fc2ブログ

記事一覧

「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第22話

[DVD] 仮面ライダー スカイライダー VOL.2

[DVD] 仮面ライダー スカイライダー VOL.2
価格:9,450円(税込、送料別)



 第22話「コゴエンスキー 東京冷凍5秒前」

 予告編

 PDVD_049.jpg
 今回は洋だけじゃなく、他のレギュラーも一緒に登場。しかも撮影の合間の和気藹々とした雰囲気である。こういうのってイイよね。

 PDVD_051.jpg
 振り向いて、
 洋「よおっ来週もまた、やるからな!」

 何やるの?と思わず聞き返してしまう管理人であった。

 本編

 PDVD_053.jpg
 冒頭、シゲルたちがのっぱらで、大きなラジコン飛行機を飛ばして遊んでいる。手前の女の子は「おしん」の小林綾子さんです。

 しかし、ラジコンはふらふらと遠くへ飛んでいってしまい、シゲルと別の男の子二人で探しに行く。

 ちょうどそこへ、ネオ・ショッカーの新しい怪人・コゴエンスキーが秘密基地へやってきたのだった。

 PDVD_054.jpg
 タイトルからして凍っている。

 PDVD_055.jpg
 放送は2月29日の閏日だからね。ただ、彼は極寒の地からやってきたので反対に「東京はなんて暑いんだ!」と叫ぶのだった。このコゴエンスキーのキャラはかなり強烈である。

 で、彼らを目撃したシゲルたちが基地の中へ潜入するが、逆に捕まってしまう。

 PDVD_056.jpg
 一方のブランカでも、アキが寒そうに表に立っている。

 PDVD_057.jpg
 店の中に戻り、エキスパンダーで体を鍛えている洋に「表でどーぞっ」と一言。

 確かに、喫茶店でこんなことする馬鹿はいない。

 もっとも、例によって客はひとりもいないのだが。

 PDVD_058.jpg
 アキは誰かを待っている様子で、谷やナオコに彼女を目当てに通っている男性客のことかと冷やかされるが、アキは「やだ、そんなの違うわよ、シゲル君のことよ」と否定する。

 PDVD_060.jpg
 洋は確かにシゲルが顔を見せないと不思議がる。 
 ナオコは「いいわよ、たまには静かで。最近あのチビ、いっぱしにきつーい冗談言うてんだから」と、思い出したように関西弁になる。

 谷は「冗談とばかり言い切れないんじゃないか? 独活の大木役立たずってな」と、ナオコとアキを見ながら言う。

 PDVD_061.jpg
 ナオコ「あらーっ、それどういう意味でございますのマスター?」
 洋「怒ると美人、台無しだよ」
 と、茶化す洋。

 こういう長めのアットホームなやりとりは今までにあまり見られなかった演出だ。個人的には大好きである。

 それにしてもほんとどういう意味なんだろう? ナオコたちがバイトとして役に立たないと言うことなのだろうが、「独活の大木」と言うのはちょっとたとえが変じゃないか?

 ……ひょっとして谷の言う「独活の大木」は、

 PDVD_062.jpg
 コイツのことだったりして

 エキスパンダーしてるだけだもんなぁ。

 追記……よく考えたらエキスパンダーじゃなくてブルワーカー(?)だった。


 PDVD_063.jpg
 さて、シゲルたちが囚われている秘密基地には、冷凍ミサイルなるものが発射準備されていた。これで東京の人間を皆殺しにするという。

 ただ、ミサイルについている人型と寸部たがわぬイケニエがないと、発射できないとコゴエンスキーは魔神提督に言説明する。

 誰しも「なんで?」と首を捻るところだが、

 PDVD_064.jpg
 ナレーターの中江真司が「サブスギール帝国では国の勝利と栄光を願い、戦いの前に守護神ヒエールの神にイケニエを捧げる掟がある」と、有無を言わせぬ調子で押し切ってしまうので、見てるこっちは黙るしかない。
 しかし、サブスギール帝国か……いいなぁ。


 具体的には、穴にピッタリ合う子供の鼓動がミサイルの発射装置を作動させるように設計されているらしい。俺が魔神提督なら、誰がそんな発注したのか小1時間問い詰めるところだ。

 と言う訳で、その子供を捜して戦闘員たちがあちこちで子供をさらってきては、穴に合わないなぁと言うアホな展開になる。

 PDVD_066.jpg
 さて、シゲルたちのランドセルを預かっていた小林綾子は、ブランカにやってきて、シゲルたちのことを洋に話す。

 PDVD_068.jpg
 洋は彼女をバイクに乗せて、シゲルを捜しに行くのだが、このちょこんと座ってるのがとても可愛い。

 で、その小林綾子こそ、ミサイルのくぼみに寸分違わぬ体型の持ち主だったらしい。彼女はショッカーに襲われて秘密基地へさらわれてしまう。

 PDVD_069.jpg
 ものすごーく隙間があるが……

 あとはもう書くまでもないが、発射寸前にライダーが助けに来て、コゴエンスキーを蹴り殺して、はいおしまい、である。

 つづく。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

しかし“コゴエンスキー”といい“サブスギール帝国”といい、まるでコントのような展開ですね😅どうも作戦の意図が今ひとつ分かりにくいのですがね😖

まるでコント

改めて観ると“サブスギール帝国”に怪人が“コゴエンスギー”ですか?怪人の造型も如何にも寒そうですな😅

Re: まるでコント

コゴエンスキーはいい味出してましたね。

コント

サブスギール帝国とコゴエンスキーは明らかにコント狙いの路線ですね😅改めて見ると閏年(2月29日)の放送は昭和ライダーシリーズでは最初で最後のようですね😄

Re: コント

そうだったんですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター