fc2ブログ

記事一覧

婦人警官ジャンナ(1975年)



 ケーブルテレビでやっていたイタリアの「健全な」お色気コメディ。1975年の作品。

 ストーリーは、ええっ……と、「特に無い」のだが、ヒロイン・ジャンナ(エドウィジュ・フェネシュ)の型破りで直情径行で愉快なキャラクターそしておっぱいとお尻を堪能するための映画なので、特に問題はない。

 素材はイマジカです。

 PDVD_001.jpg
 警官の父親と、警官の許婚を持つジャンナは、警官になりたくてしょうがないお年頃。そんなお年頃はない。

 巻頭から、脂の乗った下着姿を披露してくださるジャンナ様。

 警察長官に直訴したり、とにかく熱望の甲斐あって晴れて婦人警官になることができた。

 格闘技とか色々訓練を受けるのだが、

 PDVD_003.jpg
 何故か、手榴弾を投げる練習もある。イタリアの婦人警官は手榴弾を携帯しているのだろうか?

 PDVD_005.jpg
 ここ、全員で投げて、ジャンナの投げたものだけ後方へ飛んで爆発に巻き込まれると言うギャグがあるのだが、なんか「プロジェクトA」みたいなギャグである。

 PDVD_004.jpg
 こんな、ドリフ的な演出もある。

 PDVD_006.jpg
 で、記念すべき初出勤の際に、きっちりとお尻を見せてくださる女神様のようなお方。

 PDVD_008.jpg
 いいお尻ですねえ。

 PDVD_010.jpg
 さらにあっさりとおっぱいも露出してしまうジャンナ。
 しかも、ブラをつけずに直接シャツを着てしまう。見てる方は言うことないけどね。

 PDVD_013.jpg
 ジャンナは児童労働や、行方不明の孤児の捜索など、半端な仕事ばかり押し付けられる。

 しかも、ボンクラどもに騙されてエッチなことをされそうになるが……

 PDVD_011.jpg
 ジャンナは実はメチャクチャ強くて、数人の荒くれ男どもをあっさり片付けてしまう。

 ここ、雑だけど結構本格的にアクションしていて感心する。ま、ほとんどスタントだけど。


 その後、孤児の母親を探すため、売春婦になって道に立つことになるジャンナ。監督は観客の見たいシーンが何か、ばっちり掴んでいるようだ。

 PDVD_015.jpg
 売春婦に変装中のジャンナ。

 で、まあ、許婚とばったり会ったり、お約束のギャグのおさらいをしたあとで、金持ちのぼんくらたちの屋敷に連れて行かれ、ゲイの男性の童貞を奪うよう命じられたりするのだった。

 PDVD_017.jpg
 ここでも出し惜しみせずに巨乳をほりだしてくださる菩薩様のようなジャンナ様。

 ただ、実際のセックスシーンは一切ないんだけどね。

 PDVD_019.jpg
 その後、記憶力を生かして偶然、国際手配中のドラッグディーラーを発見することに成功。

 ついでに孤児の母親を探し出して再会させる。

 PDVD_021.jpg
 この時、屋根から落ちそうになって、こういうことになる。しっかりパンツも見せてくれます。

 なんか、牧歌的で(そうか?)いいなぁ。

 最後は、逃走中の犯人を追いかけての結構本格的なカーチェイスなんかもあったりして、なかなか侮れないイタリア映画なのだった。

 PDVD_022.jpg
 最後の表彰式のシーンでも、しっかり太腿をお偉いさんたちに見せ付けるというサービスぶり。

 PDVD_023.jpg
 婚約者たちに注意されても、こう言い放ってしまうところがとても好きだ。愛してる。

 PDVD_024.jpg
 最後も飛び切りの笑顔を見せてフィナーレ。

 このキャラクターは人気を博し、続篇もふたつ作られたそうだ。ワシは見たことないけど。

 それにしても、お色気あり、ギャグあり、アクションあり、カーチェイスありと、娯楽映画として結構充実した一本だった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター