FC2ブログ

記事一覧

「宇宙刑事ギャバン」の魅力を語り尽くす 第13話・第14話

宇宙刑事ギャバン 3 【DVD】

宇宙刑事ギャバン 3 【DVD】
価格:2,829円(税込、送料別)



 引き続き、第13話と14話を紹介します。

 第13話「危うし烈! 大逆転」

 今回は、ストーリー上の大きな節目となるエピソード。今まではダブルマンとモンスターと言う二体の敵が登場していたが、今回からその二つを掛け合わせたダブルモンスターと言う、より強力な敵のみとギャバンは戦うようになる。

 まあ、ストーリー上と言うか、アクションの構成上の改革ですね。やはりいちいち二人と戦うのは時間的にきついし、二体分のスーツ代がかかるしね。

 冒頭、サイモンスター(モンスターなのかダブルマンなのか紛らわしいが、ダブルマンである)と言う暴れん坊が、大口を叩いた上でギャバンに挑戦してボコボコにやられて帰ってくる。

 PDVD_010.jpg
 アルミ箔を貼ってるように見えるが、これは傷の手当てをしているのである。

 逃げ帰った彼がモンスターのパワーがあれば勝てると苦し紛れに放った言葉がドン・ホラーに、生体合体装置でダブルマンとモンスターを合体させると言う画期的なアイデア(byドン・ホラー)をもたらす。

 PDVD_011.jpg
 さて、ちょうどその頃、香月博士は来るべき宇宙時代に備えて生体電送装置を開発していた。演じるのはスナフキンの声でも有名な西本裕行さん。

 彼はマクーに誘拐され、電送装置を応用して生体合体装置を作るように強要される。無論、断るが、妻子の命を奪うぞと脅され、やむなく引き受け、元の研究所へ帰される。

 PDVD_013.jpg
 彼がマクーに狙われていることを知ったギャバンは、研究所を見張り、テニス・スクールに通う博士の妻子はミミーと月子にガードさせていた。

 月子さんの貴重なテニスルックである。

 と、そこへマクーが現れて、博士の妻子を誘拐する。追跡するギャバン。しかしそれはギャバンを研究所から遠ざけるための策略だった。その隙に、完成した合体装置で記念すべき最初のダブルモンスター、

 PDVD_016.jpg
 サイダブラーが誕生する。

 PDVD_017.jpg
 こういうのは大抵最初のキャラが一番強いと相場が決まっているのだが、確かにかつてないほどのパワーの持ち主である。

 自動車のドアを投げつけられるギャバン。ここはなかなかハードなアクションとなっている。

 蒸着したギャバンはレーザーブレードで相手の盾を壊すが、倒すまでにはいたらず、決着は14話に持ち越される。

 第14話「愛と悲しみの別れ とどめの一撃!!」

 ダブルモンスターの登場を聞いて、バード星からコム長官(西沢利明)が地球へやってくる。

 PDVD_019.jpg
 ダブルモンスターに勝つには筋力が必要だと、ギャバンに筋トレをさせる長官。

 しかし、慌てて筋トレしたからって、あまり変わらないと思うが……。

 PDVD_020.jpg
 特訓の仕上げに、コム長官自ら剣をふるい、ギャバンを指導する。

 コム長官はさっさと帰る。

 PDVD_021.jpg
 一方のサイダブラーも闘志を燃やしていた。

 前回は出なかったが、今回は人間体(潮健児)が登場。

 PDVD_022.jpg
 と、散歩中、川べりで子犬にミルクを与えている月子を見掛ける。

 この、見えそうで見えない絶妙なアングルが素晴らしいですね(やかましいわ)。

 PDVD_023.jpg
 潮健児は彼女を「お茶でもいかがお嬢さん、それとも血の滴るようなステーキの方がよろしいかな」と、ナンパするが、2秒でふられる。

 PDVD_024.jpg
 逃げてきた後も、その不気味な様子に怯える月子さん。何しろ相手があの潮健児だからね。

 PDVD_027.jpg
 サイダブラーはアバロン乗馬クラブ近辺の牧場の牛を片っ端から食い殺していた。それを目撃した小次郎さんに、ギャバンはその場所まで案内するよう頼むが、小次郎さんはびびって動こうとしない。

 ギャバンはその真似をして見せてから、小次郎の頭をはたく。

 その先で、潮健児と擦れ違うシーンがあるが、なかなか緊張感のあるシーンとなっています(じゃあ貼れよ)。

 いよいよ戦いの時が来た。だが、ギャバンは何故か思い詰めた様子でミミーに「金貸してくれ」と切り出す。彼は、死を覚悟した戦いの前に、子供たちと思いっきりと遊んでやろうと考えたのだ。

 PDVD_031.jpg
 ミミーはその気持ちを察し、自分の宝石箱を見せて「好きなだけ持ってって、これひとつでも何千万よ」と言う。

 ギャバンはそれを真に受けて、ひとつ貰って宝石店に持ち込むが、「こんなガラス玉持ち込まれても困るんですよねえ~」とバカにされる(註・されません)。

 何千万も使って、子供たちと何をするかと思いきや、

 PDVD_032.jpg
 ギャバンの選んだのは実に庶民的なプレイスポットであった。

 ここで何千万も使うのは逆に不可能に近い。続いて「多摩テック」にも行くんだけどね。
 しかし、ギャバンだって、アバロン乗馬クラブの方はろくに給料貰ってないかもしれないが、本職の宇宙刑事としてちゃんと給料貰ってる筈なんだけどね。

 ただ、バックにハーリー木村の「青い地球は母の星」の流れる、この一連のシーン(動物園や遊園地で子供たちと遊ぶ)、私は大好きなのだ。「ギャバン」の中でも一、二を争う感動的なシーンである。

 PDVD_034.jpg
 ひとしきり遊んだ後、一緒に来ていた当山さんに心配される。

 当山「大盤振る舞いしていいのか? 安いんだろ給料」
 ギャバン「お金ならたっぷりあるんだよ、ほれ」

 PDVD_035.jpg
 と、札束を剥き身で見せびらかすギャバン。

 当山「ちょっ」
 月子「まあっ」
 ギャバン「子供たちに何か美味しいものでも食べさせてやってくれ」
 と、気前よく月子に預ける。

 だが、子供たちにご馳走するのにどう考えてもそんなに要るわけがなく、残りは月子と当山が着服してしまうこととなる(註・なりません)。

 ま、残りは一応ミミーに返したんだろう。

 ギャバンは途中で、「ちょっと用があるんだよ」と、遊園地をあとにする。そう、サイダブラーとの決戦の時が迫っていたのだ。途中、ミミーからお守りを渡され、いやが上にも高まる緊張感.

 

 PDVD_036.jpg

 で、ギャバンが勝つ(あっさり)。

 死闘を潜り抜けて、もう再び会えないかもしれないと思っていた子供たちとサッカーをするギャバン。だが、生体合体装置はマクーの手に渡ってしまったので、次回からは登場する敵は全てダブルモンスターと言うことになる。

 政宗一成ナレ「蒸着せよ、宇宙刑事ギャバン!」

 つづく。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

潮氏は31話にも出演されてますが、大葉氏VS潮氏はバトルケニアVSヘッダー指揮官ですね。

「レーザーブレードの必殺技を防がれなかったのはシャイダーだけ」というのを見ましたが
シャリバンは11話のショウリビースト、47話のケンキャクビーストに一発目を弾かれてますが
ギャバンはこの13話のことを指しているのでしょうか?
他にギャバン・ダイナミックが通用しなかった回はありませんでしたが?

ところで、ビジュアルも可でアクションができる今の女優さんは武田梨奈さんでは?
「シャイダーNEXT」はこの人に演ってほしかったです。

Re[1]:「宇宙刑事ギャバン」の魅力を語り尽くす 第13話・第14話(06/05)  

影の王子様
>ところで、ビジュアルも可でアクションができる今の女優さんは武田梨奈さんでは?
>「シャイダーNEXT」はこの人に演ってほしかったです。

情報ありがとうございます。
最近のドラマって全然見ないので……。

関係ないけど「仮面ライダー3号」やっと見ました。
恥ずかしながら、意外と面白かったです。

最後のロボットは、「……」でしたけど。
いつかレビューするつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター