fc2ブログ

記事一覧

「宇宙刑事シャリバン」 第28話「キャンパスは風速80Mの猛烈ストーム」(リテイク版)


 第28話「キャンパスは風速80Mの猛烈ストーム」(1983年9月16日)

 冒頭、電がジープを走らせていると、前方の路上に、野球のユニフォームを着た明と千恵、およびその友人たちが飛び出してくる。

 
 千恵「電さんだ!!」
 明「電さん、ストップ、ストップ!!」

 
 電「悪いけどお付き合いできない(註1)んだ。これからバイクのテストなんでね」

 電、てっきり野球に誘われたのかと思って先回りして断るが、

 
 明「違うよ、違うよ」
 千恵「死にそうなの、男の人」
 電「えっ?」

 明たちの言葉に顔色を変え、子供たちをジープに乗せてその場所まで案内させる。

 註1……ほんとは結婚を前提にお付き合いしたい(誰と?)

 現場は高架道路の下で、太いコンクリートの橋脚が立ち並び、高い雑草の生い茂った、一種の死角であった。

 そこに、スーツ姿の男性が胸にナイフを突き立てて倒れていた。

 
 電「おい、しっかりしろ」
 野村「大神教授を助けて……」
 電「大神教授?」
 野村「うっううっ……ああっ」

 男はそれだけ言い残すと、あえなく息を引き取る。

 男の持っていた身分証から、城東大学助教授・野村洋一だと分かる。

 電は、男の残した言葉が気になって城東大学を訪ねるが、

 
 警備員「君、君、学生証は」
 電「学生証? そんなもの必要なわけ?」
 警備員「本校生徒以外はダメなんだ。近頃ロッカー荒らしが多くてね」

 入り口で警備員に見咎められ、いきなり出鼻を挫かれる。

 見れば、学生たちもいちいち学生証を提示させられており、いい加減うんざりしているようであった。

 特に明示はされていないが、それは密かにこの大学に潜り込んで(支配して?)いるマドーが、電に限らず邪魔者が入らないよう、ロッカー荒らしを口実にそんな検問を行わせていたと思われる。

 電、何気なく周囲を見回し、「21世紀を考えるシンポジウム」と言う、ざっくりし過ぎのタイトルの講演会の看板を目にするが、

 
 その中のひとりが、野村が言い残した大神教授であった。

 しかし、左端の人、めちゃくちゃ発音しにくそうだ。

 せめて、間に「・」を入れて欲しい。

 やむなく、電、大学の裏手の塀を乗り越えて、非合法的に構内に入り込む。

 ただ、現時点では野村の死にマドーが関わっている証拠はないのに、そこまでやるだろうかという疑問が浮かぶ。

 そもそも、学生証がないと入れないと言う設定自体、要らなかったような気がする……

 とりあえず、ぶらぶらと敷地内を歩く電。

 
 テニスコートでは、テニスウェアが眩しい女子学生たちが試合を行っていたが、

 小次郎「ナイスカバー、どっこいしょっとこら」

 
 何故か、千秋とダブルスを組んでいるのが、この場にはおよそ不釣合いなおじさんプレーヤーの小次郎さんなのだった。

 電「あれ?」

 
 (なんだ、この画像は?)

 
 (だから、なんだ、この画像は?)

 いやぁ、たとえそれがアンスコであっても、女の子のミニスカから白いものが見えると言うのは、目に青葉、山ほととぎすと言う感じがして、実に爽やかな気分になりますね!!

 さらに、

 
 千秋「ああっ」

 ボールを打ち損ねた千秋が尻餅を突き、見てる方が赤面してしまうような豪快なご開帳を披露される!!

 
 千秋「いったぁ……」

 しかめっ面をする千秋の横で、何故かバンザイをする小次郎さん。

 まるでパンツが見えたのを喜んでいるようだが、

 
 小次郎「お上手よ、ナイスボレーよ、めぐちゃん、素敵、ボルグでも取れないから」

 小次郎さんのお目当ては相手チームのめぐちゃんという女性らしく、パートナーをほったらかして相手チームのプレーを褒めるのだった。

 千秋「小次郎さん、誰のお陰でテニス部に参加できたと思ってるのよぉ」
 小次郎「まあ、いいから、いいから」

 画像はあえて貼らないが、千秋が自分のお尻をさすりながら振り向くところもなかなかエッチである。

 電「相変わらず調子良いんだから、小次郎さんは……」

 電はその一言で片付けているが、千秋は別の大学のテニス部で(註2)、今日は交流試合をしに来ているのだろうが、そこに大学とは縁もゆかりもない小次郎さんが参加出来るというのが、どうにも納得できないのである。

 普通の場合ならともかく、学生証がないと入場できない厳戒態勢だと言うのに……

 註2……と思ったが、後のシーンでも千秋がテニスをしているので、千秋もこの大学の生徒だと言う可能性もある。でも、だったら、野村が城東大学と知った時に、「千秋さんの通ってる大学だ」みたいなことを言いそうなものだけどね。

 電、まず、大神教授本人に話を聞いてみる。

 
 大神「野村君は論文がまとまらないといって悩んでいた。ま、ノイローゼだねえ」
 電「大神教授を助けて……そう言って息を」
 大神「誰かに狙われている、彼はいつもそう言ってた、一種の被害妄想に悩まされていたんだねえ」
 電「じゃあ、野村助教授は自殺だと?」
 大神「そう、それ以外には考えられない」

 大神教授を演じるのは、「ガンダム」の主題歌でお馴染み、池田鴻さん。

 大神自身は野村の自殺だと断言するが、どうにも納得いかない電は、野村の研究室の鍵を開けて忍び込み、机の中などを引っ掻き回す。

 と、誰かが近付いてくる気配に、咄嗟に窓から外へ出るが、

 
 警備員「……」

 入ってきたのは警備員で、何の不審も抱かずに出て行ってしまう。

 ……

 鍵が開いてたでしょおおおおおっ?

 よりによって、ロッカー荒らしで絶賛警戒中だと言うのに、この緩みっぷりはひど過ぎる。

 これでは見てる方も拍子抜けしてしまうので、警備員に見付かって(ロッカー荒らしと間違われて)慌てて逃げる……みたいな一幕があった方が盛り上がったと思う。

 電、今度は野村の住んでいたマンションを訪ねる。

 幸い、同居していた妹・典子は、快く電を入れてくれる。

 これも不自然だが、まあ、遺体の第一発見者で、線香を上げに来たとでも言ったのだろう。

 一方で、電が一人暮らしの女性の家をいきなり訪問するというのは非常識で、リリィが同行したほうが無難だったろう。

 ま、そんな些事はともあれ、

 
 その典子と言うのが、かなりの美少女だったことを、ここに謹んでご報告させて頂きたいと存じます。

 目元も涼しく、今でも十分アイドルとして通用しそうなルックスだが、それもその筈、演じているのは、当時、現役のアイドルだった矢野有美さんなのである。

 電、しばらく野村の書棚などを調べていたが、

 
 電「お兄さん、日記をつけていませんでしたか」
 典子「毎日のようにつけてました」
 電「見せてください」
 典子「それが……見当たらないんです」
 電「見当たらない?」

 典子によれば、野村が殺される前の晩には確かにあったのだが、いつの間にかなくなっていたと言う。しかも、野村の殺された日、何者かが家に侵入した形跡があるという。

 電「じゃあ、誰かが……」

 と、そこでチャイムが鳴り、郵便配達員が荷物を届けに来る。

 四角い、本のような形の小包で、福岡から発送されていた。

 典子「兄の大学時代のお友達からです」
 電「兄さんの?」

 小包の中身は、問題の日記帳だった。

 

 
 典子「兄さんの日記だわ!!」

 驚いて、くりっとした目を電に向ける典子タン。

 電「ちょっとすいません……」

 電、その日記を手に取ると、勝手に中を開き、あまつさえ、日記に挟んであった典子宛の手紙を断りもせずに読んでしまう。

 
 電「野村君から日記が送られてきました。一週間して何も連絡がなかったら妹宛に送り返して欲しいと書いてありました」
 典子「どうしてそんなことを?」
 電「日記を守ったんですよ、この日記には何か重大な秘密が書かれているに違いありません」

 
 典子「……」

 電の言葉に、子犬のように目をぱちくりさせる典子。

 大変可愛らしいのだが、アップが正面からのショットだけなのは勿体無い。

 まぁ、あくまでちびっ子向けの番組なので、スタッフもいちいちそんなことまで気を回す余裕はなかったのだろう。

 電、日記に目を通し、

 電「大神先生の態度がどうも変だ、論文の相談をしても生返事ばかり……まるで別人になられたみたいだ。シンポジウムで何か悪いことが起こりそうな気がする」
 典子「シンポジウムって何のことでしょう」
 電「そうだ、三人の頭脳のことだ!!」

 大学で見た、立て看板のことを思い出す。

 しかし、この程度の内容の日記を、そんなにムキになって守ろうとするだろうか?

 マドーにとっても、家捜しまでして欲しがるようなものではあるまい。

 まぁ、もっと具体的なことが書かれているのではないかとマドーが睨んだ可能性はあるが……

 それにしても、このシーンにおける電の態度は、大神教授と同じく、変である。

 前記したように、肉親を亡くしたばかりの一人暮らしの女性の家にいきなり押しかけることもそうだが、仏前に手を合わせるでもなし、お悔やみを言うでなし、しかも遺族の了解も得ずに勝手に手紙や日記を閲覧するわ、仮にも捜査官として配慮に欠けること甚だしい。

 典子がおっとりしたイイ子ちゃんでなかったら、悶着になっているところである。

 電、再び大学へ向かうが、入れ違いに、大神教授が自ら車を運転して出て行くのが見えた。

 ジープで追跡しながら、

 電(あの大神教授はニセモノなんだ、野村助教授はその確証を握った。そのために殺されたんだ)

 一足飛びに結論に辿り着く電。

 しかし、マドーはなんで野村の死体をあんな場所に放置していたのだろう?

 せめてダムに沈めるとか、すぐには発見されないようなところに遺棄しておけば、シンポジウムが開始されるまで電の介入を招くことはなかっただろう。

 もっと良いのは、大神同様、ニセの野村助教授を仕立てることである。

 さらにまずいことに、マドーは、いつもの廃墟まで誘い出された電に対し、キャンパスビーストおよび戦闘員たちに襲撃させたので、この件にマドーが絡んでいることをわざわざ電に教えてやる結果となる。

 ま、いつものことだけどね。

 
 リリィ「その大神教授はきっとマドーよ」
 電「俺はマドーがどんな陰謀を巡らせてるか、それが知りたいんだ。本物の大神教授はきっとどこかに監禁されてるに違いない」
 リリィ「そうか、マドーのアジトを探し出す必要があるんだ」
 電「そう、慎重にやらねば……」

 でも、ニセの大神はちゃんと講義とかもこなしてるようなのだが、それって凄くない?

 あと、他の学生たちには全然怪しまれていないのに、野村にだけ気付かれるというのも変な話である。

 野村は「別人のようだ」と言ってるのに……

 問題のマドーの目的は、ポルターの魔王サイコに対するプレゼンによって明らかになる。

 ポルターは、例の三人の学者のことを簡単に説明してから、

 
 ポルター「この三人の脳髄を生きたまま取り出し、我がマドーが開発したスーパーコンピューターに連動させます。この三人の天才の頭脳がスーパーコンピューターにドッキングすればその性能は空前絶後、コンピューターを超えたコンピューター、生化学、原子物理学、電子工学の知識を利用して恐るべき兵器を作り出すことも可能になるでしょう」
 サイコ「素晴らしい計画だ、是非実現しろ」

 つまり三人の脳を生体コンピューターとして利用しようと言う、「悪の組織」にしてはなかなか合理的な作戦であった。

 しかし、だったら、別にシンポジウムを待たずに三人を個別に拉致して脳を取り出せばいいのでは?

 ま、何故か知らんが海外にはどうしても行こうとしないマドーなので、仕方ないのだが。

 CM後、

 
 千秋「先生、早く早く、仇を討ってください」
 学生「すごーくうまいの、憎らしいぐらい」
 学生「南城女子大の月見さんです」

 テニスギャルたちに無理やり引っ張られて来た大神の前にすらりとした女子大生が立っていたが、

 
 リリィ「よろしくお願いします」

 それは、いささかトウの立った女子大生に扮したリリィだった。

 大神「いやぁ、私は忙しいんだよ」
 千秋「サーブだけで良いんです、月見さんが受けきれるかどうか」
 大神「じゃ、ちょっとだけやってみるか」

 女子学生たちに拝み倒され、やむなく大神はスーツを脱ぐ。

 本物の大神も、テニスが得意だったのだろう。

 なお、千秋は勿論リリィのことは知っているので、電が頼み込んでリリィの潜入捜査に協力して貰っているのだろう。

 で、大神教授がサーブを打つが、

 
 その威力は凄まじく、リリィのラケットを貫通してしまう。

 
 リリィ「うっ」

 勢い余ってコマのように回転し、

 
 おっきなお尻をコートに地響きがするほど激しく打ちつけるリリィ。

 ここは、是非アンスコを見せて欲しかった……

 
 千秋「さすがーっ」

 大神教授のスーパープレーヤーぶりに歓声を上げる学生たち。

 ちなみに左端の女の子がちょっと可愛いなと思いました。

 大神「ちょっとムキになり過ぎたかな」

 大神が立ち去った後、大神の使ったラケットのグリップが歪んでいるのを見たリリィは、大神教授が魔怪獣の化けたニセモノだと確信し、電に連絡する。

 電は大神教授の部屋に忍び込んで調べていたのだが、リリィの知らせを聞いてロッカーの中に隠れる。

 大神、ロッカーの中の電に気付きながら、何食わぬ顔で書棚の奥の秘密の研究室のシャッターを開けてその中に入る。

 これまた、不可解極まりない行為である。

 なんでわざわざ敵にアジトの場所を教えてしまうのか?

 それこそ、電を発見してロッカー荒らしだと騒げば、合法的に電を排除できたであろうに……

 一応、電が続いて研究室に入ると一瞬で地下の洞窟のような場所に転送され、そこに猛烈な突風が吹いてくるという、へぼい罠が用意されていたのだが、電は「赤射」することもなくその罠から逃れる。

 で、この突風が、サブタイトルにある「風速80Mの猛烈ストーム」の由来なのだが、羊頭狗肉にもほどがあるだろう。

 いよいよシンポジウムの日となり、二人の外国人科学者はあえなくマドーに捕まって本物の大神と枕を並べて手術台に拘束される。

 その様子を窺っていたリリィも捕まり、

 
 ポルター「ふっはははははっ、面白い、女宇宙刑事の脳髄も加えてやるか」

 自分まで脳味噌引っこ抜かれそうになる。

 ちなみに大神の部屋に飛び込んだ電が、迎え撃つガイラーに対し、

 電「教授たちを何処へやった?」

 と聞いているのだが、あの研究室以外に考えられないので、いささかピントの外れた台詞に感じられる。

 この後、電が「赤射」しながら壁を突き破り、研究室に飛び込む。

 
 こうして、マドーの皆さんが頑張って進めていた遠大な計画は、シャリバンの妨害で一瞬で瓦解する。

 とにかく、マドーはシャリバンに対するセキュリティーが甘過ぎる。

 三人を幻夢城に運んでから手術すれば良かったのに……

 あるいは、シャリバンに妨害されないように、同じ日に典子を誘拐して別の場所におびき出すとか、ちゃんと対策を講じてもらいたいものである。

 なんつーか、自分たちが組織であることの利点をまるで生かせていない気がするのだ。

 あと、ほんと、もう、いい加減にして欲しいのだが、

 敵を捕まえたらさっさと殺しましょう!!

 ともあれ、シャリバンがキャンパスビーストを倒し、三人の博士も無事救出されて事件解決。

 以上、滑り出しは期待できるが、中盤以降は面白くもなんともない凡作であった。

 テニスギャルと典子タンの存在だけが救いである。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

リリィのコス

どうせならミニスカ+白いモノでも見せて欲しかったものですね😅(お前の願望なんて知らんわ)

頭脳流出(物理)

言いたかないけど仮にも宇宙を股に掛ける犯罪組織が地球人の頭脳を当てにコンピューター造るのはどうなんだろうか、この時代の地球人の科学知識ってそんな大したものでもないだろうし(Windowsすら生まれてない時代の電子工学の知識で本当にいいのか?メモリ容量がメガバイトいかない時代だぞ)

スーパー1とかぶる

池田さんがこれの3年前に出演した、スーパー1でも生体コンピューターが出ていましたね。矢野有美さんは用紙はまあまあだけど普通の格好だから、中高生の時に見てもあまり反応しなかったでしょう。

Re: リリィのコス

まあ、テニスルックだけでも良しとしましょう。

Re: 頭脳流出(物理)

> 言いたかないけど仮にも宇宙を股に掛ける犯罪組織が地球人の頭脳を当てにコンピューター造るのはどうなんだろうか

確かにそうですね。

Re: スーパー1とかぶる

> 池田さんがこれの3年前に出演した、スーパー1でも生体コンピューターが出ていましたね。

そうでしたね。すっかり忘れてました。

女性にそこは禁句

>いささかトウの立った女子大生に扮したリリィだった。
院生設定ならテニス部は無いか…。
まあ普段よりは可愛く見えていると思います。
先日、書いたクイズ番組にてシャリバンより5歳年上と初めて知りました。
姉さん女房はロリコンの電には対象外ですね。

当時のお返しと言わんばかりに金曜日の決勝戦は
序盤、活躍したシャリバンが女幹部にエネルギーを吸い取られている間に
リリィが男幹部を踏み台にして勝利をゲットした形…。

Re: 女性にそこは禁句

> 先日、書いたクイズ番組にてシャリバンより5歳年上と初めて知りました。

かなり年の差があったんですね。

でも、この間の番組では、むしろ渡さんのほうが老けて見えたのがちょっと悲しかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター