に撮影している為、オリジナルとは雰囲気が違いますね。台詞をほぼ全てそっくりそのまま流用している為、カタツブラーが風見志郎に対して「改めて脳改造手術を受けろ」等と矛盾したことを言っています。V3は、デストロン製ではなく、ダブルライダー製なのですが。

Re[1]:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

エレクトロファイヤー様
>42話は、初代仮面ライダーの蝙蝠男の回のリメイク作にあたりますが、殆どのシーンを昼間に撮影している為、オリジナルとは雰囲気が違いますね。台詞をほぼ全てそっくりそのまま流用している為、カタツブラーが風見志郎に対して「改めて脳改造手術を受けろ」等と矛盾したことを言っています。V3は、デストロン製ではなく、ダブルライダー製なのですが。

そうか、リメイクだったんですね。迂闊にも今の今まで知りませんでした。

Re:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

仮面ライダーのルリ子さんの時もそうですが本郷(或いは志郎)とおやっさんの背格好を何故間違えたのでしょうか?服装で分かる筈ですがね😅余裕がなかったのか肉親の仇を伐つ事に夢中だったからなのでしょうか?

Re[1]:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

ふて猫様
>余裕がなかったのか肉親の仇を伐つ事に夢中だったからなのでしょうか?

恐らくそうでしょうね。

Re:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

律儀に約束を守った悪の組織とその約束をあっさりと裏切る(破る)正義の主人公達のやり取りは観てて歯痒いですね😅普通は、立場が逆だと思うのですがね😔

Re[1]:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第41話・第42話(08/31)  

ふて猫様

特撮ヒーローではいつものことですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター