fc2ブログ

記事一覧

「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第34話

仮面ライダー スカイライダー VOL.3 【DVD】

仮面ライダー スカイライダー VOL.3 【DVD】
価格:9,702円(税込、送料別)



 今、完全なウツ状態だが、なんとか書く。別に鬱病じゃないと思うが。

 34話「危うしスカイライダー! やって来たぞ風見志郎!!」

 この34と次の35とは前後篇になっていて、怪人が二体登場し、なおかつV3が客演する豪華版である。

 予告編。

 PDVD_063.jpg

 洋「やあ、こんなにたくさんの励ましの手紙どうもありがとう。これからも頑張るから応援頼むぜ! 次週はこれだ!」

 今回も、視聴者からのおたよりをメンバー全員で見ながらの映像。ただ、彼らの生の声は入ってないのがちと残念。ここでは既に左端のユミ(巽かおり)の怪我は完治している。

 本編。

 アキコとナオコは仕事をサボって男友達たちと遊びに行こうとしている。

 PDVD_064.jpg

 ユミ「はい、どーぞっ」

 ナオコにそう言いながらバスケットに入れる果物などを渡すユミ。

 ナオコ「ありがとー」
 ユミ「天神の森か、いいなぁ、あたしもお店休んで一緒に行っちゃおうかなっ」
 それを聞いた谷は、「おいおいやめてくれよ、この上ユミにまで休まれちゃあこの店は上がったりだ」と慌てたように止める。

 この台詞で、ブランカのウェイトレスとしてはユミが頼りにされていることが分かる。実際、他の回でも、ナオコとアキが外出し、ユミだけ店に残ることが多いのだ。……ま、この次のエピソード(36~37)だと、三人揃ってサボっちゃうんだけどね。

 カウンターへやってきたアキ。ボーイフレンドたちがなかなか来ないのでイライラしている。

 PDVD_065.jpg

 アキ「あいつらなにやってんのかしらぁーっ」
 ナオコ「乙女を待たせるなんてっ」
 沼「またすっぽかされたんだろうお前たち、ばかだねえ~」
 アキ「そんなことないわよ、見てこの美貌」
 ナオコ「そうよ~あたしたちもてるのよ~」
 沼さんは、ふたりの顎をちょこちょこ触りながら、「どれが?」とからかう。

 PDVD_066.jpg

 谷「バカ言うんじゃないよ、だったらね、この店はもっともっと繁盛してます!」
 ここで洋が、「言えてるな」とナオコの頬をぺたぺた叩くのが、珍しい仕草。
 もっとも、すかさずナオコに腹をエルボーされて「うっ」となるが。

 アキ「かわいくないわねえ~」
 沼さんを殴る真似をするアキ。
 沼さんも「かぁっ」と応戦している。

 長々とこのシーンを書いたのは、こういうアットホームな雰囲気が自分にとっては「スカイライダー」最大の魅力だと思うからだ。

 さて、そこへやっとボーイフレンドたちがやってきて、クラクションを鳴らす。

 どんな奴らかと思えば、

 PDVD_067.jpg

 アメ車(?)のまわりで尻を振ってる絵に描いたようなバカたちだった。

 PDVD_068.jpg

 二人が車に乗って出発するのを見送ったあと、

 ユミ「あ~あ、あたしも行きたかったな、あんな車に乗って!」
 と、珍しく物欲しそうな声を上げるユミちゃんが可愛いのじゃい。

 PDVD_069.jpg

 谷が慰めるようにポンポンと頭を叩く。頭を叩かれるユミちゃんが可愛いのじゃい。

 一方で沼さんは「今の若いのってのは贅沢になったんすねえ」と、外車を乗り回す彼らについて年寄りじみた感想を述べる。

 谷「まったくどっちが経営者だかわかったもんじゃないよ」
 一同「あははははっ」

 みんなが店に戻ろうとすると、女の子の助けを求める悲鳴が聞こえる。

 振り返ると、女子中学生とその運転手のような男性が黒服の一団に襲われている。

 PDVD_070.jpg

 洋と谷が助けに入るが、ここでは明らかに場所が変わり、ユミも沼さんも姿を消している。

 洋は女の子を助けようとするが、マントコングと言う怪人に邪魔され、車で連れ去られてしまう。

 PDVD_071.jpg

 ふたりは残った運転手を介抱するが、この運転手の悶え方が、「北の国から」の田中邦衛のモノマネみたいである。「北の国から」って見たことないけど。

 娘を乗せた車は、アキたちの車を追い抜く。少女の助けを求める声に彼らは追いかけて助けようとするが、逆に攻撃されて車を壊されてしまう。

 PDVD_072.jpg

 なお、このシーンで、初めて「がんがんじい」と言う意味不明の新キャラが登場する。これもまあ視聴率対策の一環だろうが、最初見たときはかなりウンザリしてしまった。「スカイライダー」の魅力にどっぷりはまってからは、あまり気にならなくなったけど。

 怪人図鑑などでは怪人にされてしまうこともある「がんがんじい」だが、中身はれっきとした人間で、ネオ・ショッカーを倒そうとしている正義感の強い青年であり、演じているのは落語家の桂都丸である。今回は声をあてているだけだが、桂氏本人が出演する回もある。

 もっとも、初登場のあと、車にあおられて派手にころび、この後も怪人にボコボコにされるという冴えない役回りであったが、たまにライダーを助けて活躍することもあるのだ。

 一方、さらわれた娘が南博士の娘だと判明し、ふたりは博士の研究室へ行く。博士は、植物に動物のような性質を与えるワクチンを開発し、逆に動物を植物のようにするワクチンも研究しているらしい。

 何のために? さあ?

 PDVD_073.jpg

 あれこれやってるうちに、博士も誘拐されてしまう。魔神提督はワクチンで日本中の人間を植物に変えてしまうつもりなのだ。

 なお、魔神提督は人間を植物にするのが好きなようで、次のエピソードでも同じようなことを企んでいる。

 また今回から、魔神提督の指揮所に、31~32話で大首領のために作られた巨大な怪獣の像が設置されている。折角作ったのだから、再利用しようと言うことになったのだろう(スタッフが)。

 魔神提督は娘を人質にして、人間植物化ワクチンを博士に作らせようとする。

 アキたちは車を失い、山の中をさまよっていたが、結局怪人に捕まってしまう。ひとりナオコだけは崖から落ちて失神しているところを駆けつけた洋に助けられる。

 洋が、ナオコを休ませようと小さなお堂にやってくると、中から奇声を上げながら変な男が襲ってくる。その男こそ、

 PDVD_075.jpg

 風見志郎こと、V3だった!

 彼は別に頭がおかしいのではなく、洋を試したのだ。

 再会を喜ぶ、初対面のふたり。V3は過去に何度か客演しているが、俳優同士が顔を合わすのはこれが初めてだったりする。

 宮内洋はボルネオかどこかから、タコギャングと言う怪人を追って日本にやってきたのだ。

 二人は協力してネオ・ショッカーの野望を粉砕することを誓う。

 PDVD_076.jpg

 風見志郎はナオコを病院へ連れて行こうとするが、マントコングに襲われ、変身する。

 相変わらず腰の入った変身ポーズである。
 もっとも、怪人に足四の字固めを決めているうちに、戦闘員にナオコをさらわれてしまうというお間抜けを演じてしまうが。

 PDVD_077.jpg

 洋は、秘密基地を探している際、そのタコギャングに襲われて湖に引き摺り込まれてしまう。

 分かりにくいが、タコギャングの触腕が外れて、人間の手が剥き出しになっている。

 で、ピンチを迎えたまま「つづく」のだ。つまり、今回はスカイライダーの変身シーンが一度もないまま終わってしまうのだ。ま、そのかわりにV3が変身してるけど。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

主役が変身しないとは、異例の事態ですよね。先輩ライダーの客演が多いスカイライダーならではの展開です。 次の回が特にそうなんですが、タコギャングは魔神提督に媚びまくってますね。その表れかどうかは定かではありませんが、この怪人は魔神提督の真似をしているのです。例えば、この回で魔神提督がアリコマンドに「連れてゆけ」と言うと、タコギャングは「ゆけー」と言っています。妙に笑えるシーンです。

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第34話(06/29)  

エレクトロファイヤー様
>主役が変身しないとは、異例の事態ですよね。先輩ライダーの客演が多いスカイライダーならではの展開です。 次の回が特にそうなんですが、タコギャングは魔神提督に媚びまくってますね。その表れかどうかは定かではありませんが、この怪人は魔神提督の真似をしているのです。例えば、この回で魔神提督がアリコマンドに「連れてゆけ」と言うと、タコギャングは「ゆけー」と言っています。妙に笑えるシーンです。

そうそう、真似してましたよね。

主役ヒーローが登場しない珍しい話

仮面ライダーではこれが初で平成ライダーでも何度かあります。特に変身前の主人公が出ない初代ライダーの第11~13、66、67話と仮面ライダーBLACK第48話ぐらいです。初代の第11~13話の場合は、主役が出ないのは間違っていませんが、これは主演俳優の負傷降板のため過去の映像を流用していただけです。
ウルトラマンシリーズでは私の知る限りではウルトラマンガイア第16話が初です。またウルトラマンガイアの第16話は「アグル誕生」というタイトルの通り、サブウルトラマンであるウルトラマンアグルが主役で作品タイトルになっている主役ウルトラマンのガイアが全く登場しない珍しい話でした。
海外製作のアニメ「きかんしゃトーマス」にも作品タイトルになっている主役のトーマスが登場しない話が結構あります。
週刊少年ジャンプで連載されていた「ナルト」にもうずまきナルトが登場しない回もあります。
このように作品のタイトル役も兼ねたキャラクターが登場しない話も結構面白いのです。

Re: 主役ヒーローが登場しない珍しい話

詳しい解説ありがとうございます。

出来ればこの話も書き直したいと思ってるんですが。なかなか……

かなり珍しい

主人公が一度も変身しないで次回に続くのはかなり珍しいのではないのでしょうか?タコキング→🐙タコギャングでしたね😅失礼致しました

Re: かなり珍しい

そうですね。

変身ポーズ

宮内(洋)さんの変身ポーズは相変わらず絵になりますね😄

Re: 変身ポーズ

腰が入ってますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター