fc2ブログ

記事一覧

「暴れん坊将軍」を彩る女優さん~その19


 シリーズ7であります。1996~97放送で、全18話。

 まず第1話「江戸っ子神輿が吉宗を呼ぶ!」では、例によって尾張の宗春(アキラ)による陰謀が画策される。この人、だいたい3ヶ月に一回くらいの割で謀反を企むと言う忙しい人なのだった。

 PDVD_000.jpg
 で、毎回露見して、大抵は、腹心の部下が襖の向こうで勝手に切腹して身代わりになるのだった。

 PDVD_003.jpg
 今回から、め組の女の子がお局様の田中綾子だけになり、かわりに生稲晃子がおぶんというキャラで新しく登場する。彼女は最初魚屋だが、この1話で目明しの父親の後を継ぎ、女の岡っ引になる。荒唐無稽の時代劇ならではの設定である。

 PDVD_001.jpg
 マツケンにボーっとなる魚屋の女の子。どうでもいいけど、とても江戸時代の女性には見えん。別にいいんだけど、せめてもう少し化粧を薄くしてくれ。

 第4話「花の吉原 空飛ぶおいらん」では、

 PDVD_004.jpg
 おいらんが、タイトルにあるように夜な夜な空に張り渡したロープを伝って、仇を殺しに行くと言うエキセントリックなストーリー。

 演じるのは藤田佳子さん。

 PDVD_029.jpg
 「暴れ」のゲスト女優の中でも極めて理知的な雰囲気を漂わせている。

 第6話「てんやわんやの親孝行」は、め組の若いのが、田舎の母親に、自分はめ組の頭になったなどとウソをつき、母親が上京(?)してくることになったので、おかみさんに自分が頭だと言う芝居をしてくれるよう頼むと言うよくあるパターン。

 PDVD_030.jpg
 その母親を演じるのが、菅井きんさん。

 PDVD_031.jpg
 若い女優さんとしては、寺田千穂さんが登場。若侍姿が……あまり似合ってない。

 第14話「尾張宗春の謀叛」

 またアキラか……。

 PDVD_032.jpg
 ただ、今回は山下幸内と言う、「暴れ」の初期のファンには懐かしい名前が出てくる。これは実在した人物で、吉宗の政治を批判する上書をしたことで知られる。このキャラ、第1シリーズの序盤に、浜畑賢吉演じるレギュラーとして参加していたのだ。

 ここでは、大出俊が演じている。


 最後は、第17話「子連れ刺客」


 PDVD_034.jpg
 これ、誰だか分かります? 自分は一目で分かったけど、井上真央ちゃんなんですねえ。

 PDVD_033.jpg
 その父親を「踊る大捜査線」のお偉いさんとか、映画の吹き替えで有名な津嘉山正種さん。

 ……しかし、「捜査線」が「踊る」ってどういうことだ?

 それはさておき、

 PDVD_035.jpg
 真央ちゃん、子役ながら「栴檀は双葉より芳し」で、津嘉山氏は勿論、マツケンや栗塚旭などともしっかり絡んでいる。



 この企画、8以降はますます番組の劣化が激しいので、今回の7でやめるつもりだったが、9以降で結構気になる女優さんが出ているので、素材が揃い次第、再開します。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

ああ、なるほど、私はこの次、8か9かあたりのシリーズくらいからリアルタイムで(祖父と一緒に)見ているのですが、時代劇はかなり好きだったにも関わらず「暴れ」と「水戸黄門」は子供心に「つまんねえなあ」という感想しかなかったんですよ。

その原因の一つに、末期シリーズの大幅劣化版を見ていた、というのがあるわけなんですね。

しかしこれ、「時代劇専門チャンネル」で再評価しようにもとんでもない話数ですな。

「黄門」もそうですが、何でこんなに作ったんでしょうね。まるで小判にクズ金属混ぜて量だけ増やす贋金作りのように...。

Re[1]:「暴れん坊将軍」を彩る女優さん~その19(05/14)  

8からは内容もですけど、画質がビデオ撮りみたいなチープな感じになって、見る気が失せるんです。時代劇の衰退の一因は、単純なようですがフィルム→ビデオ撮りへの移行もあるんじゃないかと。

三匹が斬るシリーズのステージボス

三匹が斬るシリーズの中でも続続は一番面白くて1話でもステージボスは存在する点は流石東映さんで、北斗の拳の人物図鑑に掲載されている敵と超ヒロイン戦記の各ステージに登場する敵とソウルキャリバー3のロストクロニクルズにも存在します。

続続三匹が斬る1話のバトル
https://www.youtube.com/watch?v=FJ6zZ491Hz8

北斗の拳の人物図鑑
http://hokutosite.com/chara/hokuto/top/top.html

ソウルキャリバー3のロストクロニクルズ
https://www.youtube.com/watch?v=NHLB2bRznHI

超ヒロイン戦記
https://www.youtube.com/watch?v=lWuln-xNiBE

三匹が斬るシリーズのステージボスは最初の内は逃げ回って襲い掛かる雑魚を全員始末したら一騎討でドラゴンクエストシリーズの必殺技を決めて仕留めたら殿様の紙吹雪を撒き散らしてクリアとなりますが、中には伏兵も居ますからね。

No title

>かわりに生稲晃子がおぶんというキャラで新しく登場する。

この時、彼女が約30年後くらいに参議院議員になるなんてことを想像した人は、文字通り世界に皆無だったでしょうね(苦笑)。

>とても江戸時代の女性には見えん。別にいいんだけど、せめてもう少し化粧を薄くしてくれ。

ですよねえ(苦笑)。左の女性は、口紅が強すぎるし、右の女性もあまりに現代的な顔ですよね(笑)。昔の日本映画とか見ていると、ほんと子役(特に男の子)の顔がごつくて、いまの子役が戦前や戦後しばらくの設定の子どもを演じると、それ顔が違うよなあとよく思いますね。

> 演じるのは藤田佳子さん。

ご存じでしょうが、彼女いくつか芸名を変えて、水着のキャンペーンギャルや写真集も出しています。セミヌードではありますが、けっこうえげつないTバック写真もあります。

https://aucfree.com/items/c850836517

しかし大手水着メーカーや都市銀行のモデルをやったくらいなのに、同時期にずいぶん大胆ですよね。この間「クイズ!脳ベルSHOW」でお顔を拝見しました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%93

それで管理人さんもご指摘なように、

>画質がビデオ撮りみたいなチープな感じになって、見る気が失せるんです。時代劇の衰退の一因は、単純なようですがフィルム→ビデオ撮りへの移行もあるんじゃないかと。

ってのは、ほんと痛感させられますね。大映ドラマも、ビデオ撮りになったらてきめんにつまらなくなった。大映テレビは、他の製作会社に率先して完全ビデオ撮影にシフトしたみたいですが、けっきょくそれは、大映ドラマの首を絞めたと思いますね。やはりビデオで伊藤かずえや松村雄基をみても、いま一つ面白くない。

Re: No title

> ですよねえ(苦笑)。左の女性は、口紅が強すぎるし、右の女性もあまりに現代的な顔ですよね(笑)。昔の日本映画とか見ていると、ほんと子役(特に男の子)の顔がごつくて、いまの子役が戦前や戦後しばらくの設定の子どもを演じると、それ顔が違うよなあとよく思いますね。

久しぶりに見ましたが、確かにアレはないですよね。

> ご存じでしょうが、彼女いくつか芸名を変えて、水着のキャンペーンギャルや写真集も出しています。セミヌードではありますが、けっこうえげつないTバック写真もあります。

全然知りませんでした。なかなかエロいですね。

> ってのは、ほんと痛感させられますね。大映ドラマも、ビデオ撮りになったらてきめんにつまらなくなった。大映テレビは、他の製作会社に率先して完全ビデオ撮影にシフトしたみたいですが、けっきょくそれは、大映ドラマの首を絞めたと思いますね。やはりビデオで伊藤かずえや松村雄基をみても、いま一つ面白くない。

解像度はSDで十分ですが、ビデオ撮りは画面がいかにも作り物と言う感じで駄目ですね。

当時の制作者は、なんでそれくらいのことが理解できなかったのか……

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター