fc2ブログ

記事一覧

「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第12話

[DVD] 仮面ライダー V3 VOL.2

[DVD] 仮面ライダー V3 VOL.2
価格:2,993円(税込、送料別)



 第12話「純子が怪人の花嫁に!?」

 前回からストーリーは続いており、デストロンの基地へボートで向かう風見志郎はピッケルシャークに襲われ、純子はドリルモグラに拉致されたと言う緊迫の状況。

 志郎は基地の中に閉じ込められ、デストロンは時限爆弾をセットし、志郎もろとも爆破してしまう。
 傷だらけになりながら生還した志郎だが、立花藤兵衛から純子がまだ帰ってないと聞かされ、顔色を変える。

 直後にデストロンの誘いに乗って、ピッケルシャークと戦い、撃破する。

 PDVD_095.jpg
 一方、デストロンの別の基地で檻に入れられている純子さん。膝頭が色っぽいね。

 純子「志郎さん、あなたがV3なのかどうかとうとう答えては下さらなかったのね」
 志郎が基地もろとも爆死したと思い、打ち沈んでいる。

 PDVD_097.jpg
 そこへ「レーロー」と言うアホみたいな奇声を発しつつ、チンピラを再利用して作られた怪人ドリルモグラが現れる。

 ドリちゃん「珠純子、俺が誰だか分かるか」
 純子「えっ」
 ドリちゃん「レーロー! 俺はお前と風見志郎に復讐するために、デストロンの手で改造人間になった黒田雄二だ」
 純子「ええっ、じゃあ、いつもあたしをつけまわしていた……」
 ドリちゃん「風見志郎は死んだ、残る目的はお前と結婚することだ」

 人間臭さを露骨に発揮するドリちゃん、いや黒田さんでした。

 が、

 PDVD_098.jpg
 純子「え゛っ! 結婚?」

 純子さん、ほとんど素で驚く。

 さらに「イヤです、絶対イヤです」と全力で拒絶されて、意外と繊細なハートの持ち主であった黒田さんは深く傷付くのだった。

 もっとも、元がチンピラとかそう言う以前に、ドリルモグラと結婚するのは誰でもイヤだよな。ちゃんとした結婚生活が送れるとは到底思えないし。

 PDVD_099.jpg
 まさかの絶望的な将来に唇を噛む純子だが、大首領が「V3はまだ生きている、V3を倒したら結婚を認めてやろう」と仲人を買って出る。

 純子は志郎が生きていたことを知り、うっとりした表情で喜ぶ。決定的にないがしろにされたドリルモグラは「レーロー」と激怒するのだった。


 その愛しの志郎は純子を助けるべく、基地へ向かっていた。

 PDVD_100.jpg
 ここで、宮内氏お得意の「バイクに乗ったまま変身ポーズ」が出る。

 やっぱりかっこいいね。

 しかし、ドリルモグラとの戦いでは、純子を人質にとられたため、攻撃をまともに受けて生死不明となる。

 PDVD_101.jpg
 V3を倒したと思い込んだドリちゃんは、早速、純子にウェディングドレスを着せて結婚式をあげようとする。ちなみに神父役は前回出てきた犬神博士である。

 ドラマでウェディングドレスを着る女優さんは多いと思うが、こういうシチュエーションを経験した女優さんは、なかなかいないだろう。
 ちなみにこのシーン、ティム・バートンの「ビートルジュース」のラストに似てるなぁ。

 PDVD_102.jpg
 ドリちゃんはデストロン特製の指輪を純子にはめようとする。これをつけると、身も心も醜くなってしまうと脅されて、「いやっやめてよ」と泣き出さんばかりに嫌がる。いやぁ、萌えるなぁ。

 PDVD_103.jpg
 純子が半ば観念したその時、V3が壁をぶち破って登場、結婚式を阻止する。

 この純子の嬉しそうな顔!

 そして、ドリルモグラとの決戦となるが、まあ別に結果は書かなくても分かっていると思うが、ぼくらのチンピラ黒田雄二さんは、星になったのだった。彼にも親御さんがいただろうに。

 しかし今回は、V3の正体に関する疑問が残っている。

 PDVD_104.jpg
 V3は、気絶している純子を抱きかかえて、木の根元にそっと置き、

 PDVD_105.jpg
 ハリケーンにまたがる。

 PDVD_107.jpg
 純子「お願い、教えて、あなた風見志郎さんなんでしょう」
 目覚めた純子の問い掛けにも、無言を貫いて走り去るV3。

 PDVD_108.jpg
 そこへ駆け付けた立花藤兵衛に、
 純子「会長は知ってるんでしょう? 志郎さんがV3なのかどうか」
 と、単刀直入に尋ねる。

 立花「志郎がV3だって? まさか、志郎ならほら!」
 と、笑って後ろを指差すと、

 PDVD_109.jpg
 志郎がぬっと姿を現す。

 PDVD_110.jpg
 V3が走り去った逆の方向から志郎が現れたので驚く純子。
 無論、V3の早業でとんぼ返りしたのだろうが、空が飛べるわけでもないのに、さすがにちょっと無理があるんだけどね。

 で、まだもやもやしたものがあるが、とりあえず志郎がV3でないと知った純子、この後のやりとりが、管理人は大好きである。V3の中で一番好きかも知れない。

 PDVD_111.jpg
 志郎がつかつかと純子の前に立ち、少し照れ臭そうに「オッス」と挨拶するのだが、

 PDVD_112.jpg
 それに対して純子も「オッス」とぶっきらぼうに挨拶するのだ。

 ぐうう、いいなぁ、この感じ。

 そして和やかに三人で帰っていくのだった。

 しかし、純子のヒロインとして扱いは実はこの辺がピークで、次回から大幹部ドクルト・ゲーが登場すると、そういう男女の機微のようなドラマ要素は削られていき、純子は単なる脇役のひとりに過ぎなくなってしまう。それが惜しい。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

新・仮面ライダーSPIRITS13巻に、小野ひずる さんのインタビューが掲載されています。

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063774627" target="_blank">http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063774627

漫画での純子さんの衣装はこの11・12話のです。

MOOK「仮面ライダー昭和」のも合わせて、インタビューを纏めて欲しいですね(同じ講談社だし)。

しかし、ライダー・ヒロインはルリ子さんと純子さんがツートップですねぇ
(りつ子・ユリ子を加えて、四天王でもいいけど)。

Re:小野ひずる さん(02/08)  

影の王子様
>新・仮面ライダーSPIRITS13巻に、小野ひずる さんのインタビューが掲載されています。

情報ありがとうございます。
インタビューだけ読みたい……。

Re:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第12話(02/08)  

あのチンピラ(黒田)もデストロンが現れた時に立ち向かっていれば、純子さんに対する印象も代わったのではないでしょうか?

Re[1]:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第12話(02/08)  

ふて猫様
>あのチンピラ(黒田)もデストロンが現れた時に立ち向かっていれば、純子さんに対する印象も代わったのではないでしょうか?

どうせ、純子さんは志郎ラブですからね。最初から望みはなかったんじゃないかと。

Re:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第12話(02/08)  

この作品以降も美女と怪人の組合せになるようなシーンがありますが、結婚生活など夢のまた夢になるのは目に見えてますね😅どうせならもう少し人質の有効活用を考えた方が良いかと思うのですがね😓

Re[1]:「仮面ライダーV3」を21世紀の今だからこそ楽しむ 第12話(02/08)  

ふて猫様

純子さんのウェディングドレス姿は最高ですね。

挙式中に殴り込み!!

「ゴーグルファイブ」でデスマルク大元帥の妃にされかけた河田博士の娘・ちえみさん、「シャリバン」でガイラー将軍の妃にされかけたミミー、そして「スピルバン」でデスゼロウ将軍の妃にされかけたダイアナ。そしてついでに「ヤッターマン」(リメイク版)でドクロべエの孫・ドクボン(声は三瓶由布子さん)の妃にされかけたヤッターマン2号=アイちゃん(同、伊藤静さん)。しかしそれらの元祖こそここに観るドリルモグラの妃にされかけた純子姉さんだったのしょうか?!
おまけに純子姉さんは、ミミーの様にインコに変身して逃げる事も出来なければ、ダイアナの様に結晶して反撃する事も出来ないので終盤でのV3の挙式中での殴り込みシーンがより一層引き立ちます!!
以前にも「ゴーグルファイブ」の記事のコメントで述べた事ですが、ちえみさんの際でのゴーグルファイブにもそんな挙式中での殴り込みもしてくれれば、特にレッドの男気が上がり、同時に替え玉妃になるピンク等もみられより観る側にとってはお得なお話になったかもしれません(笑)!因みに「ヤッターマン」でもドクボン~アイちゃんのためなら手段を選ばない、もはやドリルモグラを通り越してデスマルク大元帥並みのチビらしからぬ悪辣さ(=ヒヒジジィっぷり)と、好物のロコモコ丼を妃にしたアイちゃんに「あ~ん」してもらうのが夢などドリルモグラにはないかわいさも併せ持ちます?!~とアイちゃんの挙式中にヤッターマン1号=ガンちゃんが(同、吉野裕行さん)V3並みの殴り込みをしていましたが、そこでそれ以上に目を引いたのは、純白な上にミニスカートと言う、真っ赤な上にロングスカートと言う純子姉さんとは正に対極のウェディングドレスのアイちゃんでした(また笑)!!

Re: 挙式中に殴り込み!!

長文妄想コメントありがとうございます。

私も早くこの回を書きたいのですが、なかなか「V3」に取り掛かれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター