fc2ブログ

記事一覧

横溝正史シリーズ「悪魔の手毬歌」


 横溝正史シリーズ第一期の掉尾を飾るのは全6回と言う、シリーズ中最大の長編「悪魔の手毬歌」である。

 もっとも、これは終盤、予算が足りなくなって5回分の予算で6回に引き延ばしたと言うトホホな事情が伏在しているのだが……

 原作は横溝正史の事実上、最後の傑作長編で、地方を舞台にした岡山モノの総決算とも呼ばれている(誰が?)。二大勢力の存在する岡山の村で、不気味な手毬歌の歌詞どおりに少女たちが殺されていくと言う、いかにも横溝らしいプロットである。

 市川崑の劇場版を始め、色んなメディアで映像化されている。質的にはやはり市川版が最高峰だろうが、この横溝正史シリーズ版も、市川版にはない長所もあって、捨て難い力作になっている。

 ただ、前回の「悪魔が来りて笛を吹く」以上に登場人物が多く、筋立ても複雑なので、例によっておおまかなストーリーを追いながら気になるところに軽く触れる程度にしておきたい。


 舞台は昭和27年。鬼首村(おにこべむら)に保養のためにやってきた金田一耕助。

 PDVD_000.jpg
 人力車に揺られて優雅に登場するのは、原作にもある通り。

 ただ、原作では磯川警部に事前に20年前の迷宮入りになった殺人事件や主な人間関係について聞かされたうえで訪れるのだが、ドラマではほぼ白紙の状態で、人力車の車夫に殺人事件についてちょっと聞かされる程度である。

 原作では、骨休めがしたいという金田一に、磯川警部が迷宮入りの事件の捜査もして欲しい魂胆で鬼首村を紹介するのだが……

 で、金田一が紹介された「亀の湯」のおかみ・青池リカの夫が、20年前に恩田と言う詐欺師に殺されたというのがその事件で、犯人と思われる恩田はぱったりと行方を消している。死体が焼け焦げていたことから、磯川警部(ドラマでは日和警部だけど)は、殺されたのが恩田で、リカの夫・源治郎こそ犯人ではないかと言う疑いを抱いていた。

 PDVD_004.jpg
 市川版では岸惠子が演じたリカを、ここでは佐藤友美が演じている。

 PDVD_001.jpg
 その息子で、物語の主人公の一人である歌名雄(かなお)を、高岡健二。市川版の北公次よりは、原作のイメージに近い。

 なおこの粋な名前は横溝正史の若くして亡くなったお兄さんの名前から採られている。

 鬼首村には、仁礼家と由良家と言う二つの大きな勢力があり、それぞれ文子と泰子と言う年頃の娘がいる。で、歌名雄は泰子と恋仲だが、文子も歌名雄のことが好きなのだった。

 ほかにも、歌名雄の妹の里子(池波志乃)とか、仁礼家の当主(鈴木瑞穂)とか、まあたくさん出てくるのだ。

 PDVD_005.jpg
 そして、ヒロインと言うほど活躍しないが、キャストとしては別格扱いの夏目雅子さん。

 彼女は、別所千恵子と言い、例の詐欺師・恩田が村の娘に産ませた子供だが、東京で大空ゆかりと言う人気スターとなって、折も折、鬼首村へ帰郷してくる。

 PDVD_003.jpg
 また、お庄屋さんと言うあだなの放蕩ジジイがいるのだが、それを小沢栄太郎が演じている。小沢栄太郎はほんと、横溝作品にしょっちゅう出てくるのだ。

 彼は生涯何人もの妻を娶った人物だが、5人目のおりんが寄越した復縁を願う手紙の返事の代筆を金田一に頼む。

 金田一はその後、例によって東京の事務所の家賃滞納問題が発生したので、急遽宿を引き払うことになる。

 原作では、この金田一の行動は、総社にちょっとした用事があるので……としか書かれていない。

 PDVD_007.jpg
 その途中、仙人峠で、金田一がお庄屋さんのもとへ帰ってきたおりんと名乗る老婆と擦れ違う、極めて印象的なシーン。

 金田一は、豪雨に足止めされ、総社の井筒と言う宿に泊まることになる。

 PDVD_009.jpg
 そこのおかみさんは鬼首村の出身と言うことで、色々な情報を提供してくれるが、演じているのは日色ともゑさん。かわいいね。

 しかし、ここで金田一はおりんが既に亡くなっていることを聞かされ、愕然とする。

 PDVD_008.jpg
 停電で雷光がきらめくなか、

 「じゃあ、仙人峠で出会ったあの老婆は、いったい誰なんだ!」

 このシーンはつかみとしては最高で、このまま第一回目は終わらせた方が絶対いいとおもうのだが、何故かこの後、村に戻った金田一がお庄屋さんの自宅で殺人の痕跡を発見するところまで描いてしまっている。

 なお、村の巡査を(ATGの「本陣殺人事件」で磯川警部役だった)東野英心が演じている。

 原作では磯川警部が登場するが、ドラマではいつものように日和警部が事件を担当する。ただ、今回は磯川警部の個人的な想いが重要なキーになっているので、日和警部の長門勇じゃなく、別の俳優を磯川警部として起用すべきだったろう。


 金田一も加わって本格的な捜査が始まるが、殺人事件といっても、世捨て人のお庄屋さんが被害者だし、そもそも死体が発見されず、本当に殺されたのかどうかもわからない。よって、若者たちはあまり関心がなく、帰郷した大空ゆかりを囲んで歓迎会を開いたりするのだ。

 それはいいが、

 PDVD_011.jpg
 ゆかりさん、営業で来たんじゃないんだから、その衣装はどうかと思う。

 PDVD_012.jpg
 ほどなく泰子が殺され、口に漏斗を差し込まれ、滝の下で発見される。

 PDVD_013.jpg
 続いて文子も殺され、葡萄酒工場で奇妙なハカリを添えられて発見される。

 これは原作どおりなのだが、市川版などではパンチに欠けると思ったのか、葡萄酒の樽に漬けられると言う猟奇的なシーンになっている↓

 tema0500

 で、これらは昔から伝わる手毬歌の歌詞になぞらえた見立て殺人だと判明。

 PDVD_015.jpg
 金田一は20年前の殺人事件が今度の事件の原因ではないかと、重要な証拠を求めて神戸へ向かう。なんで神戸なのかは面倒臭いので説明しません。

 で、神戸の新聞社で金田一と話すのが関西弁の宍戸錠

 金田一は次はゆかりが殺されるだろうと予言していたが、実際には里子が撲殺される。

 PDVD_016.jpg
 金田一の留守中、詐欺師・恩田について日和警部が話を聞くが、この時の夏目雅子の衣装がスケスケなのがちょっと嬉しい。まあ、これはそういうファッションなので下着が透けて見えるからって喜ぶのはバカだけである。あ、俺のことか。

 そして最後は本命の大空ゆかりが殺されそうになるが、間一髪で金田一に阻止される。
 犯人は人喰い沼に身を投げる……恋人を殺された歌名雄は犯人の顔を見ようとするが……

 PDVD_017.jpg
 最後の六回目は、ほぼ事件の謎解きと言うか解説に費やされているが、時間を稼ぐためにかなり間延びしている。

 それでも、原作に忠実と言う点では、市川版以上だろう。

 PDVD_018.jpg
 夏目さんはあまり見せ場はないけど、最後、[異母兄弟]だと分かった高岡健二を励ますところとか、さすが名女優と言った感じだ。

 PDVD_019.jpg
 そして、エピローグで金田一が警部に告げるあまりに有名な一言。

 金田一「日和さん、あなたリカさんが好きだったんですね

 ちなみに(いろいろあって)ひとりぼっちになった歌名雄は、ここでは日和警部が引き取り工場で働くことになる。市川版でも磯川警部(若山富三郎)が引き取って農業大学へ通うことになるが、原作では何を勘違いしたのかおいらも芸能人になるんだと言ってゆかりと一緒に東京へ行っちゃうのである。

 しかし、「悪魔の手毬歌」は原作も面白いが、映像化作品も当たりの多い(恐らく最後となる稲垣版も悪くなかった)珍しい作品だ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

2時間ドラマ1990年版の再放送、録画して観ました。
面白いですが、陰惨さと救いの無さではかなり上位ではないでしょうか?
磯川警部の藤岡琢也の演技が胸に迫りますね。
多々羅放庵の汐路章、ハマり過ぎなくらいです。
しかし、死体の演技をする女優さんは大変ですね。特に最初の泰子は。

自分としてはなんといっても金田一=古谷一行ですね。次点は石坂浩二。
鶴太郎は・・・必ず出る牧瀬里穂目当てでした。ミスキャスト。
稲垣吾郎は見たことないですが、見てみたいです。

Re:「悪魔の手毬歌」2時間ドラマ1990年版(06/19)  

影の王子様
>2時間ドラマ1990年版の再放送、録画して観ました。
>面白いですが、陰惨さと救いの無さではかなり上位ではないでしょうか?
>磯川警部の藤岡琢也の演技が胸に迫りますね。

しかし、あれは市川版の影響受け過ぎですね。
それに正味90分であの原作を映像化するのはかなり無理があります。古谷金田一の2時間シリーズの中では出来の良い方ですけど。

>稲垣吾郎は見たことないですが、見てみたいです。

あれは再放送もほとんどないですね。
個人的には「女王蜂」が良かったですが、それ以外はちょっと……。まぁ、鶴太郎や古谷2時間の後期よりはマシですが。

Re:横溝正史シリーズ「悪魔の手毬歌」(06/19)  

今日は此方へお邪魔してます♪
(若きお局様が財布の紐をきつ~く縛ってらっしゃるので、
 外出さえままならない自分は、80年代~)

大きな書店の文庫本セクションには、未々横溝正史のコーナーは
散見できますが、DVD等が主流のチェーン店系列では、森村誠一
氏等同様に見かけなくなり、正に「一斉風靡」という表現が
適切になった感が否めず、大変残念な作家のお一人ですね。
『角川』の戦略って本当に凄かったんだと実感してます。

市川版より、TV版の『手鞠唄』の方が、幼い子が抑揚なしに
唄うので、不気味さはありますね。今の季節にピッタリ(;_・)
原作のニュアンスが、映画・TV版とかなり違うので、
戸惑いました!

管理人様は、こういうミステリーものは、原作をよくお読みに
なるのでしょうか?

Re[1]:横溝正史シリーズ「悪魔の手毬歌」(06/19)  

ピコちゃん様
いつもコメントありがとうございます。

>市川版より、TV版の『手鞠唄』の方が、幼い子が抑揚なしに
唄うので、不気味さはありますね。今の季節にピッタリ(;_・)
原作のニュアンスが、映画・TV版とかなり違うので、
戸惑いました!

市川版も横溝正史シリーズも、ドラマとしては成功してる方ですね。原作ファンとしては不満も色々ありますが。

>管理人様は、こういうミステリーものは、原作をよくお読みに
なるのでしょうか?

横溝作品や乱歩作品はだいたい原作は揃えてます。

Re:横溝正史シリーズ「悪魔の手毬歌」(06/19)  

夏目雅子さんも出演されていたようですね😅ゆかりさんの衣装がキャバクラ嬢女房見えたのは、果たして私だけでしょうか?

Re[1]:横溝正史シリーズ「悪魔の手毬歌」(06/19)  

ふて猫様

詳しく書き直したい気もしますが、何しろ長いですからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター