fc2ブログ

記事一覧

「仮面ライダーX」 第31話「立て!キングダーク!!」


 第31話「立て!キングダーク!!」(1974年9月14日)

 那須高原ロケ二本立ての一本目である。

 冒頭、那須りんどう湖・ファミリー牧場と言う施設が映し出される。

 湖の魚に餌をやるのが仕事と言う、負け犬人生まっしぐら(註・そんなことありませんっ!!)のおじさんの横で、今回のヒロイン・ユキが、ドラム缶を棒で叩いて魚を呼び集めていると、目の前に薄汚れた、パンツ丸出しの人形が浮かんでくる。

 ユキ「おじさん、とって」
 おじさん「はいよ」

 と、そこへ施設の女性職員がやってきて、

 
 職員「ユキちゃん、ママが呼んでたわよ、さ、早くおうちにお帰りなさい。今夜は台風が来るそうだから」
 ユキ「ばいばい」

 その夜、牧場の管理事務所の一室で、川の字になって寝ているユキとその両親。

 何の説明もないが、二人とも、この牧場で働いているのだろう。

 
 と、ユキが抱いて寝ていた半分焦げたような人形の片目がピカピカ光りだし、やがてひとりでに歩き出す。

 そう言う機能が付いているとか、怨霊が取り付いているとかじゃなくて、ドアの枠にとまっている奇妙なトカゲが動かしているらしい。

 
 母親「あっ、人形が動いている」
 ユキ「あたしの赤ちゃん、何処行くの?」

 母親が気付いて悲鳴を上げるが、ユキは恐れる色もなく人形を抱き締める。

 続いてトカゲが床に落ちると、

 
 それが今回の怪人トカゲバイキングの姿になる。

 父親「なんだ貴様は」
 トカゲ「俺はGOD悪人軍団の一人、トカゲバイキングだ」

 
 トカゲ「おお、これは可愛らしいお嬢ちゃん、そのお人形をおじちゃんに頂戴」
 ユキ「いやよ、これは私の赤ちゃんなんだから」
 トカゲ「ふっふふふへへ、可愛いことを言う。おじちゃんはね、お嬢ちゃんみたいに可愛い女の子が大好きなのさ!!」

 怪人、まさかのロリコン宣言!!

 しかし、自分のことを「おじちゃん」って言う怪人、彼くらいじゃないかなぁ?

 トカゲ「さあ、こっちへおいで、抱っこしてあげよう」
 父親(やべえ、こいつガチだ……)

 普通の怪人に襲われたときとは違う心配をしてしまうパパであったが、嘘である。

 当然、両親は変態ロリコン怪人から娘を守ろうと抵抗するが、トカゲバイキングは口から毒ガスを吐いて、二人の両手をトカゲのように醜く変形させてしまう。

 お察しの方もいるでしょうが、この毒ガス、これっきり使われることはありませんでした。

 ユキは怪人や戦闘員の手をすり抜けて部屋の外へ逃げ出す。

 翌朝、牧場のそばの道を、楽しく歌いながら二人のギャルが歩いている。

 
 そう、おっぱいの形が手に取るようにわかるTシャツ姿が眩しい、チコとマコであった。

 
 嬉しさのあまり、似たような画像を二枚貼ってしまったことに、管理人はいささかの後悔も感じないのであった。

 と、見れば、目の前の草むらの上にパジャマ姿の小さな女の子が人形を抱いて寝ているではないか。

 無論、ユキであった。

 
 チコ「マコ」
 マコ「チコ」

 慌てて駆け寄る二人であったが、あーっ、くそっ、ショートパンツかよっ!!

 なんか急にやる気がなくなっちゃったなぁ。

 マコ「早くみんなのところへ連れて行かなきゃ」
 チコ「うん」

 二人はユキの体を抱き上げ、「みんなのところ」へ連れて行く。

 しかし、「みんなのところ」って言うから、団体旅行でもしてるのかと思いきや、那須ビューホテルで待っていたのは敬介とおやっさんの二人であった。

 ま、別に間違ったことは言ってないが、おやっさんと敬介を差して「みんな」と呼ぶのは、若干違和感がある。

 で、もっと違和感があるのが、職員の女性が言っていた台風は、一体何処行っちゃったんでしょう? ってことである。

 ユキが一晩中屋外にいたのなら、その体がずぶ濡れになっていないとおかしい。

 ともあれ、二人はゆさゆさおっぱいを揺らして、宿泊しているホテルへ駆け込む。

 
 立花「何、トカゲに?」
 敬介「おやじさん、これはひょっとしたらGODの仕業じゃ」
 立花「たとえGODだとしても、何故人形なんか狙うんだ?」

 しかし、4人は那須に観光に来てるようなのだが、GODの暗躍が予想されるのに、東京を留守にしちゃっていいものだろうか?

 ロケだから那須に来ないと始まらないというのは分かるのだが、4人がどうしても那須に来なければならない理由が欲しかった。

 
 敬介、ユキから人形を預かり、なんか、「世紀末救世主伝説」に出て来そうな髪形をした人形をためつすがめつしていたが、首を傾げておやっさんに渡そうとする。

 その際、かなりわざとらしく手を滑らせ、敬介は人形を足元に落としてしまうが、

 女の声「お願いです、私は南原博士の親友です、この人形の中には博士の発明した大切な設計図が入っているんです。誰でもいい、この設計図を守って、キャアア!!」

 人形は、声を録音する機能がついていたらしく、その衝撃で音声が流れ出し、何もかもが明らかになる。

 敬介「そうか、これでわかったぞ」

 しかし、「南原博士の親友」って、あまりにざっくりした説明で、名前ぐらい名乗らせろと思ってしまう。

 たぶん、GODに襲われて、咄嗟に設計図を人形に入れて川にでも流したのだろうが、その流れ着いた先にたまたま敬介たちが遊びに来ていたと言うのは、いくらなんでも都合が良過ぎると言うものだろう。

 だから、敬介たちがその女性から連絡を受けて那須にやって来たが、彼女に会う前にGODに殺されてしまったことにしておけば、話のつながりもスムーズになったのに。

 それにしても、今更だが、南原博士がRS装置の設計図を友人・知人にばら撒いたのは、完全に「不幸のお裾分け」だったよね。

 幸運にも敬介に助けられた人もいるが、この姓名不明の女性なんか、ぶっちゃけ、博士に殺されたようなものだからね。

 それはともかく、どうしようもなく聞き分けの悪い子供であるユキは、人形をひったくるといきなりホテルから走り去ってしまう。

 ただ、一晩中GODから飲まず食わずで逃げ回って疲れ果てていたであろうユキが、何も食べずにホテルから飛び出してしまうというのも、考えればおかしな話である。

 あ、まあ、この時点でパジャマから平服に着替えているので、食事ぐらい与えたのかもしれないが……

 いや、良く見たら、チコたちがホテルに担ぎ込んだ時点で平服に着替えてるぞ。

 普通は、パジャマのままホテルへ直行するだろうし、そんなところで子供用の服なんて簡単に調達できる筈がない。

 仮に、一旦ユキの家で着替えたとしても、彼女の家にはGODが網を張っているだろうから、彼らに気付かれない筈がない。

 いやいやいや、その服、冒頭でユキが着ていたものだから、やはり、家に寄って着替えて来たのか?

 まあ、全部ひっくるめてどうでもいいことなんだが、こういう細かいところで齟齬が生じるシナリオと言うのは、たいがい、メインストーリーもつまらないと相場が決まっているのだ。

 敬介「早くあの子を助けないと、命が危ない」

 敬介は危惧するが、

 
 トカゲ「もう逃がさないぞ、可愛いお嬢ちゃん、ほら、抱っこしてあげよう」
 ユキ「怖いよーっ、あーん」

 那須高原でトカゲバイキングに見付かったユキ、逃げようとして足がもつれて転び、

 
 お父さんお母さんも安心の黒いブルマを全国ネットで晒してしまう。

 
 トカゲ「もっと泣け、もっと喚け、可愛い可愛い、そのお人形をこちらに貰おうか」

 そう、危ないのはユキの命ではなく、ユキの貞操だったんである!!

 実際、これだけロリコン属性を前面に押し出した怪人って、ちょっと他では思い出せない。

 だが、

 敬介「むぁてえええいっ!!」

 上には上がいるもので、

 
 そこに駆けつけたのが、幼女のあるところには必ずその姿があるという、真性ロリコン戦士・神敬介であった。

 ロリコンとロリコンの対決って、なんかやだなぁ。

 あ、念のため、敬介がロリコンと言うのは、頭のおかしい、人間のクズとして有名な管理人の妄想ですので、その辺、誤解なきよう。

 敬介「このバケモン野郎、罪もない子に何てことしやがる!!」

 敬介は気合を入れてライダーに変身すると、

 
 仲良く戦闘員たちと乗馬を楽しむのだった。

 そう、「イナズマンF」17話でもお馴染み、

 【タイアップの鉄則 その2】 対象となる施設およびその周辺で可能なアクティビティーをストーリーに絡ませろ!

 である。

 トカゲバイキング、ブルマ丸出しのユキを小脇に抱えて逃走するが、ライダーが空中で一回転して着地すると、

 
 一瞬で史跡・殺生石まで移動する。

 そう、

 【タイアップの鉄則 その3】 撮影はなるべく観光スポットで行え!

 である。

 ただ、那須ファミリー牧場から殺生石まで、直線距離で8キロくらいあるんですけど……

 あ、まあ、さっきのはファミリー牧場じゃなくて那須高原だったのかな?

 トカゲバイキング、ライダーと戦うが、口ほどにもなくユキに逃げられ、人形も奪われ、一方的にボコボコにされる。

 再び場所を変えるが、

 
 二人「助けてーっ!!」

 鉄塔の上に、いつの間にか捕まったチコとマコがいて、ライダーに助けを求める。

 くーっ、そうか、このシーンに備えてのショートパンツだったのだな……

 
 ライダー「卑怯者め」
 トカゲ「卑怯なところが俺様の取柄よ。あの二人の命が惜しかったらその人形をこちらに渡せ、そしてお前も神敬介に戻るのだ」
 ライダー「なにぃ」

 人形を取られた上、チコたちの見ている前で敬介にリバースチェンジさせられそうになり、進退窮まっているライダーの姿を映しつつ、CMです。

 CM後、ライダーはこのピンチをどうやって潜り抜けるのかと手に汗握って見ていた全国のちびっ子たちは、

 
 キングダーク「はははは、でかしたぞ、トカゲバイキング、お前にしては上出来だ」

 なんのことはなく、トカゲバイキングがアジトに戻ってキングダークに報告しているシーンになっていたので、思いっきりコケたという。

 キングダーク「神敬介は直ちに殺せ」

 また、キングダークの台詞で敬介が捕まっていることが判明するが、

 トカゲ「はい、とっぷりと可愛がってから殺してやろうかと思っております、ふぁーはははっ」
 キングダーク(ワシ、直ちにって言ったよね~っ!!)

 GODの命令系統が麻痺状態にあることまでが、トカゲバイキングの台詞で判明しちゃう。

 どうでもいいが、「とっぷりと」って、こんな時に使う副詞でしたっけ?

 キングダーク「では、その前にその設計図を見せてもらおうか」
 トカゲ「はい」

 ところがぎっちょん、

 
 トカゲ「……」
 キングダーク「設計図は抜き取られている」
 トカゲ「う、そんなばかな……ないっ」

 人形の首を引っこ抜いて中を見ると、ある筈の設計図がないではないか。

 キングダーク「このバカモノ!!」
 トカゲ「ううん、あの小娘だ、殺してやる。ようし……」

 怒り心頭に発したトカゲバイキング、ロリコンの風上にも置けない台詞を放つと、くるっと後ろを向き、

 
 トカゲ「……」
 戦闘員「ジィーッ!!」

 腹いせに、そこに控えていた何の罪もない戦闘員の首を斧でかっ飛ばしてしまう!!

 戦闘員ほどつらい仕事はないと言うことを、如実に示したシーンである。

 その後、ユキはひとりで那須ビューホテルまで戻ってくる。

 いや、だから、殺生石から8キロあるんですが……

 立花「お姉ちゃんたち見なかったか」
 ユキ「GODに捕まったわ」
 立花「えっ、GODに?」
 ユキ「お兄ちゃんと一緒に……これ、お人形さんの中に入ってた」

 ユキはそう言って紛れもない設計図をおやっさんに渡す。

 しかし、おやっさん、チコたちが攫われたのに、全然気付かなかったって、あまりに迂闊じゃないか?

 あと、ライダーと怪人の戦いがどうなるか分からないのに、前もって鉄塔の上にチコたちを登らせていた戦闘員、予知能力でも持ってるのか?

 色々あって、おやっさんはジープにユキを乗せて敬介のもとへ向かっていたが、途中、トカゲバイキングに襲われる。

 
 立花「ちょうどいい、敬介のところへ案内しろ」
 トカゲ「ようし、案内をしてやろう。だがその前に設計図を頂きたい」
 立花「ふざけるな、そんなもの知るか」
 トカゲ「ふふふ、今度こそ逃がさんぞ」
 ユキ「怖いよー」

 怖がるユキを抱き寄せ、嬉しそうに頬ずりするトカゲバイキング。

 やばい、こいつやっぱりガチだ……

 
 さて、ここで、本日二度目のお楽しみ(註1)、縛られて穴の中に立たされているチコとマコの図となります。

 マコは、伝統の「おっぱい上下二段挟み」方式で及第点だが、

 註1……一度目のお楽しみがなんだったのかは詮索しないように。

 
 チコ「うう……」

 チコは、あまりやる気のない縛り方なのが残念だが、美女が縛られて立たされていると言うだけでも良しとせねばなるまい。

 どうせなら、悪の皆様におかれましては、そのおっぱいを存分に揉みしだいて頂きたかったところだが、ちびっ子向け特撮ドラマでそんな狼藉が許される筈もない。

 では、直接的な描写を避けて、何とかセクハラに持ち込めないだろうかと知恵を絞った結果、二人を長時間立たせたままトイレに行かせず、

 チコ「あ~ん、漏れちゃう~」
 マコ「ああ、もう我慢できない~」

 などと身悶えして、体をくねくねさせているシーンを想像した管理人を、温かい目で見守ろう!!

 
 その二人に向かって、高所から、ローマ時代のカタパルトのようなもので真っ赤に燃える岩が飛ばされ、

 
 二人の足元に転がる。

 マコ「チコ、敬介さん、ほんとに来てくれるかしら」
 チコ「来るわよ、必ず!!」

 しかし、まあ、世界征服を企む「悪の組織」にしては、あまりにローテクの処刑法だよね。

 つーか、敬介を既に捕まえてあるのに、なんでこんなことせにゃならんのだ。

 ちゃっちゃと銃殺すれば済むことではないか。

 
 その敬介、鎖で手首と両足を縛られ、名物・益子焼の製造直売所に引っ立てられていた。

 そう、

 【タイアップの鉄則 その3】 撮影はなるべく観光スポットで行え!

 である。

 そこへトカゲバイキングがあらわれ、

 トカゲ「お前に是非会いたいというお客様がいらっしゃってる。連れて来い」

 戦闘員に、あえなく捕まったおやっさんを連れてこさせる。

 
 敬介「おやっさん」
 立花「敬介」
 怪人「はーっはははははっ、さあ、これでもう十分だろう」
 敬介&立花(え、何が?)

 こんな状況ながら、トカゲバイキングの台詞にツッコミを入れる二人であったが、嘘である。

 でも、変な台詞なのは事実である。

 この台詞を成立させるには、

 トカゲ「最後にお前との別れを惜しみたいというお客様がいらっしゃってる。連れて来い」

 みたいなことを言わせないとダメだと思う。

 トカゲ「神敬介をカマドの中に放り込め」

 トカゲバイキングさん、小姑のように細かいことですが、カマドじゃなくて、窯(カマ)では?

 
 ともあれ、敬介は大きな窯の中に入れられた上、入り口をレンガで塞がれる。

 お約束だが、自分たちの見ていないところでヒーローに脱出して欲しいと願ってるとしか思えない、中途半端な処刑方法であった。

 だいたい、カイゾーグである敬介なら、少々の高熱で焼かれても死ぬことはないのでは?

 一方、おやっさんはユキとともに、チコ、マコの処刑場へ引っ立てられる。

 立花「チコ、マコ、心配しなくてもいいぞ、敬介は必ず来る、必ずなーっ!!」

 
 敬介の押し込まれた窯に容赦なく火が入れられ、敬介の足を炙り焼きにする。

 無論、これは人形である。

 ちなみにこの処刑は、益子焼の職人さんたちの協力のもとに行われております。

 ありがとう!!

 どうせなら、敬介の横に益子焼が置いてあったら笑えたんじゃないかと思う。

 敬介「俺は焼き物のついでかいっ!!」

 みたいな……

 処刑場では、おやっさんとユキも同様に縛られて立たされ、火炎弾による処刑が行われようとしていたが、

 
 トカゲ「おい、ちょっと待て、神敬介は死んだ、お前たちはもう二度と助からん。諦めて最後のお祈りでも唱えろ」

 トカゲバイキング、それを止めると、「それ言う必要あります?」的な、どうでもいい憎まれ口を叩く。

 なんとなく、敬介が脱出するまでの時間稼ぎをしてるように見えるんだよね。

 善と悪の、目に見えない連携プレーとでも言いましょうか。

 
 とりあえず、悔しそうに唇を結んでいるチコの顔でも貼っておこう。

 ここでやっと敬介が、炎で鎖を焼き切って自由を取り戻し、窯の中で変身する。

 しかし、窯の炎くらいで、鉄が溶けるものだろうか?

 逆に、その程度の強度なら、敬介が自力で引き千切れると思うんだけどね。

 
 トカゲ「ようし、狙え」

 まるで、敬介の脱出を待っていたかのように、漸く投石を開始させるトカゲバイキング。

 立花「ああ、今度こそお陀仏か……」

 思わず天を仰いで絶望の呻き声を上げるおやっさんであったが、たぶん、その方法でお陀仏するには、かなりの時間が掛かるのではないかと思います。

 結局、ひとつも投げないうちにXライダーが駆けつけ、

 ライダー「待てぇーいっ!!」
 トカゲ「ええい、生きていたのか?」

 忌々しそうに叫ぶトカゲバイキングだったが、その声が、なんとなく嬉しそうに聞こえるのは気のせいだろうか?

 
 立花「あっ、Xライダーだ」
 ユキ「Xライダー」

 
 チコ「あ……」

 
 マコ「Xライダー!!」

 おやっさんの言葉に、たちまち笑顔になって、どんなに黒くて太くて長い恵方巻きも頬張れそうなほど大きな口を開けて喜ぶチコたち。

 ライダー「トカゲバイキング!! よくも人をなぶりものにしてくれたな、このお礼は必ずするぞ」

 この後、ラス殺陣になるが、戦闘員の皆さん、パニクッたのか、人質がいるのにそっちには見向きもせずにライダーに突撃していくが、

 
 ライダーに火炎弾を投擲され、思わずそれを手で掴んでしまい、「うおっち!!」的な動きで後方に吹っ飛ぶのであった。

 
 ライダー「おやじさん」
 立花「ライダー!!」
 トカゲ「覚えてろ」

 ライダーが人質を解放している隙に、トカゲバイキングが捨て台詞を吐いて遁走する。

 ライダー「くそう、逃がさんぞ、おやじさん、後を頼む」
 立花「よし」

 もし管理人が女の子たちの「後」を頼まれたら、自分も目隠しされているふりをして、身動きできない彼女たちの体を思う存分触りまくっていただろう。

 そしてその後、彼女たちにどつきまわされていただろう。

 だが、実は、それこそが真の狙いなのである!!

 などと、管理人がしょうもない妄想を楽しんでるうちに、ライダーが「空中地獄車」と言う、空中で回転してから蹴ると言う、スタッフが2秒で考えたような技でトカゲバイキングを蹴り殺して事件解決。

 
 ついで、牧場に戻って来たユキを、一体今まで何処で何をしていたのか不明の両親が笑顔で出迎えるというシーンとなる。

 トカゲっぽくされた腕はいつの間に治ったんでしょう?

 それはともかく、

 
 キングダーク「おのれ、またしてもXライダーにやられたか……うーむ、不甲斐ない奴めぇええ……うううー、ワシが乗り出さなければ、何も出来んのかーっ!!」

 失敗続きの部下たちに、遂に堪忍袋の緒を切り、

 
 キングダーク「うううーっ!!」

 タイトルにあるように、登場以来、初めて立ち上がろうとするが、

 
 キングダーク「ま、いっか……」

 やっぱりまたの機会にしようと、もう一度寝なおすキングダークであったが、嘘である。

 嘘であるが、めちゃくちゃ中途半端なところで画面が切り替わるので、結局、立ったのかどうかはっきりしないのは事実である。

 しかし、考えれば、普通に立つだけで周囲の耳目を集められるのは、クララとこのキングダークくらいではあるまいか。

 次回、引き続き那須高原での地獄のタイアップロケが敢行されるのである。

 以上、はっきり言って面白くも何ともなく、チコたちの縛り以外、見所のない凡作であった。

 あの南原博士の友人と言う女性が誰だったのか、分からずじまいだし……

 そう言えば、今更のツッコミだが、自分の身に危険が迫って何かメッセージを吹き込むのに、自分の名前を言わず、「南原博士の親友」だなんて、第三者目線で言うのは変だよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

市川治さんの怪人としては間抜け

かっこいいイカルスの対極にある怪人です。市川さんが同一の作品で対極の役を演じたのはアニメではコンバトラーVですね。この話を初めて見たときワルキメデスを思い出しました。ワルキメデスはインテリではあるけど臆病で容姿もはあまり良くないです。
市川さんのかっこ悪い怪人と言ったら、このトカゲバイキングとスカイのゴキブリジン、ヒーターゼミがワースト3ではないでしょうか。
逆にかっこいいのが、鋼鉄参謀、イカルス、マシーン大元帥です。

消費者庁案件…(笑)

これ、タイトルからして見てる方の関心って途中のストーリーより、あのキングダークが遂に立ち上がるのか?に尽きると思うんですけどねぇ…既に立ち上がった姿を知ってると、この頃までが華だったと思いますけど…。(^◇^;)

怪人ロリコン列伝

おお出たか、ロリコン怪人昭和代表トカゲバイキング・・・・・・昭和代表?
ええそうです、平成にもロリコン怪人はいるのです、それもとびっきりヤバいのが
作戦とは関係無く少女を誘拐しては着せ替え人形にして遊ぶ、シシレンジャーからド直球で「危ないオヤジ」呼ばわり『五星戦隊ダイレンジャー』よりゴーマ怪人サボテン将軍!
女子小学生を写真に閉じ込めコレクションかれこれ今年で11年の少女誘拐常習犯、いやお前機械だろーが『超力戦隊オーレンジャー』よりマシン獣バラナイトメア!
ちなみにどちらも人間体が存在するので絵面がもう世も末、いや実際世紀末まで10年切ってたけど

今回の補足

小生なりに多少補足させて戴きます(やらんでええねん😅)
①人形を動かしてトカゲバイキングが出現する
②トカゲバイキングが両親の両腕を変える
③トカゲバイキングがユキに人形を頂戴と
要求する
④何故かチコとマコが現れる
⑤一晩中飲まず食わずですぶ濡れの筈のユキがホテルから逃走する
⑥南原博士がRS装置の置き土産で親子を不幸のどん底に落とす
⑦トカゲバイキングと敬介が人形を巡ってユキの争奪戦を行う
⑧いつの間にかチコとマコが捕まる
⑨キングダークが“設計図を見せろ”とトカゲバイキングに要求するも無くなっている
⑩当然キングダークは怒る😡
⑪何故か戦闘員の首を刎ねる
⑫ユキを抱き寄せ頬擦りするトカゲバイキングにおやっさんがヤバいと気付く
⑬チコとマコのロープの縛り方がエロい
⑭トカゲバイキングが捨て台詞を吐いて逃走する
⑮何故か両親の両腕が元に戻る
⑯キングダークが立つも途中で止める
以上であります。タイアップ満載の割にはイマイチ盛り上がらない回でしたね😅

訂正します

②の箇所はトカゲバイキングが両親の両腕をトカゲの両手に変えてしまうです😅

Re: 市川治さんの怪人としては間抜け

> 市川さんのかっこ悪い怪人と言ったら、このトカゲバイキングとスカイのゴキブリジン、ヒーターゼミがワースト3ではないでしょうか。

そう言えば市川さんでしたね。イメージ崩れるなぁ。

Re: 消費者庁案件…(笑)

ほんと、最後まで寝てて欲しかったですね。

Re: 怪人ロリコン列伝

> 作戦とは関係無く少女を誘拐しては着せ替え人形にして遊ぶ、シシレンジャーからド直球で「危ないオヤジ」呼ばわり『五星戦隊ダイレンジャー』よりゴーマ怪人サボテン将軍!
> 女子小学生を写真に閉じ込めコレクションかれこれ今年で11年の少女誘拐常習犯、いやお前機械だろーが『超力戦隊オーレンジャー』よりマシン獣バラナイトメア!

貴重な情報ありがとうございます。後学の為、是非チェックしてみたいです。

Re: 今回の補足

ごくろうさまです。

> ⑪何故か戦闘員の首を刎ねる

癇癪起こした子供みたいですね。

> ⑮何故か両親の両腕が元に戻る

つーか、今まで何してたんでしょう。

> ⑯キングダークが立つも途中で止める

実際は立ってるんでしょうけどね。

Re: 訂正します

わざわざすいません。

〉ほんと、最後まで寝てて欲しかったですね。


ふと、管理人さんの言葉で思ったんですけど…やっぱりキングダークは寝そべってるんですかねぇ…見たままの感じで…うつ伏せ?膝先をプラプラさせながら?(笑)いやいや…せめて涅槃像みたいな感じで寝てて欲しいですね。(^∇^)

情けない

ロリコンということに目が行きがちですが、トカゲバイキングはかなり情けないやつなんですよね。
キングダークからも「お前にしては上出来だ」と言われて全然期待されていませんし、ライダーとの戦いでも斧で自分の腕を切り落とされるなどかなり情けない印象です。こんなやつまで動員しなければならないとはキングダークも大変です。

なぜ総称…?

こんばんは。トカゲバイキングですが、なぜかこいつだけ悪人軍団の中では「モチーフ動物+総称」系のネーミングなんですよね。

いっそ、「トカゲハーラル」or「トカゲエイリーク」(前者は「美髪王」の異名で知られるハーラル・ゴームソンに、後者はアメリカ大陸に移住した赤毛のエイリークにそれぞれ由来)あたりで実在するヴァイキングの征服王由来のネーミングにした方が良かったような気もします。

Re: タイトルなし

> せめて涅槃像みたいな感じで寝てて欲しいですね。(^∇^)

まあ、普通考えればそう言う体勢なんでしょう。

Re: 情けない

> キングダークからも「お前にしては上出来だ」と言われて全然期待されていませんし、

確かに、良く考えたらキツいこと言われてますよね。

Re: なぜ総称…?

こんばんは。

> いっそ、「トカゲハーラル」or「トカゲエイリーク」(前者は「美髪王」の異名で知られるハーラル・ゴームソンに、後者はアメリカ大陸に移住した赤毛のエイリークにそれぞれ由来)あたりで実在するヴァイキングの征服王由来のネーミングにした方が良かったような気もします。

やっぱり分かりやすさを第一に考えたんでしょうね。

No title

>冒頭、那須りんどう湖・ファミリー牧場と言う施設が映し出される。

この牧場はデーモン小暮閣下がCMをやっていた時期があり、ウルトラマンタロウの再放送のスポンサーでした。
youtubeで検索をかけたら当時のCMがとうこうされてました。

Re: No title

結構有名なところなんですね。

やはり真性は…

>敬介がロリコンと言うのは管理人の妄想
ちなみに伊賀電は劇中を見ても正真正銘のロリコンっぽいです。
渡氏を鍛え上げた上原先生の趣味が投影されているんでしょうねぇ。

Re: やはり真性は…

結局、シナリオに従って行動してるんだから、ライターの趣味が反映されて当然ですけどね。

団次郎さんはロリコンの役をやってた

団次郎さんは2時間ドラマでロリコンの役をやってたのを見たことがあります。被害者役は美少女子役で有名だった前田亜紀さんでした。
これも美少女子役が性犯罪の被害者というテンプレでした。

Re: 団次郎さんはロリコンの役をやってた

ヒーロー俳優って悪役俳優になることが多いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター